音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager 4.x: RTMT のログイン エラーのトラブルシューティング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料にユーザが実時間監視 ツール(RTMT)にアクセスするように試みるとき現われるエラーメッセージを解決する方法を説明されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco Unified Communications Manager(CallManager)4.x に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラー: RTMT アプリケーションはこのユーザネームおよびパスワード(不十分な特権)によって使用することができません

ユーザは RTMT にログインできません。 次のエラー メッセージが表示されます。

The RTMT application can not be used by this user name
	 and password (insufficient privileges).

/image/gif/paws/100606/rtmt_access-1.gif

解決策 1

この問題を解決するために、これらのステップの 1 つを完了して下さい:

  • MLA が有効に なる場合、Windows がログインするよりもむしろログインに Cisco Unified CallManager 管理者 アカウントを使用して下さい。

  • また、ログイン ウィンドウに信頼できる接続 チェックボックスがあります。 これがチェックされるとき実時間監視 ツール(RTMT)にログイン して下さい。

  • IIS および RIS データコレクタ サービス再起動して下さい。

解決策 2

この問題はまたチェックを外される信頼できる接続の RTMT にログインすることを試みるとき発生する場合があります。

この問題を解決するために、CUCM に RTMT アクセスのための HTTPS をディセーブルにする必要があります。 次の手順を実行します。

  1. [Start] > [Programs] > [Administrative Tools] > [Internet Services Manager] の順に選択します。

  2. サーバの名前を HTTPS 認証 存在クリックしなさい。

  3. Webサイトを『DEFAULT』 をクリック して下さい。

  4. バーチャル ディレクトリをクリックして下さい。

  5. Properties を右クリックして下さい。

  6. [Directory Security] タブをクリックします。

  7. [Secure Communications] の下の [Edit] をクリックします。

  8. SSL によって必要とされる(必須セキュア チャネル SSL)チェックボックスのチェックを外して下さい。

  9. 『OK』 をクリック し、次に適用して下さい

    この場合、チェックを外される信頼できる接続接続盤との RTMT にログインできます。

エラー: 設定を復元する不可能! 無効なフォーマット

Cisco Unified CallManager 4.x では、実時間監視 ツールにログインできますが、smtp 使用するためにサーバがユーザ望むとプロンプト表示しますか。 設定を復元するクエリおよび不可能の! 無効なフォーマット エラーメッセージが現れます。

解決策

RIS データコレクタ サービス サービスパラメータがあるように設定を確認して下さい。 次の手順を実行します。

  1. マネージャ管理 > Service > Service パラメータを『Call』 を選択 して下さい。

  2. サーバを選択し、RIS データコレクタ サービスを選択し、プライマリ 収集装置 パラメータをチェックして下さい。 パブリッシャがここに選択されることを確かめて下さい。


関連情報


Document ID: 100606