IP : IP アドレッシング サービス

BOOTstrap Protocol (BOOTP)と HP プリンタ

2002 年 6 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2008 年 9 月 30 日) | フィードバック

目次


概要

イーサネット Network Interface Card(NIC; ネットワーク インターフェイス カード)を搭載している一部の HP プリンタは、BOOTP を使用して、IP アドレスと関連するネットワーク情報を取得します。この文書は、BOOTP サーバと HP プリンタが Cisco ルータによって切り離されているときに必要となる場合がある、特別な予防措置について説明しています。


通信の流れ

クライアントは BOOTP 要求をブロードキャストします(MAC と IP)。ヘルパー アドレスがコーディングされていて、UDP ポート 67 を転送している Cisco ルータは、この要求を確認すると次のように動作します。

  1. ルータは、ブロードキャストを受信したインターフェイスの IP アドレスを「giaddr」フィールド(ゲートウェイ IP アドレスの意)に設定します。このアドレスは、 BOOTP サーバが BOOTPの応答を送信する送信先アドレスになります。

  2. ルータはこのパケットを IP ユニキャストとして IP ヘルパー アドレスに転送します。

  3. BOOTP サーバはパケットを取得し、自身のテーブル内でクライアントの MAC アドレスを探して、クライアントの IP アドレスとブート ファイル情報を含む応答を送信します。

  4. この応答は Cisco ルータの IP アドレス(giaddr)に直接ユニキャストされます。

  5. ルータは、BOOTP 応答(UDP ポート 68)を受信すると、元のクライアントの MAC アドレスと IP アドレスをパケットのデータ部から取得し、パケットを MAC および IP ユニキャストとして、クライアントの IP サブネットに直接接続しているインターフェイスから送信します(ただし「ブロードキャスト応答」ビットがクライアントによってセットされていた場合は、MAC レベルのブロードキャストになります)。

考えられる問題

  • プロトコル アナライザによってはゲートウェイの機能を理解しないものがあります。
    ゲートウェイ(ルータ)が関与していることを示すビットが原因で、実際には有効であるのに無効であることを示すフラグがパケットに設定されてしまいます。

  • BOOTP サーバによって割り当てられる IP アドレスは、特にクライアントが移動されている場合に正しくないことがあります。
    その場合、誤ったインターフェイスに送信されるか、またはターゲットのサブネットが直接そのルータに接続していない場合は廃棄されることがあります(最もよく見られる問題です)。

  • 最初に到達したルータしかゲートウェイとして動作しない。
    ゲートウェイと BOOTP サーバ間では、パケットは正常にルーティングされます。

RFC 1532exitのサイトに行くと、他のいくつかの問題についての説明があります。


予防措置

次の点を確認してください。

  • ヘルパー アドレスが正しい BOOTP サーバを指し示すように設定されていること。
  • BOOTP サーバが有効な IP アドレスを割り当てていること。
  • ルータが UDP 67 に対してヘルパー機能を果たしていること(デフォルトはオン)。

debug udp は、ルータの動作に関する非常に詳細な情報を提供します。



関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13727