スイッチ : Cisco Catalyst 8500 シリーズ マルチサービス スイッチ ルータ

ATM スイッチ ルータ上の拒否または廃棄されるセル カウンタに関して

2003 年 8 月 10 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 6 月 5 日) | フィードバック

目次


概要

LS1010 および Catalyst 8500 シリーズでは、共有メモリ アーキテクチャを持つ内部スイッチング ファブリックを使用します。 場合によっては、これらのスイッチは、プラットフォームに従って、セルを廃棄し、次のコマンドの 1 つの出力でこれらのドロップを報告します。
  • show switch fabric:Catalyst 8540

  • show controller atm 2/0/0 or atm0 - スタンドアロン シャーシの LS1010 または Catalyst 8510

  • show controller atm 13/0/0:Catalyst 5500 の下部の 5 つのスロットの LS1010 または Catalyst 8510
Cisco ATM スイッチ ルータは、次のいずれかの理由でセルをドロップした場合、廃棄または拒否されたセル カウンタを増加させます。

この文書の目的は、上記の各状況を検討し、拒否されたセルでゼロ以外の値が見られる理由を障害追跡する方法についてのヒントを提供することです。

使用する略語

この文書では、次の頭字語を使用します。

ABR 使用可能ビット レート PCR ピーク セル レート
ASIC 特定用途集積回路 PTI Payload Type Identifier
ASP ATM スイッチ プロセッサ PVC 相手先固定接続
CLP セル廃棄優先 SCR 維持セルレート
EFCI 明示的順方向輻輳表示 SP スイッチ プロセッサ
EPD 早期パケット廃棄 SuperCAM Super Carrier Module
FC-PCQ Feature Card Per-Class Queuing SVC 相手先選択接続
FC-PFQ フィーチャカード フロー単位キューイング TPD Tail Packet Discard
IE Information Element UBR 未指定ビット レート
ITPD Intelligent Tail Packet Discard UNI ユーザネットワーク インターフェイス
MIB 管理情報ベース UPC 使用量パラメータ制御
MSC Modular Switching Component VC Virtual Circuit
MSP Multiservice Switch Processor VCL 仮想チャネル リンク
OAM Operation, Administration and Maintenance VP 仮想パス
PAM Port Adapter Modules

スイッチ アーキテクチャの理解

LS1010 および Catalyst 8510 では、次の点で Catalyst 8540 とは異なるアーキテクチャを使用します。

LS1010 および 8510 では、show controller atm 2/0/0(または、Catalyst 5500 で使用されている場合は 13/0/0)または show controller atm0 を使用して、CPU および ATM スイッチ プロセッサの統計を表示します。

ls1010#show controller atm 2/0/0
MMC Switch Fabric (idb=0x60AD7B20)

  Key: discarded cells  - # cells discarded due to lack of resources
                            or policing (16-bit)
       invalid cells    - # good cells that came in on a non-existent conn.
       memory buffer    - # cell buffers currently in use
       RXcells          - # rx cells (16-bit)
       TXcells          - # tx cells (16-bit)
       RHEC             - # cells with HEC errors
       TPE              - # cells with memory parity errors

 discarded cells = 0
  ! -- すべてのポートで廃棄されたセルの合計数。
 invalid cells = 184027
  memory buffer = 0
  garbage cells to cpu = 0
  unexpected marker intrs = 0

Catalyst 8540 では、show switch fabric コマンドを使用して、拒否されたセルの数を表示します。 この出力は、Modular Switching Component(MSC)番号ごとに拒否されたセルを表示する LS1010 出力とは異なります。 MSC 特定用途集積回路(ASIC)は、モジュールおよびポートの定義されたセットのスイッチ ファブリックを形成します。

8540#show switch fabric
swc_presence_mask: 0x7
Switch mode: R_20G
Number of Switch Cards present in the Chassis: 3

SWC SLOT             SWC_TYPE         SWC_STATUS
=================================================

     5               EVEN              ACTIVE
     6               STANDBY           STANDBY
     7               ODD               ACTIVE

MMC Switch Fabric (idb=0x61115400)

  Key: Rej. Cells  - # cells rejected due to lack of resources
                            or policing (16-bit)
       Inv. Cells    - # good cells that came in on a non-existent conn.
       Mem Buffs     - # cell buffers currently in use
       RX Cells      - # rx cells (16-bit)
       TX Cells      - # tx cells (16-bit)
       Rx HEC        - # cells Received with HEC errors
       Tx PERR       - # cells with memory parity errors

  MSC#  Rej. Cells  Inv. Cells  Mem. Buffs  Rx Cells  Tx Cells
 -----  ----------- ----------  ----------- --------  ---------
 MSC 0:     0           0           0         55082     61682
 MSC 1:     0           0           0           0         0
 MSC 2:     0           0           0           0         0
 MSC 3:     0           0           0           0         0
 MSC 4:     0           0           0           0         0
 MSC 5:     0           0           0           0         0
 MSC 6:     0           0           0           0         0
 MSC 7:     0           0           0           0         0
! -- MSC# ごとの拒否されたセル、または物理ポートのマッチング セット。

Switch Fabric Statistics

      Rejected Cells: 0
         ! -- 拒否されたセルの総数。
          Invalid Cells: 3628854
      Memory Buffers: 0
      Rx Cells: 55082
      Tx Cells: 61682
      RHEC: 0
      TPE: 0

8540 の 2 つの必須スイッチプロセッサはそれぞれ、4 つの MSC ASIC が含まれ、1システムにおけるポートの半分の、内部スイッチ ファブリックを形成しています。 show mmc ports コマンドを使用し、どの物理ポートにどのMSC# が定義されているか判別します。
8540#show mmc ports
int a0/0/0: msc#: 0 port#: 12
int a0/0/1: msc#: 0 port#: 8
int a0/0/2: msc#: 0 port#: 4
int a0/0/3: msc#: 0 port#: 0
int a0/0/4: msc#: 0 port#: 14
int a0/0/5: msc#: 0 port#: 10
int a0/0/6: msc#: 0 port#: 6
int a0/0/7: msc#: 0 port#: 2
int a0/0/8: msc#: 1 port#: 12
int a0/0/9: msc#: 1 port#: 8
int a0/0/10: msc#: 1 port#: 4
int a0/0/11: msc#: 1 port#: 0
int a0/0/12: msc#: 1 port#: 14
int a0/0/13: msc#: 1 port#: 10
int a0/0/14: msc#: 1 port#: 6
int a0/0/15: msc#: 1 port#: 2
[output omitted]
各スロットで、最初の半数のポートは偶数の MSC# を使用し、残りの半分は奇数の MSC# を使用します。 ただし、Super Carrier Module(SuperCAM)キャリア アクセス モジュールとともに、元の LS1010 Port Adapter Modules(PAM)を使用する場合、単一の SuperCAM 上のすべてのポートは偶数の SP および MSC ASIC にマップします。たとえば、スロット 0 のポートの最初の半分は通常 SP0 の MSC0 に接続し、スロット 0 のポートの残りの半分は SP1 の MSC1 に接続します。しかし、SuperCAM では、ポートの両方のセットが SP0 の MSC0 に接続します。

不充分なバッファ スペース

Cisco キャンパス ATM スイッチでは、最大 65,536 個のセルを格納する共有メモリ アーキテクチャを使用します。 共有メモリ設計を使用すると、次の利点が得られます。
  • さらに多くの接続、また、さらにより高い負荷をサポートします。
  • 任意のマルチキャスト セルの単一コピーが共通セル メモリに格納されるため、さらに多くのマルチキャスト トラフィックをサポートします。
  • 最大レベルの統計バッファ シェアリングを行える完全なシェアリング機能をサポート。
すべてのポートが全メモリを使用できるため、バッファを調整するときは、各ポート間における公平性を守ることが重要なので、1 つのポートまたはポートの小サブセットが、全バッファを占有しないよう確認してください。

注:共有メモリ アーキテクチャとは逆に、ポートごとの出力バッファ アーキテクチャは、各ポートにある他のポートがアクセスできない専用メモリ バッファです。 Catalyst 6000 および Catalyst 5000 は出力バッファ付スイッチです。

LS1010 では、sh controller atm 2/0/0 コマンドで、現在使用中のメモリ バッファの数を表示します。

ls1010#show controller atm 2/0/0
MMC Switch Fabric (idb=0x60AD7B20)

Key: discarded cells  - # cells discarded due to lack of resources
                            or policing (16-bit)
       invalid cells    - # good cells that came in on a non-existent conn.
       memory buffer    - # cell buffers currently in use
       RXcells          - # rx cells (16-bit)
       TXcells          - # tx cells (16-bit)
       RHEC             - # cells with HEC errors
       TPE              - # cells with memory parity errors

 discarded cells = 0
 invalid cells   = 184027
 memory buffer   = 0
 ! -- 通常、運用中の実働スイッチではゼロ以外の値。
 garbage cells to cpu = 0
  unexpected marker intrs = 0

次のCISCO-RHINO-MIB 管理対象オブジェクトを使用し、フリー バッファおよび破棄されたセルの数について、ATM スイッチ ルータに対してポーリングをかけることができます。
管理対象オブジェクト 説明
ciscoAtmSwitchTotalBuffer スイッチの共有メモリのセル バッッファカウントの総数
ciscoAtmSwitchFreeBuffer スイッチの共有メモリの空き セル バッファ カウント
ciscoAtmSwitchDiscardCells スイッチで廃棄されたセルの総数

キューの上限値の超過

ATM スイッチ ルータではキュー制限およびしきい値が設定可能なので、システムのキューイングが制御できます。 キューイング の方法および設定可能な値は、ATM Switch Processor(ASP)または Multiservice Switch Processor(MSP)にインストールされたフィーチャカードにより異なります。
フィーチャ カードクラス別キューイング(FC-PCQ) フィーチャ カード フロー別キューイング(FC-PFQ)および 8540
サービス カテゴリの制限 設定可 設定不可
インターフェイスごとの最大キュー サイズ 設定可 設定不可
しきい値グループ なし あり

FC-PCQ を持つ Catalyst 8510 および LS1010 では、サービス カテゴリを制限できる機能があり、出力キューの種別を定義して、スイッチに入るセルの数を制限できます。show atm resource コマンドで、これらの制限状況を表示します。 atm service-category-limit コマンドで、設定をデフォルト値から変更します。

Switch# show atm resource

Resource configuration:

    Over-subscription-factor 16  Sustained-cell-rate-margin-factor 1%
    Abr-mode:   relative-rate
    Atm service-category-limit (in cells):
         64544 cbr 64544 vbr-rt 64544 vbr-nrt 64544 abr-ubr
      ! -- すべての ATM サービス クラスは、デフォルトで、共有メモリのほとんどにアクセスできます。
Resource state:
    Cells per service-category:
         0 cbr 0 vbr-rt 0 vbr-nrt 0 abr-ubr

FC-PCQがあれば、Catalyst 8510 および LS1010 では、最大キュー サイズも設定できるのでインターフェイスごとの各ATM サービス クラスにおいて、伝送スケジュールできるセルの数を定義することが可能になります。 atm output-queue コマンドを使用し、設定をデフォルト値から変更します。

Switch(config-if)# atm output-queue [force] {cbr | vbr-rt | vbr-nrt | abr-ubr} max-size number

キュー サイズのすべての値がスイッチ ファブリックによってサポートされているわけではないので、インストールされる値が、要求される設定値とともに表示されます。 インストールされた値はつねに、要求される値と同じかそれ以上です。 show atm interface resource atm コマンドを使用し、両方の値を表示します。

Switch> show atm interface resource atm 3/0/0

Resource Management configuration:
     Output queues:

Max sizes(explicit cfg): 30000 cbr, none vbr-rt, none vbr-nrt, none abr-ubr
! -- "explicit cfg" の値に注意してください。
Max sizes(installed): 30208 cbr, 256 vbr-rt, 4096 vbr-nrt, 12032 abr-ubr
! -- "installed" の値に注意してください。
Efci threshold: 25% cbr, 25% vbr-rt, 25% vbr-nrt, 25% abr, 25% ubr
Discard threshold: 87% cbr, 87% vbr-rt, 87% vbr-nrt, 87% abr, 87% ubr
Abr-relative-rate threshold: 25% abr
[output omitted]

注:FC-PFQのあるシステムでは、セルを出力キューでなく入力キューにキューイングするので、atm output-queue コマンドは適用されません。

FC-PFQ のある Catalyst 8510 および LS1010 システム、および Catalyst 8540 では、しきい値グループ機能があります。各グループは、VBR-nrt または UBR など、同一のATM サービス カテゴリに属する、仮想パス(VP)および仮想回線(VC)で構成されています。 デフォルトでは、1 つのしきい値グループは、1 つの ATM サービス クラスのセルを保持します。 atm threshold-group コマンドを使用して、1 つのしきい値グループに 1 つ以上サービス カテゴリを割り当て、サービス カテゴリをデフォルト以外のグループ番号に割り当てます。show atm resource コマンドで、変更を確認します。

Switch(config)# atm threshold-group {cbr | vbr-rt | vbr-nrt | abr | ubr} group#
次の出力例では、ATM スイッチ ルータはデフォルトの設定を使用しています。 1 つの ATM サービス クラスは、1 つのしきい値グループに割り当てられます。

Switch# show atm resource

Resource configuration:
   Over-subscription-factor 8 Sustained-cell-rate-margin-factor 1%

   Abr-mode: efci
    Service Category to Threshold Group mapping:
      cbr 1 vbr-rt 2 vbr-nrt 3 abr 4 ubr 5
     ! -- デフォルトでは、各グループは 1 つの ATM サービス カテゴリにマッチしています。
      Threshold Groups:
    Group Max Max Q  Min Q  Q thresholds  Cell  Name
          cells  limit  limit  Mark Discard  count
          instal instal instal
    ---------------------------------------------------
     1    65535  63     63     25 %  87 %      0     cbr-default-tg
     2    65535  127    127    25 %  87 %      0     vbrrt-default-tg
     3    65535  511    31     25 %  87 %      0     vbrnrt-default-tg
     4    65535  511    31     25 %  87 %      0     abr-default-tg
     5    65535  511    31     25 %  87 %      0     ubr-default-tg
     6    65535  1023   1023   25 %  87 %      0     well-known-vc-tg

各しきい値グループは、8 つの領域で構成され、各領域には1セットのしきい値を有します。 しきい値グループは、メンバー VCにおいて、多数のセルが共有セルメモリに入ってしまうと、輻輳を起こします。 メンバー VC でキューイングされたセルの累積値が "Max cells install" 値に近づくと、各 VC のキューおよび 各VP のキューのセルの最大数は、最大キュー制限値から最小キュー制限値まで縮小されます。 キュー サイズの値の show atm resource 出力にある "Max Q limit instal" および "Min Q limit instal" 列を参照してください。

輻輳が 0 セル(非輻輳)から 1/8 フルまでの範囲で発生している時は、コネクションキューにおける制限は、最大キューサイズとなっています。一般には、1 つの領域から別の領域へ変わることで、しきい値最大数は新しくなります。(前のしきい値/2、最小キューしきい値)。輻輳が 7/8 フルから100%完全にフルの範囲で発生している場合、コネクションキューにおける制限は、最小キューサイズとなります。グループにおける輻輳が 1/8 フルを超えて発生している場合、上位領域だけにあるしきい値グループのスイッチオペレーションが動きます。ただし、最大サイズおよびしきい値のポジションコマンドは、下位領域のしきい値グループにも有効です。

次のコマンドで、しきい値グループの値を調節します。

コマンド 説明
atm threshold-group group max-cells number グループに属するすべての VCで、キューイングされるセルの最大数を設定します。 show atm resource の "Max cells instal" の値を参照してください。
atm threshold-group group max-queue-limit number グループに属するすべての VCに適用される、各VC の最大キュー制限値を設定します。show atm resource の "Max Q limit install" の値を参照してください。
atm threshold-group group min-queue-limit number グループに属するすべての VCに適用される、各VCの最小キュー制限値を設定します。 show atm resource の "Min Q limit install" の値を参照してください。
atm threshold-group group marking-threshold percent あるVCのキューが「フル」であるとみなされ、スイッチが明示的順方向輻輳表示(EFCI)ビットの設定を開始する、または使用可能ビット レート(ABR)相対レート マーキングする、ポイントを定義します。 show atm resource の "Q thresholds Mark" の値を参照してください。
atm threshold-groupgroup discard-threshold percent あるVCのキューが「フル」であるとみなされ、スイッチがセル廃棄優先(CLP)ビットでセルの廃棄を開始し、早期パケット廃棄(EPD)するポイントを定義します。 show atm resource の "Q thresholds Discard" の値を参照してください。

show atm vc コマンドにより、キューのしきい値の超過によって発生したセルの拒否または廃棄に関わる、次の 2 つのカウンタが表示されます。

  • しきい値グループごとにキューに登録されるセルの数。
  • カウンタ "Rx Clp0 q full drops" および "Rx Clp1 qthresh drops" を経由したフル キューによる、ドロップの数。
:show atm vc コマンドの出力で、ドロップ カウンタはVCにおけるパケット廃棄が有効かどうかにより違ってきます。

switch#sh atm vc int atm 12/0/3 0 100

Interface: ATM12/0/3, Type: oc3suni
VPI = 0 VCI = 100
Status: UP
Time-since-last-status-change: 00:18:09
Connection-type: PVC
Cast-type: point-to-point
Packet-discard-option: disabled
Usage-Parameter-Control (UPC): pass
Wrr weight: 2
Number of OAM-configured connections: 0
OAM-configuration: disabled
OAM-states: Not-applicable
Cross-connect-interface: ATM12/0/0, Type: oc3suni
Cross-connect-VPI = 0
Cross-connect-VCI = 100
Cross-connect-UPC: pass
Cross-connect OAM-configuration: disabled
Cross-connect OAM-state: Not-applicable
Threshold Group: 1, Cells queued:63
! -- デフォルトでは、CBR サービス カテゴリはグループ 1 に割り当てられます。
Rx cells: 2010095, Tx cells: 0
Tx Clp0:0, Tx Clp1: 0
Rx Clp0:2010095, Rx Clp1: 0
Rx Upc Violations:0, Rx cell drops:148
Rx Clp0 q full drops:148, Rx Clp1 qthresh drops:0
! -- Clp0 q full drop および Clp1 qthresh drop の数に注意します。
[output omitted]

SNMP のポーリングを通じて、これらのカウンタをモニタすることもできます。

管理対象オブジェクト 説明
ciscoAtmVclClp0VcqFullCellDrops CLP ビット クリアで、この仮想チャネル リンク(VCL)上で受信するセルのうち、各VC のキュー制限を超過するため、廃棄された総数です。このカウンタは、VCLにおけるEPD が無効になっているときだけ有効です。LS1010 では、このカウンタは、スイッチ プロセッサに FC-PFQ が装備されている場合だけ有効です。
ciscoAtmVclVcqClpThreshCellDrops この VCL で受信されるセルのうち、各VC のキューにおける廃棄しきい値を超過したためCLP ビットが設定され、廃棄されたセルの総数です。このカウンタは、VCLにおけるEPD が無効になっているときだけ有効です。LS1010 では、このカウンタは、スイッチ プロセッサに FC-PFQ が装備されている場合だけ有効です。
ciscoAtmVclLsPerVcQThreshGrp この VC が受信したセルのセルキューに対するしきい値グループ。 この値は、VCL がアクティブ相互接続になるまで有効ではありません。LS1010 では、このカウンタは、スイッチ プロセッサに FC-PFQ が装備されている場合だけ有効です。

使用量パラメータ制御(UPC)違反

設定時に、user-network interface(UNI)のネットワーク側の ATM スイッチは、仮想接続の順方向(ネットワークへの)のセルのフローをポリシングします。 これらのポリシング メカニズムは、使用量パラメータ制御(UPC)として知られています。 設定により、受信したセルが定義されたトラフィック管理値に従っているかどうかを判別し、違反しているセルに次のアクションの 1 つを行います。
  • セル ヘッダーのセル廃棄優先(CLP)ビットを変更することなく、セルを渡す。
  • セルに CLP ビット値 1 のタグを付ける。
atm pvc コマンドの upc パラメータを使用し、違反アクションを指定します。 このコマンドの全体の構文は次のとおりです。
atm pvc vpi-A [vci-A | any-vci] [upc upc-A] [pd pd] interface atm card-B/subcard-B/port-B[.vpt #] vpi-B [vci-B | any-vci] [upc upc-B]
upc パラメータは、プロセッサ ポート(ATM 0)でタグ付けまたはドロップを行うように設定することはできません。

通常、UPC はソフト VC のソース エンドだけをポリシングします。 atm svc-upc-intent drop コマンドを使用すると、デフォルトで、ソフトVC の着信端のすべての終端 VC で、UPC を有効にします。

show atm vc コマンドを使用し、UPC 違反のために廃棄されたセル数だけでなく、設定した UPC アクションおよびインテリジェント パケット廃棄メカニズムも表示します。

Switch# show atm vc interface atm 0/0/1.51 51 16

Interface: ATM0/0/1.51, Type: oc3suni
VPI = 51 VCI = 16
Status: DOWN
Time-since-last-status-change: 2w0d
Connection-type: PVC
Cast-type: point-to-point
Packet-discard-option: enabled
Usage-Parameter-Control (UPC): pass
! -- パケット廃棄オプションおよび使用量パラメータ制御の設定に注意します。
Wrr weight: 32
Number of OAM-configured connections: 0
OAM-configuration: disabled
OAM-states: Not-applicable
Cross-connect-interface: ATM2/0/0, Type: ATM Swi/Proc
Cross-connect-VPI = 0
Cross-connect-VCI = 73
Cross-connect-UPC: pass
Cross-connect OAM-configuration: disabled
Cross-connect OAM-state: Not-applicable
Encapsulation: AAL5ILMI
Threshold Group: 6, Cells queued: 0
Rx cells: 0, Tx cells: 0
Tx Clp0:0, Tx Clp1: 0
Rx Clp0:0, Rx Clp1: 0
Rx Upc Violations:0, Rx cell drops:0
! -- UPC 違反の数。
Rx pkts:0, Rx pkt drops:0
Rx connection-traffic-table-index: 6
Rx service-category: UBR (Unspecified Bit Rate)
Rx pcr-clp01: 424
Rx scr-clp01: none
Rx mcr-clp01: none
Rx      cdvt: 1024 (from default for interface)
Rx       mbs: none
Tx connection-traffic-table-index: 6
Tx service-category: UBR (Unspecified Bit Rate)
Tx pcr-clp01: 424
Tx scr-clp01: none
Tx mcr-clp01: none
Tx      cdvt: none
Tx       mbs: none
No AAL5 connection registered

SNMPのポーリングを通じて、これらのカウンタをモニタすることもできます。CISCO-ATM-CONN-MIB の ciscoAtmVclUpcViolations 管理対象オブジェクトを使用します。

注:現在のシグナリング プロトコルによって、Operation, Administration, and Maintenance(OAM)フローのトラフィック パラメータを明示的に指定することができないため、ATM スイッチ ルータは 、着信セル レートの算定において、OAM セルをデータセルと同様にカウントします。

セル廃棄優先(CLP)の廃棄

標準的な ATM セル ヘッダには、セル廃棄優先(CLP)ビットが含まれ、着信端への伝送中にセルに輻輳が起こったことを明示的に示します。 CLP 値 1 は、セルの優先度が低めで、輻輳時にドロップされる可能性が高いことを意味します。 CLP ビットを使用し、異なる優先度のセル フローを生成することができます。

ATM スイッチ ルータでは、しきい値ベースの CLP 選択廃棄メカニズムを使用し、CLP = 0 セルおよび CLP = 1の セルが共有するセル バッファにおけるしきい値を設定することができます。スイッチ ポート キューの占有状況が、ユーザが設定可能なしきい値レベルにまで達した場合、CLP = 0 セルだけがシステムに入ることができ、CLP = 1 セルは廃棄されます。

CLP 廃棄または早期パケット廃棄処理に値するセルがあれば、show atm resource コマンドにより、キューしきい値のパーセンテージで表示されます。 この値は、"Discard" というラベルのついたカラムに表示されます。

Switch> show atm resource

Resource configuration:
    Over-subscription-factor 8  Sustained-cell-rate-margin-factor 1%

    Abr-mode:   efci
    Service Category to Threshold Group mapping:
     cbr 1 vbr-rt 2 vbr-nrt 3 abr 4 ubr 5
    Threshold Groups:
    Group Max    Max Q  Min Q  Q thresholds  Cell  Name
          cells limit  limit  Mark Discard  count
          instal instal instal
    ---------------------------------------------------
     1    65535  63     63     25 %  87 %      0     cbr-default-tg
     2    65535  127    127    25 %  87 %      0     vbrrt-default-tg
     3    65535  511    31     25 %  87 %      0     vbrnrt-default-tg
     4    65535  511    31     25 %  87 %      0     abr-default-tg
     5    65535  511    31     25 %  87 %      0     ubr-default-tg
     6    65535  1023   1023   25 %  87 %      0     well-known-vc-tg

コマンド atm threshold-group [module-id module] group discard-threshold percent で、廃棄しきい値の値を調節します。

しきい値の値は 2 つあることにも注意します。

  • Mark:明示的順方向輻輳表示 (EFCI) ビットが設定されるしきい値。
  • Discard: CLP 廃棄または早期パケット廃棄(EPD)セルを判断するしきい値。
オプションで、CLP 選択廃棄とともに使用するための、各 VC のテール パケット廃棄を有効にすることができます。TPD オプションでは、システム "goodput" (使用可能なスループット)を拡張します。
atm pvc コマンドの "pd" またはパケット廃棄( packet discard )パラメータを指定すると、tail packet discard(TPD)を指定できます。"pd" パラメータは、テール パケット廃棄および早期パケット廃棄の両方を有効にします。このコマンドの構文は次のとおりです。

atm pvc vpi vci [pd pd] [rx-cttr index] [tx-cttr index]

atm soft-vc source-vpi source-vci dest-address atm-address dest-vpi dest-vci [pd pd] [rx-cttr index] [tx-cttr index]

show atm interface resource コマンドを使用して、廃棄しきい値率を表示します

Switch> show atm interface resource atm 3/0/0

Resource Management configuration:
    Output queues:

        Max sizes(explicit cfg): 30000  cbr, none vbr-rt, none vbr-nrt, none abr-ubr
        Max sizes(installed): 30208 cbr, 256 vbr-rt, 4096 vbr-nrt, 12032 abr-ubr
        Efci threshold: 25% cbr, 25% vbr-rt, 25% vbr-nrt, 25% abr, 25% ubr
       Discard threshold: 87% cbr, 87% vbr-rt, 87% vbr-nrt, 87% abr, 87% ubr
        ! -- "Discard threshold" の値に注意します。
        Abr-relative-rate threshold: 25% abr
    Pacing: disabled   0 Kbps rate configured, 0 Kbps rate installed
    Service Categories supported: cbr,vbr-rt,vbr-nrt,abr,ubr
    Link Distance: 0 kilometers

UPC では、UPC ポリシーとしてドロップまたはタグを実装することができます。上記の維持セル レート(SCR)にタグを付け、上記のピーク セル レート(PCR)をドロップする、タグアンドドロップ ポリシーを設定することはできません。

次は、パケット廃棄(PD)を有効にして、UPCを pass に設定し、 10 MB SCR 、 20 MB PCR でトラフィック シェーピング パラメータを設定している相手先固定接続(PVC)で生成された出力例です。 このPVC を通して 25 MB 送信すると、セルの約 60 パーセントで UPC 違反が起こります。

switch#show atm vc int a0/1/3 2 122
Interface: ATM0/1/3, Type: oc3suni
VPI = 2  VCI = 122
Status: UP
Time-since-last-status-change: 00:56:47
Connection-type: SoftVC
Cast-type: point-to-point
 Soft vc location: Source
 Remote ATM address: 39.840f.8011.4126.0002.fd98.0001.4000.0c80.1010.00
 Remote VPI: 2
 Remote VCI: 122
 Soft vc call state: Active
 Number of soft vc re-try attempts: 0
 First-retry-interval: 5000 milliseconds
 Maximum-retry-interval: 60000 milliseconds
 Aggregate admin weight: 5040
 TIME STAMPS:
 Current Slot:2
  Outgoing Setup     March 12 11:45:31.180
  Incoming Connect   March 12 11:45:31.188
 Packet-discard-option: enabled
 Usage-Parameter-Control (UPC): tag
 Wrr weight: 2
 Number of OAM-configured connections: 0
 OAM-configuration: disabled
 OAM-states:  Not-applicable
 Cross-connect-interface: ATM0/1/2, Type: oc3suni
 Cross-connect-VPI = 0
 Cross-connect-VCI = 112
 Cross-connect-UPC: pass
 Cross-connect OAM-configuration: disabled
 Cross-connect OAM-state:  Not-applicable
 Threshold Group: 2, Cells queued: 0
 Rx cells: 3706784, Tx cells: 0
 Tx Clp0:0,  Tx Clp1: 0
 Rx Clp0:3706784,  Rx Clp1: 0
 Rx Upc Violations:2257061, Rx cell drops:0
 Rx pkts:115837, Rx pkt drops:0
 Rx connection-traffic-table-index: 3020000
 Rx service-category: VBR-RT (Realtime Variable Bit Rate)
 Rx pcr-clp01: 20000
 Rx scr-clp01: 10000
 Rx mcr-clp01: none
 Rx      cdvt: 1024 (from default for interface)
 Rx       mbs: 1024 (from default for interface)
相手先選択接続(SVC)では、Cisco キャンパス ATM スイッチは AAL5 information element(IE)を使用し、パケット廃棄を有効にするかどうかを示します。AAL5 IE があれば、スイッチでPDが有効にできることを意味します。ATM スイッチは、UNI 4.0 シグナリングを使用する ATM インターフェイスにおいて、ATM トラフィック記述子 IE のトラフィック管理オプション フィールドで、フレーム廃棄ビットを使用することがあります。

Intelligent Tail Packet Discard/早期パケット廃棄(ITPD/EPD)

ほとんどのデータ フレームは、ATM クラウドを通って、複数セルとしてセグメント化および送信されます。 1 つ以上のセルがネットワークによってドロップされると、結果としてパケットは、受信端で CRC チェックに失敗し、再送を必要とします。再送パケットでもなく、または不完全なパケットの一部でもない送達セル数としてカウントされる、このような再送分は、不良なスループットおよび goodput をもたらします。

完全に送達されるパケット数を最大限にするため、同一のパケットに属するセルを、インテリジェントかつ選択的に廃棄するユニークな ITPD/EPD 方式を 、ATM スイッチ ルータが実装しており、分割機能を最小限にすることができます。ITPD/EPD はお互いに連動し、いっぱいになるのが早いバッファから破損したパケットまたは完全なパケットをダンプすることにより、頻発するバッファのオーバーフローを防ぐことができます。多数のパケットに及ぶセルではなく、少数のパケットをドロップすることにより、バッファ オーバーフローが発生して、エンドツーエンドのシステム goodputに、非効率的かつ深刻な影響が及ぶことがなくなります。

分割が発生すると、分割を最小限にするためにTPDが動作します。 TPD は、次のいずれかの理由により、セル ドロップに応じて動作します。

  • 違反における UPC 強制アクション

  • バッファ オーバーフロー

  • バッファ制限の超過

  • CLP 選択廃棄
あるパケットの 1 つのセルが ATM スイッチ ルータによって廃棄された場合、TPD は同一パケットの、連続するすべてのセルを廃棄します。フィーチャカードによっては、最後のセル(end of packet(EOP)セルとしても知られる)もドロップされる場合があります。

ATM スイッチは、セル ヘッダの payload type identifier(PTI)フィールドのビットによって、EOP セルを識別します。FC-PCQ では、EPD を行っている時フレームの最後のセルをドロップしませんが、FC-PFQ はドロップします。

EPD は、分割する前に、分割を防ぐために動作します。ユーザ設定可能なしきい値レベルに、スイッチバッファキューが達した場合、ATM スイッチルータはEPDを使って、新たに着信するパケットのうち、EOP を除くすべてのセルの廃棄を開始します。あるパケットの最初のセルがバッファに入っている場合、十分なバッファ スペースが利用可能であれば、そのパケットの残りすべてのセルを入れることができます。そうでない場合は、TPD を使うことができます。

キューがいっぱいであるとみなされるポイントとなるしきい値を設定するため、atm threshold-group group discard-threshold percent コマンドを使用して、EPD でセルドロップを開始させます。 デフォルトの廃棄パーセンテージについては、show atm resource の出力の "Q thresholds Discard" の値を参照してください。

EPD しきい値の定義づけで、バッファ使用の有効性、およびセルがドロップされる頻度を決定します。EPD しきい値分は実質的に有効なバッファ サイズとして機能します。EPD しきい値より上の、バッファキャパシティ超過分は、バッファ、または伝送回線において、すでに該当するパケットに属するセルが存在しているとき、そのセルを収容するために使用します。

以下のような要素によってしきい値を設定します。

  • パケット サイズの分散

  • トラフィック分散

  • 輻輳の継続時間

  • 輻輳期間中に着信したが、これから処理するパケットに属しており、結果的にバッファする必要があるセルの比率。

  • 他の ATM レベルまたはトランスポート レベルのフローおよび輻輳制御メカニズムとの相互作用。

また、求められるバッファ キャパシティ超過分は、バッファがどれだけ TPD/EPD 以外のトラフィックと共有されるかに依存します。

前項で述べたように、atm pvc コマンドの "pd" すなわちパケット廃棄(packet discard )パラメータを定義すると、TPD が有効にできます。"pd" パラメータは、テールパケット廃棄および早期パケット廃棄の両方を有効にします。パケット廃棄は、AAL5 接続のためにだけ有効にできます。次に、どのようにUPC および PD オプションでのドロップ動作が変わるかを示します。

  • UPC はドロップするよう設定し、PD は無効である場合、スイッチは違反セルだけをドロップする。

  • UPC はドロップするよう設定し、PD は有効である場合、スイッチは ITPD を実行し、違反セルに続くすべてのセルをドロップする(最後のセルを除く)。

  • PD が有効で、セルが EPD しきい値を超過したバッファにキューイングされた場合、スイッチは (AAL5) パケット単位でドロップする。

つまり、PD は、可能な場合(たとえば、キュー サイズが大きい時)には EPD として適用され、その他の場合(UPC ドロップおよびバッファ オーバーフローを含む)には、ITPD として適用されます。

SNMP を使用したドロップ統計の収集

CISCO-ATM-CONN-MIB は、情報管理ベース(MIB)オブジェクトで、セル ドロップおよび廃棄セルについての各 VC の統計を収集できます。これらのオブジェクトの一部は、前の項に詳細があります。

CiscoAtmVclEntry
ciscoAtmVclRxUpcMode
ciscoAtmVclEpdEnable
ciscoAtmVclUpcViolations
ciscoAtmVclEpdTpdCellDrops
ciscoAtmVclEpdTpdPacketDrops
ciscoAtmVclEpdTpdPacketsIn
ciscoAtmVclLsPerVcQThreshGrp
ciscoAtmVclClp0VcqFullCellDrops
ciscoAtmVclVcqClpThreshCellDrops

注:この MIB は、ATM インターフェイスを持つルータでは利用できません。

トラブルシューティング

拒否されたセルのトラブルシューティングに関して Cisco TAC にお問い合わせの際には、次のデータを用意してください。
  • どんなトポロジか。 ATM スイッチルータに対して、他にどのようなデバイスからデータが搬送されているか。
  • 最も大きいトラフィック負荷が発生しているインターフェイスはどれか。 それは、拒否されたセルが発生しているインターフェイスと同じか。
  • どのMSCチップ上で拒否されたセルが発生するのか。 このポートのセットに多量のトラフィック フローが発生しているか。 たとえば、スロット 0 および 1 のインターフェイスで発生する多量のトラフィックは、MSC 0 上のドロップを指します。
  • 次の表示コマンドからの出力。
    • show hardware
    • show running
    • show switch fabric
    • show atm resource または show controller (プラットフォームによる)

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10496