マルチプロトコル ラベル スイッチング(MPLS) : MPLS

MPLS ネットワーク用の DiffServ トンネリング モード

2008 年 7 月 23 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2008 年 2 月 15 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
背景説明
      デフォルト動作
      Cisco IOS ソフトウェア 12.2(13)T よりも前のコマンドの使用方法と動作
      Cisco IOS ソフトウェア 12.2(13)T 以降のコマンドの使用方法と動作
DiffServ トンネリング モード
      均一モード
      パイプ モード
      ショートパイプ モード
      トンネルモードのまとめ
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

このドキュメントでは、Multiprotocol Label Switching(MPLS; マルチプロトコル ラベル スイッチング)ベースのネットワーク環境で使用できる Differentiated Services(DiffServ; ディファレンシエーテッド サービス)トンネリング モードの実装について説明しています。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • MPLS および Virtual Private Network(VPN; バーチャル プライベート ネットワーク)用 MPLS

  • IP 優先順位、Type of Service(ToS; タイプ オブ サービス)および DiffServ に関連する概念

  • Modular QoS Command Line Interface(MQC; モジュラ QoS コマンドライン インターフェイス)を使用した Quality of Service(QoS)のパケット マーキングとクラス分け

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS ソフトウェア(R) リリース 12.2(13)T の新しい QoS 機能。リリース 12.1(5)T には元の QoS 機能が含まれています。

  • MPLS プロバイダー コア(P)ルータやプロバイダー エッジ(PE)ルータの機能をサポートする Cisco 3660 や 7206 などの 3600 シリーズ以降の任意の Cisco ルータ。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定から作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

デフォルト動作

次の図には、1 つのカスタマー エッジ(CE)ルータから別の CE ルータへ MPLS コアを通ってパケットが転送される際の、DiffServ Code Point(DSCP; DiffServ コード ポイント)/MPLS Experimental(EXP)ビットのデフォルト動作が説明されています。

diffserv_tunnel_01.jpg

このセクションでは、以後、「デフォルト動作」の図の中の動作について説明しています。

ラベルのインポジション(IP → ラベル):

  • 着信 IP パケットの IP 優先順位が、プッシュされたすべてのラベルの MPLS EXP ビットにコピーされます。

  • DSCP ビットの最初の 3 ビットが、プッシュされたすべてのラベルの MPLS EXP ビットにコピーされます。

  • この手法は ToS Reflection(TOS の反映)とも呼ばれています。

MPLS 転送(ラベル→ラベル):

  • 転送やインポジションでスワップまたはプッシュされた新しいラベルに EXP がコピーされます。

  • ラベルのインポジション(imposition)では、現在のラベル スタックに付加される新しいラベルの値で、元のラベルが変更されることはありません。

  • ラベルのディスポジション(disposition)では、新たに表れるようになったラベルの EXP ビットに、取り外したラベルの EXP ビットはコピーされません。

ラベルのディスポジション(ラベル→ IP):

  • ラベルのディスポジションを行う際には、新たに表れるようになった IP パケットの IP 優先順位/DSCP フィールドに、取り外したラベルの EXP ビットはコピーされません。

Cisco IOS ソフトウェア 12.2(13)T よりも前のコマンドの使用方法と動作

IOS リリース 12.2(13)T よりも前のリリースでは、MPLS EXP ビットを変更するには、set mpls experimental コマンドが唯一の方法でした。

Cisco IOS ソフトウェア 12.2(13)T 以降のコマンドの使用方法と動作

IOS リリース 12.2(13)T 以降のリリースでは、次のオプションを使用できるように set mpls experimental コマンドが変更されています。

注:新しい set mpls experimental topmost コマンドは、古い set mpls imposition コマンドと同等です。

これら 2 つのコマンドを一部の新しいコマンド スイッチとともに使用すると、ラベルのプッシュ、スワップ、ポップ処理時の MPLS EXP ビットの操作がさらに改善されます。これら 2 つのコマンドにより、DiffServ トンネリング モードが使用できます。

DiffServ トンネリング モード

Diffserv トンネリング モードには、差別化された QoS をプロバイダーのネットワークで使用可能にする新しい Per-Hop-Behavior(PHB)が導入されています。トンネリング モードはネットワークのエッジで定義されるもので、通常は PE のラベル スイッチ ルータ(LSR)(入口と出口の両方)で定義されます。P ルータに変更が必要な場合があります。Penultimate-Hop-Popping(PHP)により、最上部のラベルがパケットから削除されたときに何が起こるかも考慮しておく必要があります。.ポップされる最上部のラベルの MPLS EXP 値を新しく表れたラベルにコピーすることが必要になる場合もありますが、すべてのトンネリング モードに常に当てはまるわけではありません。

一部のケース(VPN でない普通の MPLS ネットワークなど)では、ラベルが 1 つだけ付いたパケットが受信されると、最後の P ルータでの PHP 処理で、素の IP パケットが表出される場合があります。この IP パケットが出口 LSR(PE)で受信されると、ラベルが付いていないので、MPLS EXP ビットに基づいたパケットの分類ができません。そのような場合には、explicit-null ラベルをアドバタイズするように、出口 PE ルータを設定する必要があります。PHP 処理が P ルータで実行されると、ゼロ値のラベルが送信されます。この特別なラベルを使用すれば、通常のラベルが付いたパケットとして EXP ビットをマーキングできるので、出口 PE ルータで正しく分類できるようになります。

Diffserv 仕様の MPLS ネットワーク サポートでは、次のトンネリング モードが定義されます。

次のセクションでは、各トンネリング モードを個別に詳しく検証し、各トンネリング モードの設定方法を示す例を紹介しています。IP 優先順位を MPLS EXP ビットに完全にマッピングする例も含まれています。顧客ごとに異なる多数の QoS パラメータやトンネリング モードを設定することも可能です。

注:この設定例は MPLS VPN 固有のものではなく、普通の MPLS ネットワークや Carrier supported Carrier(CsC)ネットワークにも適用できます。また、使用するネットワークが別のネットワークとは異なったり、多数の異なる QoS パラメータやトンネリング モードが使用されたりする場合もあります。

均一モード

DiffServ トンネリングの均一モードには、エンドツーエンドに到達する QoS のレイヤが 1 つだけ存在します。入口 PE ルータ(PE1)では、付加されたラベルの MPLS EXP ビットに着信 IP パケットの DSCP がコピーされます。EXP ビットがコアを通過すると、中継 P ルータによって EXP ビットが変更される場合もあれば、そうでない場合もあります。この例では、P1 という P ルータで最上部のラベルの EXP ビットが変更されています。出口 P ルータ(P2)では、PHP(Penultimate-Hop-Pop)の後に、新しく表れたラベルの EXP ビットに EXP ビットをコピーします。最後に、出口 PE ルータ(PE2)で、新しく表れた IP パケットの DSCP ビットに EXP ビットをコピーします。

diffserv_tunnel_02.jpg

均一モードの設定例:

PE1

!--- この設定では、着信 IP パケットの IP 優先順位を
!--- MPLS EXP ビットにマップします。

class-map match-all IP-AF11
  match ip precedence 0 
class-map match-all IP-AF12
  match ip precedence 1 
class-map match-all IP-AF21
  match ip precedence 2 
class-map match-all IP-AF22
  match ip precedence 3 
class-map match-all IP-AF31
  match ip precedence 4 
class-map match-all IP-AF32
  match ip precedence 5 

class-map match-all MPLS-AF11
  match mpls experimental topmost 0 
class-map match-all MPLS-AF12
  match mpls experimental topmost 1 
class-map match-all MPLS-AF21
  match mpls experimental topmost 2 
class-map match-all MPLS-AF22
  match mpls experimental topmost 3 
class-map match-all MPLS-AF31
  match mpls experimental topmost 4 
class-map match-all MPLS-AF32
  match mpls experimental topmost 5 

policy-map set-MPLS-PHB
  class IP-AF11
   police 8000 conform-action set-mpls-exp-imposition-transmit
                                          0 exceed-action drop 
  class IP-AF12
   police 10000 conform-action set-mpls-exp-imposition-transmit
             1 exceed-action set-mpls-exp-imposition-transmit 0
  class IP-AF21
   police 12000 conform-action set-mpls-exp-imposition-transmit
             2 exceed-action set-mpls-exp-imposition-transmit 1
  class IP-AF22
   police 12000 conform-action set-mpls-exp-imposition-transmit
             3 exceed-action set-mpls-exp-imposition-transmit 2
  class IP-AF31
   police 12000 conform-action set-mpls-exp-imposition-transmit
             4 exceed-action set-mpls-exp-imposition-transmit 3
  class IP-AF32
   police 12000 conform-action set-mpls-exp-imposition-transmit
             5 exceed-action set-mpls-exp-imposition-transmit 4

policy-map output-qos
  class MPLS-AF11
   bandwidth percent 5
   random-detect
  class MPLS-AF12
   bandwidth percent 10
   random-detect
  class MPLS-AF21
   bandwidth percent 10
   random-detect
  class MPLS-AF22
   bandwidth percent 15
   random-detect
  class MPLS-AF31
   bandwidth percent 20
   random-detect
  class MPLS-AF32
   bandwidth percent 30
   random-detect

interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.0.1 255.255.255.0
 max-reserved-bandwidth 90
 service-policy output output-qos
 tag-switching ip
!
interface Ethernet1/0
 ip vrf forwarding v1
 ip address 10.0.0.2 255.255.255.0
 service-policy input set-MPLS-PHB
!

P1

!--- この設定では、最上位のラベルを 3 から 2 にスワップします。 
!--- 以前の設定に従う場合は、この処理を行う必要はありません。

class-map match-all mpls-in
  match mpls experimental topmost 3 
!                 
policy-map mpls-in
  class mpls-in
   set mpls experimental topmost 2
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
 tag-switching ip
!         
interface Ethernet1/0
 ip address 192.168.0.2 255.255.255.0
 service-policy input mpls-in
 tag-switching ip
!

P2

!--- PHP の後、新しく表れたラベルから MPLS EXP 値を 
!--- 忘れずにコピーします。

class-map match-all MPLS-AF11
  match mpls experimental topmost 0 
class-map match-all MPLS-AF12
  match mpls experimental topmost 1 
class-map match-all MPLS-AF21
  match mpls experimental topmost 2 
class-map match-all MPLS-AF22
  match mpls experimental topmost 3 
class-map match-all MPLS-AF31
  match mpls experimental topmost 4 
class-map match-all MPLS-AF32
  match mpls experimental topmost 5 
!
class-map match-all qos-group-AF11
  match qos-group 0
class-map match-all qos-group-AF12
  match qos-group 1
class-map match-all qos-group-AF21
  match qos-group 2
class-map match-all qos-group-AF22
  match qos-group 3
class-map match-all qos-group-AF31
  match qos-group 4
class-map match-all qos-group-AF32
  match qos-group 5
!
policy-map qos-group-in
  class MPLS-AF11
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF12
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF21
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF22
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF31
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF32
   set qos-group mpls experimental topmost
!
policy-map qos-group-out
  class qos-group-AF11
   bandwidth percent 5
   random-detect
   set mpls experimental topmost qos-group
  class qos-group-AF12
   bandwidth percent 10
   random-detect
   set mpls experimental topmost qos-group
  class qos-group-AF21
   bandwidth percent 10
   random-detect
   set mpls experimental topmost qos-group
  class qos-group-AF22
   bandwidth percent 15
   random-detect
   set mpls experimental topmost qos-group
  class qos-group-AF31
   bandwidth percent 20
   random-detect
   set mpls experimental topmost qos-group
  class qos-group-AF32
   bandwidth percent 30
   random-detect
   set mpls experimental topmost qos-group
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.2.1 255.255.255.0
 max-reserved-bandwidth 90
 service-policy output qos-group-out
 tag-switching ip
!
interface Ethernet1/0
 ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
 service-policy input qos-group-in
 tag-switching ip
!

PE2

!--- 新しく表れた IP パケットの IP 優先順位に MPLS EXP ビットを
!--- 忘れずにコピーします。

class-map match-all MPLS-AF11
  match mpls experimental topmost 0 
class-map match-all MPLS-AF12
  match mpls experimental topmost 1 
class-map match-all MPLS-AF21
  match mpls experimental topmost 2 
class-map match-all MPLS-AF22
  match mpls experimental topmost 3 
class-map match-all MPLS-AF31
  match mpls experimental topmost 4 
class-map match-all MPLS-AF32
  match mpls experimental topmost 5 
!
class-map match-all qos-group-AF11
  match qos-group 0
class-map match-all qos-group-AF12
  match qos-group 1
class-map match-all qos-group-AF21
  match qos-group 2
class-map match-all qos-group-AF22
  match qos-group 3
class-map match-all qos-group-AF31
  match qos-group 4
class-map match-all qos-group-AF32
  match qos-group 5
!
policy-map qos-group-in
  class MPLS-AF11
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF12
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF21
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF22
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF31
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF32
   set qos-group mpls experimental topmost
!
policy-map qos-group-out
  class qos-group-AF11
   bandwidth percent 5
   random-detect
   set precedence qos-group
  class qos-group-AF12
   bandwidth percent 10
   random-detect
   set precedence qos-group
  class qos-group-AF21
   bandwidth percent 10
   random-detect
   set precedence qos-group
  class qos-group-AF22
   bandwidth percent 15
   random-detect
   set precedence qos-group
  class qos-group-AF31
   bandwidth percent 20
   random-detect
   set precedence qos-group
  class qos-group-AF32
   bandwidth percent 30
   random-detect
   set precedence qos-group
!
interface Ethernet0/0
 ip vrf forwarding v1
 ip address 10.0.1.1 255.255.255.0
 max-reserved-bandwidth 90
 service-policy output qos-group-out
!
interface Ethernet1/0
 ip address 192.168.2.2 255.255.255.0
 service-policy input qos-group-in
 tag-switching ip
!

パイプ モード

DiffServ トンネリングのパイプ モードでは、QoS のレイヤを 2 つ使用します。

  1. データの元の QoS。この QoS はコアを通過しても変わりません。

  2. コアごとの QoS。この QoS は元の IP パケットの QoS とは別の QoS です。このコアごとの QoS の PHB は、エンド ユーザに対しては常に透過的です。

MPLS コアのエッジにパケットが到達すると、最近取り外されたラベルの EXP ビットから取得した MPLS PHB に基づいて、出口 PE ルータ(PE2)が、新たに表れた IP パケットを出力キューに分類します。

diffserv_tunnel_03.jpg

パイプ モードの設定例:

PE1

!--- 入力では、ラベルのインポジションを行う際に MPLS EXP に IP 優先順位 
!--- がコピーされます。ルータを出る際には、MPLS EXP ビットを 
!--- 使用して gold、silver、bronze(最上位)の 3 つのトラフィック クラスに
!--- トラフィックが分類されます。

class-map match-all IP-AF22
  match ip precedence 0 1
class-map match-all IP-AF31
  match ip precedence 2 3
class-map match-all IP-AF32
  match ip precedence 4 5
!
class-map match-all bronze
  match mpls experimental topmost 2 3
class-map match-all silver
  match mpls experimental topmost 4 
class-map match-all gold
  match mpls experimental topmost 5
!
policy-map set-MPLS-PHB
  class IP-AF22
   police 12000 conform-action set-mpls-exp-imposition-transmit 
             3 exceed-action set-mpls-exp-imposition-transmit 2
  class IP-AF31
   police 12000 conform-action set-mpls-exp-imposition-transmit 
             4 exceed-action set-mpls-exp-imposition-transmit 3
  class IP-AF32
   police 12000 conform-action set-mpls-exp-imposition-transmit 
             5 exceed-action set-mpls-exp-imposition-transmit 4
!
policy-map output-qos
  class gold
   bandwidth 40
   random-detect
  class silver
   bandwidth 30
   random-detect
  class bronze
   bandwidth 20
   random-detect
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.0.1 255.255.255.0
 max-reserved-bandwidth 90
 service-policy output output-qos
 tag-switching ip
!
interface Ethernet1/0
 ip vrf forwarding v1
 ip address 10.0.0.2 255.255.255.0
 service-policy input set-MPLS-PHB
!

P1

!--- この設定では、最上位のラベルを 4 から 5 にスワップします。
!--- 以前の設定に従う場合は、この処理を行う必要はありません。

class-map match-all mpls-in
  match mpls experimental topmost 4
!                
policy-map mpls-in
  class mpls-in
   set mpls experimental topmost 5
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
 tag-switching ip
!        
interface Ethernet1/0
 ip address 192.168.0.2 255.255.255.0
 service-policy input mpls-in
 tag-switching ip
!

P2

!--- PHP の後、新しく表れたラベルから MPLS EXP 値を 
!--- 忘れずにコピーします。

class-map match-all MPLS-AF11
  match mpls experimental topmost 0 
class-map match-all MPLS-AF12
  match mpls experimental topmost 1 
class-map match-all MPLS-AF21
  match mpls experimental topmost 2 
class-map match-all MPLS-AF22
  match mpls experimental topmost 3 
class-map match-all MPLS-AF31
  match mpls experimental topmost 4 
class-map match-all MPLS-AF32
  match mpls experimental topmost 5 
!
class-map match-all gold
  match qos-group 5
class-map match-all silver
  match qos-group 4
class-map match-all bronze
  match qos-group 3
  match qos-group 2
!
policy-map qos-group-in
  class MPLS-AF11
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF12
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF21
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF22
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF31
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF32
   set qos-group mpls experimental topmost
!
policy-map qos-group-out
  class gold
   bandwidth 40
   random-detect
   set mpls experimental topmost qos-group
  class silver
   bandwidth 30
   random-detect
   set mpls experimental topmost qos-group
  class bronze
   bandwidth 20
   random-detect
   set mpls experimental topmost qos-group
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.2.1 255.255.255.0
 max-reserved-bandwidth 90
 service-policy output qos-group-out
 tag-switching ip
!
interface Ethernet1/0
 ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
 service-policy input qos-group-in
 tag-switching ip
!

PE2

!--- 直前に取り外したラベルの MPLS EXP ビットに基づいて、 
!--- 新たに表れた IP バケットを忘れずにキューイングします。 
!--- qos-groups を使用して、この値を追跡します。

class-map match-all MPLS-AF11
  match mpls experimental topmost 0 
class-map match-all MPLS-AF12
  match mpls experimental topmost 1 
class-map match-all MPLS-AF21
  match mpls experimental topmost 2 
class-map match-all MPLS-AF22
  match mpls experimental topmost 3 
class-map match-all MPLS-AF31
  match mpls experimental topmost 4 
class-map match-all MPLS-AF32
  match mpls experimental topmost 5 
!
class-map match-all gold
  match qos-group 5
class-map match-all silver
  match qos-group 4
class-map match-all bronze
  match qos-group 3
  match qos-group 2
!
policy-map qos-group-in
  class MPLS-AF11
   set qos-group mpls experimental topmost
   set discard-class 0
  class MPLS-AF12
   set qos-group mpls experimental topmost
   set discard-class 1
  class MPLS-AF21
   set qos-group mpls experimental topmost
   set discard-class 2
  class MPLS-AF22
   set qos-group mpls experimental topmost
   set discard-class 3
  class MPLS-AF31
   set qos-group mpls experimental topmost
   set discard-class 4
  class MPLS-AF32
   set qos-group mpls experimental topmost
   set discard-class 5
!
policy-map qos-group-out
  class gold
   bandwidth 40
   random-detect discard-class-based
  class silver
   bandwidth 30
   random-detect discard-class-based
  class bronze
   bandwidth 20
   random-detect discard-class-based
!
interface Ethernet0/0
 ip vrf forwarding v1
 ip address 10.0.1.1 255.255.255.0
 max-reserved-bandwidth 90
 service-policy output qos-group-out
!
interface Ethernet1/0
 ip address 192.168.2.2 255.255.255.0
 service-policy input qos-group-in
 tag-switching ip
!

ショートパイプ モード

DiffServ トンネリングのショートパイプ モードでは、同じ規則と手法がコア全体で使用されます。出口 PE ルータ(PE2)の処理に違いがあります。この処理では、新たに表れた IP パケットを、この IP パケットの DSCP 値から取得した IP PHB に基づいて発信キューに分類します。

diffserv_tunnel_04.jpg

ショートパイプ モードの設定例:

PE1

!--- 入力では、ラベルのインポジションが行われる際に MPLS EXP に IP 優先順位
!--- がコピーされます。ルータを出る際には、MPLS EXP ビットを 
!--- 使用して gold、silver、bronze(最上位)の 3 つのトラフィック クラスに
!--- トラフィックが分類されます。


class-map match-all IP-AF22
  match ip precedence 0 1
class-map match-all IP-AF31
  match ip precedence 2 3
class-map match-all IP-AF32
  match ip precedence 4 5
!
class-map match-all bronze
  match mpls experimental topmost 2 3
class-map match-all silver
  match mpls experimental topmost 4 
class-map match-all gold
  match mpls experimental topmost 5
!
policy-map set-MPLS-PHB
  class IP-AF22
   police 12000 conform-action set-mpls-exp-imposition-transmit 
             3 exceed-action set-mpls-exp-imposition-transmit 2
  class IP-AF31
   police 12000 conform-action set-mpls-exp-imposition-transmit 
             4 exceed-action set-mpls-exp-imposition-transmit 3
  class IP-AF32
   police 12000 conform-action set-mpls-exp-imposition-transmit 
             5 exceed-action set-mpls-exp-imposition-transmit 4
!
policy-map output-qos
  class gold
   bandwidth 40
   random-detect
  class silver
   bandwidth 30
   random-detect
  class bronze
   bandwidth 20
   random-detect
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.0.1 255.255.255.0
 max-reserved-bandwidth 90
 service-policy output output-qos
 tag-switching ip
!
interface Ethernet1/0
 ip vrf forwarding v1
 ip address 10.0.0.2 255.255.255.0
 service-policy input set-MPLS-PHB
!

P1

!--- この設定では、最上位のラベルを 4 から 5 にスワップします。 
!--- 以前の設定に従う場合は、この処理を行う必要はありません。

class-map match-all mpls-in
  match mpls experimental topmost 4
!                
policy-map mpls-in
  class mpls-in
   set mpls experimental topmost 5
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.1.1 255.255.255.0
 tag-switching ip
!        
interface Ethernet1/0
 ip address 192.168.0.2 255.255.255.0
 service-policy input mpls-in
 tag-switching ip
!

P2

!--- PHP の後、新しく表れたラベルから MPLS EXP 値を 
!--- 忘れずにコピーします。

class-map match-all MPLS-AF11
  match mpls experimental topmost 0 
class-map match-all MPLS-AF12
  match mpls experimental topmost 1 
class-map match-all MPLS-AF21
  match mpls experimental topmost 2 
class-map match-all MPLS-AF22
  match mpls experimental topmost 3 
class-map match-all MPLS-AF31
  match mpls experimental topmost 4 
class-map match-all MPLS-AF32
  match mpls experimental topmost 5 
!
class-map match-all gold
  match qos-group 5
class-map match-all silver
  match qos-group 4
class-map match-all bronze
  match qos-group 3
  match qos-group 2
!
policy-map qos-group-in
  class MPLS-AF11
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF12
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF21
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF22
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF31
   set qos-group mpls experimental topmost
  class MPLS-AF32
   set qos-group mpls experimental topmost
!
policy-map qos-group-out
  class gold
   bandwidth 40
   random-detect
   set mpls experimental topmost qos-group
  class silver
   bandwidth 30
   random-detect
   set mpls experimental topmost qos-group
  class bronze
   bandwidth 20
   random-detect
   set mpls experimental topmost qos-group
!
interface Ethernet0/0
 ip address 192.168.2.1 255.255.255.0
 max-reserved-bandwidth 90
 service-policy output qos-group-out
 tag-switching ip
!
interface Ethernet1/0
 ip address 192.168.1.2 255.255.255.0
 service-policy input qos-group-in
 tag-switching ip
!

PE2

!--- IP 優先順位の値に基づいて、新たに表れた IP パケットを忘れず
!--- にキューイングします。

class-map match-all gold
  match  precedence 4  5 
class-map match-all silver
  match  precedence 2  3
class-map match-all bronze
  match  precedence 0  1
!
policy-map qos-group-out
  class gold
   bandwidth 40
   random-detect prec-based
  class silver
   bandwidth 30
   random-detect prec-based
  class bronze
   bandwidth 20
   random-detect prec-based
!
interface Ethernet0/0
 ip vrf forwarding v1
 ip address 10.0.1.1 255.255.255.0
 max-reserved-bandwidth 90
 service-policy output qos-group-out
!
interface Ethernet1/0
 ip address 192.168.2.2 255.255.255.0
 tag-switching ip
!

トンネルモードのまとめ

IP パケットやラベルの付いたパケットにネットワークのさまざまな段階で適用されるさまざまな処理を次の表にまとめておきます。

トンネル モード IP →ラベル ラベル→ラベル ラベル→ IP
均一 IP 優先順位や DiffServ を MPLS EXP にコピーする(SP によって変更される場合もある) MPLS EXP が SP によって変更される場合がある MPLS EXP が IP 優先順位や DiffServ にコピーされる
パイプ MPLS EXP が SP の QoS ポリシーによって設定される 元の IP 優先順位や DiffServ が維持される(MPLS EXP に基づく出口キューイング)
ショートパイプ 元の IP 優先順位や DiffServ が維持される(IP 優先順位や DiffServ に基づく出口キューイング)

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 47815