LAN スイッチング : バーチャル LAN/VLAN トランキング プロトコル(VLAN/VTP)

CatOS が動作する Catalystスイッチ間の 802.1q トランキング

2003 年 12 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2007 年 11 月 17 日) | フィードバック

目次


概要

この文書では、ともにCatOSが動作する Catalyst5500 と 5000のスイッチ間の 802.1q (dot1q) トランキングの設定例を提供します。このシナリオで CatOS が動作する Catalyst 4000、5000、または 6000ファミリ機種も使用可能で、同様の結果が得られます。

簡潔に言えば、トランキングは 2つのデバイス間のポイント ツー ポイント リンクで複数の VLAN からトラフィックを伝送する方法です。イーサネット トランキングは次の 2 つの方法で実装できます。

  • ISL (Cisco 所有 InterSwitch Link(ISL) プロトコル)
  • 802.1q (IEEE基準)

この文書では、スイッチの設定ファイルを表示し、関連する show コマンドの出力例を表示するだけです。Catalyst スイッチ間の 802.1q トランクの設定方法の詳細については、次の文書を参照ください。

この文書の例を作成するために、ラボ環境において設定をクリアした状態で次のスイッチを使用しました。

  • Catalyst OS6.1(1) ソフトウェアが動作している Catalyst 5500スイッチ
  • Catalyst OS6.1(1) ソフトウェアが動作している Catalyst 5000スイッチ

この文書の設定は、独立したラボ環境で実行されました。設定を使用される前に、 ご自身のネットワークで、設定またはコマンドが及ぼす影響を、確実に理解しておいてください。すべてのデバイスの設定は、 デフォルトの設定にするために clear config allwrite erase コマンドでクリアされました。

重要な注意事項

次の事項に注意してください。

  • Catalyst4000 ファミリ(Catalyst2948GとCatalyst2980Gを含む)は、802.1qトランキングのみサポートし、ISL トランキングはサポートしません。
  • Catalyst6000 ファミリ機種のどのイーサネット ポートも 802.1q と ISL カプセル化をサポートします。
  • Catalyst5000 では、ISL カプセル化のみをサポートするモジュールと ISL と 802.1q の両方をサポートするモジュールがあります。これを確かめるには show port capabilitiesコマンドを入力してください。トランキングの方法が表示されます。
 cat5000> show port capabilities 3
 Model                    WS-X5225R
 Port                     3/1>
 Type                     10/100BaseTX
 Speed                    auto,10,100
 Duplex                   half,full
 Trunk encap type         802.1Q,ISL
 !-- This particular port supports both 802.1Q and ISL.
 Trunk mode               on,off,desirable,auto,nonegotiate
 Channel                  3/1-2,3/1-4
 Broadcast suppression    percentage(0-100)
 Flow control             receive-(off,on),send-(off,on)
 Security                 yes
 Membership               static,dynamic
 Fast start               yes
 QOS scheduling           rx-(none),tx-(none)
 CoS rewrite              yes
 ToS rewrite              IP-Precedence
 Rewrite                  no
 UDLD                     yes
 AuxiliaryVlan            1..1000,1025..4094,untagged,dot1p,none
 SPAN                     source,destination
 
  • トランク リンクではトランキングモードが一致する必要があります。リンクの片側が ISL トランクとして設定される場合、リンクの反対側も ISL として設定される必要があります。同様に、リンクの片側が 802.1q として設定されるならば、リンクの反対側もまた 802.1q として設定される必要があります。
  • 802.1q トランキングでは、ネイティブ VLAN を除いてトランク リンク上で全ての VLAN パケット がタグ付けされます。ネイティブ VLAN パケットは、トランクリンクでタグ付けされません。従って、トランクを行っている両方のスイッチでネイティブ VLAN が一致する必要があります。このようにして、タグのないフレームを受信した場合そのフレームがどの VLAN に属するのかを判断することができます。デフォルトのネイティブ VLAN は、全てのスイッチで VLAN 1 です。
    • CatOS では、 set vlan <vlan-id> <mod/port> コマンドによりネイティブ VLAN を変更することができます。ここで、 <mod/port> はトランク ポートになります。

表記法

Cisco テクニカル チップの表記法を参照ください。

ネットワークダイヤグラム

設定

Catalyst5500

注:出力の間のコメントは 青い斜体で追記されます。

 #version 6.1(1)
 !
 set option fddi-user-pri enabled
 set password $2$q.J7$O5n.pwx7aEC6NHWJfXadx1
 set enablepass $2$o.h/$bAxfjJ4XUA/RMUHqBr1YQ0
 !
 #errordetection
 set errordetection portcounter enable
 !
 #system
 set system name  cat5500
 !
 #frame distribution method
 set port channel all distribution mac both
 !
 #vtp
!-- この例では、VTP モードを !-- トランスペアレントに設定します !-- 環境に応じて適切に VLAN モードを設定してください . set vtp mode transparent !-- VTP に関する詳細は以下の文書を参照してください !-- Catalyst スイッチにおける VTP の設定 . set vlan 1 name default type ethernet mtu 1500 said 100001 state active set vlan 1002 name fddi-default type fddi mtu 1500 said 101002 state active set vlan 1004 name fddinet-default type fddinet mtu 1500 said 101004 state active stp ieee set vlan 1005 name trnet-default type trbrf mtu 1500 said 101005 state active stp ibm set vlan 2 set vlan 1003 name token-ring-default type trcrf mtu 1500 said 101003 state acti ve mode srb aremaxhop 7 stemaxhop 7 backupcrf off ! #ip !--管理用 IP アドレス. Set interface sc0 1 10.10.10.2/255.255.255.0 10.10.10.255   ! #set boot command set boot config-register 0x2102 set boot system flash slot0:cat5000-sup3.6-1-1.bin ! # default port status is enable ! ! #module 1 empty ! #module 2 : 2-port 1000BaseSX Supervisor ! #module 3 empty ! #module 4 : 24-port 10/100BaseTX Ethernet !--ポート 4/13-24 を VLAN 2 に割り当てる set vlan 2    4/13-24 !-- トランキング モードを on に設定する !-- 環境に応じて適切にトランキング モードを設定してください set trunk 4/1 on dot1q 1-1005 !-- トランキング モードに関する詳細は !--以下の文書を参照してください !-- ファストイーサネットおよびギガビットイーサネットにおける VLAN トランクの設定. !--ワークステーションに接続されているポート上で !--portfast を設定する Set spantree portfast    4/2-24 enable !-- portfast に関する詳細は !-- 以下の文書を参照してください !-- ワークステーション接続時の遅延を解消する Portfast 等のコマンドの使用. ! #module 5 empty ! #module 6 empty ! #module 7 empty ! #module 8 empty ! #module 9 empty ! #module 10 empty ! #module 11 empty ! #module 12 empty ! #module 13 empty end

Catalyst 5000
注:出力の間のコメントは青い斜体で追記されます。
 #Version 6.1(1)
 !
 set option fddi-user-pri enabled
 set password $2$J75L$Ug4163kfeHTDcLJZ/L9es1
 set enablepass $2$h/BN$i3S54iNvIXknFelh6gOve0
 !
 #errordetection
 set errordetection portcounter enable
 !
 #system
 set system name  cat5000
 !
 #frame distribution method
 set port channel all distribution Mac both
 !
 #vtp
 !-- この例では、VTP モードを
 !-- トランスペアレントに設定します
 !-- 環境に応じて適切に VLAN モードを設定してください 
 Set vtp mode transparent
 !-- VTP に関する詳細は
 !-- 以下の文書を参照してください 
 !-- Catalyst スイッチにおける VTP の設定 .
 
 set vlan 1 name default type ethernet mtu 1500 said 100001 state active
 set vlan 1002 name fddi-default type fddi mtu 1500 said 101002 state active
 set vlan 1004 name fddinet-default type fddinet mtu 1500 said 101004 state activ
 e stp IEEE
 set vlan 1005 name trnet-default type trbrf mtu 1500 said 101005 state active st
 p IBM
 set vlan 2
 set vlan 1003 name token-ring-default type trcrf mtu 1500 said 101003 state acti
 ve mode srb aremaxhop 7 stemaxhop 7 backupcrf off
 !
 #ip
 !--管理用 IP アドレス.
 Set interface sc0 1 10.10.10.3/255.255.255.0 10.10.10.255
  
 !
 #set boot command
 set boot config-register 0x2102
 set boot system flash slot0:cat5000-sup3.6-1-1.bin
 !
 # default port status is enable
 !
 !
 #module 1 : 0-port Supervisor III
 !
 #module 2 : 12-port 10/100BaseTX Ethernet
 !
 #module 3 : 24-port 10/100BaseTX Ethernet
 !--ポート 4/13-24 を VLAN 2 に割り当てる
 set vlan 2    3/13-24
 
 !-- トランキング モードを on に設定する 
 !-- 環境に応じて適切にトランキング モードを設定してください 
 set trunk 3/1  on dot1q 1-1005
 !-- トランキング モードに関する詳細は
 !-- 以下の文書を参照してください 
 !--
 ファストイーサネットおよびギガビットイーサネットにおける VLAN トランクの設定.
 
 
 !--ワークステーションに接続されているポート上で 
 !--portfast を設定する 
 Set spantree portfast    3/2-24 enable
 !-- portfast に関する詳細は
 !-- 以下の文書を参照してください 
 !-- ワークステーション接続時の遅延を解消する Portfast 等のコマンドの使用.
 !
 !
 #module 4 : 24-port 10/100BaseTX Ethernet
 !
 #module 5 : 12-port 10BaseFL Ethernet
 end

debugshowコマンド

  • show port capabilities <module/port>

  • show port <module/port>

  • show trunk <module/port>

  • show vtp domain

showコマンドの出力例

Catalyst5500 スイッチ

show port capabilities <module/port>

このコマンドは、ポートがトランキングできるかどうか確認するために使用されます。

 cat5500> (enable)  show port capabilities 4/1
 Model                    WS-X5234
 Port                     4/1
 Type                     10/100BaseTX
 Speed                    auto,10,100
 Duplex                   half,full
 Trunk encap type         802.1Q,ISL
 Trunk mode               on,off,desirable,auto,nonegotiate
 Channel                  4/1-2,4/1-4
 Broadcast suppression    percentage(0-100)
 Flow control             receive-(off,on),send-(off,on)
 Security                 yes
 Membership               static,dynamic
 Fast start               yes
 QOS scheduling           rx-(none),TX(1q4t)
 COs rewrite              yes
 ToS rewrite              IP-Precedence
 Rewrite                  no
 UDLD                     yes
 AuxiliaryVlan            1..1000,1025..4094,untagged,dot1p,none
 SPAN                     source,destination
 

show port <module/port>

このコマンドは、指定ポートのステータスとそれがトランキング可能かどうかを表示します。

 cat5500> (enable) show port 4/1
 Port  Name               Status     Vlan       Level  Duplex Speed Type
 ----- ------------------ ---------- ---------- ------ ------ ----- ------------
 4/1                     connected  trunk      normal a-full a-100 10/100BaseTX
 
 Port  AuxiliaryVlan AuxVlan-Status
 ----- ------------- --------------
  4/1  none          none          
 
 
 Port  Security Violation Shutdown-Time Age-Time Max-Addr Trap     IfIndex
 ----- -------- --------- ------------- -------- -------- -------- -------
  4/1  disabled  shutdown             0        0        1 disabled      11
 
 Port  Num-Addr Secure-Src-Addr   Age-Left Last-Src-Addr     Shutdown/Time-Left
 ----- -------- ----------------- -------- ----------------- ------------------
  4/1         0                 -        -                 -        -         -
 
 ...(output suppressed)
 

show trunk

このコマンドは、トランキング ステータスと設定を確認するために使用されます。

 cat5500> (enable) show trunk
 * - indicates vtp domain mismatch
 Port      Mode         Encapsulation  Status        Native vlan
 --------  -----------  -------------  ------------  -----------
  4/1      on           dot1q          trunking      1
  
 Port      Vlans allowed on trunk
 --------  ---------------------------------------------------------------------
  4/1      1-1005
  
 Port      Vlans allowed and active in management domain
 --------  ---------------------------------------------------------------------
  4/1      1-2
  
 Port      Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
 --------  ---------------------------------------------------------------------
  4/1      1-2
 

show vtp domain

このコマンドは、VTP情報をチェックするために使用されます。

 cat5500> (enable) show vtp domain
 Domain Name                      Domain Index VTP Version Local Mode  Password
 -------------------------------- ------------ ----------- ----------- ----------
                                  1            2           Transparent -
 
 Vlan-count Max-vlan-storage Config Revision Notifications
 ---------- ---------------- --------------- -------------
 6          1023             0               disabled
 
 Last Updater    V2 Mode  Pruning  PruneEligible on Vlans
 --------------- -------- -------- -------------------------
 10.10.10.2      disabled disabled 2-1000
 

Catalyst 5000 スイッチ

show port capabilities <module/port>

このコマンドは、ポートがトランキング可能かどうかを確認するために使用されます。

 cat5000> (enable) show port capabilities 3/1
 Model                    WS-X5225R
 Port                     3/1
 Type                     10/100BaseTX
 Speed                    auto,10,100
 Duplex                   half,full
 Trunk encap type         802.1Q,ISL
 Trunk mode               on,off,desirable,auto,nonegotiate
 Channel                  3/1-2,3/1-4
 Broadcast suppression    percentage(0-100)
 Flow control             receive-(off,on),send-(off,on)
 Security                 yes
 Membership               static,dynamic
 Fast start               yes
 QOS scheduling           rx-(none),TX(none)
 COs rewrite              yes
 ToS rewrite              IP-Precedence
 Rewrite                  no
 UDLD                     yes
 AuxiliaryVlan            1..1000,1025..4094,untagged,dot1p,none
 SPAN                     source,destination
 

show port <module/port>

このコマンドは、指定ポートのステータスとそれがトランキング可能かどうかを表示します。

 cat5000> (enable) show port 3/1
 Port  Name               Status     Vlan       Level  Duplex Speed Type
 ----- ------------------ ---------- ---------- ------ ------ ----- ------------
  3/1                     connected  trunk      normal a-full a-100 10/100BaseTX
  
 Port  AuxiliaryVlan AuxVlan-Status
 ----- ------------- --------------
  3/1  none          none
  
  
 Port  Security Violation Shutdown-Time Age-Time Max-Addr Trap     IfIndex
 ----- -------- --------- ------------- -------- -------- -------- -------
  3/1  disabled  shutdown             0        0        1 disabled      57
 
 
 ...(output suppressed)
 

show trunk

このコマンドは、トランキングス テータスと設定を確認するために使用されます。

 cat5000> (enable) show trunk
 * - indicates vtp domain mismatch
 Port      Mode         Encapsulation  Status        Native vlan
 --------  -----------  -------------  ------------  -----------
  3/1      on           dot1q          trunking      1
  
 Port      Vlans allowed on trunk
 --------  ---------------------------------------------------------------------
  3/1      1-1005
  
 Port      Vlans allowed and active in management domain
 --------  ---------------------------------------------------------------------
  3/1      1-2
  
 Port      Vlans in spanning tree forwarding state and not pruned
 --------  ---------------------------------------------------------------------
  3/1      1-2
 

show vtp domain

このコマンドは、VTP 情報をチェックするために使用されます。

 cat5000> (enable) show vtp domain
 Domain Name                      Domain Index VTP Version Local Mode  Password
 -------------------------------- ------------ ----------- ----------- ----------
                                  1            2           Transparent -
 
 Vlan-count Max-vlan-storage Config Revision Notifications
 ---------- ---------------- --------------- -------------
 6          1023             0               disabled
 
 Last Updater    V2 Mode  Pruning  PruneEligible on Vlans
 --------------- -------- -------- -------------------------
 10.10.10.3      disabled disabled 2-1000
 


関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 8757