IP : IP アプリケーション サービス

SNMP を使用する隣接メモリのフリーおよび最大ブロックの取得方法

2003 年 12 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 3 月 28 日) | フィードバック

目次


概要

この文書では、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)を使用する隣接メモリのフリーおよび最大ブロックの取得方法について説明します。

ハードウェアおよびソフトウェアのバージョン

この文書の情報は、Cisco IOS ® デバイスで有効です。

背景

メモリ消費およびフラグメンテーションをモニタするおもな理由は、メモリリークおよび 異常なネットワーク イベントの発生です。メモリリークは、プロセスがメモリ ブロック を要求し、終了した時にブロックを解放しない場合に発生します。 最終的に、プロセスは利用可能なメモリをすべて使用します。 これはバグとみなされ、結局はルータがクラッシュします。 十分なメモリがないと、特にルータはより多くのバッファを作成できません。 メモリ不足は、ルーティング テーブルなどのデータ構造を増大させるルータの能力に影響を及ぼす場合もあります。

手順

Cisco IOS ソフトウェア デバイスのフリー メモリおよびメモリの最大フリー ブロックのモニタは、ルータ状態のすぐれたインジケータとなります。 CISCO-MEMORY-POOL-MIB から検索する変数は、ciscoMemoryPoolFree(.1.3.6.1.4.1.9.9.48.1.1.1.6) および ciscoMemoryPoolLargestFree(.1.3.6.1.4.1.9.9.48.1.1.1.7) です。

.1.3.6.1.4.1.9.9.48.1.1.1.6
ciscoMemoryPoolFree OBJECT-TYPE
        -- FROM CISCO-MEMORY-POOL-MIB
        SYNTAX          Gauge
        MAX-ACCESS      read-only
        STATUS          Current
        DESCRIPTION    "Indicates the number of bytes from the memory pool that are currently unused on the managed device.
::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) private(4) enterprises(1) cisco(9) ciscoMgmt(9) ciscoMemoryPoolMIB(48) ciscoMemoryPoolObjects(1) ciscoMemoryPoolTable(1) ciscoMemoryPoolEntry(1) 6 }

Note that the sum of ciscoMemoryPoolUsed and ciscoMemoryPoolFree is the total amount of memory in the pool".

.1.3.6.1.4.1.9.9.48.1.1.1.7
ciscoMemoryPoolLargestFree OBJECT-TYPE
        -- FROM CISCO-MEMORY-POOL-MIB
        SYNTAX          Gauge
        MAX-ACCESS      read-only
        STATUS          Current
        DESCRIPTION    "Indicates the largest number of contiguous bytes from the memory pool that are currently unused on
                the managed device."
::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) private(4) enterprises(1) cisco(9) ciscoMgmt(9) ciscoMemoryPoolMIB(48) ciscoMemoryPoolObjects(1) ciscoMemoryPoolTable(1) ciscoMemoryPoolEntry(1) 7 }

次に、ハイエンドおよびローエンドの両方のルータについて、show memory コマンドからの出力例を示します。

ハイエンド ルータ(7xxx シリーズ):

Router>show memory

Head Total(b) Used(b) Free(b) Lowest(b) Largest(b)
Processor 614708E0 112785184A 11720752B 101064432C 100574424D 100599288E
Fast 614508E0 131072A 72664B 58408C 58408D 58364E

--省略--

ローエンド ルータ(4xxx、2500、3600 などのシリーズ):

Router>show memory

Head Total(b) Used(b) Free(b) Lowest(b) Largest(b)
Processor 6291DE80A 16654720B 11768556C 4886164D 4538264E 4772980F
I/O 3900000A 7340032B 4898680C 2441352D 2290528E 2441116F

--省略--

次の情報は、上記の例で強調表示されています。

  • A :"Total(b)" は、Cisco IOS ソフトウェアがロードされた後、プロセッサで利用可能なメモリ量の合計バイト数。 Cisco IOS ソフトウェアがルータ上で使用しているメモリ量を知るには、ルータにインストールされている ダイナミック RAM(DRAM)またはシステム メモリ(processorRam)の合計から、ここに示される合計バイト数を減算します。 合計入出力(I/O)メモリまたはファースト メモリは、ローエンド ルータにインストールされた物理 I/O メモリに基づいているか、またはシステム メモリからハイエンド ルータに割り振られたパケット メモリ量に基づいています(通常、Route/Switch Processor(RSP)プラットフォームでは 2MB)。

    • .1.3.6.1.4.1.9.3.6.6
      processorRam OBJECT-TYPE
              -- FROM OLD-CISCO-CHASSIS-MIB
              SYNTAX          Integer
              MAX-ACCESS      read-only
              STATUS          Deprecated
              DESCRIPTION    "Bytes of RAM available to CPU."
      ::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) private(4) enterprises(1) cisco(9) temporary(3) chassis(6) 6 }
  • B :"Used(b)" は、現在ルータによって使用されているメモリの合計バイト数(ciscoMemoryPoolUsed)。

    • .1.3.6.1.4.1.9.9.48.1.1.1.5
      ciscoMemoryPoolUsed OBJECT-TYPE
              -- FROM CISCO-MEMORY-POOL-MIB
              SYNTAX          Gauge
              MAX-ACCESS      read-only
              STATUS          Current
              DESCRIPTION    "Indicates the number of bytes from the memory pool that are currently in use by applications on the managed device."
      ::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) private(4) enterprises(1) cisco(9) ciscoMgmt(9) ciscoMemoryPoolMIB(48) ciscoMemoryPoolObjects(1) ciscoMemoryPoolTable(1) ciscoMemoryPoolEntry(1) 5 }
  • C :"Free(b)" は、ルータで現在フリーの [ciscoMemoryPoolFree (.1.3.6.1.4.1.9.9.48.1.1.1.6) または freeMem (.1.3.6.1.4.1.9.2.1.8)] のメモリの合計バイト数。

    • .1.3.6.1.4.1.9.2.1.8
      freeMem OBJECT-TYPE
              -- FROM OLD-CISCO-SYS-MIB
              SYNTAX          Integer
              MAX-ACCESS      read-only
              STATUS          Obsolete
              DESCRIPTION    "The freeMem mib object is obsolete as of IOS 11.1
                                 It has been replaced with the cisco memory pool mib"
      ::= { iso(1) org(3) dod(6) internet(1) private(4) enterprises(1) cisco(9) local(2) lsystem(1) 8 }
  • D :"Lowest(b)" は、ルータの最新のリロード以降に、ある時点でフリーであったメモリの最少量。 この値の等価 MIB はありません。
  • E:"Largest(b)" は、ルータのメモリ フリーの最大隣接ブロック。 [ciscoMemoryPoolLargestFree (.1.3.6.1.4.1.9.9.48.1.1.1.7)] これは、この出力で見る最も重要なフィールドです。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 15216