WAN : T1/E1 と T3/E3

T1 レイヤ 1 トラブルシューティング

2008 年 8 月 26 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2008 年 1 月 29 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
show controller t1 コマンドによるトラブルシューティング
      T1 コントローラが管理上ダウン
      回線がアップしていることの確認
      ループバック モード
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

このドキュメントでは、T1 レイヤ 1 問題のトラブルシューティングの方法と手順について説明します。このドキュメントの手順に従っても T1 問題が続くようであれば、『T1 エラー イベントのトラブルシューティング』と『T1 アラームに関するトラブルシューティング』のドキュメントを参照して、問題の切り分けと修正を行ってください。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco IOS(R) ソフトウェア リリース 12.0(7)T に基づくものです。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

show controller t1 コマンドによるトラブルシューティング

show controller t1 コマンドでは、コントローラのハードウェアに限定されるコントローラ ステータスが表示されます。この情報は、テクニカル サポートのスタッフが診断タスクを行う際に役立ちます。Network Processor Module(NPM; ネットワーク プロセッサ モジュール)または MultiChannel Interface Processor(MIP; マルチチャネル インターフェイス プロセッサ)は、ポート アダプタに問い合せて現在のステータスを確認できます。

show controller t1 EXEC コマンドでは、次の情報も提供されます。

  • T1 リンクの統計情報スロットおよびポート番号を指定すると、15 分ごとの統計が表示されます。

  • 物理層とデータリンク層のトラブルシューティング情報

  • T1 回線上のローカル アラームおよびリモート アラーム情報(ある場合)

T1 エラーのほとんどは、誤って設定された回線が原因で発生します。ライン コーディング、フレーミング、およびクロック ソースは、お客様のサービス プロバイダーの提案に従って設定してください。

T1 コントローラは、次の 3 つの状態になり得ます。

  • 管理上ダウン

  • ダウン

  • アップ

T1 コントローラが管理上ダウン

コントローラは手動でシャットダウンされた場合、管理上ダウンしています。次の手順に従ってコントローラを再起動し、このエラーを修正してください。

  1. イネーブル モード に入ります。

    次に例を示します。

    maui-nas-03>enable
    Password: 
    maui-nas-03#
    
  2. グローバル設定モードに入ります。

    次に例を示します。

    maui-nas-03#configure terminal
    Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z. 
    maui-nas-03(config)#
    
  3. コントローラ設定モードに入ります。

    次に例を示します。

    maui-nas-03(config)#controller t1 0
    maui-nas-03(config-controlle)#
    
  4. コントローラを再起動します。

    maui-nas-03(config-controlle)#no shutdown
    

回線がアップしていることの確認

T1 コントローラと回線がアップしていない場合、show controller t1 EXEC コマンド出力に次のいずれかのメッセージが表示されているか確認してください。

Receiver has loss of frame.
または
Receiver has loss of signal.

Loss of Frame(LOF; フレーム同期損失)

受信側で LOF がある場合は、次の手順を実行してください。

  1. ポートに設定されたフレーミング フォーマットが、回線のフレーミング フォーマットと一致していることを確認します。実行コンフィギュレーションまたは show controller t1 コマンドの出力より、コントローラのフレーミング フォーマットを確認します。

    フレーミング フォーマットを変更するには、コントローラ設定モードで framing {SF | ESF} コマンドを発行します。次に例を示します。

    maui-nas-03#configure terminal
    Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
    maui-nas-03(config)#controller t1 0
    maui-nas-03(config-controlle)#framing esf
    
  2. もう一方のフレーミング フォーマットを試用して、アラームが消えるか確認します。

  3. cablelength long または cablelength short コマンドを発行して、Line Build-Out(LBO; ライン構築)の設定を変更します。

    LBO では、デバイスから回線内の最初のリピータまでの距離に基づいて、デシベルの損失が補正されます。デバイスからリピータまでの距離が長いと、その距離に要した損失を補正するために、回線上の信号強度を高める必要があります。

    Channel Service Unit(CSU; チャネル サービス ユニット)インターフェイスのある T1 トランクに、199.6 m(655 フィート)以上のケーブル長(LBO)用に送信レベルと受信レベルを設定するには、cablelength long コントローラ設定コマンドを発行します。DSX-1 インターフェイスのある T1 トランクに、199.6 m(655 フィート)以下のケーブル長(LBO)用に送信減衰を設定するには、cablelength short コントローラ設定コマンドを発行します。

    構築設定の詳細に関するドキュメントについては、サービス プロバイダーに連絡し、さらに『シリアル インターフェイスの設定』を参照してください。

    それでも問題が解決しない場合は、「Loss of Signal(LOS; 信号消失)」のセクションを参照してください。

Loss of Signal(LOS; 信号消失)

次の手順を実行します。

  1. インターフェイス ポートと、T1 サービス プロバイダーの機器または T1 端末機器をつなぐケーブルが正しく接続されていることを確認します。

    ケーブルが正しいポートに接続しているか確認します。必要であればケーブル接続を訂正します。

  2. ケーブルに破損またはその他の物理的異常がないか調べ、ケーブルの完全性を確認します。

    ピン配置が正しく設定されているか確認します。必要であればケーブルを交換します。

  3. ケーブル コネクタを確認します。送信および受信ペア、またはオープン受信ペアが反転すると、エラーの原因となります。

    受信ペアは回線 1 と 2 に、送信ペアは回線 4 と 5 に設置する必要があります。

    RJ-45 と RJ-48 のジャック プラグのピンには、1 番から 8 番までの番号が付いています。金属ピンを正面から見て、最も左側にあるのが 1 ピンです。RJ-45 ジャックのピン番号を次の図に示します。

    T1_layer1rj45.gif

  4. 上記のステップをすべて完了し、それでもまだ問題が解決しない場合は、ロールオーバー ケーブルを使用してください。

各ステップが終了した後で show controller t1 EXEC コマンドを発行して、コントローラにエラーがないか確認します。

ループバック モード

回線がループバック モードになっているかを、show controller t1 コマンド出力で確認します。回線をループバック モードにするのはテスト目的の場合に限ります。

ループバックをオフにするには、コントローラ設定モードで no loopback コマンドを発行します。次に例を示します。

maui-nas-03(config-controlle)#no loopback

T1 コントローラとカードが正しく動作しているか確認するためにハードプラグ ループバック テストを行う方法についての情報は、『T1/56K 回線のループバック テスト』のドキュメントを参照してください。

このドキュメントに記載されているステップで T1 問題が解決しない場合は、『T1 エラー イベントのトラブルシューティング』、『T1 アラームに関するトラブルシューティング』および『T1 PRI に関するトラブルシューティング』を参照してください。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 10206