ルータ : Cisco 12000 シリーズ ルータ

Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータ ラインカード障害のハードウェア トラブルシューティング

2003 年 12 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2009 年 3 月 9 日) | フィードバック

目次


概要

実際には適切に機能しているハードウェアを交換することにより、貴重な時間と資源が浪費されてしまう場合があります。 この文書は、Cisco 12000 シリーズインターネットルータに関する共通のハードウェア問題を解決する際の手助けとなり、ハードウェアに障害あるかどうかを特定する際の指針となります。 ハードウェアの障害とよく間違えられるもの以外の、ソフトウェア関連の障害については取り扱っていません。

前提条件

この文書を読む方は以下について熟知していることを前提としています。

問題の特定

以下の情報を読んでトラブルシューティングの手順に従えば、ラインカードに関する現在の問題が、ハードウェアに関連するかどうかを判断できます。 まず最初に、ラインカードのクラッシュやコンソール エラーの原因を特定します。 どのカードに障害があるかを判断するには、以下のコマンドの出力が必要となります。

  • show context summary
  • show logging
  • show logging summary
  • show diag
  • show context slot

これらの具体的な showコマンドと併せて、以下の情報も収集してください。

  • コンソールログおよび/またはSyslog情報:これらは、複数の現象が発生した場合に、原因となる問題を判断する際に非常に重要です。 ルータがログを syslog サーバに送るように設定されている場合、発生した事象ついての何らかの情報が分かることがあります。 コンソールログでは、ロギング を有効にしてコンソール ポートのルータに直接接続するのが最も良いでしょう。
  • show tech-support:: show tech-supportコマンドは show versionshow running-config, show stacksなどの多くの異なったコマンドの集体系です。 ルータに問題が生じた場合、Ciscoテクニカルアシスタンツセンター(TAC)の技術者は通常この情報を必要とします。 リロードや電源のオン・オフを行う(電源を一旦切ってから再投入する)と問題に関する情報がすべて失われることがありますので、事前にshow tech-supportを収集することが重要です。

ギガビット ルート プロセッサ(GRP)や ラインカードがクラッシュした場合の出力例をいくつか挙げます。

Router#show context summary 

   CRASH INFO SUMMARY 

     Slot 0 : 0 crashes 

     Slot 1 : 1 crashes 

      1 - crash at 10:36:20 UTC Wed Dec 19 2001 

     Slot 2 : 0 crashes 

     Slot 3 : 0 crashes 

     Slot 4 : 0 crashes 

     Slot 5 : 0 crashes 

     Slot 6 : 0 crashes 

     Slot 7 : 0 crashes 

     Slot 8 : 0 crashes 

     Slot 9 : 0 crashes 

     Slot 10: 0 crashes 

     Slot 11: 0 crashes 

     Slot 12: 0 crashes 

     Slot 13: 0 crashes 

     Slot 14: 0 crashes 

     Slot 15: 0 crashes
Router#show logging 

   Syslog logging: enabled (2 messages dropped, 0 messages rate-limited, 0 flushes, 

   0 overruns) 

       Console logging: level debugging, 24112 messages logged 

       Monitor logging: level debugging, 0 messages logged 

       Buffer logging: level debugging, 24411 messages logged 

       Logging Exception size (4096 bytes) 

       Trap logging: level informational, 24452 message lines logged
5d16h: %LCINFO-3-CRASH: Line card in slot 1 crashed 

   5d16h: %GRP-4-RSTSLOT: Resetting the card in the slot: 1,Event: 38 

   5d16h: %IPCGRP-3-CMDOP: IPC command 3 

   5d16h: %CLNS-5-ADJCHANGE: ISIS: Adjacency to malachim2 (GigabitEthernet1/0) Up, 

   n8 (slot1/0): linecard is disabled 

   -Traceback= 602ABCA8 602AD8B8 602B350C 602B3998 6034312C 60342290 601A2BC4 601A2BB0 

   5d16h: %LINK-5-CHANGED: Interface GigabitEthernet1/0, changed state to 

   administratively down 

   5d16h: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface GigabitEthernet1/0, 

   changed state to down 

   5d16h: %GRP-3-CARVE_INFO: Setting mtu above 8192 may reduce available buffers 

   on Slot: 1. 

   SLOT 1:00:00:09: %SYS-5-RESTART: System restarted -- 

   Cisco Internetwork Operating System Software 

   IOS (tmew adjacency) GS Software (GLC1-LC-M), Version 12.0(17)ST3, 

   EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1) 

   TAC Support: http://www.cisco.com/tac 

   Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc. 

   Compiled Thu 08-Nov-01 20:21 by dchih 

   5d16h: %GRPGE-6-AUTONEG_STATE: Interface GigabitEthernet1/0: Link OK - 

   autonegotiation complete 

   5d16h: %LINK-3-UPDOWN: Interface GigabitEthernet1/0, changed state to up 

   5d16h: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface GigabitEthernet1/0, 

   changed state to up
Router#show diag 1 

   SLOT 1  (RP/LC 1 ): 3 Port Gigabit Ethernet 

     MAIN: type 68,  800-6376-01 rev E0 dev 0 

           HW config: 0x00    SW key: 00-00-00 

     PCA:  73-4775-02 rev E0 ver 2 

           HW version 2.0  S/N CAB0450G8FX 

     MBUS: Embedded Agent 

           Test hist: 0x00    RMA#: 00-00-00    RMA hist: 0x00 

     DIAG: Test count: 0x00000001    Test results: 0x00000000 

     FRU:  Linecard/Module: 3GE-GBIC-SC= 

           Route Memory: MEM-GRP/LC-64= 

           Packet Memory: MEM-LC1-PKT-256= 

     L3 Engine: 2 - Backbone OC48 (2.5 Gbps) 

     MBUS Agent Software version 01.46 (RAM) (ROM version is 02.10) 

     Using CAN Bus A 

     ROM Monitor version 10.06 

     Fabric Downloader version used 05.01 (ROM version is 05.01) 

     Primary clock is CSC 0  Board is analyzed 

     Board State is Line Card Enabled (IOS  RUN ) 

     Insertion time: 00:00:10 (5d16h ago) 

     DRAM size: 67108864 bytes 

     FrFab SDRAM size: 134217728 bytes, SDRAM pagesize: 8192 bytes 

     ToFab SDRAM size: 134217728 bytes, SDRAM pagesize: 8192 bytes 

     1 crash since restart
Router#show context slot 1 

   CRASH INFO: Slot 1, Index 1, Crash at 10:36:20 UTC Wed DEC 19 2001
VERSION: 

   GS Software (GLC1-LC-M), Version 12.0(17)ST3, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1) 

   TAC Support: http://www.cisco.com/tac 

   Compiled Thu 08-Nov-01 20:21 by dchih 

   Card Type: 3 Port Gigabit Ethernet, S/N 

   System exception: sig=10, code=0x10, context=0x41036514 

   System restarted by a Bus Error exception 

   STACK TRACE: 

   -Traceback= 406914C8 4004EEAC 4005BCE4 400A33F4 400A33E0 

   CONTEXT: 

   $0 : 00000000, AT : 41030000, v0 : 00000000, v1 : 41036290 

   a0 : 00000030, a1 : 412C6CA0, a2 : 00000000, a3 : 00000000 

   t0 : 00008100, t1 : 34008101, t2 : 400C5590, t3 : FFFF00FF 

   t4 : 400C5560, t5 : 00040000, t6 : 00000000, t7 : 413D1D78 

   s0 : FF012345, s1 : 00000031, s2 : 41032B10, s3 : 41BB8F00 

   s4 : 00000000, s5 : 00000001, s6 : 4101D620, s7 : 00000000 

   t8 : 418EA1C8, t9 : 00000000, k0 : 4142C7A0, k1 : 400C7538 

   gp : 40F57DC0, sp : 41BB8EE8, s8 : 41023740, ra : 406914C8 

   EPC : 0x406914C8, SREG : 0x34008103, Cause : 0x00000010 

   ErrorEPC : 0x400B3A5C
-Process Traceback= No Extra Traceback
SLOT 1:00:00:09: %SYS-5-RESTART: System restarted -- 

   Cisco Internetwork Operating System Software 

   IOS (tm) GS Software (GLC1-LC-M), Version 12.0(17)ST3, 

   EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1) 

   TAC Support: http://www.cisco.com/tac 

   Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc. 

   Compiled Thu 08-Nov-01 20:21 by dchih 

   SLOT 1:20:18:09: %LCGE-6-GBIC_OIR: 3 Port Gigabit Ethernet GBIC removed from port  2 

   SLOT 1:20:18:29: %LCGE-6-GBIC_OIR: 3 Port Gigabit Ethernet GBIC inserted in port 2 

   SLOT 1:3d20h: %LCGE-6-GBIC_OIR: 3 Port Gigabit Ethernet GBIC removed from port  2 

   SLOT 1:3d20h: %LCGE-6-GBIC_OIR: 3 Port Gigabit Ethernet GBIC inserted in port 2 

   SLOT 1:00:00:09: %SYS-5-RESTART: System restarted -- 

   Cisco Internetwork Operating System Software 

   IOS (TM) GS Software (GLC1-LC-M), Version 12.0(17)ST3, 

   EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1) 

   TAC Support: http://www.cisco.com/tac 

   Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc. 

   Compiled Thu 08-Nov-01 20:21 by dchi

ラインカード クラッシュ

ラインカードのクラッシュ問題を特定したら、次にクラッシュの原因を判断しなければなりません。 show context コマンドの出力がこれを表示します。以下に例を挙げます。

Router#show context slot 2 

   CRASH INFO: Slot 2, Index 1, Crash at 12:24:22 MET Wed Nov 28 2001
VERSION: 

   GS Software (GLC1-LC-M), Version 12.0(18)S1, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1) 

   TAC Support: http://www.cisco.com/tac 

   Compiled Fri 07-Sep-01 20:13 by nmasa 

   Card Type: 3 Port Gigabit Ethernet, S/N 

   System exception: SIG=23, code=0x24, context=0x4103FE84 

   System restarted by a Software forced crash 

   STACK TRACE: 

   -Traceback= 400BEB08 40599554 4004FB64 4005B814 400A1694 400A1680 

   CONTEXT: 

   $0 : 00000000, AT : 41040000, v0 : 00000032, v1 : 4103FC00 

   a0 : 4005B0A4, a1 : 41400A20, a2 : 00000000, a3 : 00000000 

   t0 : 41D75220, t1 : 8000D510, t2 : 00000001, t3 : FFFF00FF 

   t4 : 400C2670, t5 : 00040000, t6 : 00000000, t7 : 4150A398 

   s0 : 0000003C, s1 : 00000036, s2 : 4103C4D0, s3 : 41D7EC60 

   s4 : 00000000, s5 : 00000001, s6 : 41027040, s7 : 00000000 

   t8 : 41A767B8, t9 : 00000000, k0 : 415ACE20, k1 : 400C4260 

   GP : 40F0DD00, SP : 41D7EC48, s8 : 4102D120, ra : 40599554 

   EPC : 0x400BEB08, SREG : 0x3400BF03, Cause : 0x00000024 

   ErrorEPC : 0x400C6698, BadVaddr : 0xFFBFFFFB
-Process Traceback= No Extra Traceback
SLOT 2:00:00:09: %SYS-5-RESTART: System restarted -- 

   Cisco Internetwork Operating System Software 

   IOS (TM) GS Software (GLC1-LC-M), Version 12.0(18)S1, 

   EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1) 

   TAC Support: http://www.cisco.com/tac 

   Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc. 

   Compiled Fri 07-Sep-01 20:13 by nmae

show context slot の出力の"SIG ="値で、生じたクラッシュのタイプを特定することができます。 詳細については SIG コード 表を参照してください。 以下のリンクは、よくある3つのタイプのラインカード クラッシュとそのトラブルシューティング方法についての詳しい情報です。

上記の例では、ラインカードは「ソフトウェアによるクラッシュ」でクラッシュしました。そして、名前が示すように、ソフトウェアの例外によってリロードが起こりました。 原因を特定して必要な出力を収集したら、 バグ ツールキット(CCO登録ユーザのみ利用可能)を用いてCisco IOS(R)ソフトウェア の不具合があるかどうかをチェックすることができます。

ラインカードの現在のステータスのチェック

現存する問題がログでのシステムエラーか、あるいは実際のクラッシュであるかを判断する際には、現在のラインカードのステータスをチェックして、 発生した障害から回復したかどうかを確認することが重要です。 個々のラインカードのステータスは、カードの前部にある発光ダイオード(LED)を調べるか、あるいは show led コマンドで確認することができます。出力例は以下のとおりです。

Router#show led 

   SLOT 1  : RUN IOS 

   SLOT 6  : DNLD FABL 

   SLOT 7  : RP ACTV 

   SLOT 10 : RUN IOS 

   SLOT 11 : RUN IOS 

   SLOT 13 : RUN IOS 

   SLOT 14 : RUN IOS

このコマンドで表示される最も一般的な出力のタイプとその意味を以下の表に示します。

注意事項:LEDの値は逆になっていることがあります。例えば、IOS RUNRUN IOSと表示される場合もあります。
 

 RP LEDステータス  LEDステータスの意味
 RP UP  RPはCisco IOS ソフトウェアを実行し正しく機能しています。
 MSTR RP  RPがプライマリGRPとして機能しています。
 SLAV RP  RPがスレーブGRPとして機能しています。
 RP ACTV  RPがプライマリGRPとして機能しています。
 RP SEC  RPがスレーブGRPとして機能しています。
 MEM INIT  RPがメモリをサイジングしています。
 LC LEDステータス  LEDステータスの意味
 DIAG DNLD  ラインカードがフィールド診断ソフトウェアをダウンロードしています。
 DIAG FAIL  ラインカードがフィールド診断テストで不合格となりました。
  DIAG PASS  ラインカードがフィールド診断テストに合格しました。
 DIAG TEST  ラインカードがフィールド診断ソフトウェアを実行しています。
 FABL DNLD  ラインカードが「ファブリック ダウンローダ」を開始しています。
 FABL WAIT  ラインカードが「ファブリック ダウンローダ」のロード待ちです。
 IN RSET  ラインカードがリセットしています。
 ioIOS DNLD  ラインカードがスイッチ ファブリックを介してCisco IOS ソフトウェアをダウンロードしています。
 IOS RUN  ラインカードは現在有効です。
 IOS UP  ラインカードがロードを完了し、Cisco IOS ソフトウェアを実行しています。
 MBUS DNLD  ラインカードがメンテナンス バス(MBUS)エージェントをダウンロードしています。
 MEM INIT  ラインカードがメモリのサイジングを行っています。
 PWR OFF  ラインカードがの電源が切れました。

ラインカード ステータスが「IOS RUN」以外の状態であるか、あるいはGRPが有効なマスター/プライマリでもスレーブ/セカンダリでもない場合は、何らかの問題があってカードが完全に正しくロードされていないことを示しています。 カードを取り替える前に、以下の手順に従って問題を修正することをお勧めします。

  • グローバル設定のmicrocode reloadコマンドを用いてマイクロコードをリロードします。

  • hw-module slot reloadコマンドを用いてカードをリロードします。 これによって、ラインカードは、ラインカードCisco IOS ソフトウェアを再ダウンロードする前に、メンテナンスバス(MBUS)とファブリック ダウンローダ ソフトウェア モジュールをリセットして再ダウンロードします。

  • ラインカードを手動でリセットします。 これによって、MBUSやスイッチング ファブリックへの接続不良によって生じる問題をすべて回避することができます。

ファブリックPINGの障害

ラインカードまたはセカンダリGRPのいずれかがスイッチ ファブリック上のプライマリGRPからのファブリック PING リクエストに応じない場合、ファブリックPINGに 障害が発生します。 こうした障害は調査しなければならない問題が存在する兆候です。これらは以下のエラー メッセージによって示されます。

%GRP-3-FABRIC_UNI: Unicast send timed out (1)

   %GRP-3-COREDUMP: Core dump incident on slot 1, error: Fabric ping failure 

   %LCINFO-3-CRASH: Line card in slot 1 crashed

この問題に関する詳細については、Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータのファブリック PING タイムアウトおよび障害のトラブルシューティングを参照してください。

エラー メッセージ

あるラインカードに関連するエラー メッセージが出た場合は、 Cisco エラー メッセージ デコーダ ツール を用いてこのエラー メッセージの意味についての情報を得ることができます。 これらの情報にはラインカードのハードウェア問題を示すものもありますし、Cisco IOS ソフトウェア バグ やルータの他の部分のハードウェア問題を示すものもあります。 このドキュメントはこれらのすべてのメッセージをカバーするものではありません。

Ciscoエキスプレス フォーワーディング(CEF)とプロセス間通信(IPC)についてのメッセージに関してはCEF関連のエラー メッセージのトラブルシューティングで説明しています。

ハードウェア障害があるかどうかのラインカード テスト

ラインカード フィールド診断ソフトウェアは、主なCisco IOS ソフトウェアにバンドルされており、これによって疑わしいラインカードに実際に障害があるかどうかをテストすることができます。 この機能を用いるには、特権イネーブルモードにしなければなりません。次に diag [verbose]コマンドを行います。

診断テストが行われている間、ラインカードは正常に機能せず、約5分間はどのトラフィックも通すことができません。 verboseキーワードがない場合は、基本的なカードの診断テストの合否を示すだけの省略された出力をします。 verboseのない診断テスト コマンドの出力は以下のようなものです。

Router#diag 3 

   Running DIAG config check 

   Running Diags will halt ALL activity on the requested slot 

   [confirm] 

   Router# 

   Launching a Field Diagnostic for slot 3 

   Downloading diagnostic tests to slot 3 (timeout set to 600 sec.) 

   *Nov 18 22:20:40.237: %LINK-5-CHANGED: Interface GigabitEthernet3/0, 

   changed state to administratively down 

   Field Diag download COMPLETE for slot 3 

   FD 3> ***************************************************** 

   FD 3> GSR Field Diagnostics V4.0 

   FD 3> Compiled by award on Thu May 18 13:43:04 PDT 2000 

   FD 3> view: award-conn_isp.FieldDiagRelease 

   FD 3> ***************************************************** 

   FD 3> BFR_CARD_TYPE_1P_GE testing... 

   FD 3> running in slot 3 (83 tests)
Executing all diagnostic tests in slot 3 

   (total/indiv. timeout set to 600/200 sec.) 

   Field Diagnostic: ****TEST FAILURE**** slot 3: last test run 51, 

   Fabric Packet Loopback, error 3 

   Shutting down diags in slot 3
slot 3 done, will not reload automatically

ラインカードはテストに合格して初めて自動的にリロードを行います。上記の例では、ラインカードはテストに不合格で、このため自動的にリロードしませんでした。 hw-module slot reloadコマンドを用いて手動でラインカードをリロードすることができます。

verboseキーワードを用いた場合は、出力には行われた各テストと各テストの合否が表示されます。 出力例は以下のとおりです。

Router#diag 3 verbose 

   Running DIAG config check 

   Running Diags will halt ALL activity on the requested slot. 

   [confirm] 

   Router# 

   Launching a Field Diagnostic for slot 3 

   Downloading diagnostic tests to slot 3 (timeout set to 600 sec.) 

   Field Diag download COMPLETE for slot 3 

   FD 3> ***************************************************** 

   FD 3> GSR Field Diagnostics V4.0 

   FD 3> Compiled by award on Thu May 18 13:43:04 PDT 2000 

   FD 3> view: award-conn_isp.FieldDiagRelease 

   FD 3> ***************************************************** 

   FD 3> BFR_CARD_TYPE_1P_GE testing... 

   FD 3> running in slot 3 (83 tests)
Executing all diagnostic tests in slot 3 

   (total/indiv. timeout set to 600/200 sec.) 

   FD 3> Verbosity now (0x00000001) TESTSDISP
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #1 R5K Internal Cache 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #2 Burst Operations 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #3 Subblock Ordering 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #4 P4/EEPROM Clock Speed Matching 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #5 Dram Marching Pattern 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #6 Dram Datapins 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #7 Dram Busfloat 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #8 To Fabric (RX) BMA SDRAM Marching Pattern 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #9 To Fabric (RX) BMA SDRAM Datapins 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #10 To Fabric (RX) BMA Q Manager SRAM Busfloat 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #11 To Fabric (RX) BMA Q Manager SRAM Datapins 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #12 To Fabric (RX) BMA Q Manager SRAM Marching Pa 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #13 From Fabric (TX) BMA SDRAM Marching Pattern 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #14 From Fabric (TX) BMA SDRAM Datapins 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #15 From Fabric (TX) BMA Q Manager SRAM Busfloat 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #16 From Fabric (TX) BMA Q Manager SRAM Datapins 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #17 From Fabric (TX) BMA Q Manager SRAM Marching 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #18 To Fabric SOP FIFO SRAM Memory 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #19 From Fabric SOP FIFO SRAM Memory 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #20 SALSA Asic Registers 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #21 Salsa Dram Access 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #22 Salsa P4 Timeout 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #23 Salsa Asic General Purpose Counter 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #24 Salsa Asic Real Time Interrupt 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #25 Salsa Errors 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #26 Salsa DRAM Burst Operations Error 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #27 Salsa Dram Read Around Write 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #28 Salsa Dram Write Parity Error test 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #29 Salsa Prefetch/Write Buffers 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #30 Salsa FrFab BMA SDram Read Around Write 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #31 Salsa ToFab BMA SDram Read Around Write 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #32 Salsa FrFab Network Interrupt Disable Timer 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #33 Salsa ToFab Network Interrupt Disable Timer 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #34 Salsa ToFab Network Interrupt Mask 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #35 Salsa FrFab Network Interrupt Mask 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #36 Salsa ToFab BMA Interrupt Mask 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #37 Salsa FrFab BMA Interrupt Mask 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #38 Salsa - To Fabric BMA Packet - Early Clear 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #39 Salsa - From Fabric BMA Packet - Early Clear 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #40 Salsa To Fabric SOP Interrupt Mask 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #41 Salsa From Fabric SOP Interrupt Mask 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #42 SALSA ECC Generation 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #43 SALSA ECC Correction 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #44 To Fabric FIA48 ASIC Registers 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #45 To Fabric FIA48 Packet 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #46 To Fabric FIA48 Asic BMA Bus Parity Error 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #47 To Fabric FIA48 Asic CiscoCell Fifo Parity Er 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #48 From Fabric FIA48 ASIC Registers 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #50 SLI Packet Loopback 

   FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #51 Fabric Packet Loopback 

   FD 3> INT_CAUSE_REG = 0x00000620
FD 3> Unexpected L3FE Interrupt occurred.
FD 3> ERROR: TX FIA48 Asic Interrupt Occurred
FD 3> *** 0-INT: External Interrupt ***
FD 3> Dumping out TX FIA Status Registers, Disabling
FD 3> TX FIA Interrupt, resetting Asics, continuing...
FDIAG_STAT_DONE_FAIL(3) test_num 51, error_code 3 

   Field Diagnostic: ****TEST FAILURE**** slot 3: last test run 51, 

   Fabric Packet Loopback, error 3 

   Field Diag eeprom values: run 3 fail mode 1 (TEST FAILURE) slot 3 

      last test failed was 51, error code 3 

   Shutting down diags in slot 3
slot 3 done, will not reload automatically
Router#

これらの結果はラインカードのElectrically Erasable Programmable Read-Only Memory (EEPROM)に保存されます。 diag previousコマンドを用いて、ラインカードで行った最後の診断結果を見ることができます。 出力例は以下のとおりです。

Router#diag 3 previous 

   Field Diag eeprom values: run 0 fail mode 0 (PASS) slot 3 

      last test failed was 0, error code 0

以前にカードにフィールド診断を実行していない場合の出力は次のようになります。

Router#diag 3 previous 

   Field Diags have not been run on this board previously - 

   EE prom results uninitialized. 

   Field Diag eeprom values: run 16777215 fail mode 0 (PASS) slot 9 

      last test failed was 65535, error code 65535

過去に、カードに障害がないにもかかわらず診断テストに不合格となったいくつかのバグがあります。予防策として、ラインカードが不合格となって以前にすでにカードを取り替ていれば、この出力についてテクニカルアシスタンツ センター(TAC)でチェックすると良いでしょう。

ツール情報

バグツール利用や他のリソースについては、 ルータとIOS アーキテクチャ テクノロジーのCisco TAC ツールを参照してください。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報

関連トピック

追加ドキュメンテーション


Document ID: 15926