ルータ : Cisco 3800 シリーズ サービス統合型ルータ

ソフトウェア アップグレード手順

2008 年 7 月 24 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2015 年 6 月 29 日) | 英語版 (2015 年 4 月 22 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
背景説明
      TFTP サーバのインストール
      ルータとのコンソール セッションの確立.
      ルータでのブートの問題
ソフトウェア インストレーションとアップグレード手順
      ステップ 1:Cisco IOS ソフトウェア イメージの選択
      ステップ 2:Cisco IOS ソフトウェア イメージの TFTP サーバへのダウンロード
      ステップ 3:イメージをコピーするルータのファイル システムの識別
      ステップ 4:アップグレードの準備
      ステップ 5:TFTP サーバがルータに IP 接続されていることの確認
      ステップ 6:IOS イメージのルータへのコピー
      ステップ 7:ファイル システムでの IOS イメージの確認
      ステップ 8:コンフィギュレーション レジスタの確認
      ステップ 9:ブート変数の確認
      ステップ 10:コンフィギュレーションの保存とルータのリロード
      ステップ 11:IOS アップグレードの検証
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

このドキュメントでは、Cisco アクセス ルータ プラットフォーム上の Cisco IOS(R) ソフトウェア イメージをアップグレードする方法について説明しています。2600 および 3600 シリーズ ルータでの例は、解説されているルータ プラットフォームのリストにも適用されます。Cisco IOS ソフトウェアのファイル名は、Cisco IOS ソフトウェアのリリース、機能セット、およびプラットフォームによって異なることがあります。

このドキュメントでは、下記のルータが取り上げられています。

  • Cisco 1000 シリーズ ルータ

  • Cisco 1400 シリーズ ルータ

  • Cisco 1600-R シリーズ ルータ

  • Cisco 1700 シリーズ ルータ

  • Cisco 2600 シリーズ ルータ

  • Cisco 2800 シリーズ ルータ

  • Cisco 3600 シリーズ ルータ

  • Cisco 3700 シリーズ ルータ

  • Cisco 3800 シリーズ ルータ

  • Cisco 4000 シリーズ ルータ

  • Cisco 4700 シリーズ ルータ

  • Cisco AS5300 シリーズ ルータ

  • Cisco MC3810 シリーズ ルータ

注:このドキュメントで説明されているトラブルシューティング ツールを使用するには、登録ユーザであり、Cisco.com の Web サイトにログインしている必要があります。Cisco.com の Web サイトに登録するには、Cisco.com の登録ページにアクセスしてください。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0 以降に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定から作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

IOS イメージを Cisco のルータにコピーするのに使用できるプロトコルは複数あります。最も一般的に使用されるプロトコルは TFTP です。これ以外には、ftp、http、https、scp、rcp などのプロトコルがあります。必要に応じて、特定のデバイスから別のデバイスへイメージをコピーできます。詳細は、ドキュメント『デバイス間でシステム イメージをコピーする方法』の「あるルータから別のルータへのコピー」セクションを参照してください。

このセクションでは、TFTP サーバーのインストール方法、ルータとのコンソール セッションの確立方法、および、ルータでのブートの問題が説明されています。

TFTP サーバのインストール

TCP/IP 対応ワークステーションまたは PC に、TFTP サーバ アプリケーションをインストールする必要があります。アプリケーションのインストール後、最低限の設定を行う必要があります。

  1. TFTP サーバをダウンロードします。詳細は、『TFTP サーバの選択と使用』を参照してください。

  2. TFTP クライアントではなく、TFTP サーバとして動作するように、TFTP アプリケーションを設定します。

  3. 発信ファイル ディレクトリを指定します。これは、Cisco IOS イメージが格納されるディレクトリです。ほとんどの TFTP アプリケーションには、このような設定作業用にセットアップ ルーチンが用意されています。

ルータとのコンソール セッションの確立.

Telnet セッションでルータに接続することもできますが、アップグレード中に問題が生じる場合があり、ルータの電源再投入のためにそばに控えている必要があるため、Cisco では、コンソール ポートから直接にルータに接続することを推奨いたします。さらに、アップグレード手順中にルータがリブートしている間は、Telnet 接続が切断されます。

ロール ケーブル(通常は黒いフラット ケーブル)を使用して、ルータのコンソール ポートを、PC のいずれかの COM ポートに接続します。

PC をルータのコンソール ポートに接続する際は、PC 上で HyperTerminal を起動して、次の設定を使用する必要があります。

Speed 9600 bits per second

     8 databits

     0 parity bits

     1 stop bit

     No Flow Control

HyperTerminal セッションで意味不明の文字が表示された場合は、Hyperterminal のプロパティが適切に設定されていないか、コンソールの接続速度が 9600 bps より高速になるような標準以外の値に、ルータのコンフィギュレーション レジスタが設定されていることを意味します。コンフィギュレーション レジスタの値を調べるには、show version コマンドを発行します。コンフィギュレーション レジスタの値は出力の最後の行に表示されます。この値が 0x2102 か 0x102 に設定されていることを確認してください。

注:コンフィギュレーション レジスタの変更を有効にするには、ルータをリロードする必要があります。

ルータ側でコンソール速度が 9600 bps に設定されていることが確認されたら、HyperTerminal プロパティをチェックする必要があります。HyperTerminal のプロパティを設定する方法についての詳細は、『コンソール接続用ターミナル エミュレータの正しい設定』を参照してください。

ルータでのブートの問題

ルータのコンソール ポートに接続している場合、ルータが ROMmon モードか Boot モードのいずれかになっていることがあります。この 2 つのモードは、回復手順と診断手順に使用されます。通常のルータ プロンプトが表示されない場合は、アップグレード手順のインストールを続行するには、次の推奨手順を使用してください。

  • ルータが ROMmon モードで起動して、dir flash: コマンドを発行すると、次のメッセージが表示されます。

    rommon 1 >dir flash: 
    device does not contain a valid magic number 
    dir: cannot open device "flash:" 
    rommon 2 >
    

    上記エラー メッセージは、フラッシュが空の場合、またはファイル システムが破損している場合に表示されます。詳細は、『ROMmon を使った Xmodem コンソール ダウンロード手順』を参照してください。

    注:使用しているプラットフォームに固有のブート障害手順を調べることが必要な場合もあります。 これらの手順を検索するには、『製品サポート』ページで、使用中のプラットフォームを選択します。各ドキュメントの「トラブルシューティング」セクションを調べます。

  • ルータがブート モードで起動して、コンソールに次のメッセージが表示されます。

    router(boot)>
    device does not contain a valid magic number
    boot: cannot open "flash:"
    boot: cannot determine first file name on device "flash:"
    

    上記エラー メッセージは、フラッシュが空の場合、またはファイル システムが破損している場合に、コンソール出力に表示されます。このドキュメントで紹介されている手順に説明されているように、フラッシュに有効なイメージをコピーします。

    注:使用しているプラットフォームに固有のブート障害手順を調べることが必要な場合もあります。 これらの手順を検索するには、『製品サポート』ページで、使用中のプラットフォームを選択します。各ドキュメントの「トラブルシューティング」セクションを調べます。

ソフトウェア インストレーションとアップグレード手順

このセクションでは、次の項目について説明しています。

ステップ 1:Cisco IOS ソフトウェア イメージの選択

アップグレード手順の最初のステップは、現行の IOS のバージョンと機能セットの選択です。このステップは非常に重要であり、ここでの要素が選択する IOS の決定に影響する可能性があります。

  • メモリ要件:IOS を保存するのに十分なディスクかフラッシュ メモリがルータに備わっている必要があります。ルータには IOS が稼働するのに十分なメモリ(DRAM)が備わっている必要もあります。ルータに十分なメモリ(DRAM)が備わっていない場合は、新しい IOS でのブートの際にブートの問題が発生します。

  • インターフェイスとモジュールのサポート:ルータのすべてのインターフェイスとモジュールが新しい IOS でサポートされていることを確認する必要があります。

  • ソフトウェア機能のサポート:古い IOS で使用されていた機能が新しい IOS でサポートされていることを確認する必要があります。

適切なソフトウェア バージョンと機能セットの選択方法については、『Cisco IOS ソフトウェア リリースの選択方法』を参照してください。

ステップ 2:Cisco IOS ソフトウェア イメージの TFTP サーバへのダウンロード

Download Software Area から、使用しているワークステーションまたは PC に Cisco IOS ソフトウェア イメージをダウンロードします。

ステップ 3:イメージをコピーするルータのファイル システムの識別

IOS イメージを保存するのには、ファイル システム タイプ「フラッシュ」か「ディスク」が使用されます。show file system コマンドの出力に、ルータで使用可能なファイル システムが一覧表示されます。Cisco のルータでサポートされている通常の「ディスク/フラッシュ」ファイル システムでは、プリフィクスが「flash:」、「slot0:」、「slot1:」、「disk0:」、「disk1:」となっています。これには IOS イメージを保存するのに十分なスペースが必要です。空きスペースを調べるのには、show file system コマンドか dir file_system コマンドを使用できます。

2600#show file system
File Systems:

     Size(b)     Free(b)      Type  Flags  Prefixes
           -           -    opaque     rw   archive:
           -           -    opaque     rw   system:
       29688       20571     nvram     rw   nvram:
           -           -    opaque     rw   null:
           -           -   network     rw   tftp:
           -           -    opaque     ro   xmodem:
           -           -    opaque     ro   ymodem:
*   49807356    20152636     flash     rw   flash:
           -           -    opaque     wo   syslog:

2800#show file system
File Systems:

     Size(b)     Free(b)      Type  Flags  Prefixes
           -           -    opaque     rw   archive:
           -           -    opaque     rw   system:
           -           -    opaque     rw   null:
           -           -   network     rw   tftp:
           -           -    opaque     ro   xmodem:
           -           -    opaque     ro   ymodem:
*   64016384    15470592      disk     rw   flash:#
      245752      239218     nvram     rw   nvram:
           -           -    opaque     wo   syslog:
 
3600#show file system
File Systems:

     Size(b)     Free(b)      Type  Flags  Prefixes
           -           -    opaque     rw   archive:
           -           -    opaque     rw   system:
      129016      126071     nvram     rw   nvram:
           -           -    opaque     rw   null:
           -           -   network     rw   tftp:
*   33030140    20511708     flash     rw   flash:
    16777212    16777212     flash     rw   slot0:
    16515068     8038516     flash     rw   slot1:
           -           -    opaque     rw   xmodem:
           -           -    opaque     rw   ymodem:
3700#show file system
File Systems:

     Size(b)     Free(b)      Type  Flags  Prefixes
           -           -    opaque     rw   archive:
           -           -    opaque     rw   system:
       57336       51389     nvram     rw   nvram:
           -           -    opaque     rw   null:
           -           -   network     rw   tftp:
           -           -    opaque     ro   xmodem:
           -           -    opaque     ro   ymodem:
*   63881216    22765568      disk     rw   flash:#
    31932416    31932416      disk     rw   slot0:#
           -           -    opaque     wo   syslog:
 

ステップ 4:アップグレードの準備

IOS をアップグレードする前に、次の点を考慮する必要があります。

  • ルータに十分なメモリ(フラッシュ、スロット、あるいはディスク)があり、古い IOS と新しい IOS を両方保存できる。ルータを ROMMON モードでブートでき、新しい IOS でのブートが失敗した場合は古い IOS でブートできる。IOS のロールバックが必要な場合は、この方法で時間を節約できます。

  • 一部の IOS リリースではデフォルト コンフィギュレーションが追加されるため、ルータでコンフィギュレーションのバックアップを取ります。新規に追加されたコンフィギュレーションと現行のコンフィギュレーションとの間でコンフリクトが発生する可能性があります。IOS のアップグレード後のルータのコンフィギュレーションを、アップグレード前のコンフィギュレーションのバックアップと比較します。両方のコンフィギュレーションに差異がある場合は、要件に対しての影響がないことを確認してください。

ステップ 5:TFTP サーバがルータに IP 接続されていることの確認

TFTP サーバがルータにネットワーク接続していること、および TFTP ソフトウェア アップグレードの対象となるルータの IP アドレスに TFTP サーバから ping できることが必要です。この接続ができるには、ルータのインターフェイスと TFTP サーバに同じレンジの IP アドレスが備わっていて、デフォルトのゲートウェイが設定されている必要があります。

このコンフィギュレーションを確認するには、TFTP サーバの IP アドレスを調べます。詳細は、『IP アドレスの確認に関する Q&A』を参照してください。

ステップ 6:IOS イメージのルータへのコピー

IP 接続が確立し、TFTP サーバとして動作しているコンピュータとルータ間で ping を実行できるようになったため、Cisco IOS ソフトウェア イメージをフラッシュにコピーできます。

注:イメージをコピーする前に、PC で TFTP サーバ ソフトウェアを起動してあること、および TFTP サーバのルート ディレクトリに該当するファイル名が存在することを確認してください。 アップグレードの前に、ルータとアクセス サーバのコンフィギュレーションのバックアップを保存することを推奨いたします。アップグレード自体は、不揮発性 RAM(NVRAM)に保存されているコンフィギュレーションには影響しません。ただし、正しいステップを適切に実行しないと、コンフィギュレーションに影響が出ることがあります。

注:このセクションでは、IOS イメージをコピーする方法を説明する 3 つの例が紹介されています。 イメージをコピーするためには、これらの方法のいずれかを使用できます。

例 1:TFTP サーバから flash: へイメージをコピーする。

TFTP サーバから新しいイメージをアップグレードします。TFTP サーバから flash にイメージをコピーするために copy tftp: flash: コマンドを使用します。

2600>enable
Password:xxxxx 
2600#copy tftp: flash:
Address or name of remote host []? 10.10.10.2

!--- 10.10.10.2 が TFTP サーバの IP アドレスです。

Source filename []? c2600-adventerprisek9-mz.124-12.bin
Destination filename [c2600-adventerprisek9-mz.124-12.bin]? 
Accessing tftp://10.10.10.2/c2600-adventerprisek9-mz.124-12.bin...
Erase flash: before copying? [confirm]y 

!--- 使用できるメモリ容量が十分でない場合は、フラッシュの内容を削除してください。


!--- 十分なメモリがある場合は「n」と入力して Enter キーを押します。

Erasing the flash filesystem will remove all files! Continue? [confirm]y
Erasing device... eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeee ...erased
Erase of flash: complete
Loading c2600-adventerprisek9-mz.124-12.bin from 10.10.10.2 (via Ethernet0/0): !!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[OK - 29654656/49807356 bytes]

Verifying checksum...  OK (0xAC8A)
29654656 bytes copied in 56.88 secs (80383 bytes/sec)

コピー プロセスが終了するまで数分かかります。処理時間は、ネットワークごとに異なります。コピー プロセスの実行中、どのファイルにアクセスしているかを示すメッセージが表示されます。

感嘆符(!)は、コピー プロセスが実行中であることを意味しています。それぞれの感嘆符は、10 個のパケットが正常に転送されたことを示しています。イメージがフラッシュ メモリに書き込まれた後、イメージのチェックサム検証が行われます。

例 2:TFTP サーバから slot1: へイメージをコピーする。

TFTP サーバから新しいイメージをアップグレードします。slot1: ファイル システムを選択する場合は、TFTP サーバから slot1 にイメージをコピーするのに copy tftp: slot1: コマンドを使用します。

3600#copy tftp: slot1:
Address or name of remote host []? 171.68.173.10

!--- 171.68.173.10 が TFTP サーバの IP アドレスです。

Source filename []? c3640-i-mz.122-7b.bin
Destination filename [c3640-i-mz.122-7b.bin]?
Accessing tftp://171.68.173.10/c3640-i-mz.122-7b.bin...
Erase slot1: before copying? [confirm]n 

!--- 使用可能なメモリが十分にあるため、ここでは「n」を指定します。

Loading c3640-i-mz.122-7b.bin from 171.68.173.10 (via Ethernet1/0): 
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!
[OK - 5996844/11993088 bytes]

Verifying checksum...  OK (0x13F0)
5996844 bytes copied in 67.708 secs (89505 bytes/sec)
3600#

コピー プロセスが終了するまで数分かかります。処理時間は、ネットワークごとに異なります。コピー プロセスの実行中、どのファイルにアクセスしているかを示すメッセージが表示されます。

感嘆符(!)は、コピー プロセスが実行中であることを意味しています。それぞれの感嘆符は、10 個のパケットが正常に転送されたことを示しています。イメージがフラッシュ メモリに書き込まれた後、イメージのチェックサム検証が行われます。

例 3:別のルータから flash: へ IOS イメージをコピーする。

ルータを TFTP サーバとして設定できます。flash: ファイル システムを選択する場合は、TFTP サーバから flash にイメージをコピーするのに copy tftp: flash: コマンドを使用します。

Router-tftp(config)#tftp-server flash:c7200-a3js-mz.122-15.T16.bin


!--- Router-tftp が TFTP サーバとして設定されます。

7200#copy tftp: flash:
Address or name of remote host []? 172.22.1.84
Source filename []? c7200-a3js-mz.122-15.T16.bin
Destination filename [c7200-a3js-mz.122-15.T16.bin]?
Accessing tftp://172.22.1.84/c7200-a3js-mz.122-15.T16.bin...
Erase flash: before copying? [confirm]n
Loading c7200-a3js-mz.122-15.T16.bin from 172.22.1.84 (via GigabitEthernet0/1):
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[OK - 19187152 bytes]

Verifying checksum...  OK (0x15C1)
19187152 bytes copied in 482.920 secs (39732 bytes/sec)

ステップ 7:ファイル システムでの IOS イメージの確認

ファイル システム内のイメージを確認します。

2600# dir flash:

Directory of flash:/

    1  -rw-    29654656                    <no date>  c2600-adventerprisek9-mz.1
24-12.bin

49807356 bytes total (20152636 bytes free)

2600# verify flash:c2600-adventerprisek9-mz.124-12.bin

Verifying file integrity of flash:c2600-adventerprisek9-mz.124-12.bin...........
................................................................................

................................................................................
.............................Done!
Embedded Hash   MD5 : 1988B2EC9AFAF1EBD0631D4F6807C295
Computed Hash   MD5 : 1988B2EC9AFAF1EBD0631D4F6807C295
CCO Hash        MD5 : 141A677E6E172145245CCAC94674095A

Signature Verified
Verified flash:c2600-adventerprisek9-mz.124-12.bin

別の %SIGNATURE エラー メッセージと実行する必要のある操作についての情報は、『システム メッセージ ガイド』を参照してください。

ステップ 8:コンフィギュレーション レジスタの確認

config-register value:この値をチェックするには、show version コマンドを使用します。この値は show version 出力の最終行に表示されます。0x2102 に設定されている必要があります。

2600#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z. 
2600(config)#config-register 0x2102 
2600(config)#^Z

ステップ 9:ブート変数の確認

IOS image in the flash:フラッシュの最初のファイルが Cisco IOS ソフトウェア イメージではなく、コンフィギュレーション ファイルか他のファイルだった場合、指定したイメージをブートするため、boot system 文を設定する必要があります。この文が設定されていない場合、ルータはコンフィギュレーション ファイルまたはフラッシュの最初のファイルを使ってブートを実行しようとするため、正常に動作しません。フラッシュに Cisco IOS ソフトウェア イメージ 1 ファイルしかない場合は、このステップは不要です。

2600# show run | include boot
boot system flash:c2600-adventerprisek9-mz.123-21.bin

2600#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z. 
2600(config)#no boot system
2600(config)#boot system flash:c2600-adventerprisek9-mz.124-12.bin
2600(config)#^Z

IOS image in the slot1:古い IOS をポイントするブート変数を最初に削除する必要があり、次に、ルータを新しい IOS でブートするように設定する必要があります。

 3600# show run | include boot
boot system slot1:c3640-i-mz.120-22.bin

3600#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z. 
3600(config)#no boot system
3600(config)#boot system  slot1:c3640-i-mz.122-7b.bin
3600(config)#^Z

ステップ 10:コンフィギュレーションの保存とルータのリロード

コンフィギュレーションを保存して、ルータをリロードします。

2600# write memory
2610# reload
Proceed with reload? [confirm]
Jan 24 20:17:07.787: %SYS-5-RELOAD: Reload requested by console. Reload Reason:
Reload Command.

ステップ 11:IOS アップグレードの検証

ルータで正しいイメージが稼働していることを確認します。

リロードが完了すると、ルータでは必要な Cisco IOS ソフトウェア イメージが稼働しているはずです。IOS ソフトウェアを確認するには、show version コマンドを発行します。

2600#show version
00:22:25: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
Cisco IOS Software, C2600 Software (C2600-ADVENTERPRISEK9-M), Version 12.4(12),
RELEASE SOFTWARE (fc1)
Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
Copyright (c) 1986-2006 by Cisco Systems, Inc.
Compiled Fri 17-Nov-06 11:18 by prod_rel_team

ROM: System Bootstrap, Version 12.2(8r) [cmong 8r], RELEASE SOFTWARE (fc1)

2610 uptime is 22 minutes
System returned to ROM by reload
System image file is "flash:c2600-adventerprisek9-mz.124-12.bin"

IOS が slot1: に保存されている 3600 ルータでの show version の出力を次に示します。

3600#show version
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) 3600 Software (C3640-I-M), Version 12.2(7b), RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2002 by cisco Systems, Inc.
Compiled Mon 04-Mar-02 20:23 by pwade
Image text-base: 0x600089A8, data-base: 0x60A6A000

ROM: System Bootstrap, Version 11.1(19)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (f)

Router uptime is 2 minutes
System returned to ROM by reload
System image file is "slot1:c3640-i-mz.122-7b.bin"

cisco 3640 (R4700) processor (revision 0x00) with 59392K/6144K bytes of memory.

Processor board ID 10524422
R4700 CPU at 100Mhz, Implementation 33, Rev 1.0
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
4 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
DRAM configuration is 64 bits wide with parity disabled.
125K bytes of non-volatile configuration memory.
4096K bytes of processor board System flash (Read/Write)
20480K bytes of processor board PCMCIA Slot0 flash (Read/Write)
20480K bytes of processor board PCMCIA Slot1 flash (Read/Write)

Configuration register is 0x2102

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 49044