音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

件名行がタグ付けされたボイスメール メッセージ: 身元不明発信者(内線番号)からのメッセージ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はサブスクライバがこの件名が付いている音声メール メッセージを受け取るとき推奨される回避策を説明したものです:

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco Unity 4.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

サブスクライバが他のサブスクライバのための音声メール メッセージを残すとき、メッセージは未確認発信者(拡張番号)からの件名 メッセージと発信者の名前の代りにタグ付けされます。 レシーバの Outlook インボックスの発信者 ディスプレイの拡張番号。

解決策

この問題は発信者のインボックスが密接な十分に制限のまたは既に超過してしまったこの制限を持っているとき最も頻繁に発生します。

Cisco Unity は音声 メッセージを残すとき、禁止された送信制限を過ぎてある場合コーリングパーティに代わってメッセージを送信 します。 このような場合、Unity は Unity_Servername アカウントからのメールを送信します。

たとえば、ユーザ A からユーザ B にメッセージを送れば、Cisco Unity は実際にメールボックス A にログイン し、メールボックス A にメールボックス B.に代わってメッセージを送ります。 メールボックス A は制限に達するので、メッセージを送信ことはできません。 Unity は別の方式をその時使用し、Unity_Servername アカウント(外部 の 発信者に使用する方式)からメールボックス B.にそれを送信 します。 この方式が使用されるとき、未確認発信者から来るためにメッセージが現れます。

メールボックス制限の下で落ちるようにこの問題を解決するために、発信者のメールボックスをクリアして下さい。 メールボックスが再度適度にあるとき、音声メール メッセージの電子メール サブジェクト ヘッダは普通現われます。

サブスクライバが他のサブスクライバのための音声メール メッセージを残すとき、拡張だけサブスクライバのサブジェクトおよびない名前で表示する場合、これはまたサブスクライバの名前が記録されないので起こる場合があります。 名前か拡張は表示することができます。 サブスクライバまたは発信者のレコード名が記録される場合、名前が記録されない場合サブスクライバの名前だけ、およびない拡張を、一方表示する、拡張番号だけを表示できます。


関連情報


Document ID: 100464