ルータ : Cisco 7500 シリーズ ルータ

Cisco ルート スイッチ プロセッサ(RSP)のハードウェア トラブルシューティング

2008 年 4 月 7 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 9 月 25 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
Cisco 7500 ルータ シリーズ ファミリ
      背景説明
      ハードウェアとソフトウェアの互換性とメモリの要件
      エラー メッセージ
      メモリに関する問題の例
問題の特定
      情報をキャプチャする方法
      誤解を招きやすい症状
トラブルシューティングのガイドライン
TAC サービスリクエストをオープンする場合に収集する情報
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

実際は正常に機能するハードウェアを交換することで、貴重な時間とリソースが無駄になることがあります。このドキュメントは、Cisco 7500 シリーズ ルータと、特にそのルート スイッチ プロセッサ(RSP)カードにおける一般的なハードウェア問題のトラブルシューティングに役立ちます。さらに、このドキュメントでは障害のあるハードウェアを特定するための手がかりとなる情報を提供します。

注:このドキュメントでは、ハードウェアの問題と誤認されることの多いものを除き、ソフトウェア関連の障害は対象としていません。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることを推奨します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • すべての Cisco IOS(R) ソフトウェア バージョン

  • 7505、7507、7513、7576 を含む 7500 シリーズ ルータに取り付けられた次の RSP。

    • RSP1

    • RSP2

    • RSP4

    • RSP4+

    • RSP8

    • RSP16*

    * 7505、7507、および 7513 上でサポート。RSP16 は 7576 上ではサポート対象外。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco 7500 ルータ シリーズ ファミリ

rsp1.gif

RSP1 のコンポーネント図
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。

rsp2.gif

RSP2 のコンポーネント図
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。

rsp4.gif

RSP4/RSP4+ のコンポーネント図
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。

rsp8.gif

RSP8 のコンポーネント図
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。

rsp16.gif

RSP16 のコンポーネント図
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。

背景説明

Cisco 7500 シリーズ ルータには、最低 1 枚の RSP と、1〜11 のインターフェイス プロセッサ(レガシー IP または Versatile Interface Processor - VIP)が装備されています。

ルータの主要な機能は RSP で扱われます。RSP が受け持つのは、ルーティング プロトコル アルゴリズム、非分散環境でのパケット交換、高レベル機能などの処理です。インターフェイス プロセッサ(IP および VIP)には、ルータのネットワーク インターフェイスが組み込まれています。RSP は、7500 シリーズ ルータの特定のスロットにのみ装着できます(下表を参照。スロット番号は 0 から始まる)。

ルータ スロット番号

7505

4

7507

2 と 3

7513

6 と 7

7576

6 と 7


7507、7513、および 7576 については、番号が小さいほうのスロットがプライマリ RSP スロット、番号が大きい方のスロットがセカンダリ RSP スロットと呼ばれることに注意してください。

Cisco 7500 シリーズ ルータで使用される RSP には、6 種類の異なるバージョンがあります。

ルート スイッチ プロセッサのタイプ 説明

RSP1

MIPS R4600 CPU(内部バス速度 100MHz、外部バス速度 50MHz)を搭載し、16〜128MB のメモリ オプションをサポートします。

RSP2

MIPS R4600 CPU(内部バス速度 100MHz、外部バス速度 50MHz)を搭載し、32〜128MB のメモリ オプションをサポートします。

RSP4

MIPS R5000 CPU(内部バス速度 200MHz、外部バス速度 100MHz)を搭載し、32〜256MB のメモリ オプションをサポートします。

RSP4+

この RSP は、Error-Correcting Code(ECC; エラー訂正コード)メモリ保護/訂正機能と ROMMON の更新バージョンを備えている点を除き、RSP4 と同じです。

RSP8

MIPS R7000 CPU(内部バス速度 250MHz、外部バス速度 100MHz)を搭載し、64〜256MB のメモリ オプションをサポートします。

RSP16

MIPS R7000 CPU(内部速度 500MHz、外部バス速度 100MHz)を搭載し、64MB 〜 1GB の Synchronous Dynamic RAM(SDRAM)メモリ オプションをサポートします。RSP16 では、レイヤ 3 キャッシュに 2MB の Static RAM(SRAM)に加えて Error-Correcting Code(ECC; エラー訂正コード)がサポートされます。


ハードウェアとソフトウェアの互換性とメモリの要件

新しい RSP、VIP、ポート アダプタを取り付けたり、Cisco IOS ソフトウェア イメージをインストールする場合には、ルータに十分なメモリがあることや、そのハードウェアやソフトウェアに互換性があることを確認する必要があります。

ハードウェアとソフトウェアの互換性やメモリの要件についてチェックするには、次の推奨手順を実行してください。
一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。

  1. Software Advisor登録ユーザ専用)ツールを使用して、目的の Cisco IOS ソフトウェア バージョンでモジュールおよびカードがサポートされているかどうかを確認します。

    ヒント:ハードウェアに対するソフトウェアのサポート』(登録ユーザ専用)セクションで確認することを忘れないようにしてください。

  2. Download Software Area登録ユーザ専用)を使用して、Cisco IOS ソフトウェアやそのイメージのダウンロードに必要な最低限のメモリ量(RAM およびフラッシュ)を確認します。装備されたメモリ量(RAM およびフラッシュ)を判別するには、『メモリ要件』を参照してください。

    ヒント: 

    • Download Software Area登録ユーザ専用)では、メモリ要件を参照するために、ステップ 1 でプラットフォームおよび推奨される Cisco IOS ソフトウェア リリースを選択する必要があります。

    • Cisco IOS ソフトウェア イメージを新しいバージョンにアップグレードする必要がある場合、詳細については『Cisco IOS ソフトウェア リリースの選択方法』を参照してください。

    Cisco IOS ソフトウェアのアップグレードが必要と判断された場合には、Cisco 7500 シリーズ ルータに関する『ソフトウェア インストールおよびアップグレード手順』を実行します。

エラー メッセージ

エラーメッセージデコーダ登録ユーザ専用)ツールを使用すると、エラー メッセージの定義を確認できます。エラーメッセージは、通常は次の形式で、Cisco 製品のコンソール上に表示されます。一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。

%XXX-n-YYYY : [text]

これはエラー メッセージの例です。

Router# %SYS-2-MALLOCFAIL: Memory allocation of [dec] bytes failed from [hex], pool [chars], alignment [dec]

一部のメッセージは情報提供だけを目的としていますが、メッセージによってはハードウェアまたはソフトウェアの障害を示し、対応が必要とされるものもあります。エラーメッセージデコーダ登録ユーザ専用)ツールでは、メッセージの説明、推奨処置(必要な場合)、そしてエラー メッセージに関する詳細なトラブルシューティング情報を提供するドキュメント(利用可能な場合)へのリンクが提供されます。

メモリに関する問題の例

次の show log コマンドの出力には、メモリ不足のエラー メッセージ %SYS-2-MALLOCFAIL: が示されています。エラーの原因はプロセス BGP Router です。show processes memory および show memory summary の出力を確認して、BGP プロセスによるメモリ使用量を調べます。

Router#show log
%SYS-2-MALLOCFAIL: Memory allocation of 32768 bytes failed from 0x403B4650, alignment 0 
Pool: Processor  Free: 406936  Cause: Memory fragmentation 
Alternate Pool: None  Free: 0  Cause: No Alternate pool 

-Process= "BGP Router", ipl= 0, pid= 158
-Traceback= 403B96D0 403BD8BC 403B4658 40DF73C0 402476FC 4064FA10 4061C840 406268A0 40626A4C 40816EC4 408102B0 
40ED0820 408103C0 407D46A8
Jun 30 10:27:40.836 UTC: %FIB-3-NORPXDRQELEMS: Exhausted XDR queuing elements while preparing message for slot 4
-Process= "BGP Router", ipl= 0, pid= 158
-Traceback= 40DF74A0 402476FC 4064FA10 4061C840 406268A0 40626A4C 40816EC4 408102B0 40ED0820 408103C0 407D46A8
 %BGP-5-ADJCHANGE: neighbor 10.10.10.254 Down BGP Notification sent
 %BGP-3-NOTIFICATION: sent to neighbor 10.10.10.254 4/0 (hold time expired) 0 bytes 
 %BGP-5-ADJCHANGE: neighbor 10.10.10.99 Down BGP Notification sent
 %BGP-3-NOTIFICATION: sent to neighbor 10.10.10.99 4/0 (hold time expired) 0 bytes 
 %BGP-5-ADJCHANGE: neighbor 10.10.10.100 Down BGP Notification sent
 %BGP-3-NOTIFICATION: sent to neighbor 10.10.10.100 4/0 (hold time expired) 0 bytes 
 %BGP-5-ADJCHANGE: neighbor 10.10.10.254 Up 

Router#show processes memory
Processor Pool Total:  229224896 Used:  198433716 Free:   30791180
     Fast Pool Total:     131072 Used:     131024 Free:         48 


!--- 出力を省略。
 

Router#show memory summary
              Head     Total(b)        Used(b)    Free(b)   Lowest(b)  Largest(b)
Processor   42564E40   229224896    198457508    30767388       22200    196700
     Fast   42544E40      131072       131024          48          48        48

前の出力では、プロセッサ メモリ内の最大の利用可能ブロックは 196700 です。合計空きメモリは 30767388 です。アップまたはダウン状態になる隣接ルータの BGP 一時メモリ使用に対応するために、ルータにはさらに 40 MB を超える空きメモリが必要です。このシナリオでは、メモリのアップグレードか、ルーティング テーブルを最小化するための BGP フィルタまたは BGP 再設定のセットアップを検討する必要があります。これはルータ上のメモリ不足問題の例です。

問題の特定

RSP のリブートまたはリロードは、さまざまな理由で起こります。それらの理由のいくつかは、潜在的なハードウェアの問題です。ここでは、ハードウェアの不良によるものと誤解されやすい症状のトラ/ブルシューティングおよび特定に役立つ可能性がある、さまざまな種類の出力のキャプチャ方法についての情報を示します。「トラブルシューティングのガイドライン」のセクションでは、症状のトラブルシューティングに関するヒントを示しています。

情報をキャプチャする方法

最初の手順は、問題の原因を特定するために、その問題について可能な限り多くの情報を収集することです。問題の原因を特定するために不可欠な情報には、次のようなものがあります。

  • Crashinfo ファイル:ルート スイッチ プロセッサ(RSP)がクラッシュすると、ブートフラッシュに crashinfo ファイルの保存が試みられます。crashinfo ファイルの詳細については、『Crashinfo ファイルからの情報の取得』を参照してください。ルータにデュアル RSP が装備されていて、プライマリ RSP であったときにスタンバイ RSP がクラッシュした場合、スタンバイ RSP のブートフラッシュに crashinfo ファイルが作成される場合があることに注意してください。通常は、crashinfo ファイルの作成処理が正常に完了した場合、そのファイルはクラッシュした RSP のブートフラッシュに存在します。

  • コンソール ログまたは Syslog 情報のいずれかまたは両方:複数の症状が発生する場合、その元となる問題を特定するためにこれらの情報は非常に重要です。これは、Cisco 7500 シリーズ ルータでは通例です。コンソール ログまたは syslog が使用可能な場合は、トラブルシューティングを効率的に実行できます。ルータが syslog サーバにログを送信するように設定されている場合、サーバ上のログを確認します。コンソール ログの場合、ルータのコンソール ポートに直接接続していて、『コンソール接続用ターミナル エミュレータの正しい設定』が行われていることを確認します。また、そのロギングがイネーブルであることを確認します。

  • show technical-support 出力show technical-support コマンドは、show versionshow running-config、および show stacks コマンドを含む複数のコマンドを 1 つにまとめたものです。RSP で問題が発生したときは、通常、テクニカルサポート エンジニアからこの情報の提供を求められます。ルータのリロードまたは電源のオフ/オンを行ってしまうと、問題に関する情報がすべて失われてしまうため、show technical-support は必ずリロードまたは電源のオフ/オンを行う前に実行して情報を収集してください。これは、スタック上に保存されたコンテキスト情報はルータのリロード時に消去されることが原因です。

  • show environment コマンド:show environment all コマンドは、ルータの電源や温度に関する出力を参照するために使用します。show environment all コマンドだけでなく、show environment last および show environment table コマンドも役に立ちます。

ご使用の Cisco デバイスからの、(show technical-support を含む)show コマンドの出力データがあれば、アウトプットインタープリタ登録ユーザ専用)を使用して、今後予想される障害と修正を表示できます。アウトプットインタープリタ登録ユーザ専用)を使用するためには、登録ユーザであり、ログインしていて、さらに JavaScript を有効にしている必要があります。
一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。

誤解を招きやすい症状

実際はハードウェアの問題ではないにもかかわらず、ハードウェアの問題と誤解されることがある問題がいくつかあります。一般的なものは、ルータが応答を停止した(ハングした)場合、または新しいハードウェアのインストールが原因でルータに障害が発生した場合の問題です。次の表に、一般的に誤解を招きやすい問題についての症状、説明、およびトラブルシューティング手順を示します。

症状 説明

RSP が通常動作中にハングする

この症状は、一般にソフトウェアの問題が原因で発生しますが、ハードウェアが原因の場合もあります。『トラブルシューティング:ルータがハングする場合』を参照してください。

新しい RSP、VIP、またはポート アダプタが認識されない

Software Advisor登録ユーザ専用)ツールを使用して、現在の Cisco IOS ソフトウェア バージョンで新しいカードがサポートされているかどうかを調べます。
一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。

RSP1、RSP2、または RSP4 がブートアップ時にクラッシュまたはハングする

これは、ブートフラッシュ上の最初のファイルが有効な Cisco IOS ソフトウェア イメージまたは RxBoot イメージでないことが原因で発生することがあります。この症状については、Field Notice 14484:『Router May Fail To Boot when Bootflash Contains Non-Bootable Code』に記載されています。RSP4+、RSP8、および RSP16 はこの問題には該当しません。

エラー メッセージが表示されます。

RSP-3-RESTART: cbus complex

このエラー メッセージの原因には、構成の変更、インターフェイス プロセッサの Online Insertion and Removal(OIR; 活性挿抜、ホットスワップ)、あるいは他のソフトウェアや不良ハードウェアの問題などがあります。このエラー メッセージの詳細については、『「%RSP-3-RESTART: cbus complex」の原因』を参照してください。.

RSP の CPU 使用率が非常に高い

ハードウェアの問題が原因で CPU 使用率が上昇する場合もありますが、ルータの設定に誤りがあるか、またはネットワーク上の何かが問題を引き起こしている可能性の方が高いです。この詳細については、『Cisco ルータの CPU 使用率が高い場合のトラブルシューティング』を参照してください。

RSP でメモリ割り当てエラーが発生する

ハードウェアの問題が原因でメモリ割り当てエラーが起こることはほとんどありません。メモリ割り当てエラーに関するトラブルシューティングのヒントは、『メモリ問題のトラブルシューティング』に記載されています。

RSP がクラッシュする

RSP のクラッシュの原因が必ずしもハードウェアにあるとは限りません。実際、RSP のクラッシュの大部分はソフトウェアによって引き起こされています。この詳細については、『トラブルシューティング:ルータのクラッシュ』を参照してください。


トラブルシューティングのガイドライン

ここでは、発生する問題の種類に応じたトラブルシューティングのガイドラインを示します。

  • パリティ エラー:7500 でのパリティ エラーの最も一般的な原因は、ハードウェアの不良です。パリティ エラーのトラブルシューティングを行うには、クラッシュの発生時に出力をキャプチャします。この情報を入手したら、『ルート/スイッチ プロセッサ(RSP)、ネットワーク処理エンジン(NPE)、およびルート プロセッサ(RP)のプラットフォーム』で詳細なトラブルシューティング手順を確認します。『RSP Crash Fault Tree Analysis』(PDF ドキュメント)も、RSP パリティ エラー クラッシュの原因を絞り込む上で役立ちます。

  • 有効なアドレスでのバス エラー:バス エラーの詳細については、『トラブルシューティング:バス エラー クラッシュ』を参照してください。バス エラーのアドレスが有効なアドレスである場合、最も可能性の高い原因はハードウェア障害です。

  • 連続的なリブート:Cisco 7500 シリーズ ルータの電源のオフ/オンを行っても、リブートが連続して繰り返される場合は、次の手順を実行します。

    1. RSP 以外のカードをすべて取り外します。RSP がセカンダリ RSP スロットに取り付けられている場合はプライマリ RSP に移動し、ルータの電源をオフ/オンします。ルータがプライマリ RSP で起動しない場合、その RSP をセカンダリ スロットに移動してルータをリロードします。

    2. この手順を実行してもルータが正常に動作しない場合、ブート シーケンスのコンソールログ/syslog を収集し、Cisco テクニカルサポートでサービスリクエストをオープンします。

TAC サービスリクエストをオープンする場合に収集する情報

交換が必要なコンポーネントが特定されたら、Cisco パートナーまたは販売代理店に連絡して、問題の原因となっているハードウェア コンポーネントの交換を依頼してください。Cisco と直接サポート契約を結んでいる場合は、Cisco テクニカルサポートの Service Request Tool登録ユーザ専用)を使用して Cisco テクニカルサポートのサービスリクエストをオープンし、ハードウェアの交換を依頼します。次の情報が添付されていることを確認してください。
一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。
  • エラー メッセージが表示されたコンソールのキャプチャ

  • 実施したトラブルシューティング手順と、各手順を実施した際のブート シーケンスを示すコンソールのキャプチャ

  • 障害があったハードウェア コンポーネントと、そのシャーシのシリアル番号

  • トラブルシューティングのログ

  • show technical-support コマンドによる出力



関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 16100