IP : IP アドレッシング サービス

マルチキャスト NAT はどのように Cisco ルータで機能するか

2008 年 6 月 9 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 8 月 10 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
サポートされるアドレス変換
警告
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

Cisco IOS(R) ルータで Network Address Translation(NAT; ネットワーク アドレス変換)を設定すると、特別な設定コマンドを入力しなくても、マルチキャスト送信側と受信側、または Rendezvous Point(RP; ランデブー ポイント)や RP マッピング エージェントなどの Protocol Independent Multicast(PIM)エンティティが NAT ルータの両側で動作します。

すべてのルータ(Inside、Outside、および NAT ルータ自体)でマルチキャストを完全に有効にする必要があります。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

使用するコンポーネント

このドキュメントで説明されている機能は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(1)T で導入されています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

サポートされるアドレス変換

  • データ パケット送信元アドレス変換

  • Auto-RP や PIM バージョン 2 ブートストラップ ルータ(BSR)を含む、PIM 制御パケット(PIM ペイロード)アドレス変換

  • mstatmrinfo、および mtrace コマンドの要求と応答

  • SDR アドバタイズメントまたはアプリケーション ペイロード

上記の変換では、ドメインの一部が NAT の背後にある場合でも、PIM はエンタープライズ ドメイン内で動作します。NAT ルータの背後にあるすべての送信側と受信側は PIM クラウドの残りの部分にパケットを送受信でき、RP/RP マッピング エージェントをクラウドの両側で利用できます。

警告

  • ip nat inside/outside コマンドを使用して、NAT ルータでトンネルを終端してください。 いずれかの側にエンド ポイントがある NAT ルータにトンネルを通すことはできません。

  • Real-Time Transport Protocol(RTP; リアルタイム転送プロトコル)や RTP Control Protocol(RTCP)などのアプリケーション ペイロードは変換されません。

  • この機能では、宛先グループ アドレスは変換されません。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13738