アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco CSS 11500 ???? Content Services Switches

同一の CSS 11000 上の VIP に HTTP リダイレクトを送信するための CSS 11000 の設定方法

2003 年 9 月 19 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 1 月 30 日) | フィードバック

目次


概要

注:  この文書の情報は、Cisco CSS 11000 シリーズのコンテント サービス スイッチおよび Cisco WebNS ソフトウェアリリース 3.02 以降に基づいています。

1 つの仮想 IP アドレス(VIP)を別の VIP に一致させるというリダイレクト クライアント要求に対し CSS を設定する必要がある場合で、そのルールに対するすべてのサービスがダウンしている場合は、リダイレクト サービスを設定してこれを行うことができます。

サービスを "type redirect" として設定した場合、CSS がクライアントにリダイレクトを送信する場合に使用するドメイン ストリングを指定できます。また、新規のドメイン要求の通知を追加します。Web キャッシュで Web ファームのフロントエンド処理を行っており、すべてのキャッシュに障害が生じた場合にクライアントを発信元サーバを含む VIP にリダイレクトしたい場合、通常はこの機能を使用します。

たとえば、次のように入力します。

service otherVIP

  type redirect

  domain 200.200.200.200

  active

  

注:WebNS バージョン 3.02 および 4.0 に対しては、機能しない IP アドレスおよび "none" タイプのキープアライブを追加し、サービスをアクティブにする必要があります。

たとえば、次のように入力します。

owner mysite.com

  content main_rule

  vip address 200.200.200.201

  url "/*"

  add service cache1

  add service cache2

  add service otherVIP

  activecontent other_rule

  vip address 200.200.200.200

  url "/*"

  add service server1

  add service server2

  active


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 12645