IP : IP ルーテッド プロトコル

RIP および IGRP で可変サブネット マスクをサポートしない理由

2002 年 6 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 8 月 12 日) | フィードバック

ネットワーク番号が同じ複数のサブネットに対して異なるサブネット マスクを指定することを、Variable-Length Subnet Mask(VLSM; 可変長サブネット マスク)と呼びます。RIP と IGRP はクラスフルなプロトコルであり、更新情報ではサブネット マスクの情報を搬送できません。RIP または IGRP が更新情報を送信する前には、アドバタイズしようとしているネットワークのサブネット マスクに対して確認を行います。VLSM の場合はそのサブネットがドロップされます。

例を見てみましょう。次の図では、ルータ 1 には、異なる 2 つのマスク(/24 と /30)が設定された 3 つのサブネットがあります。

ネットワーク ダイアグラム

ルータ 1 では、ルータ 2 に更新情報を送る前に次の手順を実行します。これらの手順は「アップデート送受信時の RIP および IGRP の動作」で詳細に説明されています。

  • まず、ルータ 1 は、131.108.5.0/24 が 131.108.6.0/30 と同一のメジャー ネットにあるかどうかを確認します。131.108.6.0/30 は、この更新情報を発信するインターフェイスに割り当てられているネットワークです。

  • この条件が満たされていたため、次にルータ 1 は 131.108.5.0 が 131.108.6.0/30 とサブネット マスクが同じであるかどうかを確認します。

  • マスクが同じではないため、ルータ 1 はこのネットワークをドロップし、この経路をアドバタイズしません。

  • 次にルータ 1 では、131.108.7.0/30 が 131.108.6.0/30 と同一のメジャー ネットの一部であるかどうかを確認します。131.108.6.0/30 は、この更新情報を発信するインターフェイスに割り当てられているネットワークです。

  • この条件が満たされていたため、次にルータ 1 では 131.108.7.0/30 が 131.108.6.0/30 とサブネット マスクが同じであるかどうかを確認します。

  • サブネット マスクが同じであるため、ルータ 1 はこのネットワークをアドバタイズします。

以上のチェックにより、ルータ 1 がルータ 2 に送る更新情報には 131.108.7.0 だけが含まれます。debug ip rip コマンドを使用すると、次のようにルータ 1 によって送られた更新情報を実際に確認できます。

RIP: sending v1 update to 255.255.255.255 via Serial0 (131.108.6.2)

      subnet 131.108.7.0, metric 1

 

上記の出力では、更新情報にサブネットが 1 つしか含まれていないことに注意してください。この結果、ルータ 2 のルーティング テーブルは次のようなエントリを持つことになります。これは、show ip route コマンドによる出力です。

     131.108.0.0/30 is subnetted, 3 subnets

 R       131.108.7.0 [120/1] via 131.108.6.2, 00:00:08, Serial0

 C       131.108.6.0 is directly connected, Serial0

 C       131.108.2.0 is directly connected, Ethernet0

 

サブネットがルーティング更新から除外されないようにするには、RIP ネットワーク全体で同一のサブネット マスクを使用するか、サブネット マスクが異なるネットワークに対してはスタティック ルートを使用します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13722