音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Microsoft Exchange データベースの空きハードディスク領域を解放する方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity データ ストアは複数のデータベース、音声メール ボックスおよび対応した トランザクションログファイルが含まれています。 旧式音声メールを取除いた後この資料に Microsoft Exchange データベースの未使用スペースを自由に使えるようにする方法を説明されています。 データベース圧縮が多くのディスクスペースを返品しない場合このプロシージャに従って下さい。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unity

  • Microsoft Exchange サーバ

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity 4.0

  • Microsoft Windows 2000 Server

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco Unity ハードディスクの空き容量は旧式音声メールを削除した、データベースを縮める後完全で、多くの領域を自由に使えるようにしません。

解決策

Microsoft Exchange データベース ファイル(か EDB ファイル音声メールが削除されるのに放されないデータベース ファイルと音声メール間のハードディスクで)未使用スペースが含まれています。 この領域を自由に使えるようにし、データベースのサイズを減らすために Eseutil ユーティリティを使用して下さい。

ディスクスペースのデフラグメンテーションは使用されたストレージを隣接 するようにし、未使用ストレージを除去し、データベースのサイズを減らします。 Exchange サーバ 5.5、Exchange 2000 および 2003 サーバのインフォメーション ストアおよびディレクトリ Eseutil ユーティリティ defragment を使用できます。 Eseutil は(の構造を修理し、データベースの低いレベルを defragmenting 読み取り、スキャンを含むことができる)レコードおよびデータベーステーブル検査します。

Eseutil

Eseutil は Exchange サーバ 5.5 と Exchange 2000 の Exchsrvr \ビン フォルダの Winnt\System32 フォルダにおよび 2003 年あります。 ユーティリティはコマンド・ラインから 1 つのデータベースで一度に実行することができます。 Eseutil は新しいデータベースにデータベースレコードをコピーします。 defragmention が完了するとき、オリジナル データベースはユーザが指定する位置に削除されるか、または保存され、新しい バージョンはオリジナルとして名前を変更されます。

注: Defragmenting はデータベース処理したいと思うデータベースのサイズの 110%と等しい空きディスク容量を必要とします。 Exchange サーバの eseutil を実行する前にバックアップ データベース ファイル確かめて下さい。 方法に関する詳細な手順は Microsoft Knowledge Base 記事 192185 で eseutil を実行する文書化されていますleavingcisco.com

Cisco Unity データベースを縮めて下さい

これらのデータベースのためのトランザクションログファイルが 1 GB に育ち、ドライブ領域を一杯にした状況では、ディスクスペースを自由に使えるようにするために Cisco Unity データベース(UnityDB/ReportDB)を縮めることができます。 圧縮を Cisco Unity データベースを縮める方法の情報に関しては Cisco Unity データベースコンフィギュレーション例参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 100607