IP : IP アプリケーション サービス

HSRP 実行時に HP OpenView NNM イベント ブラウザに "Duplicate IP Address" メッセージが表示される場合

2003 年 12 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 10 月 26 日) | フィードバック

ここでは、ホットスタンバイ ルータ プロトコル(HSRP)実行時に、Hewlett-Packard(HP)OpenView Network Node Manager(NNM)イベント ブラウザに "Duplicate IP Address" メッセージが表示される(フラッディングすることもある)問題について説明します。

:この文書は HP テクニカル サポートを基にしています。 この問題に関する詳細情報やその他の質問については、次の Web サイトを参照してください。

例として、有効な HSRP を持つ 2 つの RSM がある場合にこの問題が起こることがあります。 RSM で設定した各 IP アドレスのイベント ブラウザにメッセージが表示されます。

:これは、HP OpenView が不正なコミュニティ ストリングを持つホットスタンバイ ルータをポールする原因となります。 設定されると、これらのルータはユーザの管理ステーションを認証失敗トラップであふれさせる可能性があります。 サポートされている方法ではありませんが、すべてのホットスタンバイ IP アドレスを含む /etc/opt/OV/share/conf ディレクトリに netmon.noDiscover というファイルを作成することにより、この問題を回避できます。 これによって、HP OpenView のディスカバリ メカニズムはアドレスのポールを開始する前にこれらのアドレスを無視します。

次の手順では、HSRP をサポートする Cisco ルータを含む環境で HP OpenView NNM を正常に動作させる、HP 推奨のプロシージャの詳細を述べています。

  1. 管理ドメインのすべてのホットスタンバイ アドレスのリストを取得します。 これらは 1 つのルータがダウンしたときに物理ルータから別のルータに移行する IP アドレスです。

  2. [Options->SNMP Configuration] メニュー項目を使用して各ホットスタンバイ アドレスにエントリを追加します。 各エントリでは、[Target] フィールドに IP アドレスを、[Community] フィールドには不正なコミュニティ名を入力します。 これにより、ホットスタンバイ アドレスへのすべての SNMP アクセスは不正なコミュニティ名のために失敗となります。

  3. どのホットスタンバイ アドレスも、/etc/hosts ファイルまたはネームサーバの実ルータの 1 つとして同一のホスト名を解決しないことを確認します。

  4. HSRP 問題を解決するために /etc/opt/OV/share/conf/oid_to_type ファイルに "I" フラグが以前に追加されている場合には、ここで安全に削除できます。

  5. ovstop netmon コマンドでネットワークのモニタリングを停止します。

  6. マップ内のホットスタンバイ アドレスのすべてのインスタンスを検出し、これらのアドレスを含むすべてのインターフェイスを削除します。 複数の OVW マップがある場合には、これをすべてのマップに対して繰り返す必要があります。

  7. マップ内の任意のルータが不正(不正なアドレスを持っている、またはそれに関連するインターフェイスがある)な場合には、同様にそれらのルータを削除します。 後で、それらを再検出する必要があります。

  8. xnmsnmpconf -clearCache コマンドを使用して IP アドレス ツー ネーム マッピングのキャッシュをクリアします。

  9. ovstart netmon コマンドを使用してネットワークのモニタリングを再開します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 13432