IP : ネットワーク タイム プロトコル(NTP)

2008 年のオーストラリアのサマータイム(DST)の変更

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


バージョン 2.2


最終更新 2009年 10月 21日 2100 UTC (GMT)


2008 年 16 日 2330 時 UTC (GMT) 公開


追加の製品情報は、使用可能になり次第すぐに提供されます。 更新がないかどうか確認してください。


目次


概要

オーストラリアの 5 つの領域はの代りに 4 月の最初の日曜日に(2008 年 4月 6 日)終了するために 2007-2008 年の夏時間(DST)期間を先週の日曜日行進します拡張します。 2008-2009 年および前に進むことのために、同じ立法はまた 10月の最初の日曜日にから DST の開始するを 10月先週の日曜日変更します。

夏時間の変更の概要
  2006-2007 年 2007-2008 年 2008-2009 年 2009-2010 年
オーストラリア首都特別地域 先週の日曜日行進 2007 年の先週の日曜日への 2006 年 10 月で 先週の日曜日 2008 年 4 月の最初日曜日への 2007 年 10 月で 2009 年 4 月の最初日曜日への 2008 年 10 月の最初日曜日 2010 年 4 月の最初日曜日への 2009 年 10 月の最初日曜日
ニューサウスウェールズ 先週の日曜日行進 2007 年の先週の日曜日への 2006 年 10 月で 先週の日曜日 2008 年 4 月の最初日曜日への 2007 年 10 月で 2009 年 4 月の最初日曜日への 2008 年 10 月の最初日曜日 2010 年 4 月の最初日曜日への 2009 年 10 月の最初日曜日
ノーザンテリトリー 夏時間無し 夏時間無し 夏時間無し 夏時間無し
クイーンズランド 夏時間無し 夏時間無し 夏時間無し 夏時間無し
サウスオーストラリア 先週の日曜日行進 2007 年の先週の日曜日への 2006 年 10 月で 先週の日曜日 2008 年 4 月の最初日曜日への 2007 年 10 月で 2009 年 4 月の最初日曜日への 2008 年 10 月の最初日曜日 2010 年 4 月の最初日曜日への 2009 年 10 月の最初日曜日
タスマニア 行進 2007 年の先週の日曜日への 2006 年 10 月の最初日曜日 2008 年 4 月の最初日曜日への 2007 年 10 月の最初日曜日 2009 年 4 月の最初日曜日への 2008 年 10 月の最初日曜日 2010 年 4 月の最初日曜日への 2008 年 10 月の最初日曜日
ビクトリア 先週の日曜日行進 2007 年の先週の日曜日への 2006 年 10 月で 先週の日曜日 2008 年 4 月の最初日曜日への 2007 年 10 月で 2009 年 4 月の最初日曜日への 2008 年 10 月の最初日曜日 2010 年 4 月の最初日曜日への 2009 年 10 月の最初日曜日
ウェスタンオーストラリア 2006 年 12 月行進 2007 年の先週の日曜日へのの最初日曜日 先週の日曜日行進 2008 年の先週の日曜日への 2007 年 10 月で 先週の日曜日行進 2009 年の先週の日曜日への 2008 年 10 月で* 夏時間無し
*夏時間変更再度評価され、2009-2010 年の間それを復帰させないために投票される 2009 年、西 オーストラリアに。

詳細については、オーストラリア政府 Webサイトを参照して下さい:

http://www.australia.gov.au/Time leavingcisco.com

このドキュメントで提供される設定変更は、さまざまなタイム ゾーンの夏時間に「プログラムされている」日付を変更するために必要です。 新しいソフトウェアを実行している一部のデバイスでは、機能拡張要求がデバイスで実行しているソフトウェアのバージョンに含まれている場合、この変更を必要としない場合があります。 この拡張機能を含むソフトウェアでは、古い夏時間の値は新しい夏時間の値に変更され、このドキュメントの設定変更は必要ではありません。 各製品に関する詳細については、『該当するシスコ プラットフォーム』を参照してください。

デバイスやプラットフォームのログやその他のタイム スタンプ付きの通信においてデバイスの時刻が正しくなるよう、古いルールを実行するデバイスでは設定または OS の変更を行う必要があります。

[[先頭に戻る]

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

範囲と影響

DST の変更は、夏時間をサポートするように設定された自動時間変更をサポートするすべてのデバイスに影響します。 この変更は、シスコおよびシスコ以外のデバイスに影響します。 顧客は開始および夏時間 の 終了時間への変更の影響を判別するために時間に依存 する メッセージングか他のタイムスタンプ付き通信を使用するベンダーに連絡する必要があります。

変更されない影響を受けたデバイスは DST 期間の間に時間を実時間からの丁度表示する可能性があります 1 時間。 2008 年に、DST は 3 つの(3)週過去数年間によりおよび端一週間後先に開始します。 この変更は 2008 年の 4 月のはじめて実施されます。 この変更は、通常の操作のトラブルシューティングやモニタリングの一部として実行されるイベント関連のアクティビティに重大な影響を及ぼす可能性があります。

将来のためにログをキャプチャし、関連付け、保存するセキュリティ関連のデバイスの場合、この時間変更によってイベントのシーケンスを再構築するために再現する必要があるような状況において誤ったログが提供される場合があります。 誤ったタイムスタンプは、ただちに対応を要するイベントでは問題にならない可能性があります。 ただし、将来的には、イベントで不正確な時間が表示されます。

時間ベース制御およびアクティビティのどのデバイスでも、AAA (認証 許可 会計)サーバのような、コンテンツ デバイス(CE)、cron ジョブおよびビデオ ストリーミング サーバ影響を与えることができ、適切なベンダーとチェックする必要があります。

他の例は呼詳細レポートに影響を与える可能性があるダイヤル顧客外部という結果に終り、請求情報または不正確なキャンペーンがダイヤル時間政府規制の違反であるかもしれない政府関係機関が定義した時間を割り当てた誤った時間に記録 される呼び出しが含まれています。

その結果オーストラリア新しい DST ルールが実施されるとき、時間ベース制御を用いるどのデバイスでもおよびアクティビティは、認証サーバのような、同期 アクティビティおよび予定されたイベント(すなわち、通信販売のための一括 ジョブ、時限バックアップ、または自動化されたダイヤル機能またはスクリプトは、等意図します)オーストラリア DST ルールを使用するために設定された期間、まだオーストラリア古い DST ルール適用されますその時に影響を与えられましたが。

[[先頭に戻る]

該当するシスコ プラットフォーム

このセクションの表は、さまざまなプラットフォームのオペレーティング システムに対するデフォルトの変更を追跡するために作成された、シスコの機能拡張 ID を示します。 これらの機能拡張を含むソフトウェア バージョンは、夏時間を確認するように適切に設定されていると、時刻を正しく変更します。

これらの機能拡張が含まれていないソフトウェア バージョンは、夏時間を、使用します 2008 年 3月 29 日の後で無効である前の日付をサポートしますが。 夏時間変更はこれらの領域に影響を与えます:

  • オーストラリア首都特別地域

  • ニューサウスウェールズ

  • サウスオーストラリア

  • タスマニア

  • ビクトリア

製品に関する詳細については、次のカテゴリを参照してください。

各機能拡張と機能拡張が統合されているバージョンを表示するには、適切なシスコ追跡 ID をクリックするか、バグ ツール登録ユーザ専用)を使用してください。 この情報を表示するには、Cisco.com に登録する必要があります。 製品に関する Field Notice の詳細なリストについては、製品に関する Field Notice の概要ページを参照してください。

バグID および Field Notice は米国または北アメリカ DST 更新を示すかもしれません。 これらの更新はオーストラリアに同様に適用します。

[[先頭に戻る]

該当するシスコ プラットフォーム

アプリケーション ネットワーキング サービス

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
ACE XML ゲートウェイ(反応) N/A バージョン 5.1.1 で固定される。
Application and Content Networking System(ACNS) CSCsm40178 この製品についての情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションのアプリケーションおよびネットワーキング サービスを参照して下さい。
コンテント サービス スイッチ(CSS) N/A バージョン 8.10/7.10 でもたらされる clock summer-time コマンドおよび向こう。
グローバルサイトセレクタ(GSS)アプライアンス N/A 導入されるバージョン 1.3.2 でクロック ユーザ サマータイム コマンドを使用して下さい。
Wide Area Application Services(WAAS) CSCsm40228 この製品についての情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションのアプリケーションおよびネットワーキング サービスを参照して下さい。
Wide Area File Services(WAFS) N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションのアプリケーションおよびネットワーキング サービスを参照して下さい。 この製品の詳細については、『FN62677:米国の夏時間ポリシーの変更が 2007 年 3 月に発効 - コンテント ネットワーキング製品の対応』を参照してください。

[[先頭に戻る]

インターフェイス/モジュール

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
アプリケーション コントロール エンジン モジュール(ACE) N/A 導入されるバージョン A.1.4 で clock timezone 標準 <timezone > コマンドをおよび向こう使用して下さい。
アプリケ− ションパフォーマンス保証拡張 な ネットワークモジュール(NME-APA) N/A 夏時間問題を解決するために APA デバイス コンソールを使用して下さい。 この製品に関する詳細については Ciscoアプリケーション パフォーマンス保証デバイス コンソール ユーザガイドデバイス セットアップおよびマネジメントセクションを参照して下さい。
ブランチルータ シリーズネットワーク 分析 モジュール(NME-NAM) CSCsm05261 CSCsh30313 基盤のオペレーティング システムは、1.003 で修正されています。 モジュールソフトウェアのための 2.3.4 で固定される。 Cat 6500 (突き棒のための NAM からパッチをダウンロードできます。 Code(コード): WS SVCNAMx) Software Download ページ。 この製品に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:
Catalyst 6500 シリーズ Network Analysis Module (NAM-1/NAM-2) CSCsm05261 CSCsh30313 基盤のオペレーティング システムは、1.003 で修正されています。 モジュールソフトウェアのための 2.3.4 で固定される。 ブランチルータ シリーズNAM サポート Cisco 2800/3700/3800 シリーズ ルータ Software Download ページからパッチをダウンロードできます。 この製品に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:
Content Engine ネットワークモジュール(NM-CE) CSCsm05261 CSCsh30313 基盤のオペレーティング システムは、1.003 で修正されています。 モジュールソフトウェアのための 2.3.4 で固定される。 この製品に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:
コンテント スイッチング モジュール(CSM) N/A SUP ブレードから clock calendar-valid コマンドを実行して下さい。
SSL (CSM-S)の Content Switching Module N/A 必要な変更無し。 この製品は CSM からの時間を引っ張ります。
Firewall Services Module(FWSM; ファイアウォール サービス モジュール) N/A 必要な変更無し。 この製品は CatOS からの時間を引っ張ります。
共用ポートアダプタ(SPA) N/A  
Unity Express Advanced Integration Module (AIM-CUE) CSCsh30313 これらの製品についての情報に関してはこれらの文書を参照して下さい:
Unity Express ネットワークモジュール(NM-CUE) CSCsm05261 CSCsh30313 基盤のオペレーティング システムは、1.003 で修正されています。 モジュールソフトウェアのための 2.3.4 で固定される。 この製品に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:

[[先頭に戻る]

Cisco IOS ソフトウェア

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
Cisco IOS(R) 解決策:
  • Dynamic Multipoint VPN(DMVPN)
  • EasyVPN
  • IPSec
  • サービス モジュール
  • WebVPN
N/A VPN 3K ハードウェアは GUI によって手動で変更する必要があります。 > 全般 Configuration > System の順に選択 し、時間と日付 ダイアログボックスの変更を行なって下さい。 VPN クライアント クライアント アプリケーションは Windows 設定を通して変更する必要があります。 VPN SPA は Cisco IOS の clock コマンドで変更する必要があります。 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの Cisco IOSソフトウェア プラットフォームを参照して下さい。
Cisco IOS ソフトウェア プラットフォーム N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの Cisco IOSソフトウェア プラットフォームを参照して下さい。
Cisco IOS XR N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの Cisco IOS XR を参照して下さい。

[[先頭に戻る]

モバイルオペレータ

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
Radio Access Network 最適化(RAN-O) N/A 必要な変更無し。 この製品は Cisco IOS からの時間を引っ張ります。

[[先頭に戻る]

ネットワーク管理

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
Access Control Server(ACS) N/A この製品は Microsoft からのアップデートを必要とします。 参照して下さい Microsoft 知識ベース記事 942763 を—詳細については Microsoft Windows オペレーティング システムのための December 2007 年leavingcisco.com 累積時間帯 アップデート。
アクティブなネットワーク抽象的概念(アナ)のバージョン 3.X N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションのアクティブなネットワーク抽象化(アナ)を参照して下さい。
アプリケーションネットワーキング マネージャ(ANM) N/A 必要な変更無し。 ANM は UTC (GMT)時間を使用します。
Building Broadband Service Manager(BBSM) CSCsm96971 参照して下さい CSCsm96971 この製品に関する詳細については 2008 年に DST 変更アルゼンチン オーストラリア DST 変更のための OS をアップデートして下さい
CiscoWorks Common Services(CWCS) CSCsm43797 CSCsl58580 この製品はパッチを必要とします。 CiscoWorksサーバ CD-One パッチ Software Download ページからパッチをダウンロードできます。 この製品に関する詳細についてはこれらのバグを参照して下さい:
CiscoWorks LAN Management Solution(LMS)バージョン 2.2 EOS/EOL この製品のステータスに関する詳細については CiscoWorks LAN Management Solution ソフトウェア バージョン比較ページを参照して下さい。
CiscoWorks LAN Management Solution(LMS)バージョン 2.5 および 2.6 CSCsm43797 この製品のためのパッチにアクセスするために CiscoWorksサーバ CD-One パッチを参照して下さい。 参照して下さい CSCsm43797 — DST はこの製品についての情報の CS3.0.x のために変更します
CiscoWorks Network Compliance Manager(NCM) CSCso45036 参照して下さい CSCso45036 この製品についての情報のオーストラリア DST のための必須を修正して下さい
CiscoWorks Small Network Management Solution(SNMS) EOS/EOL この製品は終りの販売 2008 年 3月 31 日。 製品を及びこの製品のステータスに関する詳細については Services ページ参照して下さい。
CiscoWorks Voice Manager(CWVM) CSCsm43797 この製品のためのパッチにアクセスするために Internetwork Performance Monitor ソフトウェアダウンロード Webページを参照して下さい。 参照して下さい CSCsm43797 — DST はこの製品についての情報の CS3.0.x のために変更します
CiscoWorks Internetwork Performance Monitor (IPM) CSCsm43797 この製品のためのパッチにアクセスするために Internetwork Performance Monitor ソフトウェアダウンロード Webページを参照して下さい。 参照して下さい CSCsm43797 — DST はこの製品についての情報の CS3.0.x のために変更します
事件コントロール サーバ(ICS) EOS/EOL この製品は Microsoft OS からの時間を引っ張ります。 時間は Microsoft OS から引っ張られます。 参照して下さい Microsoft 知識ベース記事 942763 を—詳細については Microsoft Windows オペレーティング システムのための December 2007 年leavingcisco.com 累積時間帯 アップデート。 この製品は EOS/EOL です。 Cisco Incident Control System 製品を及びこの製品のステータスに関する詳細については Services ページ参照して下さい
侵入防御センサー N/A 侵入検知および防止を参照して下さい(IPS および Intrusion detection system サービス Module2 (IDSM2)) 回避策情報のためのこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクション。
IP Solution Center(ISC) N/A この製品は JRE にアップデートを必要とします。 次に JRE をアップデートし、ISC サービスを停止し、再開して下さい。 Sun 開発者ネットワーク(SDN)技術情報を参照して下さい: JRE Update についての情報のための JREソフトウェアleavingcisco.com のタイムゾーン データ バージョン。
IPS イベント ビューア(IEV) N/A この製品は Microsoft からのアップデートを必要とします。 参照して下さい Microsoft 知識ベース記事 942763 を—詳細については Microsoft Windows オペレーティング システムのための December 2007 年leavingcisco.com 累積時間帯 アップデート。
License Manager(CLM) N/A (基礎オペレーティング システムから得られる) CLM は現地時間に頼ります。 OS パッチは要求に応じてインストールする必要があります。 Sun 開発者ネットワーク(SDN)技術情報を参照して下さい: JRE Update についての情報のための JREソフトウェアleavingcisco.com のタイムゾーン データ バージョン。 Microsoft 知識ベース技術情報を参照して下さい: Microsoft アップデートについての情報の Microsoft Windows オペレーティング システムのためのleavingcisco.com December 2007 年累積時間帯 アップデート。
Mobile Wireless Transport Manager(MWTM) N/A MWTM 6.0.2 にアップグレードして下さい。 MobileWireless 転送する マネジャソフトウェア ダウンロード(registeredcustomers だけ)から 6.0.2 パッチおよび Cisco SGM および MWTM DST アップデート プロシージャ(MWTM DST アップデートProcedure.pdf)ダウンロードできます。 MWTM 6.0.2 に関する詳細についてはモバイル ワイヤレス 転送するマネージャ 6.0.2 のための ReleaseNotes を参照して下さい。
ディレクター/モニタ マネージャを監視して下さい N/A この製品は影響を受けていません。
NetFlow Collection Engine(NFC) N/A Jave ランタイム環境(JRE)への更新はインストールする必要があります。 Sun 開発者ネットワーク(SDN)技術情報を参照して下さい: JRE Update についての情報のための JREソフトウェアleavingcisco.com のタイムゾーン データ バージョン。 JRE Update をインストールする方法の情報に関してはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの Netflow 収集 エンジンを参照して下さい
ネットワーク アドミッション コントロール アプライアンス(NAC アプライアンス) (以前の Cisco Clean Access) N/A 詳細については、『Field Notice: FN - 62729 -米国夏時間 ポリシーの変更有効な行進 2007 年-この製品についての情報の Cisco Clean Access 製品のための…
Network Analysis Module (NM-NAM)ソフトウェア CSCsm05261 CSCsh30313 基盤のオペレーティング システムは、1.003 で修正されています。 モジュールソフトウェアのための 2.3.4 で固定される。 ブランチルータ シリーズNAM サポート Cisco 2800/3700/3800 シリーズ ルータ Software Download ページからパッチをダウンロードできます。 この製品に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:
Network Connectivity Monitor N/A この製品は終りの販売です。 Cisco Network Connectivity Monitor 製品を及びこの製品のステータスに関する詳細については Services ページ参照して下さい。
ネットワーク レジストラ(CNR) N/A CNR は基礎オペレーティング システムからの現地時間を得ます。 オペレーティング システムに適切なパッチを加えて下さい。 Sun 開発者ネットワーク(SDN)技術情報を参照して下さい: JRE Update についての情報のための JREソフトウェアleavingcisco.com のタイムゾーン データ バージョン。 Microsoft 知識ベース技術情報を参照して下さい: Microsoft アップデートについての情報の Microsoft Windows オペレーティング システムのためのleavingcisco.com December 2007 年累積時間帯 アップデート。
Performance Visibility Manager(PVM) CSCsm91033 参照して下さい CSCsm91033 この製品についての情報のための 2008 の DST タイムゾーン変更と対応 PVM
QoS ポリシー マネージャ(QPM) CSCsm02083 CiscoWorks Common Services パッチを加えて下さい。 参照して下さい CSCsm02083 —オーストラリア DST はこの製品についての情報のためのアルゼンチン DST 変更を変更します
Sheer 3.3 および 3.4 EOS/EOL この製品は現在は販売されていなくて、サポートされないかもしれません。 薄い 3.1 のための EOS/EOL を、薄い 3.2、薄い 3.3、この製品に関する詳細については薄い 3.4 参照して下さい。 この製品は、Solaris のパッチと JRE のアップデートを必要とします。 JRE Update についての情報に関しては Java SE プラットフォームおよび Solaris OS 用の USA 2007 DST 問題leavingcisco.com の外観および軽減を参照して下さい。
Signaling Gateway Manager(SGM) N/A MWTM 6.0.2 にアップグレードして下さい。 MobileWireless 転送する マネジャソフトウェア ダウンロード(registeredcustomers だけ)から 6.0.2 パッチおよび Cisco SGM および MWTM DST アップデート プロシージャ(MWTM DST アップデートProcedure.pdf)ダウンロードできます。 MWTM 6.0.2 に関する詳細についてはモバイル ワイヤレス 転送するマネージャ 6.0.2 のための ReleaseNotes を参照して下さい。
Subscriber Edge Services Manager(SESM) N/A この問題に対処するために Sun からの TZUpdater ツールを使用して下さい。 Sun 開発者ネットワーク(SDN)技術情報を参照して下さい: JRE Update についての情報のための JREソフトウェアleavingcisco.com のタイムゾーン データ バージョン。
Transport Manager(CTM) N/A CTM サーバは Solaris で動作する主に Javaアプリケーションです。 CTM クライアント(また Javaアプリケーション)は Microsoft および Solaris に取り組みます。 Microsoft および Java パッチは適用するはずです。
統一されたオペレーション担当マネージャー(Cisco UOM)バージョン 1.1 および 2.0 CSCsk88524 参照して下さい CSCsk88524 この製品についての情報の CUOM のためのベネズエラ時間帯変更
WAN Manager(CWM) N/A 時間帯がサーバで変更されればコールド スタート CWM なります。 コアを停止して下さい、新しい時間帯で昔敏感なエントリからデータベースを取除くためにサーバ、およびコールド スタートを CWM 設定して下さい(のような、統計およびアラーム)。 コールド スタートは CWM が(かもしれたりまたは時間帯を変更しないかもしれない同期する)とスイッチ新しい時間帯を使用するようにします。

[[先頭に戻る]

光ネットワーク

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
ONG オプティカル製品 N/A  
ONS 15000 シリーズの製品 N/A 対応策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび対応策セクションの ONS 15000 シリーズ 製品を参照して下さい。

[[先頭に戻る]

ルータとスイッチ

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
3200 シリーズ ワイヤレスおよびモバイルルータ N/A 必要な変更無し。 この製品は Cisco IOS からの時間を引っ張ります。
7200 シリーズ ルータ N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの Cisco IOSソフトウェア プラットフォームを参照して下さい。
7600 シリーズ ルータ N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの Cisco IOSソフトウェア プラットフォームを参照して下さい。
アクセスレベル ルータ(VG224、IAD2xxx、AS5xxx、UC500、8XX。、17XX 18XX、28XX、37XX および 38XX) N/A Cisco IOS からのこれらの製品プル時間。
キャリア ルーティング システム(CRS) CSCsh95451 CSCsh38030 CSCsi07661 CSCsi09651 この製品の詳細については、次の Field Notice を参照してください。
CatOS プラットフォーム N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの CatOS プラットフォームを参照して下さい。
ギガビット スイッチ ルータ (GSR) N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの Cisco IOSソフトウェア プラットフォームを参照して下さい。

[[先頭に戻る]

セキュリティおよび VPN

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
Access Control Server ソリューション エンジン(ACSSE) N/A この製品は Microsoft からのアップデートを必要とします。 参照して下さい Microsoft 知識ベース記事 942763 を—詳細については Microsoft Windows オペレーティング システムのための December 2007 年leavingcisco.com 累積時間帯 アップデート。
適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)プラットフォーム N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)および PIX プラットフォームを参照して下さい。
Adaptive Security Device Manager(ASDM) N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)および PIX プラットフォームを参照して下さい。
ASA 高度インスペクションおよび防止ストレージ サービス モジュール(AIP-SSM) N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)および PIX プラットフォームを参照して下さい。
ASA IPSec N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)および PIX プラットフォームを参照して下さい。
ASA WebVPN N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)および PIX プラットフォームを参照して下さい。
CiscoWorks Security Information Management Solution (CW-SIMS) CSCsm33334 この製品はアップデートを必要とします。 CWSIMS ソフトウェア アップデート Software Download ページからページをダウンロードできます。 参照して下さい CSCsm33334 —オーストラリアのための修正およびこの製品に関する詳細については DST 変更を必要として下さい
CiscoWorks VPN/Security Management Solution (VM): IDSMC およびセキュリティ モニタ N/A この製品は Microsoft からのアップデートを必要とします。 参照して下さい Microsoft 知識ベース記事 942763 を—詳細については Microsoft Windows オペレーティング システムのための December 2007 年leavingcisco.com 累積時間帯 アップデート。
コンテンツ セキュリティおよび制御記憶機構サービス モジュール(CSC SSM) N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)および PIX プラットフォームを参照して下さい。
分散型サービス拒否 (DDoS) ガードおよび探知器アプライアンス N/A 新しい夏時間 コンフィギュレーションの設定を統合するためにファームウェアのバージョン 6.0(5) またはそれ以降にシステムをアップグレードして下さい。
ハイブリッド アナログおよびネットワーク ビデオ サーベイランス 製品(ビデオ サーベイランス ストリーム マネージャ) N/A これらの製品はマイクロソフトのパッチを必要とします。 詳細についてはオーストラリア 2008leavingcisco.com 夏時間調整 計画ガイドを参照して下さい。
侵入検知および防止(IPS および Intrusion detection system は Module2 (IDSM2 を保守します)) N/A 侵入検知および防止を参照して下さい(IPS および Intrusion detection system サービス Module2 (IDSM2)) 回避策情報のためのこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクション。
NAC アプライアンス(Cisco Clean Access) N/A 参照して下さい FN 62729 を-米国夏時間 ポリシーの変更有効な行進 2007 年-この製品についての情報の Cisco Clean Access 製品に関しては
ネットワーク中心 ビデオ サーベイランス 製品 N/A これらの製品はバージョン 2.3.3-94.84 または それ 以降に SuSE オペレーティング システムをアップデートするように要求します。 詳細についてはタイムゾーンのためのleavingcisco.com お勧めの アップデートを参照して下さい。

制定される 2006 年にオーストラリア時間帯変更は Cisco Video Surveillance メディア サーバ ソフトウェアに含まれています。

PIX プラットフォーム N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)および PIX プラットフォームを参照して下さい。
PIX Device Manager(PDM) N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)および PIX プラットフォームを参照して下さい。
Secure ACS アプライアンス N/A この製品は Microsoft からのアップデートを必要とします。 参照して下さい Microsoft 知識ベース記事 942763 を—詳細については Microsoft Windows オペレーティング システムのための December 2007 年leavingcisco.com 累積時間帯 アップデート。
警備員(CSA) N/A CSA はオペレーティング システムからの時間を引っ張ります。 CSA エージェントは RedHat および Solaris で利用できます。 詳細については Cisco セキュリティ エージェント 5.2 の管理センターに関するリリース ノートシステム要件(エージェント)セクションを参照して下さい。
Security Manager N/A サーバ オペレーティング システムからの Cisco Security Manager プル時間。 最新の夏時間ルールを得るためにウィンドウズオペレーティングシステムをアップデートして下さい。 CSM は Windows 2000 サーバおよび Windows 2003 サーバでサポートされます。 参照して下さい Microsoft 知識ベース記事 942763 を—詳細については Microsoft Windows オペレーティング システムのための December 2007 年leavingcisco.com 累積時間帯 アップデート。
Security Monitoring, Analysis and Response System(CS-MARS) CSCsl01098 リリース 6.0.1 で固定される。 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの侵入検知、分析および応答システム(CS-MARS)を参照して下さい。 参照して下さい CSCsl01098 —ベネズエラ及びアルゼンチン タイムゾーンのためのパッチが含まれるためにこの製品に関する詳細については変更して下さい
信頼して下さいエージェント(CTA)を N/A バージョン 2.4.1 で固定される。
VPN 3K クライアント N/A VPN 3K ハードウェアは GUI によって手動で変更する必要があります。 > 全般 Configuration > System の順に選択 し、時間と日付 ダイアログボックスの変更を行なって下さい。 VPN クライアント クライアント アプリケーションは Windows 設定を通して変更する必要があります。 VPN SPA は Cisco IOS の clock コマンドで変更する必要があります。 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの Cisco IOSソフトウェア プラットフォームを参照して下さい。
VPN 3000 コンセントレータ(Altiga OS) EOS/EOL この製品は現在は販売されていなくて、サポートされないかもしれません。 Cisco VPN 3000 シリーズ コンセントレータ 製品を及びこの製品に関する詳細については Services ページ参照して下さい。 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの VPN 3000 コンセントレータ(Altiga OS)を参照して下さい。

[[先頭に戻る]

サービス エクスチェンジ

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
ブロードバンドのためのサービス 制御アプリケーション N/A この製品は根本的な JRE に頼ります。 JRE は新しい夏時間日付を取り扱うため更新済である必要があります。 JRE Update に関する詳細についてはleavingcisco.com JREソフトウェアのタイムゾーン データ バージョンを参照して下さい
サービス 制御 Collecton マネージャ N/A この製品は根本的な JRE に頼ります。 JRE は新しい夏時間日付を取り扱うため更新済である必要があります。 JRE Update に関する詳細についてはleavingcisco.com JREソフトウェアのタイムゾーン データ バージョンを参照して下さい
サービス コントロール エンジン(SCE) N/A SCE オペレーティング システムは自動的に特定の日付の DST に切り替え、標準時間に戻って切り替えるために設定することができます。 夏時間が n (次米国)毎年同日発生すれば、夏時間におよびから繰り返しで移行設定するために clock summer-time コマンドを使用できます。

米国夏時間ルールは clock summer-time コマンドのデフォルト値です。

サービス 制御 サブスクライバ マネージャ N/A この製品は根本的な JRE に頼ります。 JRE は新しい夏時間日付を取り扱うため更新済である必要があります。 JRE Update に関する詳細についてはleavingcisco.com JREソフトウェアのタイムゾーン データ バージョンを参照して下さい

[[先頭に戻る]

ストレージ ネットワーキング

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
ストレージ スイッチ(SAN-OS) -ストレージ MD 9500 シリーズ N/A 参照して下さいストレージ スイッチ(SAN-OS を) -対応策情報のためのこの資料のコンフィギュレーションおよび対応策セクションのストレージ MD 9500 シリーズ

[[先頭に戻る]

Telepresence

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
TelePresence コーデック CSCsk44933 ポリシーの変更は TelePresence コーデック バージョン 1.2 に組み込まれます。 参照して下さい CSCsk44933 — CTS の TZ データベースをこの製品に関する詳細については DST 時間 の 変更をサポートするために再製する必要があって下さい
TelePresence マネージャ N/A ポリシーの変更は TelePresence マネージャバージョン 1.2 に組み込まれます。 詳細については、『Field Notice: FN - 62918 -ニュージーランド夏時間 ポリシーの変更有効な 2007 年 9 月- Cisco TelePresence コーデック、Cisco TelePresence Manager (CTM)およびこの製品に関する詳細については Cisco TelePresence マルチポイント スイッチ(CTMS)のための…

[[先頭に戻る]

ビデオ、ケーブル、コンテンツ配信

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
デジタル メディア エンコーダ N/A この製品についての情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションのデジタル メディア エンコーダを参照して下さい。
デジタル メディア マネージャ N/A この製品についての情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションのデジタル メディア マネージャおよびビデオ ポータルを参照して下さい。
ビデオ ポータル N/A この製品についての情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションのデジタル メディア マネージャおよびビデオ ポータルを参照して下さい。

[[先頭に戻る]

音声とユニファイド コミュニケーション

複数の Cisco Unified Communications 製品があるシステムを稼働している場合、製品をアップデートするために推奨される順序で適切なシステム アップグレードのマニュアルを参照してください。 システムが構築される Unified CallManager のバージョンごとに別のシステム アップグレードのマニュアルがあります。

Unified CallManager 4.x をベースとするシステム テスト リリースの情報、システム アップグレードのマニュアルを検索するには、次の手順を実行します。

  1. http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/uc_system/GB_resources/ipcmtrix.htm にアクセスします。

  2. 使用しているリリース セットに該当する列見出しをクリックします。 (システム テストのリリース バージョンは Unified CallManager のバージョンと同じではありません)。

  3. システム アップグレードのマニュアルのリンクに移動します。

「Unable to open script」というエラーが表示される場合は、DST パッチを実行する前に Cisco Callmanager で実行されている侵入防止ソフトウェアまたは Cisco Security Agent を無効にします。

Unified CallManager 5.x をベースとする Unified Communications Systems の情報、システム アップグレードのマニュアルを検索するには、次の手順を実行します。

  1. http://www.cisco.com/en/US/docs/voice_ip_comm/uc_system/unified/communications/system/ucstart.htm に行って下さい。

  2. 使用しているシステム リリースに対応するリンクをクリックします。 (システム テストのリリース バージョンは、通常 Unified CallManager のバージョンと同じですが、必ず同じとは限りません)。

  3. [Prepare and Plan] タブをクリックし、ページの左側にある目次で [Planning Your System Upgrade] リンクをクリックします。

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
エージェントデスクトップ(CAD) CSCsm85615 参照して下さい CSCsm85615 — 07/08 オーストラリア DST に関する CAD/CSD 問題はこの製品についての情報のために変更します
コンタクトセンター Express のエージェントデスクトップ(CAD) (CCX) CSCsm51145  
BTS 10200 Softswitch CSCsm62132 参照して下さい CSCsm62132 — DST はこの製品についての情報の BTS 10200 のオーストラリアおよびアルゼンチンのための 2008 年の間変更します
Collaboration Server CSCso43438 参照して下さい CSCso43438 この製品についての情報の 2008 オーストラリア サマータイム変更に関する問題
コンピュータ テレフォニー インテグレーション オプション(Java CIL)バージョン 6.0、7.0、7.1、およびより大きい N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの音声とユニファイド コミュニケーション 製品を参照して下さい。
Conference Connection(CCC) CSCsl16516 CSCsz86171 Cisco 会議接続サーバを確認することは新しい DST ポリシーと対応、Media Convergence Server (MCS) マイクロソフトオペレーティングシステム修正する必要がありますです。 この製品に関する詳細についてはこれらのバグを参照して下さい:
ダイナミック コンテンツ アダプタ(DCA) CSCso43721 参照して下さい CSCso43602 — DST: この製品についての情報の 2008 オーストラリア サマータイム変更に関する問題
電子メール マネージャ CSCso43602 参照して下さい CSCso43602 — DST: この製品についての情報の 2008 オーストラリア サマータイム変更に関する問題
Emergency Responder(CER) CSCso44378 参照して下さい CSCso44378 この製品に関する詳細については ENTER_TITLE_HERE
(ICM および IPCC/Contact センターのために)バージョン 5.0、6.0、および 7.x を報告する企業 CSCso21149 この製品は Windows および Java に頼ります。 参照して下さい CSCso21149 — DST: JRE/JDK アップデートはこの製品に関する詳細についてはオーストラリア 2008 サマータイム変更のために必要としました
Fax Server CSCsl16516 CSCsz86171 この製品に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:
IP Contact Center (IPCC) エンタープライズバージョン 4.x、5.0、6.0、およびより大きい IP Contact Center (IPCC)はバージョン 4.x、5.0、およびより大きいホストしました CSCso21149 この製品は Windows および Java に頼ります。 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの音声とユニファイド コミュニケーション 製品を参照して下さい。 参照して下さい CSCso21149 — DST: JRE/JDK アップデートはこの製品に関する詳細についてはオーストラリア 2008 サマータイム変更のために必要としました
Intelligent Contact Management (ICM) エンタープライズバージョン 4.x、5.0、6.0、およびより大きい Intelligent Contact Management (ICM)はバージョン 4.x、5.0、およびより大きいホストしました CSCso21149 この製品は Windows および Java に頼ります。 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの音声とユニファイド コミュニケーション 製品を参照して下さい。 参照して下さい CSCso21149 — DST: JRE/JDK アップデートはこの製品に関する詳細についてはオーストラリア 2008 サマータイム変更のために必要としました
IP Communicator(CIPC) CSCsm22665 参照して下さい CSCsm22665 この製品についての情報のための 2008 年にオーストラリア DST 影響 CIPC で変更して下さい
IP Interoperability and Collaboration System(IPICS) CSCsl94775 CSCsl94766 IPICS オペレーティング システムは更新がオーストラリア新しい DST 変更に適合するように要求します。 この製品に関する詳細についてはこれらのバグを参照して下さい:
IP SoftPhone N/A Cisco IP SoftPhone は販売の終わりです。 オーストラリアの新しい夏時間ルールに従うためにオペレーティング システムをアップデートして下さい。
Media Blender (CMB) CSCso43568 参照して下さい CSCso43568 — DST: この製品についての情報の 2008 オーストラリア サマータイム変更に関する問題
Media Convergence Server (MCS) Windows リリース CSCsl16516 CSCsz86171 この製品に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:
MGX メディア ゲートウェイ N/A MGX プラットフォームはオフセットをネットワークの最も低い Number ノードの設定によって手動で修正されます。 詳細については、『Field Notice: FN - 62702 -米国夏時間 ポリシーの変更有効な行進 2007 年- reset コマンドの例に関しては MGX、IGX および BPX プラットフォームのための…
送信 オプション(ICM および IPCC/Contact センターのために)バージョン 6.0、7.0、7.1、およびより大きい CSCsl41756 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの音声とユニファイド コミュニケーション 製品を参照して下さい。 参照して下さい CSCsl41756 この製品についての情報のための送信 オプションで必要とされるオーストラリア DST 変更
Personal Assistant (CPA) EOS/EOL Cisco Personal Assistant はソフトウェアサポート サポート終了で、オーストラリアの夏時間変更のために更新済ではないです。
PSTN Gateway(PGW2200) N/A パッチを必要とします。 Sun ソリューション 201084 を参照して下さい: 夏時間(DST)はオーストラリアのために変更します(2006)、米国(2007)および他leavingcisco.com
サポートツール- 2.x CSCso21254 必要な変更無し。 この製品は Windows および Java に頼ります。
Unified Application Environment(CUAE) CSCsl16516 CSCsz86171 この製品に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:
Unified CallManager Express(CCME) N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの Cisco IOSソフトウェア プラットフォームを参照して下さい。
Unified CallManager ITM N/A この資料のコンフィギュレーションおよび対応策セクションで Cisco IOSソフトウェア プラットフォームに記述されているように clock summer-time コマンドを使用して下さい。
Unified Communication マネージャ(CUCM)バージョン 3.x および 4.x CSCsl04641 CSCsl16491 CSCsl16506 CSCsl16500 CSCsl16516 CSCsz86131 CSCsz86136 CSCsz86151 CSCsz86156 CSCsz86184 CSCsz86171 CSCtb19754 この製品についての情報に関してはこれらのバグを参照して下さい:
Unified Communication マネージャ(CUCM)バージョン 5.x および 6.x CSCsl04641 CSCsl16508 CSCsl16500 CSCsl16519 CSCsz86131 CSCsz86136 CSCsz86151 CSCsz86156 CSCsz86184 CSCsz86171 CSCtb19754 この製品についての情報に関してはこれらのバグを参照して下さい:
統一されたコンタクトセンター 企業およびホストされたバージョン 7.0、7.1、およびより大きい N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの音声とユニファイド コミュニケーション 製品を参照して下さい。
統一された IP インタラクティブ音声反応(IP IVR)の統一されたコンタクトセンター Express (CCX) CSCsm51194 この製品についての情報に関してはこれらの資料を参照して下さい: 西 オーストラリア 2009 年— UCCX バージョン 4.1 および 4.5 に関してはより大きい、MCS-OS バージョン 2003 1.4(a) SR-9 にかより大きいアップグレードする。 この位置からアップグレードをダウンロードできます: ダウンロード ページの http://www.cisco.com/cgi-bin/tablebuild.pl/cmva-3des?psrtdcat20e2 はIP テレフォニー > コール制御 > Cisco Unified Communications Manager(CallManager) > Cisco Unified Communications Manager バージョン 4.3 を拡張し、アップグレードを見つけるために音声 Apps OS および BIOS アップデートをクリックします。
Unified Customer Voice Portal(CVP) CSCso22895 参照して下さい CSCso22895 — CVP のためのインストーラはこの製品についての情報のための最新 DST に CVP を常にアップデートする必要があります
統一された Intelligent Contact Management 企業およびホストされたバージョン 7.0、7.1、およびより大きい N/A 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの音声とユニファイド コミュニケーション 製品を参照して下さい。
統一された IP 電話: CP-3911 および CP-3951 CSCsl93585 CSCsz86156 参照して下さい CSCsl93585 — DST: この製品についての情報の 2008 オーストラリア サマータイム変更のために必要とされる 3951/3911 アップデートCSCsz86156 — DST: 2009 W.オーストラリア DST 削除のために必要とされる 3951 電話アップデート
統一された IP 電話(7900 シリーズ): CP-7906G、CP-7911G、CP-7931G CP-7941G、CP-7941G-GE、CP-7942G、CP-7945G CP-7961G、CP-7961G-GE、CP-7962G、CP-7965G CP-7970G、CP-7971G-GE CSCsl16521 CSCsz86156 この製品に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:
Unified MeetingPlace CSCsm22686 CSCsm22749 この製品についての情報に関してはこれらのバグを参照して下さい:
Unified MeetingPlace Express CSCsm22692 参照して下さい CSCsm22692 この製品についての情報のための 2008 年にオーストラリア DST 影響 MPE で変更して下さい
統一されたモビリティ CSCsl26587 参照して下さい CSCsl26587 この製品についての情報のための Austrialia DST 変更を必要として下さい
統一された OS (Linux) CSCsl16519 統一されたオペレーティング システムは Cisco Unified Communications Manager 5.0 および それ以降、Cisco UnityConnection 2.0 およびそれ以降および Cisco Unified Communications マネージャ ビジネス 版と使用されます。 参照して下さい CSCsl16519 — DST: この製品に関する詳細については 2008 オーストラリア サマータイム変更のために必要とされる統一 OS アップデート
Unified Personal Communicator(CUPC) CSCsm22680 参照して下さい CSCsm22680 この製品についての情報のための 2008 年にオーストラリア DST 影響 CUPC で変更して下さい
統一された存在(コップ) CSCsl17871 CSCsl17879 CSCsl17886 CSCsl17893 この製品についての情報に関してはこれらのバグを参照して下さい: 西 オーストラリア 2009 年に関しては、これはバージョン 7.0.4es および 7.0.5 で解決されます発行します。
統一された提供マネージャ CSCsk85302 CSCsk85302 参照して下さいこの製品についての情報の新しいベネズエラ/オーストラリア/アルゼンチン時間帯変更のためのサポートを追加して下さい
統一されたサービス統計情報マネージャ(CUSSM) N/A (基礎オペレーティング システムから得られる) CUSSM は現地時間に頼ります。 オペレーティング システムに適当なパッチを加えて下さい。
Unified Survivable Remote Site Telephony(SRST) N/A SRST バージョンは機能セットです。 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの Cisco IOSソフトウェア プラットフォームを参照して下さい。
統一されたシステム接点は企業(システム IPCC)バージョン 7.0、7.1、およびより大きい集中させます CSCso21149 この製品は Windows および Java に頼ります。 回避策情報についてはこの資料のコンフィギュレーションおよび回避策セクションの音声とユニファイド コミュニケーション 製品を参照して下さい。 参照して下さい CSCso21149 — DST: JRE/JDK アップデートはこの製品に関する詳細についてはオーストラリア 2008 サマータイム変更のために必要としました
Unified Video Advantage(CUVA) CSCsm22682 統一されたビデオ長所の変更は必要ではないです。 オペレーティング システムに適切なパッチを加えて下さい。 参照して下さい CSCsm22682 この製品に関する詳細については 2008 年にオーストラリア DST 影響 CUVA で変更して下さい
Unified Video Conferencing(CUVC) CSCsm22707 参照して下さい CSCsm22707 この製品についての情報のための 2008 年にオーストラリア DST 影響 CUVC マネージャで変更して下さい
コンタクトセンター 企業(CCE)を用いる統一された Web および E メール 相互対話マネージャ(EIM/WIM) CSCsm51228 参照して下さい CSCsm51228 — 07/08 オーストラリア DST に関する CCE 問題を用いる EIM \ WIM はこの製品についての情報のために変更します
コンタクトセンター Express の統一された Web および E メール 相互対話マネージャ(EIM/WIM) (CCX) CSCsm51239 参照して下さい CSCsm51239 — CCX 07/08 オーストラリア DST に関する問題を用いる EIM \ WIM はこの製品についての情報のために変更します
統一された Workforce Optimization (WFO)品質 管理(QM) CSCsm51249 参照して下さい CSCsm51249 — 07/08 オーストラリア DST に関する WFO \ QM 問題はこの製品についての情報のために変更します
統一された Workforce Optimization (WFO)人事管理(WFM) CSCsm51262 参照して下さい CSCsm51262 — 07/08 オーストラリア DST に関する WFO \ WFM 問題はこの製品についての情報のために変更します
Unity Connection CSCsl88526 CSCtc25326 この製品に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:
Unity Express (キュー) N/A この製品についての情報に関しては 2.3.4 前に-すべての Cisco Unity Express (CUE) リリースのための… FN を- 62682 -米国夏時間(DST)ポリシーの変更有効な行進 2007 年参照して下さい。
Unity Voice Mail CSCsm32946 CSCtc11035 この製品に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:
VG248 Analog Phone Gateway CSCsm22699 必要な VG248 アプリケーションの更新無し。 VG248 は更新済であるはずである Cisco Unified Communications Manager からクロック 情報を受け取ります、; この表の Unifiied 通信マネージャ エントリを参照して下さい。 参照して下さい CSCsm22699 この製品に関する詳細については 2008 年にオーストラリア DST 影響 VG248 で変更して下さい
Voice Provisioning Tool(VPT) CSCsl16516 CSCsz86171 この問題に対処するために Sun からの TZUpdater ツール 1.3.3 を使用して下さい。 詳細については Sun これらのページを参照して下さい: 彼の製品に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:

[[先頭に戻る]

[Wireless]

シスコ製品 シスコ追跡 ID 注意事項
4400 シリーズ ワイヤレス LAN コントローラ CSCsf99924 参照して下さい CSCsf99924 —夏はこの製品についての情報のために設定 することができません
アクセス ポイントおよびワイヤレス コントローラ N/A  
Content Services Gateway (CSG) /Cisco Content Services Gateway 第 2 生成(CSG2) N/A 必要な変更無し。 この製品は Cisco IOS からの時間を引っ張ります。
Gateway GPRS Support Node (GGSN) N/A 必要な変更無し。 この製品は Cisco IOS からの時間を引っ張ります。
モバイル ワイヤレス Home Agent N/A 必要な変更無し。 この製品は Cisco IOS からの時間を引っ張ります。
IP Transfer Point (ITP) N/A 必要な変更無し。 この製品は Cisco IOS からの時間を引っ張ります。
WiMax N/A 必要な変更無し。 この製品は Cisco IOS からの時間を引っ張ります。

[[先頭に戻る]

設定と回避策

ここでは、夏時間をサポートする一般的な Cisco プラットフォームに対する回避策や手動設定が含まれています。

利用可能な設定
シスコ プラットフォーム 回避策の利用可能性
アクティブなネットワーク抽象化(アナ)
適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)と PIX プラットフォーム
アプリケーションおよびネットワーキング サービス
CatOS プラットフォーム
CiscoWorks パッチ
デジタル メディア エンコーダ
デジタル メディア マネージャおよびビデオ ポータル
侵入検知および防止(IPS および Intrusion detection system サービス Module2 (IDSM2))
Cisco IOS ソフトウェア プラットフォーム
Cisco IOS XR
NetFlow 収集 エンジン
ONS 15000 シリーズの製品
Security Monitoring, Analysis and Response System(CS-MARS)
ストレージ スイッチ(SAN-OS) — ストレージ MDS 9500 シリーズ
音声とユニファイド コミュニケーション 製品
VPN 3000 コンセントレータ(Altiga OS) いいえ。3 月と 11 月に手動で設定

[[先頭に戻る]

アクティブなネットワーク抽象化(アナ)

Cisco アナ バージョン 3.x が Java Development Kit (JDK) 1.4.2_13 が付いているので、宛先住所の夏時間は JDK 1.4.2_13 以来リリースされました変更するかもしれません。 これは本当であることを疑ったら、Sun によって送達されるように最新の夏時間にアップデートするために Sun 夏時間 ツールを使用して下さい。

Sun 夏時間 ツールを使用するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. この URL で JDK 米国 DST タイムゾーン アップデートツールを- Sun Webサイトからの 1.2.2 ダウンロードして下さい:

    http://java.sun.com/javase/downloads/index.jsp leavingcisco.com

  2. tzupdater.jar ファイルをダウンロードされた ZIP ファイルから抽出し、ゲートウェイおよびユニット マシンの /tmp にそれをコピーして下さい。

  3. すべてのゲートウェイおよびユニット マシンのこれらのステップを完了して下さい:

    1. 薄いマシンへのログイン。

    2. すべての AVM プロセスを停止して下さい

    3. /tmp にディレクトリを変更し、このコマンドを実行して下さい:

      java -jar tzupdater.jar -u -v 4
      
    4. Cisco アナ システムを再始動して下さい。

適応型セキュリティ アプライアンス(ASA)と PIX プラットフォーム

単一のコンフィギュレーション コマンドを使用して、Cisco PIX または ASA OS を実行しているシステムの DST 設定パラメータを変更できます。 特定のデバイスの現在のデフォルト設定を変更するために、このコマンドはいつでもあらゆるデバイスで実行できます。 ASA へのプラグイン デバイス(ASDM、AIP-SSM、CSC-SSM および他のモジュール)は ASA からの時間をかけます。

clock summer-time zone date month date year hh:mm month date year hh:mm [offset]

[summer-time] オプションを使用していない場合、この問題の影響はありません。 [summer-time] オプションを使用していないことを確認するには、次のコマンドを実行します。 show run | include summer-time

このコマンドからの出力が表示されない場合、デバイスに対する問題の影響はありません。 出力が表示される場合はデバイスがこの問題に該当するため、Cisco Technical Assistance Center(TAC)に連絡して 6.3(5.123) 暫定イメージを入手してください。

[[先頭に戻る]

アプリケーションおよびネットワーキング サービス

アプリケーションおよびネットワーキング サービスの場合、一般的 な ゾーンに時間帯を設定でき次にそのゾーンのあなた自身のサマータイム設定を作成します。

すべての米国によって基づく CE で、FE および WAEs は、これら二つの clock コマンドを実行します

clock timezone GMT-5 -5 0 
clock summertime GMT-5 recurring 2 Sunday March 2:0 2 Sunday November 2:0 60

最初のコマンドは夏時間無しで一般的 な 時間帯を設定 します。 第 2 コマンドは 2:00 AM で 2:00 AM で行進の第 2 日曜日および 11 月の第 2 日曜日の 60 分までに自動的にクロックを調節するカスタム サマータイム設定を追加します。

この例は時間帯のためグリニッジ標準時(GMT-5)の後ろの 5 時間です。 時間帯のために適切であるオフセットを規定 して下さい。

[[先頭に戻る]

CatOS プラットフォーム

単一のコンフィギュレーションコマンドを使用して、Cisco CatOS リリース 5.4 以降を実行しているシステムの DST 設定パラメータを変更できます。 特定のデバイスの現在のデフォルト設定を変更するために、このコマンドはいつでもあらゆるデバイスで実行できます。

set summertime recurring [{week} {day} {month} {hh:mm} 
                          {week | day | month | hh:mm} [offset]]

[[先頭に戻る]

CiscoWorks

CiscoWorks や Cisco Secure ACS などの管理アプリケーションは、オペレーティング システムで提供される時間を使用します。 したがって、DST の問題を解決するには、使用しているオペレーティング システム(Windows、Solaris など)の修正が含まれているオペレーティング システムのパッチをインストールする必要があります。

Unified CallManager や ACS アプライアンスなどのシスコによって維持されるオペレーティング システムがプラットフォームに含まれている場合は、シスコがパッチを提供します。 「ネットワーク管理」セクションで該当する製品のリストを参照し、使用している製品のパッチがいつ利用可能になるかを確認してください。

[[先頭に戻る]

デジタル メディア エンコーダ

DME 時間帯および時間設定を変更するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. DME 1000 または 2000 年にアクセスするために Windows リモート デスクトップ接続アプリケーションを使用して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ip/network-time-protocol-ntp/100509-au-dst-recommendations-01.gif

  2. この情報 ログインを使用して下さい:

    • DME 1000:

      • ユーザ名 = gostream

      • パスワード = パスワード

    • DME 2000:

      • ユーザ名 = ナイアガラ

      • パスワード = パスワード

  3. Windows 開始する人から『Control Panel』 を選択 して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ip/network-time-protocol-ntp/100509-au-dst-recommendations-02.gif

  4. ダブルクリック日時

  5. 時間帯タブをクリックし、領域に適当である時間帯を選択して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ip/network-time-protocol-ntp/100509-au-dst-recommendations-03.gif

  6. [OK] をクリックします。

  7. 日時タブをクリックし、新しい夏時間に時間を合わせて下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ip/network-time-protocol-ntp/100509-au-dst-recommendations-04.gif

  8. [OK] をクリックします。

[[先頭に戻る]

デジタル メディア マネージャおよびビデオ ポータル

DMM およびビデオ門脈時間帯および時間設定変更するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. DMM/Video ポータル サーバーに接続される KVM またはセキュアシェル クライアントによる DMM またはビデオ ポータルのアプリケーション 管理 インターフェイス(AAI)へのログイン。

  2. DATE_TIME_SETTINGS を選択して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ip/network-time-protocol-ntp/100509-au-dst-recommendations-05.gif

  3. 『OK』 を選択 し、『Enter』 を押して下さい。

  4. TIME_ZONE を選択して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ip/network-time-protocol-ntp/100509-au-dst-recommendations-06.gif

  5. 『OK』 を選択 し、『Enter』 を押して下さい。

  6. 領域に適当である時間帯を選択して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ip/network-time-protocol-ntp/100509-au-dst-recommendations-07.gif

  7. 『OK』 を選択 し、『Enter』 を押して下さい。

  8. 『Yes』 を選択 し、『Enter』 を押して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ip/network-time-protocol-ntp/100509-au-dst-recommendations-08.gif

  9. 時間を選択し、『OK』 をクリック して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ip/network-time-protocol-ntp/100509-au-dst-recommendations-09.gif

  10. 『OK』 を選択 し、『Enter』 を押して下さい。

  11. 新しい夏時間に時間を合わせて下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ip/network-time-protocol-ntp/100509-au-dst-recommendations-10.gif

  12. 『OK』 を選択 し、『Enter』 を押して下さい。

DMM およびビデオ ポータルのためのこのプロシージャを完了して下さい。

[[先頭に戻る]

侵入検知および防止(IPS および Intrusion detection system は Module2 (IDSM2 を保守します))

Cisco 侵入検知および侵入防御デバイスで夏時間の設定を変更するには、CLI でセットアップ オプションを使用します。

Modify summer time settings? [no]:yes
Recurring, Date or Disable[recurring]:date  
Start Month[mar]: 
Start Week[2]: 
Start Day[sun]: 
Start Time[02:00:00]: 
End Month[nov]: 
End Week[1]: 
End Day[sun]: 
End Time[02:00:00]: 
DST Zone[]: EDT
Offset[60]:

GUI ベースの管理パッケージには、必要な変更を加えるために使用できる時間ベースの設定画面が含まれている場合があります。

[[先頭に戻る]

Cisco IOS ソフトウェア プラットフォーム

Cisco IOS DST コンフィギュレーションパラメータは単一 設定コマンドで変更することができます。 いつでもおよびあらゆるデバイスでデバイスの現在のデフォルト設定を変更するためにこのコマンドを実行することができます。

clock summer-time zone recurring [{week} {day} {month} {hh:mm} 
                                  {week | day | month | hh:mm} [offset]] 

clock summer-time コマンドについての詳細な情報に関しては、Cisco IOS設定の基礎およびネットワーク管理 コマンドレファレンスclock summer-time セクションを参照して下さい。

[[先頭に戻る]

Cisco IOS XR

単一のコンフィギュレーション コマンドを使用して、Cisco IOS XR を実行しているシステムの DST 設定パラメータを変更できます。 特定のデバイスの現在のデフォルト設定を変更するために、このコマンドはいつでもあらゆるデバイスで実行できます。

clock summer-time zone recurring [{week} {day} {month} {hh:mm}
                                  {week | day | month | hh:mm} [offset]] 

[[先頭に戻る]

NetFlow 収集 エンジン

NetFlow 収集 エンジンのための JRE タイム ゾーン データをアップデートするために Sun からの TZUpdater ツールを使用して下さい。

TZUpdater ツールを使用するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. NFC ファイルおよびプロセスを所有するシステムユーザとしてログイン。 このアカウントは NFC がインストールされたときに規定 されました。

  2. 現在の umask が制限する値に高くより 022 設定 されないことを確認するために umask を実行して下さい。 umask が高い値に設定 される場合、umask 022 を実行して下さい。

  3. サン・マイクロシステムズから TZUpdater 最新のツールをダウンロードして下さい。

    Sun オンライン アカウントがない場合、1 つを作成するためにプロンプト表示されます。 ツールについての情報、またほとんどの最近のバージョンのダウンロード サイトへのリンクは、この URL で利用できます:

    http://java.sun.com/javase/tzupdater_README.html leavingcisco.com

  4. テンポラリディレクトリでは、ダウンロード ファイルの ZIP にされたコンテンツを得て下さい。 これは JARファイル tzupdater.jar が含まれているサブディレクトリ tzupdater バージョンを作成します。

  5. NFC をシャットダウンするためにシャットダウンされる /opt/CSCOnfc/bin/nfcollector を実行して下さい。

  6. ps - ef を実行して下さい | グレップ Java Java プロセスが動作していないことを確認するため。

  7. JRE タイム ゾーン データをアップデートするためにこのコマンドを実行して下さい:

    /opt/CSCOnfc/java/bin/java -瓶パスにtzupdater files/tzupdater.jar - u

    Solarisプラットフォームで、直接コンテンツ ファイルで見つけられないパスに Java ビン/Java のようなパッケージ関連の警告メッセージを、実行されたパッケージ解決無視しないで下さい。 (、ない絶対パスは PKG 形式にし、symlink ではないですであるように。)

  8. Cisco NetFlow 収集装置を再起動して下さい。

[[先頭に戻る]

ONS 15000 シリーズの製品

Cisco は新しい DST 実装がアルゼンチン新しい DST 時と正しく変更するように ONS 15600、15454、15327、および 15310 の製品 CTC および TL1 ソフトウェアへの変更を行ないました。

システム ソフトウェアをアップデートしなかったすべてのシステムは、自動的に以前の夏時間に設定されたルールに従います。 すなわち、システムは自動的に DST は実施されたと、10 月以内に最初の日曜日で、システムが自動的に推定しないのでクロックを修正し、不正確な時間を反映します。

2007 年の DST の時間変更に準拠するには、次のオプションを使用できます。

  • 使用しているソフトウェアの最新バージョンを入手します。

    シスコは、次のソフトウェアに新しい DST の変更を実装しました(または実装します)。

    • リリース 4.1.82

    • リリース 5.0.8

    • リリース 7.0.2 以降

    • リリース 7.2.2 以降

    • リリース 8.0.x 以降

    このソフトウェアのその他のバージョンは、以前の DST のルールで引き続き動作します。

  • CTC を使用して時間を手動で変更します。

    ユーザが上記のソフトウェア リリースへのアップグレードを希望しない場合、 CTC では DST を有効または無効にする機能と、ノードの時間を変更する機能が提供されています。 ユーザはシステム時刻を手動で制御し、正しい時刻を反映するようにシステム クロックを設定する必要があります。

    手動で システムの時刻を変更するどの日および時この資料の概要 セクションの夏時間調整時間テーブルへの変更の概略を参照しなさいか判別するため。

  • TL1 CLI を使用し、時間を手動で変更します。

    単一のコンフィギュレーション コマンドを使用して、Optical Operating System(ONS)を実行しているシステムの time-of-day パラメータを変更できます。 コマンドの形式は、次のとおりです。

    SET-TOD:[<TID>]::<CTAG>::<YEAR>,<MONTH>,<DAY>,
         <HOUR>,<MINUTE>,<SECOND>,[<DIFF>][:DST=<DST>];
    

    このコマンドは ONS を実行するオプティカル製品の時間を変更します。 ただし、夏時間の開始時刻と終了時刻は変更されず、製品はオペレーション コードで符号化されたデフォルト値を使用します。

上記のカテゴリのいずれにも該当しない場合、各自のアカウント マネージャに問い合わせる必要があります。

タイム ゾーンの設定と時間をリセットする方法の詳細については、使用している Cisco ONS リリースの関連する手順ガイドを参照してください。 たとえば、Cisco ONS 15454 を使用している場合は、『Cisco ONS 15454 Procedure Guide, Release 7.0』を参照してください。

[[先頭に戻る]

Security Monitoring, Analysis and Response System(CS-MARS)

手動で CS-MARS の時間を変更するのにこのコマンドを使用して下さい:

time [hh:mm:ss]

たとえば、11:15 p.m.に時間を設定 するために時間 23:15:00 に入って下さい。

ストレージ スイッチ(SAN-OS) -ストレージ MD 9500 シリーズ

デフォルトでは、MDS SAN-OS は夏時間に対応していないため、ソフトウェアでは DST 設定のデフォルト値は提供されていません。 したがって、すべての夏時間の設定に開始日と終了日のパラメータを含める必要があります。

clock summer-time zone start_week start_day
	 start_month start_time end_week end_day end_month end_time
	 daylight_offset

MDS SAN-OS では夏時間の設定のデフォルト値が提供されていないため、コードの変更は必要ありません。 SAN-OS の DST の設定は次の理由により、CLI から設定する必要があります。

  • DST 設定をサポートしていないため、この設定では複数のスイッチを設定するために Fabric Manager を使用することはできません。

  • Cisco Fabric Services では単一のファブリックが複数のタイムゾーンにまたがることがあるため、夏時間の設定をサポートしていません。

[[先頭に戻る]

音声とユニファイド コミュニケーション 製品

背景説明

システム準備および計画についての情報に関しては Microsoft これらの文書を参照して下さい:

これらの文書は米国のための 2008 年の夏時間変更にグローバル な 時間帯考慮事項に、だけでなく、適用します。

このリストは特定の音声とユニファイド コミュニケーション 製品についてのバックグラウンド情報を提供します:

  • Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise および Peripheral Gateway より異なるタイム ゾーンで設定される周辺装置によってホストされて

    Cisco Unified Intelligent Contact Management (ICM) 企業およびホストされた製品の Peripheral Gateway (PG)コンポーネントが pre-2007 夏時間 開始するおよび停止日付規定に基づいて論理が含まれているのできちんと 2007 年の夏時間変更を取り扱うためにソフトウェアメンテナンスは適用する必要があります。

    この考慮事項は PG によって制御される周辺装置が PG 自体のそれと別の時間帯で動作するために設定されるときウィンドウズオペレーティングシステム(上記)のそれを増加し、適用します。

    更に、これはこれらにだけ適当統一された Intelligent Contact Management 企業およびホストされた周辺装置のタイプです:

    • Aspect Contact Center

    • Avaya Definity ECS

    • Nortel DMS 100

    • Rockwell Spectrum

    • Symposium ACMI Peripheral(Unified Contact Center Enterprise Gateway PG)

    周辺装置が別の時間帯で設定されるかどうか確認するために、ある特定の PG の Windowsレジストリ エディタを呼び出し、次の製品レジストリキーの下で時間帯値を検査して下さい。 「n」および「A/B」はそれぞれ、特定の PG 番号とサイド指定に基づく変数です。

    HKLM \ソフトウェア\シスコシステムズ、株式会社\ ICM \ <inst >PG {n} [A/B] \ PG \ CurrentVersion \ PIMS \ PIM {m} \ GenericData

    <inst が > ICM インスタンス名である一方、{n}はページ番号であり、{m} PIM 数はあります。 TimeZone が存在し、そのデータ値が 10 進数のマイナス 1(-1)以外である場合、その周辺装置は PG とは異なるタイムゾーンに設定されています。 ゼロまたはそれ以上の特定の整数値は、特定のグローバル タイムゾーンに対応します。

    たとえば、ゼロは GMT イギリス、2 です西ヨーロッパ、22 です東京、等です。 特定のゾーン設定の完全な詳細については、Cisco Contact Center TAC のスペシャリストにお問い合せください。 タイムゾーン値がレジストリ、またはない場合それにマイナス 1 の値と現在です(-1)、ACD からの PG に提供される時間 PG 自体と同じ時間帯に常駐すると仮定されます。

    影響を受けた周辺装置の構成に関しては、このセクションのソリューション トピックを参照して下さい。 PG と同じタイムゾーン内に設定された周辺装置の場合、PG タイムゾーン メンテナンスにはこれ以上の操作は必要ありません。

  • Cisco Outbound Option

    送信 オプションのバージョン 7.0 および 7.1 は(にによって 7.1(2))また pre-2007 DST 開始するおよび停止日付のまわりにハードコードされた仮定をする論理が含まれています。 修正された 2007 DST ポリシーによって事実上、送信 オプションは廃止その結果であるルールが含まれています。 送信 オプションのバージョン 7.0 か 7.1 を(によって 7.1(2))展開している顧客は Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise およびホストされるか、または Cisco Unified コンタクトセンター製品のメンテナンスバージョンをアップグレードする必要があります。 Solutions セクションは下記の必須最小メンテナンス レベルを記述します。 このアップデートはウィンドウズオペレーティングシステム アップデートに加えて行う必要があり、(2008) 4 月以前に。

    連邦取引委員会によって割り当てられる時間の外部の顧客にダイヤルすることは連邦取引委員会規則の違反です。 従って、メンテナンス アップデートか受諾可能な回避策は 2008 DST 変更期間以前にきちんと整う必要があります。 連邦法に準拠する責任はお客様にあります。

  • Cisco Enterprise Reporting(Webview)

    統一されたコンタクトセンター 企業のための Cisco 企業報告(WebView)はおよびホストされ、統一された Intelligent Contact Management (ICM) 企業およびホストされた製品 JDK/JRE によって決まり、WebView サーバにアップデートを必要とします。

    JDK/JRE バージョン 1.4.2 と提供された WebView バージョン 7.0/7.1 は Sun の TZUpdater ツールとアップデートされ。 WebView バージョン 6.0 は TZUpdater 標準ツールでサポートされない J2SE SDK バージョン 1.3.1 と提供された。

    WebView 6.0 のための治療用修正を加えるために、顧客は J2SE SDK 1.3.1 に TZUpdater ツール仕様のバージョンを得る必要があります。 この URL から TZUpdater ツールをダウンロードできます:

    http://java.sun.com/javase/timezones/index.html leavingcisco.com

  • 設定管理サービス(CMS)のディストリビューター Admin Workstation (AW)は有効に なりました

    CMS Node は、AW 上で ICM Setup を介して有効にされる、Distributor AW のコンポーネントです。 CMS は Cisco Collaboration サーバ、Cisco E-Mail Manager および他のサードパーティアプリケーションのようなマルチチャネル オプションのためのシステム構成 API を、露出します。 また、System IPCC Web Administration ツールおよび Agent Re-Skilling Web Tool n 7.0/7.x によっても使用されています。 ノードは、これらの環境での必要に応じてのみ有効にされます。

    Javaベース API プロバイダとして、CMS は JDK/JRE を利用し、Java 環境からの日時参照を処理します。 JDK/JRE 1.4.2 とおよび提供された中記述されていると同様に CMS のバージョン 6.0 はおよび 7.0/7.x は(他の Java コンポーネント) TZUpdater ツール パッチがきちんと修正された DST 日付移行を処理するように要求します。

  • System IPCC Web Administration、Agent Re-skilling Web Tool(非 System IPCC)

    System IPCC Web Administration インターフェイス(Web ベースのコンフィグレーション)と Agent Re-skilling Web Tool 機能では、どちらも Java テクノロジーが展開され、JDK/JRE バージョン 1.4.2(グローバル インストール)が活用されています。 いずれの場合も(Javaランタイム環境から得られる)、日時 コンテキストはアプリケーション ログファイル タイムスタンプに制限されます。 Cisco は TZUpdater ツール パッチを使用して JDK/JRE 環境をアップデートすることを推奨します。

  • Cisco コンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) オプション(Cisco ツールキット Java API デスクトップ)

    Cisco CTI ツールキット Java 統合ライブラリ API(Java CIL)には JDK/JRE が必要で、日付/時刻のコンテキスト用に JDK/JRE を活用しています。 最初に 1.4.2 JDK/JRE およびそれぞれの以前のバージョンと提供された両方のバージョン 6.0 および 7.0/7.1 は TZupdater ツール パッチのための候補者です。

問題の症状

このリストは問題の症状を識別します:

  • Microsoft Windows の考慮事項

    特定の Windows バージョンに関連した Microsoft の推奨事項を使用してウィンドウズオペレーティングシステムをアップデートする失敗は 30 分データ記録の報告および、不正確なキャンペーン ダイヤル時間のまわりでコンタクトセンターソリューションのさまざまな側面に不正確な時間と日付参照という結果に上記されているように送信 オプションが展開されれば、とりわけ終ります。 予測不可能な状態は不完全なきちんとウィンドウズオペレーティングシステムを維持するメンテナンスとこの表記ごとの Cisco 送信オプションをアップデートすれば、失敗かもしれません、のような発生する。

  • Cisco Unified インテリジェント コンタクト センター 管理 企業及び Peripheral Gateway より異なるタイム ゾーンで設定される周辺装置によってホストされて

    早い 2008 年 4 月以前に水平な必須メンテナンスに製品バージョンをアップデートしない対応した 周辺装置から個別の時間帯の周辺機器ゲートウェイ(PG)を配置するそれらの顧客は時間が戻ると同時に時間が進むと重複したデータかもしれませんと同時ににおける問題にオーバーラップする 30 分レポート データ直面する。

    これらの問題はまた異なるタイム ゾーンに常駐する周辺装置が付いている設定 された システムが不正確にある顧客によって 2008 オーストラリア夏時間変更前に見られるかもしれません。

  • Cisco Outbound Option

    送信 オプション 7.0 または 7.1 の水平な最小推奨されるメンテナンスにアップグレードする失敗は 2008 年 4 月オーストラリア夏時間変更にはじまって有効な不正確および予測 不可能 な 間隔で送信された呼び出しという結果に(にによって 7.1(2))終ります。

    特定の症状が 2 つ予想されます。

    • アウトバウンドコール センターは 1 時間顧客にキャンペーン時間の開始するの後のダイヤルしません。

    • アウトバウンドコール センターはキャンペーン終了時刻以降の 1 時間顧客にダイヤルし続けます。

  • Cisco Enterprise Reporting(Webview)

    前述メンテナンスを用いる WebView サーバ JDK/JRE をアップデートする失敗は歴史的およびリアルタイム レポートを渡る不正確な日時参照という結果に、終る場合があります。 さらに、時間依存を使用する WebView 機能は、ジョブ・スケジューラーとして、そのような物に好みのレポート、かイベント ビューアを、誤った時間と日付 コンテキストが含まれているかもしれません報告します。 それはまたログファイル イベント エントリの紛らわしいタイムスタンプという結果に終るかもしれません。 報告書作成および一般機能はこれらの日時参照の著しい例外を除いて、予想通り動作し続けます。

  • 設定管理サービス(CMS)のディストリビューター Admin Workstation (AW)は有効に なりました

    CMS が有効に なるときだけ CMS を取り扱うためにディストリビュータ AW JDK/JRE をアップデートして下さい。 CMS はイベント ロギング目的で日時 情報を利用し、JRE/JDK 更新を加え損えばあらゆる必須問題診断および分離努力と干渉するかもしれない紛らわしいタイムスタンプは生じるかもしれません。

    AW セットアップ CMS.Within を有効に するために CMS Node チェックボックスをチェックできます。

  • System IPCC Web Administration、Agent Re-skilling Web Tool(非 System IPCC)

    これらの Webベース の 設定ツールによって、上で CMS 例のような使用される JDK/JRE をアップデートする失敗はあらゆる必須問題診断および分離努力と干渉できるログファイル イベント エントリの紛らわしいタイムスタンプという結果に終るかもしれません。

  • Cisco Computer Telephony Integration Option(Cisco Toolkit Java API Desktop)

    2008 オーストラリア夏時間のための JDK/JRE アップデートの Java CIL CTI デスクトップ環境をアップデートする失敗は予想外日時参照という結果に終る場合があります。 分枝は API およびアプリケーションのデザインの特定の使用によって一部には決まります。

解決策

このリストはこれらの製品のためのソリューションを記述します:

  • Microsoft Windows の考慮事項

    このセクションの Background セクションで参照される Microsoft ガイドラインごとの Windows システム アップデートを加えて下さい。 質問や特別な考慮事項の問題は、Microsoft に直接お問い合せください。 Cisco Enterprise およびホストされたコンタクトセンター 顧客は自身の Windows サーバ オペレーティング システムを管理する役割があります。

  • Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise および周辺機器ゲートウェイより異なるタイム ゾーンで設定される周辺装置によってホストされて

    Cisco は周辺装置が PG からの異なるタイム ゾーンにある更新がソフトウェアのこれらのメンテナンスバージョンで含まれている 2007 年の夏時間調節のための適当な PG 周辺装置情報マネージャ コンポーネントに必要な変更を行ない、:

    • Intelligent Contact Management (ICM) エンタープライズバージョン 6.0 SR9 およびより大きい

    • IP Contact Center (IPCC) エンタープライズバージョン 6.0 SR9 およびより大きい

    • Cisco Unified Contact Center Enterprise およびホストされたバージョン 7.1(3) および それ 以上

    • Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise およびホストされたバージョン 7.1(3) および それ 以上

    バージョン 6.0 のサービス リリース 9 は 2007 年 1 月にリリースされており、各 7.1 製品の 7.1(3) メンテナンス バージョンは 2006 年 12 月にリリースされています。 現在バージョン 7.0 を展開する顧客が(あらゆるサービス リリースの有無と)更新を入手するためにメンテナンスリリース 7.1(3) にアップグレードするために必要となります。

    PG からの異なるタイム ゾーンで ACD があり、企業またはホストされたソフトウェアの必須バージョンにアップグレードしてないです(または不本意)である顧客はこの回避策を使用できます:

    ACD と同じ時間帯にあるために PG および ACD を(地理的にないが)設定し、(またはマイナス 1 に設定 されて)このセクションのバックグラウンド トピックで述べられる時間帯登録値を取除いて下さい。 これは上述されていたバージョン メンテナンスを必要としませんがウィンドウズオペレーティングシステム 夏時間パッチを必要とします。

    回避策は複数のタイムゾーンを交差させる ACD の単一 PG サーバの複数の周辺装置を配置する顧客に利用できません。 そのようなトポロジーは推奨される製品バージョン パッチおよび Windows 更新を必要とします。

    ウィンドウズオペレーティングシステム パッチは上記の回避策が奪取 されるかどうかに関係なく適用するはずです。

  • Cisco Outbound Option

    2007 DST 変更を取り扱う送信 オプションの適応は関連したオペレーティングシステムのバージョンのためのウィンドウズオペレーティングシステム アップデートを(上ごとに)適用し、Cisco Unified Contact Center Enterprise の水平な、かホストされる最小メンテナンスに Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise かホストされたソフトウェア アップグレードすることを必要とします。

    アップグレード要件は Cisco 送信オプション 7.0 (あらゆるサービス リリースの有無)、7.1(1)、か 7.1(2) を実行する顧客にだけ適用します。 必要な最低限のメンテナンス アップデート バージョンは次のとおりです。

    • Cisco Unified Contact Center Enterprise およびホストされたバージョン 7.1(3)

    • Cisco Unified Intelligent Contact Management Enterprise およびホストされたバージョン 7.1(3)

    最新バージョン 7.0、7.1(1) および 7.1(2) のためのソフトウェアアップグレードの代りに顧客、オーストラリア日光 savig 時間 の 変更のためにアウトバウンドコール時間のまわりで連邦取引委員会支配の準拠性の時間シフトおよび欠乏にダイヤルすることを避けるためにこの対応策を使用できます:

    からの実時間が 02:00 で 02:00 で 2008 年 4 月のおよび 2008 年 10 月の最初の日曜日からの 10月 2008 年までに最初の日曜日までに 03:00 で先週の日曜日 2008 年先週の日曜日行進する以前のキャンペーン開始時刻および終了時刻を 1 時間設定して下さい。

    Cisco は適切なソフトウェアメンテナンス レベルにと同時に優先 するアプローチ アップデートすることを強く推奨します。

  • Cisco Enterprise Reporting(Webview)

    WebView 7.0/7.1 に関しては、JDK/JRE バージョン 1.1.2 をアップデートするために Sun TZUpdater ツールを使用して下さい。 WebView 6.0 に関しては、J2SE SDK バージョン 1.3.1 をアップデートするために TZUpdater ツールを使用して下さい。 Cisco はインストールを続行する前に README ファイルを熟読することを推奨します。

    TZUpdater ツールを使用することができない場合 J2SE SDK をアップグレードして下さい。 JDK/JRE が WebView サード パーティ インストーラによって最初にインストールされた同じドライブでディレクトリに JDK/JRE をインストールして下さい。

    J2SE SDK 1.3.1 の以降のバージョンに WebView サーバをアップデートする場合これらのステップを完了して下さい:

    1. この URL で Sun Webサイトから J2SE SDK 1.3.1 をダウンロードして下さい:

      http://java.sun.com/javase/timezones/index.html leavingcisco.com

    2. WebView サービスを停止し、開始して下さい:

      1. [Start] > [Programs] > [Administrative Tools] > [Services] を選択します。

      2. [IIS Admin Service] を右クリックします。

      3. 『Stop』 を選択 して下さい。

        アラートは現われますこの操作はワールドワイドウェブパブリッシングサービスを停止すること知らせる。

      4. SDK が WebView サード パーティ インストーラによって最初にインストールされた同じドライブで推奨される ディレクトリに SDK をインストールして下さい。

      5. WebView を再起動します。

      6. Windows Service Control Panel を開きます。

      7. ワールドワイドウェブパブリッシングサービスを選択し、『Start』 をクリック して下さい。

  • Configuration Management Service(CMS)が有効になっている Distributor AW

    AW CMS ノードのバージョン 6.0 および 7.0/7.1 は両方 JDK/JRE バージョン 1.4.2_x と提供された。 適切な夏時間 アップデートを適用するために TZUpdater ツールを使用できます。

    この製品は JDK/JRE のストレート(グローバル)インストールを使用するため、明示的にパスを指定する必要はありません。 Cisco はインストールを続行する前に README ファイルを熟読することを推奨します。

  • System IPCC Web Administration、Agent Re-skilling Web Tool(非 System IPCC)

    これらの Webベース の 設定ツールのバージョン 7.0/7.1 は JDK/JRE バージョン 1.4.2_x と提供された。 適切な夏時間 アップデートを適用するために TZUpdater ツールを使用できます。

    この製品は JDK/JRE のストレート(グローバル)インストールを使用するため、明示的にパスを指定する必要はありません。 Cisco はインストールを続行する前に(Java SE)タイムゾーン アップデータleavingcisco.com ツール README ファイルを熟読したことを推奨します。

  • Cisco Computer Telephony Integration Option(Cisco Toolkit Java API Desktop)

    Java CIL オプション(JDK/JRE バージョン 1.4.2_x)のバージョン 6.0 および 7.0/7.1 のために、適切な夏時間 アップデートを適用するために TZUpdater ツールを使用して下さい。

    この製品は JDK/JRE のストレート(グローバル)インストールを使用するため、明示的にパスを指定する必要はありません。 Cisco はインストールを続行する前に(Java SE)タイムゾーン アップデータleavingcisco.com ツール README ファイルを熟読したことを推奨します。

  • CTI Desktop

    一般に、Java CIL を使用するホストされたコンタクトセンター プロダクトコンポーネント根本的な Red Hat Linux オペレーティング システムにおよび企業は夏時間 開始するおよび終わりイベント タイミングを含む時間帯 コンテキストを明示するために頼ります。 従って、すべての企業およびホストされたコンタクトセンター 顧客は Linuxシステム メンテナンスのためのレッド帽子の指導にシステムを確認するためにです 2007 年の夏時間変更のために更新済付着する必要があります。 タイムゾーンのアップデートは Red Hat Network から入手可能です。

    システムをアップデートするために、このコマンドで Red Hat アップデート エージェントを起動させて下さい:

    up2date

    または

    up2date - u tzdata

    このコマンドはシステムでアップグレードされる適切な RPM という結果に終る対話形式のプロセスを開始します。 アップデートツールは世界中でさまざまなタイムゾーンのためのルールのデータファイルが含まれている tzdata パッケージをアップデートします。

    現在のリリース CTI 製品のための電流 JRE/JDK に tzupdater を加えて下さい。 電流によってサポートされる JRE/JDK は 1.4.2_13 です。 JavaCIL 6.0 は Red Hat Linux Enterprise 3.0 上で動作し、JavaCIL 7.0/7.1 は Red Hat Linux Enterprise 4.0 上で動作します。

夏時間変更の意識を取り扱う Microsoft Windows 記述されていたプロシージャはまたより古い Intelligent Contact Management (ICM) 企業のまたはホストされたおよび IP Contact Center (IPCC) 企業かホストされた製品のために設定されるはずですが Cisco コンタクトセンター ソフトウェアのこれらのバージョンがソフトウェアメンテナンスリリース日付の端を超過したので Cisco 必須メンテナンス アップデートを入手するために、それらは現在のサポートされた主要なバージョン レベルにアップグレードする必要があります。 顧客向けにアップグレードしないで下さい、6.0 および 7.x インストールに提供される回避策に続くことが推奨されます。 終りの販売および生産終了 プロダクト ページを参照して下さい。

VPN 3000 コンセントレータ(Altiga OS)

Altiga OS を実行しているシステムの DST の設定パラメータは変更できません。 現在、Altiga OS の 4.1 および 4.7 リリースでは、以前の設定どおりに夏時間のデフォルト設定を使用するため、サマータイム機能を有効にすることができます。 この問題を回避するために、時間を新しい夏時間がに 2008 年 4月 6 日発生する前方に設定 して下さい 1 時間。 DST はこれらのデバイスでディセーブルにする必要があります従ってデバイスは 10月の第 1 日曜日の前方にクロックを設定 するように試みません。

ここでは、利用可能な修正済みのコードにアップグレードしないことを選択したユーザのための回避策について説明します。

夏時間を無効にして、次の図に示すように、クロックの時間を進めて設定します。

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ip/network-time-protocol-ntp/100509-au-dst-recommendations-11.gif

背景説明

夏時間調整(SA) www.eric.sa.gov.auleavingcisco.com —このページは南 オーストラリアの時間についての情報を提供します。 ページに南 オーストラリアで南オーストラリア夏時間および開始するについての情報および夏時間調整の完了があります。

夏時間調整は日付を記入します(VIC) www.vic.gov.au にleavingcisco.com —このページはビクトリアの夏日付についての情報を提供します。

ニュー・サウス・ウェールズ www.lawlink.nsw.gov.au の夏時間調整leavingcisco.com —このページはニュー・サウス・ウェールズの時間についての情報を提供します。 ページに NSW で東部標準時および開始するについての情報および夏時間調整の完了があります。

WA http://wa.gov.au の夏時間調整leavingcisco.com —夏時間調整の 3 年試験は 3 December 2006 年の西 オーストラリアで始まりました。 このサイトは 2007 年および 2008 年の夏時間調整日付を過します。

ACT www.cmd.act.gov.au の夏および公休日leavingcisco.com —このページは夏時間調整についての情報およびオーストラリア首都特別地域の公休日を提供します。 ページは 2007/08 の夏の夏時間調整および 2007 年および 2008 年の公休日の日付を過します。

タスマニアの夏時間調整配置 www.dpac.tas.gov.auleavingcisco.com —このページはタスマニアの夏についての情報を提供します。 ページにまたこの期間の間に他の状態で時間についての情報があります

[[先頭に戻る]

Document ID: 100509


関連情報


Document ID: 100509