非同期転送モード(ATM) : 相手先固定接続(PVC)と相手先選択接続(SVC)

ATM PVC バンドルの理解と設定

2003 年 3 月 12 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 6 月 5 日) | フィードバック

概要

Per-VC(Distributed)Weighted Random Early Discard(Per-VC(D)WRED)を使用すると、輻輳が発生したとき高度なパケット廃棄機能を実行できます。ただし、このソリューションでは 2 台の終端装置の間の 1 つの PVC しか使用できないという制約があります。その結果、サービス クラスが一定ではない場合、(各ストリームに様々な IP precedence(優先順位)値が割り当てられている)廃棄率がそれぞれ異なってしまうことになります。非廃棄パケットは同じ QoS/遅延特性を持つこととなります。このため、最も要求の厳しい QoS 条件を満たすように ATM PVC のトラフィック クラスを選択する必要があります。音声とデータなど、まったく異なるタイプのトラフィックがある場合には、これが問題になることがあります。

PVC バンドルは異なる QoS パラメータを異なるタイプのトラフィックに割り当てることを可能にし、同時に Per-VC DWRED も使用できるようにすることで、この問題を解決します。

注:「Distributed(分散)」メカニズム(DCEF や DWRED など)は 7500/VIP アーキテクチャに固有のものです。これらのメカニズムは RSP の CPU では処理されず、VIP モジュールの CPU で処理されます。

PVC バンドルの理解

ATM Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)バンドル管理により、2 台の終端装置間で異なる QoS 特性を持つ複数の PVC を設定できます。

バンドルした PVC を 1 つまたは複数の precedence 値にバインドします。特定のトラフィックの送信にバンドル内のどの VC を使用するのかを決めるために、ATM VC バンドル管理ソフトウェアによってパケットと VC 間の優先順位レベルが照合されます。

このほか、Per-VC DWRED を実行して、各 VC で VC 単位または precedence 値単位による高度な廃棄処理を実行できます。

サポートされているバージョン

この機能は Cisco IOS バージョン 12.0(3)T 以降で使用でき、次のハードウェアでサポートされています。

  • 7500:VIP2-50、すべての PA-A3 バージョン。VIP2-50 1つにつき 1 つの PA-A3 だけサポートします。

  • 7200:NPE200 以降、すべての PA-A3 バージョン。

  • 2600 および 3600:

    • NM-1A-OC3 および NM-4E1-IMA、NM-4T1-IMA、NM-8E1-IMA、NM-8T1-IMA の各ネットワーク モジュールを搭載したものでは12.0(7)T 以降。

    • NM-1A-T3 および NM-1A-E3 ネットワーク モジュールを搭載したものでは12.1(2)T 以降。

注 1:Cisco 2600 プラットフォームでは、NM-1A-OC3 は Cisco 2650 および 2651 でだけサポートされており、最低でもバージョン 12.1(3)T が必要です。

注 2:接続の両端(ルータ)で PVC バンドルをサポートする必要があります。

ネットワークダイヤグラム

PVC バンドルの概念を詳しく説明するために、次の設定を使用します。図中のルータのいずれかをクリックすると、そのルータの設定にジャンプします。

Ema と Bernard(2 台の 7507、1枚のVIP2-50 で PA-A3 1枚を使用し、Cisco IOS version 12.0(7)T を実行)の間に、2 つの PVC が作成されます。

これら 2 つの PVC には、接続の両端で値 1/130 および 1/131 がすでに割り当てられています。簡単に説明するために、1/130 は ATM スイッチによって 1/130 にスイッチングされ、1/131 は 1/131 にスイッチングされるものとします。

PVC 1/130 は VBR-nrt VC として設定され、1/131 は ABR VC として設定されています。PVC 1/130 には 0〜4 の precedence 値がバインドされ、PVC 1/131 には 5〜7 の precedence 値がバインドされます。パケット廃棄メカニズムとしてはPer-VC DWRED が使用されます。

設定例

Bernard

Bernard

random-detect-group testWRED 

  exponential-weighting-constant 2 

  precedence 3   100   1000  3 

  precedence 5   200   1000  5 

 ! 

 ip cef distributed 

 ! 

 interface ATM2/0/0 

  ip route-cache distributed 

  ip route-cache cef 

 ! 

 interface ATM2/0/0.6 point-to-point 

  ip address 14.0.0.1 255.0.0.0 

  no ip directed-broadcast 

  bundle bernard 

   protocol ip 14.0.0.2 broadcast 

   broadcast 

   oam-bundle manage 

   pvc-bundle 1/131 

    class-vc ABR 

    random-detect attach testWRED 

    precedence 5-7 

   pvc-bundle 1/130 

    random-detect attach testWRED 

    vbr-nrt 100 10 

    precedence 0-4 

 ! 

 vc-class atm ABR 

   abr 1000 100

 

Ema

Ema

random-detect-group testWRED

  exponential-weighting-constant 2

  precedence 3   300   1000  3    

  precedence 5   2000  4000  5    

 !

 ip cef distributed

 !

 interface ATM2/0/0

  ip route-cache distributed

  ip route-cache cef

 !

 interface ATM2/0/0.6 point-to-point

  ip address 14.0.0.2 255.0.0.0

  no ip directed-broadcast

  bundle ema

   protocol ip 14.0.0.1 broadcast

   broadcast

   oam-bundle manage

   pvc-bundle 1/131 

    class-vc ABR

    random-detect attach testWRED

    precedence 5-7 

   pvc-bundle 1/130 

    random-detect attach testWRED

    vbr-nrt 100 50

    precedence 0-4 

 !

 vc-class atm ABR

   abr 1000 100

選択された出力

PVC バンドルの結果を示すため、トラフィック ジェネレータから 2 つのデータ ストリームを送信しています。1 つは IP 優先順位が 3 に等しく、もう 1 つは IP 優先順位が 5 に等しいものです。

上の設定によれば、ストリーム IPprec 3 は pvc 1/130 を経由し、 IPprec 5 のトラフィックは pvc 1/131 を経由します。このことは次の show コマンド出力で確認できます。

bernard#show queuing int atm 2/0/0.6

 Interface ATM2/0/0.6 VC 1/131

     Exp-weight-constant: 2 (1/4)

     Mean queue depth: 0

     Queue size: 0       Maximum available buffers: 2628

     Output packets: 802  WRED drops: 14  No buffer: 121515

  

     Class   Random       Tail    Minimum    Maximum     Mark       Output

               drop       drop  threshold  threshold  probability  Packets

       0          0          0         20         40     1/10            0

       1          0          0         22         40     1/10            0

       2          0          0         24         40     1/10            0

       3          0          0        100       1000     1/3             0

       4          0          0         28         40     1/10            0

       5         13          0        200       1000     1/5           772

       6          0          0         32         40     1/10            0

       7          0          0         34         40     1/10            0

  

 Interface ATM2/0/0.6 VC 1/130

     Exp-weight-constant: 2 (1/4)

     Mean queue depth: 781

     Queue size: 781       Maximum available buffers: 2628

     Output packets: 53  WRED drops: 114  No buffer: 121413

  

     Class   Random       Tail    Minimum    Maximum     Mark       Output

               drop       drop  threshold  threshold  probability  Packets

       0          0          0         20         40     1/10           17

       1          0          0         22         40     1/10            0

       2          0          0         24         40     1/10            0

       3        114          0        100       1000     1/3           817

       4          0          0         28         40     1/10            0

       5          0          0        200       1000     1/5             0

       6          0          0         32         40     1/10            0

       7          0          0         34         40     1/10            0

トラフィックがその IP 優先順位に従って適切な VC 上を流れていることがわかります。

bernard#show atm bundle

  

 bernard on ATM2/0/0.6: UP

  

                        Config    Current   Bumping  PG/ Peak Avg/Min Burst

 VC Name      VPI/ VCI  Preced.   Preced.   Preced./ PV  Kbps   kbps  Cells Sts

                                            Accept

  

 3              1/131   7-5       7-5       4 / Yes  -    1000    100        UP

 6              1/130   4-0       4-0       - / Yes  -      64     10   94   UP

また、VIP2-50/PA-A3 DWRED がオンにされると PA-A3 で廃棄が発生しなくなることにも注意してください。ただし、VIP では廃棄が発生します。このことは次の出力で確認できます。

bernard#show atm pvc 1/130

 ATM2/0/0.6: VCD: 6, VPI: 1, VCI: 130

 VBR-NRT, PeakRate: 64, Average Rate: 10, Burst Cells: 94

 AAL5-LLC/SNAP, etype:0x0, Flags: 0x100020, VCmode: 0x0

 OAM frequency: 10 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s)

 OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5

 OAM Loopback status: OAM Received

 OAM VC state: Verified

 ILMI VC state: Not Managed

 VC is managed by OAM.

 InARP frequency: 15 minutes(s)

 Transmit priority 2

 InPkts: 55, OutPkts: 86, InBytes: 3700, OutBytes: 105654

 InPRoc: 49, OutPRoc: 17

 InFast: 0, OutFast: 0, InAS: 7, OutAS: 69

 InPktDrops: 42, OutPktDrops: 0

 CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 0

 OAM cells received: 169

 F5 InEndloop: 169, F5 InSegloop: 0, F5 InAIS: 0, F5 InRDI: 0

 F4 InEndloop: 0, F4 InSegloop: 0, F4 InAIS: 0, F4 InRDI: 0

 OAM cells sent: 169

 F5 OutEndloop: 169, F5 OutSegloop: 0, F5 OutRDI: 0

 F4 OutEndloop: 0, F4 OutSegloop: 0, F4 OutRDI: 0

 OAM cell drops: 0

 Status: UP
bernard#show atm pvc 1/131

 ATM2/0/0.6: VCD: 3, VPI: 1, VCI: 131

 ABR, PeakRate: 1000, Minimum Rate: 100, Initial Rate: 1000, Current Rate: 998

 RIF: 16, RDF: 16

 FRM cells received: 165, BRM cells received: 910

 RM cells sent: 1073

 AAL5-LLC/SNAP, etype:0x0, Flags: 0x110820, VCmode: 0x0

 OAM frequency: 10 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s)

 OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5

 OAM Loopback status: OAM Received

 OAM VC state: Verified

 ILMI VC state: Not Managed

 VC is managed by OAM.

 InARP frequency: 15 minutes(s)

 Transmit priority 3

 InPkts: 31, OutPkts: 854, InBytes: 3640, OutBytes: 1227090

 InPRoc: 31, OutPRoc: 34

 InFast: 0, OutFast: 0, InAS: 0, OutAS: 820

 InPktDrops: 0, OutPktDrops: 0

 CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 0

 OAM cells received: 180

 F5 InEndloop: 180, F5 InSegloop: 0, F5 InAIS: 0, F5 InRDI: 0

 F4 InEndloop: 0, F4 InSegloop: 0, F4 InAIS: 0, F4 InRDI: 0

 OAM cells sent: 184

 F5 OutEndloop: 184, F5 OutSegloop: 0, F5 OutRDI: 0

 F4 OutEndloop: 0, F4 OutSegloop: 0, F4 OutRDI: 0

 OAM cell drops: 0

 Status: UP

別の設定方法

上の設定は Cisco 7500 ルータに基づいています。この設定では、PVC バンドルのオプションがバンドルと PVC 自体に対して設定されていることがわかります。
この種の設定を実現する別の方法として、vc-class を使用する方法があります。次に例を示します。

設定例

vc-class atm atm-bundle

     broadcast

     oam-pvc manage 1

     oam retry 3 3 1

     encapsulation aal5snap

     protocol ip inarp broadcast

     oam-bundle manage 1

 !

 vc-class atm data

     vbr-nrt 4096 2048 32

     precedence 0-4

     no bump traffic

     protect vc

 !

 vc-class atm vo-ip

     vbr-nrt 4096 2048 32

     precedence 5-7

     no bump traffic

     protect vc

 !

 interface ATM1/0.100 point-to-point

    mtu 1500

    bandwidth 2000

    ip address 1.1.1.1 255.0.0.0

    bundle test

     class-bundle atm-bundle

     max-vcnum  0

     pvc-bundle vo-ip 2/202

      class-vc vo-ip

     pvc-bundle data 1/101

      class-vc data 

vc-class atm-bundle によってバンドル パラメータを定義できます。クラス vo-ip および data は各 VC のパラメータを定義します。

不完全な設定、PV ダウン メッセージ

PVC バンドル コンフィギュレーションが不完全な場合、バンドルがダウンし、次の理由が表示されます。

Incomplete config, PV down 

通常、この問題は precedence が PVC にマップされていないことが原因です。precedence を使用していなくても、バンドル内では precedence を PVC にマップする必要があります。次に例を示します。

設定例

vc-class atm atm-bundle

      broadcast

      oam-pvc manage 1

      oam retry 3 3 1

      encapsulation aal5snap

      protocol ip inarp broadcast

      oam-bundle manage 1

 !

 vc-class atm dus-mun-data

      vbr-nrt 4096 2048 32

      precedence 0-4

      no bump traffic

      protect vc

 !

 vc-class atm vo-ip

      vbr-nrt 4096 2048 32

      precedence 5-6

      no bump traffic

      protect vc 

ここで show atm bundle コマンドを使用します。

 Damme#show atm bundle 

  test on ATM1/0.100: DOWN, Incomplete config, PV down

   

                         Config    Current   Bumping  PG/ Peak Avg/Min Burst

  VC Name      VPI/ VCI  Preced.   Preced.   Preced./ PV  Kbps   kbps  Cells Sts

                                             Accept

   

  dus-mun-data   1/101   4-0                 - / No   PV   4096   2048   32   UP

  vo-ip          2/202   6-5                 - / No   PV   4096   2048   32   UP

precedence 7 を PVC にマップしていなかったため、バンドル全体がダウンしたことがわかります。precedence 7 を vo-ip pvc に追加すれば、バンドルがアップします。

Damme#config terminal  

 Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.  

 Damme(config)#vc-class atm vo-ip  

 Damme(config-vc-class)#pre     

 Damme(config-vc-class)#precedence 7  

 Damme(config-vc-class)#^Z  

 Damme#  
Damme#show atm bundle 

 
test on ATM1/0.100: UP

                         Config    Current   Bumping  PG/ Peak Avg/Min Burst

 VC Name       VPI/ VCI  Preced.   Preced.   Preced./ PV  Kbps   kbps  Cells Sts

                                             Accept

   

 vo-ip          2/202   7-5       7-5       - / No   PV   4096   2048   32   UP

 dus-mun-data   1/101   4-0       4-0       - / No   PV   4096   2048   32   UP 

既知の注意事項

バグ CSCdm43184

バグ CSCdm43184:CAR + PVC bundling = packets forwarded on wrong VC(CAR + PVC バンドリング = 間違った VC にパケットが転送される)

リリース ノート:Committed Access Rate(CAR; 専用アクセス レート)を使用して優先順位ビットを IP ヘッダー内で設定した場合、パケットが PVC バンドル内の間違った PVC に送信されることがあります。このバグは Cisco IOS バージョン 12.0(4)T で見られます。この状況では、着信したパケットに、バンドル内の正しい VC に送出される優先順位ビットが設定されている場合、それらのパケットはスイッチングされます。優先順位ビットが(CAR によって)設定されていない着信パケットは、precedence 0 の VC にスイッチングされます。このことは、CEF スイッチングが決定された後に優先順位レベルが CAR によって変更されることを暗に示していると考えられます。

バグ CSCds80669

バグ CSCds80669:VBR-nrt not a configuration option with pvc-bundle command mode(VBR-nrt は pvc-bundle コマンド モードでの設定オプションではない)

リリース ノート:VBR-nrt は PVC バンドル コンフィギュレーションのもとでは使用できません。

 cop-ves9-wan-gw1#config terminal      

       Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.      

       cop-ves9-wan-gw1(config)#interface ATM2/0.100 point-to-point      

       cop-ves9-wan-gw1(config-subi)# bundle cop-sto 

       cop-ves9-wan-gw1(config-if-a)#  pvc-bundle cop-sto-data 103/1      

       cop-ves9-wan-gw1(config-if-a)#? 

       ATM VC bundle member configuration commands: 

         abr       Enter Available Bit Rate (pcr)(mcr) 

         class-vc  Configure default vc-class name 

 

         default   Set a command to its defaults 

         exit      Exit from ATM bundle member configuration mode 

         no        Negate a command      or set its defaults 

         ubr+      Enter Peak Cell Rate(pcr)Minimum Cell Rate(mcr) in Kbps.

この例では、Cisco 3640 プラットフォームで IOS ソフトウェア リリース 12.1(3a)T4 が動作しています。

debug および show コマンド
  • show atm bundle bundle-name [stat] [detail]


      Bundle Name: Bundle State: UP 

      AAL5-NLPID 

      OAM frequency: 0 second(s), OAM retry frequency: 1 second(s) 

      OAM up retry count: 3, OAM down retry count: 5 

      BUNDLE is managed by. 

      InARP frequency: 15 minutes(s) 

      InPkts: 3695, OutPkts: 4862, InBytes: 407836, OutBytes: 2848414 

      InPRoc: 3579, OutPRoc: 3211, Broadcasts: 0 

      InFast: 0, OutFast: 0, InAS: 116, OutAS: 1652 

      InPktDrops: 42, OutPktDrops: 0 

      CrcErrors: 0, SarTimeOuts: 0, OverSizedSDUs: 0

 
  • show atm map

 

      bernard#show atm map 

      Map list bernard_B_ATM2/0/0.6 : PERMANENT 

      ip 14.0.0.2 maps to bundle bernard, 1/131, 1/130, ATM2/0/0.6 

              , broadcast, aal5mux

 
  • show queuing interface atm [x/[y/[z]]].w

  • show random-detect-group

  • debug atm bundle errors

  • debug atm bundle events


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10490