Cisco Security Advisory: Cisco IOS Software Layer 2 Tunneling Protocol (L2TP) Denial of Service Vulnerability

2008 年 9 月 24 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2008 年 9 月 24 日) | フィードバック

Advisory ID: cisco-sa-20080924-l2tp

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/102/1021/1021564_cisco-sa-20080924-l2tp-j.html

本翻訳は、原文の機械翻訳後に技術者が簡易レビューをしたものです。
日本語による情報は、英語による原文の非公式な翻訳であり、英語原文との間で内容の齟齬がある場合には、英語原文が優先します。

Revision 1.1

Last Updated 2009 April 16 2100 UTC (GMT)

For Public Release 2008 September 24 1600 UTC (GMT)


要約

特定のCisco IOSソフトウェアリリースにおいて、Layer 2 Tunneling Protocol (L2TP)のソフトウェア実装に脆弱性が存在します。

L2TPを利用したLayer 2 virtual private networks (L2VPN) だけでなく、 Layer 2 Tunnel Protocol Version 3 (L2TPv3)、Stack Group Bidding Protocol (SGBP)およびCisco Virtual Private Dial-Up Networks (VPDN) などの機能を利用した場合においても、L2TP mgmt プロセスが動作します。このL2TP mgmtプロセスが動作する場合に、その機器は本脆弱性の影響を受けます。

巧妙に細工されたL2TPパケットを処理する際、この脆弱性により機器が再起動する可能性があります。

Ciscoはこの脆弱性に対処するための無償のソフトアップデートをリリースしました。

この脆弱性の影響を軽減する緩和策があります。

このアドバイザリは以下に掲載されます:
http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/102/1021/1021564_cisco-sa-20080924-l2tp-j.html

注: 2008年9月24日のIOSアドバイザリバンドル公開には12の Security Advisory が含まれています。そのうちの11のアドバイザリはCiscoのInternetwork Operating System(IOS)ソフトウェアの脆弱性に対処し、1つのアドバイザリはCisco Unified Communication Managerの脆弱性に対処します。各アドバイザリは、そのアドバイザリに記述された脆弱性を解決するリリースをリストします。また、各IOSアドバイザリは他の10のIOSアドバイザリの脆弱性を解決する推奨リリースもリストしています。

個々の公開リンクは下記にリストされています:

該当製品

Cisco IOSシステムソフトウェアバージョンが 12.2 あるいは 12.4 の影響を受けるバージョンで、本脆弱性によって影響される設定を持つ全ての機器が該当します。

脆弱性が存在する製品

機器に本脆弱性が存在するかどうかを確認するには、まずはじめに、その機器のCisco IOSシステムソフトウェアバージョンが12.2 あるいは12.4 で動作しているかどうかを確認してください。次に、その機器上で、L2TP mgmt daemonプロセスが動作しているかをチェックします。

シスコ製品で稼動中のソフトウェアを確認するには、機器にログインし show version コマンドを実行してシステムバナーを表示させます。Cisco IOSソフトウェアは、 "Internetwork Operating System Software" もしくは単に "IOS" と表示されます。その後ろ(場合により改行されています)にイメージ名が括弧の間に表示され、続いて "Version" と IOS リリース名が表示されます。他のCisco機器では、 show version コマンドがない場合や、異なる表示をする場合があります。

以下の例では、シスコ製品にて、IOSリリース 12.4(11)T2 が稼動していることを示しています:

Router#show version
Cisco IOS Software, 7200 Software (C7200-ADVSECURITYK9-M), Version 12.4(11)T2, RELEASE SOFTWARE (fc4)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 1986-2007 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 01-May-07 04:19 by prod_rel_team

<output truncated>

Cisco IOSリリース命名規則の追加情報は以下のリンクの "White Paper: Cisco IOS Reference Guide"で確認できます: http://www.cisco.com/warp/public/620/1.html

L2TP mgmt daemonプロセスがその機器で動作しているかどうか確認するために、Command Line Interface (CLI)に入り、show processes | inculde L2TP コマンドを実行して下さい。(そのコマンドでは、大文字、小文字の区別があります) もし、その出力結果にプロセス名 L2TP mgmt daemon の行があれば、その機器には脆弱性が存在します。次の例はL2TP mgmt daemonプロセスが動作している機器であることを示しています:

Router#show processes | include L2TP
 158 Mwe 62590FE4  43    133322900/24000  0 L2TP mgmt daemon
Router#

L2TP mgmt daemon はL2TPプロトコルを利用するいくつか異なる種類の設定方法によって開始されます。機器の設定(show running-config)内で、次のコマンドのうちのどれかひとつでも当てはまる場合、その機器では L2TP mgmt daemonが開始され脆弱性が存在します。

  • Virtual Private Dial-Up Networks (VPDN)が設定されている機器。
    機器の設定内に vpdn enableコマンドが確認できます。
  • L2TP または L2TPv3 Client-Initiated VPDN Tunneling の設定がされている機器。
    機器の設定内に pseudowire peer-ip-address vcid pw-class pw-class-nameコマンドが確認できます。
  • Stack Group Bidding Protocol (SGBP)が設定されている機器。
    機器の設定内に sgbp group group-nameコマンドが確認できます。
  • L2TPシグナリングテンプレートが定義されている機器。
    機器の設定内に l2tp-class l2tp-class nameコマンドが確認できます。
  • Layer 2 Tunnel Protocol Version 3 が設定されている機器。
    機器の設定内に pseudowire-cass pseudowire-class nameコマンドがあり、xconnectコマンドによって正しくインターフェースに適用されている。

脆弱性が存在しない製品

  • 下記ソフトウェアテーブルに脆弱であると明示的にリストされていない Cisco IOSバージョンが動作している機器は、影響を受けません。
  • Cisco IOS XR は影響を受けません。
  • Cisco IOS XE は影響を受けません。

これ以外のシスコ製品において本アドバイザリーの影響を受けるものは現在確認されていません。

詳細

RFC2661にて文書化されたL2TPやRFC3931にて文書化されたL2TPv3は、既存のネットワーク上の2つのピア間でネットワークトラフィックをトンネリングするのためのプロトコルです。

巧妙に細工されたL2TPパケットを処理する際に、本脆弱性に該当するCisco IOS 12.2および12.4のバージョンでL2TP mgmt daemon プロセスが動作している機器が再起動する可能性があります。

いくつかの機能はL2TPプロトコルを利用し、Cisco IOS にて L2TP mgmt daemon を開始します。これらの機能については、既にこのアドバイザリの "脆弱性が存在する製品" セクションにて説明しております。

この脆弱性は、CiscoバグID CSCsh48879 (登録ユーザのみ) として文書化され、Common Vulnerabilities and Exposures(CVE) IDとして CVE-2008-3813 が割り当てられています。

脆弱性スコア詳細

シスコは Common Vulnerability Scoring SystemCVSS)の Version 2.0に基づいた脆弱性のスコアリングを提供しています。

CVSSは、脆弱性、重要度を示唆するもので、優先度、緊急性を決定する手助けとなる標準ベースの評価法です。シスコは基本評価 (Base Score) および現状評価スコア (Temporal Score) を提供いたします。お客様はこれらを用いて環境評価スコア (Environmental Score) を算出し、個々のネットワークにおける脆弱性の影響度を導き出すことができます。シスコは以下の URLにてCVSSに関するFAQを提供しています。http://www.cisco.com/web/about/security/intelligence/cvss-qandas.html またシスコは個々のネットワークにおける環境影響度を算出するツールを以下のURLにて提供しています。http://intellishield.cisco.com/security/alertmanager/cvss

CSCsh48879 ( registered customers only) - Crafted L2TP packet triggers a device reload.

Calculate the environmental score of CSCsh48879
CVSS Base Score - 7.8
Access Vector Access Complexity Authentication Confidentiality Impact Integrity Impact Availability Impact
Network Low None None None Complete
CVSS Temporal Score - 6.4
Exploitability Remediation Level Report Confidence
Functional Official-Fix Confirmed

影響

本脆弱性が悪用された場合には、機器が再起動される場合があります。繰り返し使用された場合、サービス拒否(DoS)状態となる可能性があります。

ソフトウエアバージョン及び修正

ソフトウェアのアップグレードを検討する際には、http://www.cisco.com/go/psirt およびそれ以降のアドバイザリも参照して、起こりうる障害と完全なアップグレード ソリューションを判断してください

いずれの場合も、アップグレードする機器に十分なメモリがあること、および現在のハードウェアとソフトウェアの構成が新しいリリースで引き続き適切にサポートされていることの確認を十分に行ってください。情報が不明確な場合は、シスコ Technical Assistance Center(TAC) もしくは契約している保守会社にお問い合せください。Cisco IOSソフトウェアテーブル(下記)の各行はCisco IOSのリリーストレインを示します。あるリリーストレインが脆弱である場合、修正を含む最初のリリースは、表の "First Fixed Release" 列に示されます(入手可能予想日が示される場合もあります)。"Recommended Release" 列は、公開された全てのアドバイザリの修正を含むリリースを示します。 実行しているリリースが、そのトレインで "First Fixed Release" 以前のものである場合、機器が脆弱であることが知られています。 Ciscoはテーブルの "Recommended Releases" 列のリリース、またはそれ以降のリリースにアップグレードすることを推奨します。

Major Release

Availability of Repaired Releases

Affected 12.0-Based Releases

First Fixed Release

Recommended Release

There are no affected 12.0 based releases

Affected 12.1-Based Releases

First Fixed Release

Recommended Release

There are no affected 12.1 based releases

Affected 12.2-Based Releases

First Fixed Release

Recommended Release

12.2

Not Vulnerable

 

12.2B

Not Vulnerable

 

12.2BC

Not Vulnerable

 

12.2BW

Not Vulnerable

 

12.2BX

Not Vulnerable

 

12.2BY

Not Vulnerable

 

12.2BZ

Not Vulnerable

 

12.2CX

Not Vulnerable

 

12.2CY

Not Vulnerable

 

12.2CZ

Not Vulnerable

 

12.2DA

Not Vulnerable

 

12.2DD

Not Vulnerable

 

12.2DX

Not Vulnerable

 

12.2EW

Not Vulnerable

 

12.2EWA

Not Vulnerable

 

12.2EX

Not Vulnerable

 

12.2EY

Not Vulnerable

 

12.2EZ

Not Vulnerable

 

12.2FX

Not Vulnerable

 

12.2FY

Not Vulnerable

 

12.2FZ

Not Vulnerable

 

12.2IRB

Not Vulnerable

 

12.2IXA

Not Vulnerable

 

12.2IXB

Not Vulnerable

 

12.2IXC

Not Vulnerable

 

12.2IXD

Not Vulnerable

 

12.2IXE

Not Vulnerable

 

12.2IXF

Not Vulnerable

 

12.2IXG

Not Vulnerable

 

12.2JA

Not Vulnerable

 

12.2JK

Not Vulnerable

 

12.2MB

Not Vulnerable

 

12.2MC

Not Vulnerable

 

12.2S

Not Vulnerable

 

12.2SB

Not Vulnerable

 

12.2SBC

Not Vulnerable

 

12.2SCA

Not Vulnerable

 

12.2SE

Note: Releases prior to 12.2(37)SE are not vulnerable. First fixed in 12.2(44)SE

12.2(46)SE

12.2SEA

Not Vulnerable

 

12.2SEB

Not Vulnerable

 

12.2SEC

Not Vulnerable

 

12.2SED

Not Vulnerable

 

12.2SEE

Not Vulnerable

 

12.2SEF

Not Vulnerable

 

12.2SEG

Not Vulnerable

 

12.2SG

Note: Releases prior to 12.2(37)SG are not vulnerable. First Fixed in 12.2(44)SG

12.2(46)SG1

12.2SGA

Not Vulnerable

 

12.2SL

Not Vulnerable

 

12.2SM

Not Vulnerable

 

12.2SO

Not Vulnerable

 

12.2SRA

Not Vulnerable

 

12.2SRB

12.2(33)SRB1

12.2(33)SRB4

12.2SRC

Not Vulnerable

 

12.2SU

Not Vulnerable

 

12.2SV

Not Vulnerable

 

12.2SVA

Not Vulnerable

 

12.2SVC

Not Vulnerable

 

12.2SVD

Not Vulnerable

 

12.2SW

Not Vulnerable

 

12.2SX

Not Vulnerable

 

12.2SXA

Not Vulnerable

 

12.2SXB

Not Vulnerable

 

12.2SXD

Not Vulnerable

 

12.2SXE

Not Vulnerable

 

12.2SXF

Not Vulnerable

 

12.2SXH

Not Vulnerable

 

12.2SY

Not Vulnerable

 

12.2SZ

Not Vulnerable

 

12.2T

Not Vulnerable

 

12.2TPC

Not Vulnerable

 

12.2XA

Not Vulnerable

 

12.2XB

Not Vulnerable

 

12.2XC

Not Vulnerable

 

12.2XD

Not Vulnerable

 

12.2XE

Not Vulnerable

 

12.2XF

Not Vulnerable

 

12.2XG

Not Vulnerable

 

12.2XH

Not Vulnerable

 

12.2XI

Not Vulnerable

 

12.2XJ

Not Vulnerable

 

12.2XK

Not Vulnerable

 

12.2XL

Not Vulnerable

 

12.2XM

Not Vulnerable

 

12.2XN

Not Vulnerable

 

12.2XNA

Not Vulnerable

 

12.2XNB

Not Vulnerable

 

12.2XO

Not Vulnerable

 

12.2XQ

Not Vulnerable

 

12.2XR

Not Vulnerable

 

12.2XS

Not Vulnerable

 

12.2XT

Not Vulnerable

 

12.2XU

Not Vulnerable

 

12.2XV

Not Vulnerable

 

12.2XW

Not Vulnerable

 

12.2YA

Not Vulnerable

 

12.2YB

Not Vulnerable

 

12.2YC

Not Vulnerable

 

12.2YD

Not Vulnerable

 

12.2YE

Not Vulnerable

 

12.2YF

Not Vulnerable

 

12.2YG

Not Vulnerable

 

12.2YH

Not Vulnerable

 

12.2YJ

Not Vulnerable

 

12.2YK

Not Vulnerable

 

12.2YL

Not Vulnerable

 

12.2YM

Not Vulnerable

 

12.2YN

Not Vulnerable

 

12.2YO

Not Vulnerable

 

12.2YP

Not Vulnerable

 

12.2YQ

Not Vulnerable

 

12.2YR

Not Vulnerable

 

12.2YS

Not Vulnerable

 

12.2YT

Not Vulnerable

 

12.2YU

Not Vulnerable

 

12.2YV

Not Vulnerable

 

12.2YW

Not Vulnerable

 

12.2YX

Not Vulnerable

 

12.2YY

Not Vulnerable

 

12.2YZ

Not Vulnerable

 

12.2ZA

Not Vulnerable

 

12.2ZB

Not Vulnerable

 

12.2ZC

Not Vulnerable

 

12.2ZD

Not Vulnerable

 

12.2ZE

Not Vulnerable

 

12.2ZF

Not Vulnerable

 

12.2ZG

Not Vulnerable

 

12.2ZH

Not Vulnerable

 

12.2ZJ

Not Vulnerable

 

12.2ZL

Not Vulnerable

 

12.2ZP

Not Vulnerable

 

12.2ZU

Not Vulnerable

 

12.2ZX

Not Vulnerable

 

12.2ZY

Not Vulnerable

 

12.2ZYA

Not Vulnerable

 

Affected 12.3-Based Releases

First Fixed Release

Recommended Release

There are no affected 12.3 based releases

Affected 12.4-Based Releases

First Fixed Release

Recommended Release

12.4

Not Vulnerable

 

12.4JA

Not Vulnerable

 

12.4JK

Not Vulnerable

 

12.4JL

Not Vulnerable

 

12.4JMA

Not Vulnerable

 

12.4JMB

Not Vulnerable

 

12.4JMC

Not Vulnerable

 

12.4JX

Not Vulnerable

 

12.4MD

Not Vulnerable

 

12.4MR

Note: Releases prior to 12.4(11)MR are not vulnerable. First fixed in 12.4(16)MR

12.4(19)MR

12.4SW

12.4(11)SW3

12.4(15)SW2; Available on 28-SEP-08

12.4T

Note: Releases prior to 12.4(11)T are not vulnerable. First fixed in 12.4(15)T

12.4(15)T7

12.4XA

Not Vulnerable

 

12.4XB

Not Vulnerable

 

12.4XC

Not Vulnerable

 

12.4XD

Not Vulnerable

 

12.4XE

Not Vulnerable

 

12.4XF

Not Vulnerable

 

12.4XG

Not Vulnerable

 

12.4XJ

Vulnerable; first fixed in 12.4T

12.4(15)T7

12.4XK

Not Vulnerable

 

12.4XL

Not Vulnerable

 

12.4XM

Not Vulnerable

 

12.4XN

Not Vulnerable

 

12.4XP

Not Vulnerable

 

12.4XQ

Not Vulnerable

 

12.4XT

Not Vulnerable

 

12.4XV

Vulnerable; contact TAC

 

12.4XW

12.4(11)XW1

12.4(11)XW9

12.4XY

Not Vulnerable

 

12.4XZ

Not Vulnerable

 

12.4YA

Not Vulnerable

 

回避策

この脆弱性のための回避策は以下となります。

注: L2TPの実装上、信頼されたアドレスからインフラストラクチャアドレスへのUDP 1701ポートを許可する必要があります。しかしこれは、偽装の可能性のあるソースアドレスを持つものに対しては完全な回避策を提供しません。

注: L2TPv3のみの実装をする場合には、すべてのソースアドレスからインフラストラクチャアドレスへのUDP 1701ポートを拒否する必要があります。

  • Infrastructure Access Control Lists
    ネットワークを通過するトラフィックを遮断することはしばしば困難ですが、インフラストラクチャ デバイスをターゲットとした許可すべきではないトラフィックを特定し、そのようなトラフィックをネットワークの境界で遮断することは可能です。Infrastructure Access Control Lists(iACLs)は、特定の脆弱性に対する回避策であると同時に、長期に渡る最善のネットワークセキュリティと考える事ができます。以下の iACL の例は、Infrastructure access-list の一部として設定されるべきであり、インフラストラクチャ IP アドレスの範囲に含まれるIPアドレスを持つ全ての機器を防御します:
    !--- Permit L2TP UDP 1701 packets from all trusted
    !--- sources destined to infrastructure addresses.
    !--- NOTE: This does not prevent spoofed attacks.
    !--- To be a full mitigation, no trusted source
    !--- addresses should be listed.
    !--- Omit this line if using an L2TPv3 implementation only.
    
    access-list 150 permit udp TRUSTED_SOURCE_ADDRESSES MASK  INFRASTRUCTURE_ADDRESSES MASK eq 1701
    
    !--- Deny L2TP UDP 1701 packets from all
    !--- sources destined to infrastructure addresses.
    
    access-list 150 deny udp any INFRASTRUCTURE_ADDRESSES MASK eq 1701
    
    !--- Permit/deny all other Layer 3 and Layer 4 traffic in accordance
    !--- with existing security policies and configurations
    !--- Permit all other traffic to transit the device.
    
    access-list 150 permit ip any any
    
    !--- If using an L2TPv3 implementation ensure to allow L2TPv3
    
    access-list 150 permit 115 <source_ip_address and mask> <destination_ip_address and mask>
    
    !--- Apply access-list to all interfaces (only one example shown)
    
    interface serial 2/0
    ip access-group 150 in
    White Paper の "Protecting Your Core: Infrastructure Protection Access Control Lists"は、アクセスリストによってインフラストラクチャ デバイスを守るためのガイドラインと、推奨される導入方法が記載されています。: http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/100/1006/1006441_iacl-j.html
  • Control Plane Policing
    Control Plane Policing(CoPP) は、機器へのL2TPアクセスをブロックするのに使用することができます。Cisco IOSソフトウェアリリース 12.0S、12.2SX、12.2S、12.3T、12.4、および 12.4T にて、CoPP機能はサポートされています。CoPPをデバイスに設定することにより、既存のセキュリティーポリシーとコンフィギュレーションに従って、明示的に認定されたトラフィックだけがインフラストラクチャデバイス宛に送信されることを許可され、インフラストラクチャへの直接攻撃のリスクとその効果を最小限に抑え、管理およびコントロールプレーンが保護されます。次のiACL例は、インフラストラクチャデバイスのIPアドレスを含むIPアドレス範囲を保護するために、インフラストラクチャ・アクセスリストの一部として含まれるべき項目です:
    !--- Deny all trusted source L2TP UDP traffic sent to all IP addresses
    !--- configured on all interfaces of the affected device so that it
    !--- will not be policed by the CoPP feature.
    
    !--- NOTE: This does not prevent spoofed attacks.
    !--- To be a full mitigation, no trusted source
    !--- addresses should be listed.
    !--- Omit this line if using an L2TPv3 implementation only.
    
    access-list 111 deny udp TRUSTED_SOURCE_ADDRESSES MASK  INFRASTRUCTURE_ADDRESSES MASK eq 1701
    
    !--- Permit all L2TP UDP traffic sent to all IP addresses
    !--- configured on all interfaces of the affected device so that it
    !--- will be policed and dropped by the CoPP feature
    
    access-list 111 permit udp any INFRASTRUCTURE_ADDRESSES MASK eq 1701
    
    !--- If using an L2TPv3 implementation ensure not to drop L2TPv3
    
    access-list 111 deny 115 <source_ip_address and mask> <destination_ip_address and mask>  
    
    !--- Permit (Police or Drop)/Deny (Allow) all other Layer3 and Layer4
    !--- traffic in accordance with existing security policies and
    !--- configurations for traffic that is authorized to be sent
    !--- to infrastructure devices
    
    !--- Create a Class-Map for traffic to be policed by
    !--- the CoPP feature
    
    
    class-map match-all drop-l2tp-class
    match access-group 111
    
    
    !--- Create a Policy-Map that will be applied to the
    !--- Control-Plane of the device.
    
    
    policy-map drop-l2tp-traffic
    class drop-l2tp-class
    drop
    
    
    !--- Apply the Policy-Map to the 
    !--- Control-Plane of the device
    
    control-plane
    
    service-policy input drop-l2tp-traffic
    上記の CoPP の例では、"permit" アクションである アクセスコントロールリストエントリ(ACE)に該当し、攻撃である可能性のあるパケットは、policy-map の "drop" 機能により廃棄されますが、一方、"deny" アクションに該当するパケットは、policy-map の "drop"機能の影響を受けません。policy-mapの構文は、12.2S と 12.0S Cisco IOS トレインで異なるので注意が必要です:
    policy-map drop-l2tp-traffic
    class drop-l2tp-class
    police 32000 1500 1500 conform-action drop exceed-action drop
    CoPP の設定と使用法についての追加情報については、次のリンクが利用できます: http://www.cisco.com/web/about/security/intelligence/coppwp_gs.html

ネットワーク内のシスコ機器に適用可能な他の緩和策は、このアドバイザリの付属ドキュメントである Cisco Applied Mitigation Bulletin にて参照できます: http://www.cisco.com/en/US/products/products_applied_mitigation_bulletin09186a0080a01521.html

修正済みソフトウェアの入手

Ciscoはこれらの脆弱性対応用の無償ソフトウェアを提供しています。ソフトウェアの導入を行う前に、機能のソフトウェアの互換性およびお客様のネットワーク環境に特有の問題に関して確認いただくか、あるいはお客様のメンテナンスプロバイダーにご相談ください。

お客様がインストールしたり、サポートを受けたりできるのは、ご購入いただいたフィーチャーセットに対してのみとなります。そのようなソフトウェア アップグレードをインストール、ダウンロード、アクセスまたはその他の方法で使用した場合、お客様はhttp://www.cisco.com/en/US/products/prod_warranties_item09186a008088e31f.htmlにあるシスコのソフトウェア ライセンスの条項または http://www.cisco.com/public/sw-center/sw-usingswc.shtml にある Cisco.com のダウンロードに示されるその他の条項に従うことに同意したことになります。ソフトウェアのアップグレードに関し、"psirt@cisco.com" もしくは "security-alert@cisco.com" にお問い合わせいただくことはご遠慮ください。

ご契約を有するお客様

サービス契約をされているお客様は、通常のアップデート チャネルからアップグレード ソフトウェアを入手してください。ご契約を有するお客様は、通常の経路でそれを入手してください。ほとんどのお客様は、シスコのワールドワイドウェブサイト上のソフトウェアセンターから入手することができます。http://www.cisco.com.

サードパーティのサポート会社をご利用のお客様

シスコ パートナー、正規販売代理店、サービス プロバイダーなど、サードパーティのサポート会社と以前に契約していたか、または現在契約しており、その会社からシスコ製品の提供または保守を受けているお客様は、該当するサポート会社に連絡し、本脆弱性に関する適切な処置について指示と支援を受けてください。

回避策の効果は、お客様の状況、使用製品、ネットワークトポロジー、トラフィックの性質や組織の目的に依存します。影響製品が多種多様であるため、回避策を実際に展開する前に、対象とするネットワークで適用する回避策が最適であるか、お客様のサービスプロバイダーやサポート組織にご相談ください。

サービス契約をご利用でないお客様

シスコから直接購入したがシスコのサービス契約をご利用いただいていない場合、また、サードパーティ ベンダーから購入したが修正済みソフトウェアを購入先から入手できない場合は、シスコの Technical Assistance Center(TAC)に連絡してアップグレードを入手してください。TAC の連絡先は次のとおりです。

  • +1 800 553 2447(北米内からのフリー ダイヤル)
  • +1 408 526 7209(北米以外からの有料通話)
  • 電子メール: tac@cisco.com

無料アップグレードの対象であることをご証明いただくために、製品のシリアル番号を用意し、このお知らせのURLを知らせてください。サポート契約をご利用でないお客様に対する無料アップグレードは、TAC 経由でご要求いただく必要があります。

さまざまな言語向けの各地の電話番号、説明、電子メール アドレスなどの、この他の TAC の連絡先情報については、http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/cisco_worldwide_contacts.html を参照してください。

不正利用事例と公式発表

Cisco PSIRT では、本アドバイザリに記載されている脆弱性の不正利用事例とその公表は確認しておりません。

この脆弱性は内部テストで Ciscoにより発見されました。

この通知のステータス: FINAL

本アドバイザリは無保証のものとしてご提供しており、いかなる種類の保証を示唆するものでもありません。本アドバイザリの情報およびリンクの使用に関する責任の一切はそれらの使用者にあるものとします。またCisco Systemsは本ドキュメントの変更や更新を実施する権利を有します。

後述する情報配信の URL を省略し、本アドバイザリの記述内容に関して、独自の複製・意訳を実施した場合には、事実誤認ないし重要な情報の欠落を含む統制不可能な情報の伝搬が行われる可能性があります。

情報配信

本アドバイザリーは、以下のシスコのワールドワイドウェブサイト上に掲載されます。

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/102/1021/1021564_cisco-sa-20080924-l2tp-j.html ワールドワイドのウェブ以外にも、次の電子メールおよび Usenet ニュースの受信者向けに、この通知のテキスト版がシスコ PSIRT PGP キーによるクリア署名つきで投稿されています。
  • cust-security-announce@cisco.com
  • first-teams@first.org
  • bugtraq@securityfocus.com
  • vulnwatch@vulnwatch.org
  • cisco@spot.colorado.edu
  • cisco-nsp@puck.nether.net
  • full-disclosure@lists.grok.org.uk
  • comp.dcom.sys.cisco@newsgate.cisco.com

この通知に関する今後の最新情報は、いかなるものもシスコのワールドワイドウェブに掲載される予定です。しかしながら、前述のメーリングリストもしくは ニュースグループに 対し積極的に配信されるとは限りません。この問題に関心があるお客様は上記 URL にて最 新情報をご確認いただくことをお勧めいたします。この問題について心配するユーザはあらゆるアップデートがあるように上のURLを確認するように勧められます。

更新履歴

Revision 1.1

2009-April-16

Removed references to the combined software table, as it is now outdated.

Revision 1.0

2008-September-24

Initial public release

シスコセキュリティ手順

Cisco製品におけるセキュリティの脆弱性の報告、セキュリティ事故に関する支援、およびCiscoからセキュリティ情報を入手するための登録方法について詳しく知るには、Ciscoワールドワイドウェブサイトの http://www.cisco.com/en/US/products/products_security_advisory09186a00809c2168.shtml にアクセスしてください。このページにはCiscoのセキュリティ通知に関してメディアが問い合わせる際の指示が掲載されています。全てのCiscoセキュリティアドバイザリは http://www.cisco.com/go/psirt で確認することができます。