オプティカル : 同期光ネットワーク(SONET)

光レベルの測定

2002 年 5 月 16 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 9 月 19 日) | フィードバック

目次


概要

この短いテクニカル ノートは、Cisco ルータ間の光リンク用信号の光レベルを測定するためのオプションについて可能な限り説明しています。また、信号レベルの測定に使用するコマンドと、減衰と出力バジェットを決定するための参考文献が記載されています。

光レベルの測定

組み込みの出力監視機能を備えているのは、Gigabit Switch Router(GSR; ギガビット スイッチ ルータ)エンジン 4 ラインカード 1xOC192 および 4xOC48 のみです。測定した送受信値を表示するには show controllers optics コマンドを使用します。

次に、GSR 対応 4xOC48 ラインカードで取得された出力例を示します。

LC-Slot1#show controllers optics

 Rx AC+DC optical power in mWs or dBms

      Port 0 =   0.000 mW

      Port 1 =   0.000 mW

      Port 2 =   0.000 mW

      Port 3 =   0.000 mW

 

 Tx laser diode forward bias current I(F) in milliamps

      Port 0 =   0.000 mA

      Port 1 =   0.000 mA

      Port 2 =   0.000 mA

      Port 3 =   0.000 mA

 

次に、GSR 対応 1xOC192 ラインカードで取得された出力例を示します。

LC-Slot4#show controllers optics

 Rx AC+DC optical power in mWs or dBms

    AC+DC = -  1.611 dBm

 

 Rx AC optical power in mWs or DBMS

    AC =   0.000 mW

 Tx optical power in mWs or DBMS

    power = -  8.239 dBm

 TX laser diode forward bias current I(F) in milliamps

    current = 105.830 mA

 TX laser diode temperature in degrees centigrade

    temperature =  61.889 C

 

また、Cisco 12000 シリーズ対応 1xOC-48c/STM-16 POS および 1xOC-48 チャネライズド STS-12c/STM-4、STS-3c/STM-1、または DS3/E3 POS Internet Services Engine(ISE)ラインカードも、出力監視をサポートしています。現在のレベルを表示するには、show controllers <interface> コマンドを使用します。

     12404#show diag sum     
SLOT 1 (RP/LC 1 ): 1 Port ISE Packet Over SONET OC-48c/STM-16 Single
Mode/SR SC connector


12404#show controller pos 1/0
POS1/0
SECTION
LOF = 0 LOS = 0 BIP(B1) = 0
LINE
AIS = 0 RDI = 0 FEBE = 0 BIP(B2) = 0
PATH
AIS = 0 RDI = 0 FEBE = 0 BIP(B3) = 0
LOP = 0 NEWPTR = 0 PSE = 0 NSE = 0

Active Defects: None
Active Alarms: None
Alarm reporting enabled for: SF SLOS SLOF B1-TCA B2-TCA PLOP B3-TCA

Framing: SONET
APS

COAPS = 0 PSBF = 0
State: PSBF_state = False
ais_shut = FALSE
Rx(K1/K2): 00/00 S1S0 = 03, C2 = FF
Remote aps status (none); Reflected local aps status (none)
CLOCK RECOVERY
RDOOL = 0
State: RDOOL_state = False
PATH TRACE BUFFER : UNSTABLE
Remote hostname :
Remote interface:
Remote IP addr :
Remote Rx(K1/K2): / Tx(K1/K2): /

BER thresholds: SF = 10e-3 SD = 10e-6
TCA thresholds: B1 = 10e-6 B2 = 10e-6 B3 = 10e-6

Optical Power Monitoring
Laser Bias = 2.8 mA
Receive Power = -32.04 dBm (+/- 2 dBm)

組み込みの出力監視には、ファイバをラインカードに取り付ける前に測定された値だけでなく、カードで確認された実際の光レベルを表示できる利点があります。まれに、受信インターフェイスの汚れによって配線上の値と異なる値になり、そのため高いエラー率を招くことがあります。

他のすべてのカードで、受信器が汚れていないことを確認してください。テスターとカードで必ず同じドロップ ケーブルを使用してください。

注:時間の経過とともに、送信器(または最後の中継器)の出力や受信器の感度が不安定になったり、範囲外になったりする場合があります。また、頻繁な接続操作によって信号劣化の可能性が高まることがあります。

出力バジェットの決定

次の文書には、減衰と Power Budget(PB; 出力バジェット)を決定するための情報が記載されています。

  • 『Broadband ISDN Customer Installation Interfaces: Physical Layer Specification』、T1E1.2/92-020R2 ANSI、the Draft American National Standard for Telecommunications

  • 『Power Margin Analysis』、AT&T Technical Note、TN89-004LWP、1988 年 5 月


関連情報


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


Document ID: 16150