音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

「Error from authentication subsystem」により Cisco Unity SA にアクセスすることができない

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、加入者を Cisco Unity に追加するか、再インポートするときに出る、 - Cisco Unity システム 管理(SA)がリモート システムからアクセスされる、およびこの問題を解決するソリューション場合のユーザが出会う認証 サブシステムからのエラー

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

認証 subsystem.hr=0x8004054B からのエラー

システム 管理かステータスモニタにアクセスするように試みるときこのエラーはブラウザに現われます:

Error from authentication subsystem.hr=0x8004054B (The specified domain either does not exist or could not be 

contacted.\x0D\x0A)

Please see your Cisco Unity system administrator for more details.

解決策

この問題はリモート システムからシステム 管理かステータスモニタにアクセスするとき発生する場合があります。 このエラーメッセージを克服するために 1 つをこれらの回避策試みて下さい:

  1. 、URL のサーバ名よりもむしろ、Cisco Unity サーバの IP アドレスの SA にログイン することを試みて下さい。

  2. Cisco Unity サーバの OFF ウィンドウ 認証を回して下さい。

Cisco Unity サーバの OFF ウィンドウ 認証を回すためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. > Administative Tools > Internet Services マネージャ IIS マネージャを開始するために『Start > Programs』 を選択 して下さい。

  2. デフォルト の Webサイトに行って下さい。

  3. Web を、そしてプロパティ右クリックして下さい。

  4. Directory Security タブを選択して下さい。

  5. 匿名アクセスおよび認証制御を『Edit』 をクリック して下さい。

  6. 匿名アクセスをクリックし、統合された Windows 認証をチェックを外して下さい。

  7. WWW サービスをリセットして下さい。

時々、2番目 の 回避策はこのエラーメッセージという結果に以前に終ります述べました:

Server.CreateObject(AvSaLocalization.AvSaLocalization.1) failed.
This is most likely an error with a DLL, probably AvSaLocalizationSvr.dll or perhaps
AvSaLocaleInfoSvr.dll. Check that these files are present, and registered with REGSVR32.
Also be sure that the appropriate MsgStoreRes.dll file is present.
Cannot continue. (From: Global.asa: hr=0x80070005)

このエラー メッセージを解決するには、次の手順を実行してください:

  1. Cisco Unity サーバで次のファイルを検索します。

    • AvSaLocalizationSvr.dll

    • AvSaLocaleInfoSvr.dll

  2. [Start]、[Run] の順に選択して、cmd と入力します。 Enter キーを押します。

  3. AvSaLocalizationSvr.dll ファイルがあるディレクトリへ移動します。

  4. プロンプトで、regsvr32AvSaLocalizationSvr.dll と入力します。

  5. Enter キーを押します。

  6. AvSaLocaleInfoSvr.dll ファイルがあるディレクトリへ移動します。

  7. プロンプト、型 regsvr32 AvSaLocaleInfoSvr.dll

  8. Enter キーを押します。

    各レジスタの試行で、ポップアップ メッセージは .dll が正常に登録されたことを示します。

  9. この場合、コンポーネント サービスの 3 つの DCOM 設定 エントリをアップデートして下さい:

    [File] > [Programs] > [Administrative Tools] > [Component Services] の順に選択します。 [Component Services]、[Computers]、[My Computer]、[DCOM Config] の順に展開します。

    変更をこれらのエントリで行う必要があります:

    • AvLic

    • AvCsGateway

    • AvDSGlobalCatalog

    各エントリを右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。 Security タブを選択し、起動許可をカスタマイズして下さい。 皆をグループ追加し、それにローカル起動およびローカル アクティベーション特権を与えて下さい。

    これらのステップの後でリブートする必要がありません。

認証 サブシステム hr=0x80040155 (インターフェイスない registered\x0d\x0a)からのエラー

自体にリモートで サーバから Cisco Unity システム 管理アクセスするように試みるとき、このエラーはブラウザに現われます:

Error from authentication subsystem hr=0x80040155 (Interface not registered\x0d\x0a)

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

コマンド・ラインから、CD を C:\Commserver\Orderedcoms に入力し、これらのコマンドを入力して下さい:

regsvr32 avdohsvr.dll
regsvr32 avdohpssvr.dll

それから、C:\commserver\components への CD はこのコマンドを入力し、:

regsvr32 avsalntsvr.dll 

aunthentication サブシステム hr=0x80004005(E_FAIL からのエラー

自体にまたはリモートで サーバから Cisco Unity システム 管理アクセスするように試みるとき、このエラーはブラウザに現われます:

Error from aunthentication subsystem hr=0x80004005(E_FAIL

解決策

このエラーを取除くために、IIS に行き、匿名認証を許可して下さい

エラー hr=0x80004005 (e_Fail)変更を保存されない

Unity のユーザ向けの修正を行うことを試みるときこのエラーメッセージは受け取られます: エラー hr=0x80004005 (e_Fail)変更を保存されない。 これは Unity のサブスクライバへの変更を行なうことを試みる発生します。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Programs > Administrative Tools > Services からの AvDSAD および AvGlobalcatalog サービスを再開して下さい。

  2. Cisco Unity およびアクティブ ディレクトリが同期されるようにして下さい。 そうでなかったら、DOHProp テストを使用して Cisco Unity のデータベース オブジェクト階層(DOH)層から同期して下さい。

  3. 再接続します設定ツールを Cisco Unity ツール ターミナル > 管理ツールで利用可能であるドメインコントローラ/グローバル カタログ(DC/GC)の使用によって再接続を強制することを試みて下さい。


関連情報


Document ID: 100596