IP : IP ルーティング

「%OSPF-4-ERRRCV」エラー メッセージの意味

2002 年 4 月 22 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 8 月 10 日) | フィードバック

目次


概要

「%OSPF-4-ERRRCV」エラー メッセージは、OSPF ルータが無効な OSPF パケットを受信したという意味です。エラーの原因は、エラーメッセージに表示されます。次に、考えられるエラーの原因を示します。

  • エリア ID の不一致

  • チェックサムが正しくない

  • 受信側インターフェイスで OSPF が有効でない

  • バージョンが正しくない

  • タイプが無効である

  • リンクステートアップデートアドバタイズメント カウントが正しくない

  • リンクステートアップデートの長さが正しくない

リストの最初の 3 つの項目は、「%OSPF-4-ERRRCV」エラー メッセージの代表的な原因であるため、次に詳細に説明します。

エリア ID が不一致の場合
%OSPF-4-ERRRCV: Received invalid packet: mismatch area ID, from backbone area
must be virtual-link but not found from 170.170.3.3, Ethernet0

このメッセージを生成したルータは、近隣ルータの 170.170.3.3 からイーサネット 0 上に無効な OSPF パケットを受信しています。パケットが無効なのは、パケットのエリア ID がエリア 0(バックボーン エリア)であるためです。つまり、受信側ルータのイーサネット 0 インターフェイスがエリア 0 にないことを意味します。エリア 0 にインターフェイスがある隣接ルータでは、コンソール ログにこのメッセージが表示されないことに注意してください。このエラー メッセージを生成するのは、エリア 0 以外のエリアにインターフェイスがあるルータに限られます。

解決方法

このメッセージの生成を防止するには、ルータ設定の OSPF の下の network 文をチェックして、両側のエリア ID が同じであることを確認します。たとえば、2 台のルータ間のリンク 10.10.10.0/24 がエリア 1 にある場合、両方のルータの network 文でこのリンクがエリア 1 に含まれていることを確認します。 network コマンドは以下のように設定します。

router ospf 1
network 10.10.10.0 0.0.0.255 area 1


チェックサムが正しくない場合
%OSPF-4-ERRRCV: Received invalid packet: Bad Checksum from 144.100.21.141,
TokenRing0/0

このメッセージを生成したルータは、近隣ルータの 144.100.21.141 からトークンリング 0/0 上に無効な OSPF パケットを受信しました。パケットが無効なのは、OSPF チェックサムが正しくないためです。チェックサムが正しくない原因を特定することは容易ではありません。次に、考えられる問題の原因をいくつか示します。

  • 隣接ルータ間のデバイス(スイッチなど)によって、パケットが破損した。

  • 送信側ルータのパケットが無効である。この場合は、送信側ルータのインターフェイスに不具合があるか、ソフトウェアのバグによってエラーが発生したかのどちらかです。

  • 受信側ルータが誤ったチェックサムを計算した。この場合は、受信側ルータのインターフェイスに不具合があるか、またはソフトウェアのバグによってエラーが発生したかのどちらかです。これは、エラー メッセージの原因としては最も考えにくいものです。

解決方法

この問題のトラブルシューティングは容易ではありませんが、次の解決方法に従ってください。次の方法により、90 % のケースは解決しています。

次の手順を順番どおりに実行することが重要です。

  1. ルータ間のケーブルを交換します。上の例では、不良パケットを送信したルータ(144.100.21.141)と、不良パケットについてエラー メッセージを生成したルータを結ぶケーブルです。

  2. 1 の手順によって問題が解決しなければ、ルータ間のスイッチにある別のポートを使用します。

  3. 2 の手順によってもまだ解決しない場合は、クロスケーブルを使用してルータ同士を直接接続します。それ以上メッセージを受信しない場合、スイッチがパケットを破損していると考えられます。

上のすべての手順を実行しても問題が解決しない場合、Ciscoテクニカルアシスタンツセンター(TAC)にご連絡ください。エンジニアが Cisco IOS(R) ソフトウェアのバグの有無を確認したり、一部の部品や全部品の交換に関して Return Material Authorization(RMA)があるかどうかを調べます。


受信側インターフェイスで OSPF が有効でない場合
%OSPF-4-ERRRCV: Received invalid packet: OSPF not enabled on interface
from 141.108.16.4, Serial0.100

このメッセージを生成したルータは、シリアル 0.100 に 141.108.16.4 からパケットを受信しましたが、OSPF が シリアル 0.100 インターフェイスで有効になっていません。このメッセージは、OSPF 以外のインターフェイスについて一度だけ生成されます。

解決方法

この問題は、ルータではほとんど発生しません。この問題を解決するには、インターフェイスで OSPF が有効になっていることを確認します。ルータ設定で network 文を入力し直します。OSPF がインターフェイスで有効になっているかどうかを上の方法で確認する場合は、次のコマンドを入力します。

R1#show ip ospf interface serial0.100

OSPF が有効になっていない場合は、コマンド出力には何も表示されないか、または「OSPF is not enabled on the interface.」と表示されます。



関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 6154