音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity Event Viewer エラー: "「C:\WINNT\system32\dnsperf.dll failed」

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に Cisco Unity イベント ビューア エラーを取り払う方法を説明されています: Cisco Unity サーバ イベント ビューアのアプリケーションログに現われる "C:\WINNT\system32\dnsperf.dll" は失敗しました。

この資料は方法についての情報が Microsoft Windows 2000 サーバのレジストリを修正する含まれています。 それを修正する前にレジストリをバックアップすることを確かめて下さい。 問題が発生する場合レジストリを復元する方法を知っていることを確かめて下さい。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Microsoft Windows 2000 レジストリ

  • Cisco Unity 音声メール サーバ

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Microsoft Windows 2000 レジストリ

  • Cisco Unity 音声メール サーバ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

このエラーは Cisco Unity サーバのイベント ビューアで現われ続けます:

Source: Perflib 
event id:1008

DLL "C:\WINNT\system32\dnsperf.dll" のサービス「DNS」のための公開されたプロシージャは失敗しました。 このサービスのためのパフォーマンスデータは利用できません。 戻るステータス スコードはデータ DWORD 0 です。

解決策

この問題は DNS チェックの perflib エラーが原因で発生します。 問題を解決するためにこのセクションでソリューションを使用して下さい。

アプリケーションログのこれらのエラーを取り払うためにこれらのステップを実行して下さい:

  1. 完全にパフォーマンスモニタ 拡張を取除くために、最初にカスタム カウンターをサポートした製品のサービス名を確認して下さい。

    この場合、サービス名は DNS サービスです。

  2. Start > Run からの次のサブ キーに横断するのに RegEdt32.exe を使用して下さい。

  3. RegEdt32.exe を使用して HKEY_LOCAL_MACHINE \システム\ currentControlSet \サービス\ DNS \パフォーマンスに横断して下さい。

  4. パフォーマンス サブ キーを選択し、そして Edit メニューから『Delete』 をクリック して下さい。

    この操作はパフォーマンス サブ キーおよび値をすべて削除します。

  5. アプリケーション ログインをイベント ビューア削除し、ユニティサーバをリブートして下さい。


関連情報


Document ID: 100404