ユニバーサル ゲートウェイとアクセス サーバ : Cisco AS5200 シリーズ ユニバーサル アクセス サーバ

ソフトウェアのインストールおよびアップグレード手順(1600、2000、2500、3000、AS5100、および AS5200 向け)

2002 年 3 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2008 年 6 月 24 日) | フィードバック

目次


概要

注:  この文書中の情報は、Cisco IOS(R) ソフトウェア リリース 11.2 以上を対象としたものです。

この文書では、Trivial File Transfer Protocol(TFTP; トリビアル ファイル転送プロトコル)サーバまたは Remote Copy Protocol(RCP; リモート コピー プロトコル)サーバ アプリケーションを使って Cisco IOS ソフトウェアを「フラッシュ上で動作する」シスコ ルータにインストールする方法を説明します。

始める前に

最初に、TFTP サーバをインストールする必要があります。

       TFTP または RCP サーバ アプリケーションは、TCP/IP 対応ワークステーション上にインストールする必要があります。アプリケーションをインストールした後は、最低限度の設定は行う必要があります。

       最初に、TFTP アプリケーションは、TFTP クライアントに対して TFTP サーバとして動作するように設定する必要があります。

       次に、発信ファイル ディレクトリを指定する必要があります。これは、Cisco IOS ソフトウェア イメージが保存されるディレクトリです。ほとんどの TFTP アプリケーションには、このような設定作業を補助するセットアップ ツールが用意されています。

       :ソフトウェア機能パック CD-ROM に入っている TFTP サーバは、Windows 95 が動作中の PC で使用できます。他のオペレーティング システムの場合、他のソフトウェア ベンダーから、あるいは WWW 上の公共ソースからのシェアウェアとして、多くの TFTP または RCP アプリケーションを入手可能です。
       ソフトウェア機能パック CD に入っている TFTP サーバ アプリケーションは、CCO でも入手可能です。(Windows 95 用 TFTP サーバのダウンロード)

       ルータに有効な Cisco IOS ソフトウェア イメージも必要です。イメージがハードウェアおよびソフトウェア機能をサポートしていること、および実行するのに十分なメモリがルータにあることを確認します。Cisco IOS ソフトウェア イメージがない場合、または用意したイメージが必要条件をすべて満たしているかどうかが確かでない場合には、「Cisco IOS ソフトウェア リリースの選択方法」を参照してください。

先に進むためには、TFTP サーバをインストール済みであり、有効な Cisco IOS ソフトウェア イメージが存在している必要があります。

フラッシュへのインストールから実行まで

注: RCP アプリケーションの場合には、TFTP の部分をすべて RCP に置き換えます。たとえば、copy tftp flash コマンドの代わりに copy rcp flash コマンドを使用します。

  1. Cisco IOS ソフトウェア イメージを TFTP サーバの発信ディレクトリにインストールします。

    TFTP サーバは、このディレクトリ内でルータが要求するファイルを探し出します。フラッシュにコピーする Cisco IOS ソフトウェア イメージがこのディレクトリ内にあることを確認します。これは、Explorer 等を使って確認できます。

    注: イメージの配置場所を確認する前に、正しいイメージがあることを確認します。発信ディレクトリの中で、特定イメージのメモリ用件が確認できます。 show version コマンドを使って、所有するメモリ量を確認します。

  2. ルータへのコンソール セッションを確立します。

    これは、ダイレクト コンソール接続または仮想 Telnet 接続によって行うことができます。 Telnet 接続はソフトウェア インストールのリブート段階中に切断されてしまうため、 Telnet 接続よりもダイレクト コンソール接続を推奨いたします。コンソール接続はロール型ケーブル(通常はフラットな黒ケーブル)で行い、ルータのコンソール ポートを PC の COM ポートに接続します。PC 上で Hyperterminal をオープンにし、次の設定を使用します。

      Speed 9600 bits per second
      
          8 databits
      
          0 parity bits
      
          1 stop bit
      
          No Flow Control
  3. config register 値のコピーをとり、必要であればデフォルト ゲートウェイを設定します。

    show version コマンド出力の最終行に現れる config register 値を書き留めます。これは、後で通常操作を復元するのに参照する必要があります。

    TFTP サーバがルータと同じネットワーク内にない場合、または Telnet を起動するワークステーションがルータと同じネットワーク内にない場合、デフォルト ゲートウェイを追加します。デフォルト ゲートウェイの詳しい情報は、「TPTP 又は RCP サーバを使ってイメージをインストールする際に共通する問題」に記述されています。
     

  4. ルータを Rxboot モードに変更します。

    次のように、config register を 0x2101 値に変更します。
     

      Router>enable
      
          Password: password
      
          Router#
      
          Router#conf t
      
          Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
      
          Router(config)#config-register 0x2101
      
          Router(config)#^Z
      
          Router#
      
          %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
      
          Router#wr mem
      
          Building configuration...
      
          [OK]
      
          Router#
      
          Router#reload
    注:Telnet によって接続している場合、リロード時にセッションは切断されます。 数分待ち、再び試します。

  5. 次のリロードのために、以前のコンフィギュレーション レジスタ値を復元します。

    注:ブート モード中は何も保存しないでください。保存コマンド(write mem または copy run start)の使用を避け、現行の設定の保存を提案するプロンプトに対して「no」と答えます。このモード中に保存を行うと、設定が部分的または完全に消去される場合があります。

    次のコマンド シーケンスの中で、「****」をステップ 3 で書き留めた config-register 値に置き換えます。

      Router(boot)>
      
          Router(boot)>enable
      
          Password: password
      
          Router(boot)#conf t
      
          Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
      
          Router(boot)(config)#con
      
          Router(boot)(config)#config-register 0x****
      
          Router(boot)(config)#^Z
    注: ステップ 3 で config-register 値のコピーをとっていなかった場合には、このステップでは「0x2102」を使用できます。
     
  6. ルータへの IP 接続が TFTP サーバにあることを確認します。

    TFTP サーバおよび TFTP ソフトウェアのアップグレードを目的としたルータおよびアクセス サーバの IP アドレスをチェックし、アドレスが同じ範囲内にあることを確認します。ルータとアクセス サーバ間で ping を行い、それらの間にネットワーク接続が存在することを確認します。IP アドレスの詳しい情報は、「TPTP 又は RCP サーバを使ってイメージをインストールする際に共通する問題」に記述されています。
     

  7. 新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージを TFTP サーバからルータまたはアクセス サーバにコピーします。

    注:ルータまたはアクセス サーバのソフトウェア アップグレード前に、ルータまたはアクセス サーバの設定のコピーを取っておくことをお勧めします。

      Router (boot)#copy tftp flash

    :コンソール ポートを通じてルータに接続した後、「>」または「rommon >」プロンプトが表示された場合には、ルータは ROM モニタ(ROMmon)モードになっています。 その場合には「ブート障害の回復方法」を参照する必要があります。

  8. TFTP サーバの IP アドレスを指定します。

    プロンプトが示されたら、次の例のように TFTP サーバの IP アドレスを入力します。

      Address or name of remote host [255.255.255.255]? 172.17.247.195
  9. 新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージのファイル名を指定します。

    プロンプトが示されたら、次の例のように、インストールする Cisco IOS ソフトウェア イメージのファイル名を入力します。

      Source file name? c1600-y-l.112-18.P
    注:イメージ名は、TFTP サーバ上のイメージ ファイル名によって異なります。

  10. 保存先イメージ ファイル名を指定します。

    これは、新しいソフトウェア イメージをルータにロードするときの、そのイメージの名前です。イメージはどのような名前を付けることもできますが、慣例では UNIX イメージ ファイル名を入力します。

      Destination file name [c1600-y-l.112-18.P]? c1600-y-l.112-18.P
  11. 書き込み前にフラッシュ デバイスを消去するか否かを答えます。

    このプロンプトが表示されたら、次を行います。

    Erase flash device before writing? [confirm] yes/no 

    • 新しいイメージをコピーする前に、ルータのフラッシュ メモリ内に存在する既存のソフトウェア イメージを消去するには「yes」を入力します。

    • 既存のソフトウェア イメージを残しておく場合には、「no」を入力します。両イメージを保持するのに十分なメモリがあることを確認します。

    コピー プロセスは数分かかります。時間はネットワークごとに異なります。コピー プロセス中、どのファイルがアクセスされたかを示すメッセージが表示されます。

    感嘆符(!)は、コピー プロセスが行われていることを示します。各感嘆符(!)は、10 個のパケットが正常に転送されたことを示します。イメージがフラッシュ メモリに書き込まれた後、イメージのチェックサム検証が行われます。ソフトウェアのアップグレードが完了すると、ルータまたはアクセス サーバは新しいイメージでリロードされます。

    ソフトウェア転送問題のトラブルシューティングに関する情報は、「TPTP 又は RCP サーバを使ってイメージをインストールする際に共通する問題」に記述されています。

  12. リロード前に、イメージのインストレーションが正常に行われたことを確認します。

    イメージがフラッシュ メモリに正しくインストールされていること、およびシステム ブート コマンドがロードする正しいファイルを指定していることを確認します。イメージおよびブート コマンドの確認に関する情報は、「TPTP 又は RCP サーバを使ってイメージをインストールする際に共通する問題」に記述されています。

    リロードするには、次を入力します。

      Router(boot)#reload
      
          *Mar 1 00:30:49.972: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
      
          System configuration has been modified. Save? [yes/no]: NO
      
          Proceed with reload? [confirm] YES
  13. ルータが正しいイメージで動作していることを確認します。

    リロードが完了した後、ルータは必要な Cisco IOS ソフトウェア イメージを実行します。確認するには、「show version」コマンドを使用します。

    イメージの確認で問題に遭遇した場合には、「TPTP 又は RCP サーバを使ってイメージをインストールする際に共通する問題」を参照してください。

出力例:-1600シリーズルーター
    Router >enable
    
        Password:
    
        Router#configure terminal
    
        Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    
        Router(config)#config-register 0x2101    
    
        Router(config)#^Z
    
        Router#
    
        *Mar  1 00:03:32.656: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
    
        riou#wr mem
    
        Building configuration...
    
        [OK]
    
        Router#reload
    
        Proceed with reload? [confirm]
    
         
    
        *Mar  1 00:03:49.211: %SYS-5-RELOAD: Reload requested
    
         
    
         
    
        System Bootstrap, Version 11.1(7)AX [kuong (7)AX], EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFT
    
        
    
        WARE (fc2)
    
        Copyright (c) 1994-1996 by cisco Systems, Inc.
    
        C1600 processor with 18432 Kbytes of main memory
    
         
    
        program load complete, entry point: 0x4018060, size: 0x1da950 
    
         
    
                      Restricted Rights Legend
    
         
    
        Use, duplication, or disclosure by the Government is
    
        subject to restrictions as set forth in subparagraph
    
        (c) of the Commercial Computer Software - Restricted
    
        Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
    
        (c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
    
        Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.
    
         
    
                   Cisco Systems, Inc.
    
                   170 West Tasman Drive
    
                   San Jose, California 95134-1706
    
         
    
         
    
         
    
        Cisco Internetwork Operating System Software
    
        IOS (tm) 1600 Software (C1600-BOOT-R), Version 11.1(7)AX, EARLY DEPLOYMENT RELEA
    
        SE SOFTWARE (fc2)
    
        Copyright (c) 1986-1996 by cisco Systems, Inc.
    
        Compiled Fri 18-Oct-96 00:20 by kuong
    
        Image text-base: 0x04018060, data-base: 0x02005000
    
         
    
        cisco 1600 (68360) processor (revision C) with 17920K/512K bytes of memory.  
    
        Processor board ID 05317740
    
        X.25 software, Version 2.0, NET2, BFE and GOSIP compliant.
    
        Basic Rate ISDN software, Version 1.0.
    
        1 Ethernet/IEEE 802.3 interface.
    
        1 Serial(sync/async) network interface.
    
        1 ISDN Basic Rate interface.
    
        System/IO memory with parity disabled
    
        8K bytes of non-volatile configuration memory.
    
        12288K bytes of processor board PCMCIA flash (Read/Write)
    
         
    
         
    
        Press RETURN to get started!
    
         
    
         
    
        %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface BRI0, changed state to down
    
        .............
    
        *Mar  1 00:00:20.404: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from memory by console
    
        *Mar  1 00:00:20.415: %SYS-5-RESTART: System restarted --
    
        Cisco Internetwork Operating System Software
    
        IOS (tm) 1600 Software (C1600-BOOT-R), Version 11.1(7)AX, EARLY DEPLOYMENT RELEA
    
        SE SOFTWARE (fc2)
    
        Copyright (c) 1986-1996 by cisco Systems, Inc.
    
        Compiled Fri 18-Oct-96 00:20 by kuong
    
        Router(boot)>en
    
        Password:
    
        Router(boot)#
    
        Router(boot)#configure terminal
    
        Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    
        Router(boot)(config)#configure
    
        Router(boot)(config)#config-register 0x2102
    
        Router(boot)(config)#^Z
    
        Router(boot)#
    
        Router(boot)#ping 172.17.247.195
    
         
    
        Type escape sequence to abort.
    
        Sending 5, 100-byte ICMP Echoes to 172.17.247.195, timeout is 2 seconds:
    
        !!!!!
    
        Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/200/1000 ms
    
         
    
        Router(boot)#copy tftp flash
    
         
    
        PCMCIA flash directory:
    
        File  Length   Name/status
    
          1   3489036  c1600-y-l.112-19.P1
    
         
    
        [3489036 bytes used, 8593876 available, 12582912 total]
    
        Address or name of remote host [255.255.255.255]?172.17.247.195
    
        Source file name? c1600-y-l.112-18.P
    
        Destination file name [c1600-y-l.112-18.P]?
    
        Accessing file 'c1600-y-l.112-18.P' on 172.17.247.195...
    
        Loading c1600-y-l.112-18.P from 172.17.247.195 (via Ethernet0): ! [OK]
    
         
    
        Erase flash device before writing? [confirm] NO
    
         
    
        Copy 'c1600-y-l.112-18.P' from server
    
          as 'c1600-y-l.112-18.P' into Flash WITHOUT erase? [yes/no] YES
    
        Loading c1600-y-l.112-18.P .from 172.17.247.195 (via Ethernet0):!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    
        .............
    
        [OK - 3487556/5365412 bytes]
    
         
    
        Verifying checksum...  OK (0x975A)
    
        Flash device copy took 00:06:40 [hh:mm:ss]   
    
         
    
        Router(boot)#reload
    
        *Mar  1 00:30:49.972: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by consoled
    
         
    
        System configuration has been modified. Save? [yes/no]: NO
    
        Proceed with reload? [confirm] YES
    
         
    
        *Mar  1 00:30:58.932: %SYS-5-RELOAD: Reload requested
    
         
    
         
    
        System Bootstrap, Version 11.1(7)AX [kuong (7)AX], EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFT
    
        WARE (fc2)
    
        Copyright (c) 1994-1996 by cisco Systems, Inc.
    
        C1600 processor with 18432 Kbytes of main memory
    
         
    
        program load complete, entry point: 0x4018060, size: 0x1da950
    
         
    
        %SYS-4-CONFIG_NEWER: Configurations from version 11.2 may not be correctly under
    
        stood.  
    
         
    
         
    
                      Restricted Rights Legend
    
         
    
        Use, duplication, or disclosure by the Government is
    
        subject to restrictions as set forth in subparagraph
    
        (c) of the Commercial Computer Software - Restricted
    
        Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
    
        (c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
    
        Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.
    
         
    
                   Cisco Systems, Inc.
    
                   170 West Tasman Drive
    
                   San Jose, California 95134-1706
    
                                                     
    
        Cisco Internetwork Operating System Software
    
        IOS (tm) 1600 Software (C1600-Y-L), Version 11.2(19)P1,  RELEASE SOFTWARE (fc1)
    
        Copyright (c) 1986-1999 by cisco Systems, Inc.
    
        Compiled Wed 18-Aug-99 10:22 by jaturner
    
        Image text-base: 0x08364770, data-base: 0x02005000
    
         
    
        cisco 1603 (68360) processor (revision C) with 13824K/4608K bytes of memory.
    
        Processor board ID 05317740, with hardware revision 00000000
    
        Bridging software.
    
        X.25 software, Version 2.0, NET2, BFE and GOSIP compliant.
    
        Basic Rate ISDN software, Version 1.0.
    
        1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
    
        1  serial(sync/async) network interface(s)
    
        1 ISDN Basic Rate interface(s)
    
        System/IO memory with parity disabled
    
        2048K bytes of DRAM onboard 16384K bytes of DRAM on SIMM
    
        System running from FLASH
    
        8K bytes of non-volatile configuration memory.
    
        12288K bytes of processor board PCMCIA flash (Read ONLY)     
    
         
    
         
    
        Press RETURN to get started!
    
         
    
         
    
        *Mar  1 00:00:18.940: %LINK-3-UPDOWN: Interface BRI0, changed state to up
    
        *Mar  1 00:00:18.944: %LINK-3-UPDOWN: Interface Ethernet0, changed state to up 
    
        *Mar  1 00:00:24.019: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from memory by console
    
        *Mar  1 00:00:24.023: %SYS-5-RESTART: System restarted --
    
        Cisco Internetwork Operating System Software
    
        IOS (tm) 1600 Software (C1600-Y-L), Version 11.2(18)P,  RELEASE SOFTWARE (fc1)
    
        Copyright (c) 1986-1999 by cisco Systems, Inc.
    
        Compiled Wed 18-Aug-99 10:22 by jaturner
    
        Router>sh ver
    
        Cisco Internetwork Operating System Software
    
        IOS (tm) 1600 Software (C1600-Y-L), Version 11.2(18)P,  RELEASE SOFTWARE (fc1)
    
        Copyright (c) 1986-1999 by cisco Systems, Inc.
    
        Compiled Wed 18-Aug-99 10:22 by jaturner
    
        Image text-base: 0x08364770, data-base: 0x02005000
    
         
    
        ROM: System Bootstrap, Version 11.1(7)AX [kuong (7)AX], EARLY DEPLOYMENT RELEASE
    
         SOFTWARE (fc2)
    
        ROM: 1600 Software (C1600-BOOT-R), Version 11.1(7)AX, EARLY DEPLOYMENT RELEASE S
    
        OFTWARE (fc2)
    
         
    
        riou uptime is 9 minutes
    
        
    
        System restarted by reload
    
        System image file is "flash:c1600-y-l.112-18.P", booted via flash
    
         
    
        cisco 1603 (68360) processor (revision C) with 13824K/4608K bytes of memory.  
    
        Processor board ID 05317740, with hardware revision 00000000
    
        Bridging software.
    
        X.25 software, Version 2.0, NET2, BFE and GOSIP compliant.
    
        Basic Rate ISDN software, Version 1.0.
    
        1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
    
        1  serial(sync/async) network interface(s)
    
        1 ISDN Basic Rate interface(s)
    
        System/IO memory with parity disabled
    
        2048K bytes of DRAM onboard 16384K bytes of DRAM on SIMM
    
        System running from FLASH
    
        8K bytes of non-volatile configuration memory.
    
        12288K bytes of processor board PCMCIA flash (Read ONLY)
    
         
    
        Router >

関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 15084