ブロードバンド ケーブル : ケーブル モデム

Cisco uBR9xx シリーズ ケーブル モデムのハードウェア トラブルシューティング

2002 年 4 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2008 年 9 月 26 日) | フィードバック

目次


概要

このドキュメントは、Cisco uBR9xx シリーズ ケーブル モデムで発生する可能性のある最も一般的なハードウェア障害と、そのトラブルシューティング方法について説明しています。最初に、これらのケーブル モデムで発生する最も一般的な症状ををまとめたフローチャートを示し、続いて、一連のステップを対話式にたどりながら、障害の原因を絞り込みます。このドキュメントの目的は、ハードウェア上の問題である可能性を除外するために、読者が自らケーブル モデムのトラブルシューティングを実施できるようにすることにあります。

注:Cisco ケーブル音声アダプタ CVA120 固有のトラブルシューティングについては、「Cisco Cable Voice Adapters(CVA120)Basic Installation and Troubleshooting」を参照してください。

トラブルシューティング フローチャート
トラブルシューティング フローチャートに示されているように、uBR9xx ケーブル モデムで一般に発生する障害は次の 4 種類に分かれます。
  • ケーブル モデムがブートアップしない

  • ケーブル モデムが通信できない

  • ケーブル モデムのコンソールにエラー メッセージが表示される

  • ケーブル モデムに telnet またはコンソール接続できない

:トラブルシューティング プロセスの一環として、使用中のケーブル モデムに関係する既存の Field Notices を確認することは非常に重要です。詳細については、「The Cable Products Field Notices」を参照してください。

トラブルシューティング フローチャートを参照して、使用中のケーブル モデムで発生している症状と照合し、yes/no で答えながらフローチャートの適切なフィールドまで進みます。詳細については、このドキュメントの対応する項を参照してください。

ケーブル モデムがブートアップしない

ケーブル モデムがブートアップしない場合は、最初に、ケーブル モデムの OK LED が点灯しているかどうかを確認します。

  • OK LED が点灯していない場合は、ケーブル モデムの電源がオンであるかを確認します。電源がオンであるのに、OK LED が点灯していない場合は、おそらくケーブル モデムが故障しています。LED セルフテストの障害コードを調べる場合は、対応するケーブル モデムのハードウェア インストレーション ガイドを参照してください。

     

  • OK LED が点灯または点滅している場合は、ケーブル モデムにコンソールを接続して show version を発行し、ケーブル モデムで適切な IOS ソフトウェアが動作しているかを確認します。

     

  • OK LED が点灯していないのに、セルフテストの障害コードが障害なしを示している場合は、OK LED が故障している可能性があります。

注:ケーブル モデムへのコンソール ポート接続については、「Cisco uBR900 Series Cable Access Routers」を参照して目的のルータ プラットフォームを選択し、そのハードウェア インストレーション ガイドを選択して、コネクタとケーブルの仕様に関する章をクリックします。

次の show version の出力は、uBR924 ルータから取得したものです。

el-vulpix#show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 920 Software (UBR920-K8V6Y5-M), Version 12.2(5), RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
Compiled Wed 12-Sep-01 03:33 by pwade
Image text-base: 0x800100A0, data-base: 0x806AE948
ROM: System Bootstrap, Version 12.0(6r)T3, RELEASE SOFTWARE    (fc1)
el-vulpix uptime is 1 day, 2 hours, 7 minutes

   System returned to ROM by reload at 22:37:37 - Wed Nov 14 2001

   System restarted at 22:38:44 - Wed Nov 14 2001

   System image file is "flash:ubr920-k8v6y5-mz.122-5.bin"  
cisco uBR920 CM (MPC850) processor (revision 3.e) with 15872K/1024K bytes of    me.

     Processor board ID FAA0418Q0Z2

     Bridging software.

     1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)

     1 Cable Modem network interface(s)

     3968K bytes of processor board System flash (Read/Write)

     1536K bytes of processor board Boot flash (Read/Write)  
Configuration register is 0x2102  

上記の show version の情報から、ubr920-k8v6y5-mz.122-5.bin が適切なイメージであることがわかります。使用中のケーブル モデムにとって適切なイメージを選択し、ダウンロードするには、「Cisco IOS (R) Software Center」(登録ユーザのみ使用可能)を参照してください。ケーブル モデムの IOS をアップグレードするには、「Cisco IOS Software Upgrade Procedure for Cisco uBR9xx Cable Modems Using Console or Telnet Access」を参照してください。ケーブル モデムが ROMmon モードになる場合は、次のようにコンフィギュレーション レジスタを 0x2102 に設定してから、ルータをリロードします。

rommon 1 > confreg 0x2102

     rommon 2 > reset  

それでもルータが ROMmon モードになる場合は、おそらく IOS イメージが破損しています。詳細については、「ROMmon Recovery Procedure」を参照してください。

ルータがブートモードになる(Router_name(boot)> プロンプトが表示される)場合は、show version の出力をもう一度チェックして、コンフィギュレーション レジスタが 0x2102 であるかどうかを確認します。コンフィギュレーション レジスタが 0x2102 以外の値に設定されている場合は、次のように入力します。

Router_name(boot)#configure terminal

     Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.

     Router_name(boot)(config)#config-register 0x2102

     Router_name(boot)(config)#end

     Router_name(boot)#reload

     System configuration has been modified. Save? [yes/no]: no

     Proceed with reload? [confirm]  

注:リロードする前に実行コンフィギュレーションを保存する必要はありません。

上記のステップを行っても問題が解決しない場合は、RESET スイッチが押されたままの状態になっていないかを確認します。RESET スイッチが押されたままであるかどうかわからない場合は、ケーブル モデムの電源をオフ/オンし、次のコンソール メッセージが表示されるかを確認します。

RESET SWITCH DETECTED  
RESET SWITCH DETECTED - 10 seconds  
RESET SWITCH DETECTED - 30 seconds

     UBR924 platform with 16384 Kbytes of main memo  

上記のメッセージが表示されれば、RESET スイッチは押されたままの状態になっています。 最後に、ケーブル モデムのコンソールにエラー メッセージが表示されている場合は、そのエラー メッセージを Error Message Decoder にカットアンドペーストして、エラー メッセージを解析します。ケーブル モデムでクラッシュまたはメモリの問題が発生している場合は、「Router and IOS Architecture Issues」を参照してください。

注:上記の Error Message Decoder を使用するには、登録ユーザであり、ログインしている必要があります。

ケーブル モデムが通信できない

ケーブル モデムはブートアップしているのに、ヘッドエンドと通信していない場合は、問題を明確にするために次のことを行います。

  • ケーブル モデムの LED ステータスを確認します(LED ステータスの詳細については、ケーブル モデムのトラブルシューティング ドキュメントを参照)。たとえば、uBR905 ケーブル モデムの LINK LED が点滅している場合は、ケーブル モデムが信号にロックされており、DOCSIS に従ってヘッドエンドに接続しています。LINK LED が常に点滅している場合は、ケーブル モデムのどこに問題があるかを特定するために、さらなる調査が必要です。


  • サービス プロバイダーのケーブル モデムの状態を確認するために、サービス プロバイダーの Cable Modem Termination System(CMTS; ケーブル モデム終端システム)上で show cable modem コマンドを実行してもらうよう依頼します。

  • トラブルシューティング フローチャート を参照して問題を絞り込み、ケーブル モデムをオンライン状態にするために何をすればよいかを判断します。詳細については、「Troubleshooting uBR Cable Modems Not Coming Online」を参照してください。
ケーブル モデムはオンラインであるのに、ヘッドエンド上のホスト、またはヘッドエンドの向こう側にあるホストと接続を確立できない場合は、CPE の設定と IP 接続を確認します。詳細については、「CPE Not Able To Connect In」を参照してください。

ケーブル モデムのコンソールにエラー メッセージが表示される

ケーブル モデムのコンソールにエラー メッセージが表示されている場合は、そのエラーを記録して一般的なケーブル モデムのエラー メッセージにドキュメントとして記載されていないかどうか確認してください。

ケーブル モデムに telnet またはコンソール接続できない

ケーブル モデムがオンラインになった後、ケーブル モデムに telnet またはコンソール接続できない場合、ケーブル モデムは正常に機能しています(「Why is Console Access to My Cable Modem Disabled」を参照)。ケーブル モデムにコンソール接続できない原因がハードウェアにあるかどうかを切り分けるには、ケーブル モデムの同軸ケーブルを取りはずしてから電源をオフ/オンします。これで、ケーブル モデムにコンソール接続できるはずです。それでもコンソール接続できない場合は、ハードウェア インストレーション ガイドを参照して、使用しているコンソール ケーブルが適切であるかを確認します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 16222