スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

WiSM のトラブルシューティングに関する FAQ

2006 年 8 月 31 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2008 年 1 月 21 日) | フィードバック

質問

概要
Cisco 無線サービス モジュール(WiSM)とは何ですか。
WiSM モジュールを Cisco 統合サービス ルータ(ISR)と一緒に使用できますか。
Cisco WiSM と互換性のあるデバイスには何がありますか。
Cisco WiSM に関する詳細な情報はどこで入手できますか。
メッシュ アクセス ポイント(AP)は WiSM カードと互換性がありますか。
Cisco WiSM のインストール方法に関する説明はどこで入手できますか。
WiSM を工場出荷時のデフォルト設定に戻すにはどうすればよいですか。
1 つの Cisco WiSM モジュールが 2 つの WLAN コントローラで構成されているというのは本当ですか。
リンク集約(LAG)機能は Cisco WiSM でサポートされていますか。
Cisco WiSM と Cisco Catalyst 6500 スーパーバイザはどのようにして相互に通信するのですか。
WiSM カードのステータスを確認するにはどうしたらいいですか。 設定内容をトラブルシューティングするにはどのようなコマンドが使用できますか。
設定をトラブルシューティングするにはどのような debug コマンドが有効ですか。
WiSM カードの LED のパターンは何を意味していますか。
Cisco WiSM をサポートするために最小限必要なソフトウェア要件には何がありますか。
Cisco WiSM モジュールが Catalyst 6500 に正しくインストールされているかどうかを調べるには、どのようにしたらよいですか。
Lightweight アクセス ポイント プロトコル(LWAPP)を実行しているアクセス ポイントの管理に 6500 WiSM カードを使用している場合、WiSM に不具合が発生したときにはどのようなことが起こりますか。 管理機能だけでなく、全体が機能しなくなりますか。
WiSM ブレードでリンク集約(LAG)をディセーブルにする方法はありますか。 ドロップダウン メニューからは(ディセーブルがなく)イネーブルにすることしかできません。
WiSM カードは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(18)SXF2 が稼働している Catalyst 6500 でサポートされていることは理解しています。 Catalyst 6500 スイッチのアップグレード手順の説明はどこで入手できますか。
Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチのトラブルシューティングに関する情報はどこで入手できますか。
WiSM モジュールを Catalyst 6500 スイッチにインストールした後にオンラインにならない理由は何ですか。
2 台の 6500 シャーシ間でゲートウェイ ロード バランシング プロトコル(GLBP)を冗長プロトコルとして使用しているときに、両方のシャーシにフェールオーバーの目的で WiSM をインストールしたとします。いずれかの WiSM で接続またはシャーシに不具合が発生したとき、クライアントがもう一方の WiSM にアクセスできないコンバージェンス時間はどのくらいですか。
Cisco WiSM のパスワードを忘れてしまいました。 WiSM のパスワードをリセットするために使用できるパスワードの回復手順はありますか。
Lightweight アクセス ポイント プロトコル(LWAPP)モードに変換した Autonomous アクセス ポイントがいくつかあります。 これらのアクセス ポイントと WiSM カードとの間で通信は行えますか。
ネットワーク上でファイアウォール サービス モジュール(FWSM)と WiSM モジュールを一緒に使用できますか。
VPN サービス モジュール(VPNSM)と Cisco WiSM の設定はどのようにして統合できますか。
WiSM コントローラ間で設定したモビリティ グループが思ったように機能しません。 プライマリ コントローラに障害が発生したとき、1 番目のコントローラに登録したアクセス ポイント(AP)が 2 番目のコントローラにフェールオーバーしません。 原因としてどのようなものが考えられ、問題をどのように修正すればよいですか。
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

このドキュメントでは、Wireless Services Module(WiSM; 無線サービス モジュール)のトラブルシューティングに関する FAQ について説明します。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Q. Cisco 無線サービス モジュール(WiSM)とは何ですか。

A. Cisco WiSM とは、Cisco Unified Wireless Network のコンポーネントの 1 つです。 WiSM は業界で最も革新的で、統合化された、スケーラブルな無線ソリューションです。 Cisco Catalyst 6500 シリーズの WiSM は、ビジネスクリティカルな Wireless LAN(WLAN; 無線 LAN)に対して、比類のないセキュリティ、可動性、冗長性、使い勝手の良さを備えています。 Cisco WiSM は、Cisco Aironet(R) シリーズの Lightweight アクセス ポイント、Cisco Wireless Control System(WCS)、および Cisco Wireless Location Appliance と一緒に動作し、ミッション クリティカルな無線でのデータ、音声、ビデオ アプリケーションをサポートする、安全で統合化された無線ソリューションです。 Cisco WiSM は、Catalyst 6500 シリーズ スイッチの 1 スロットを占有します。

先頭に戻る

Q. WiSM モジュールを Cisco 統合サービス ルータ(ISR)と一緒に使用できますか。

A. 使用できません。Cisco WiSM は Cisco ISR にはインストールできません。 WiSM と互換性があるのは Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチと Cisco Catalyst 6500 スーパーバイザ エンジン 720 だけです(スーパーバイザ エンジン 720 のすべてのバージョンに対応します)。 また、WiSM は、Cisco IOS(R) ソフトウェア リリース 12.2(18)SXF5 が稼働している場合のみ Cisco 7600 ルータもサポートしています。

Cisco ISR には、Wireless LAN Controller Module(WLCM; 無線 LAN コントローラ モジュール)をインストールできます。 WLCM の詳細については、『Cisco WLAN コントローラ ネットワーク モジュール機能ガイド』を参照してください。

先頭に戻る

Q. Cisco WiSM と互換性のあるデバイスには何がありますか。

A. Cisco WiSM をインストールする Catalyst のシャーシには、スーパーバイザ 720 モジュールが必要です。 次の表に、Cisco WiSM 用にサポートされているスロットを示します。

wism-ts-faq-a.gif

Cisco WiSM 用にサポートされているスロット

また、WiSM は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(18)SXF5 が稼働している Cisco 7600 ルータでもサポートされています。

先頭に戻る

Q. Cisco WiSM に関する詳細な情報はどこで入手できますか。

A. Cisco WiSM については、『Cisco Catalyst 6500 シリーズ無線サービス モジュールに関する Q&A』で詳細に説明しています。

先頭に戻る

Q. メッシュ アクセス ポイント(AP)は WiSM カードと互換性がありますか。

A. あります。メッシュ AP は Lightweight Access Point Protocol(LWAPP; Lightweight アクセス ポイント プロトコル)をベースとして実行されるため、これらの AP と WiSM カードには互換性があります。 一般的には、LWAPP に対応しているすべての AP は Cisco WiSM カードと互換性があります。

先頭に戻る

Q. Cisco WiSM のインストール方法に関する説明はどこで入手できますか。

A. Catalyst 6500 シリーズ スイッチ無線サービス モジュール インストールと設定ガイド』の「WiSM のインストール」セクションでは、Cisco WiSM をインストールする際に従う必要のある手順について説明しています。

先頭に戻る

Q. WiSM を工場出荷時のデフォルト設定に戻すにはどうすればよいですか。

A. WiSM コントローラを工場出荷時のデフォルトにリセットするには、次の手順を実行してください。

  1. WiSM コントローラの CLI で reset system と入力します。
  2. 設定に対する変更を保存するかどうかをたずねるプロンプトに対して、Y または N を入力します。装置がリブートします。
  3. ユーザ名をたずねられたら、recover-config と入力すると、工場出荷時のデフォルト設定に復元されます。 Cisco WLAN コントローラがリブートして、次のメッセージが表示されます。
      Welcome to the Cisco WLAN Solution Wizard
               Configuration Tool
      
  4. これで、WiSM が工場出荷時のデフォルトにリセットされました。 新しい設定を入力するには、設定ウィザードを使用してください。
先頭に戻る

Q. 1 つの Cisco WiSM モジュールが 2 つの WLAN で構成されているというのは本当ですか。

A. 本当です。 Cisco WiSM は、2 つの Cisco 4404 コントローラで構成されています。 1 つ目のコントローラを WiSM-A カードとし、2 つ目のコントローラを WiSM-B カードとします。 インターフェイスと IP アドレスの割り当ては、それぞれのカードで別々に考慮する必要があります。 WiSM-A では 150 のアクセス ポイントを管理します。また、WiSM-B では別の 150 のアクセス ポイントを管理します。 これらのコントローラは、モビリティ グループで一緒にグループ化して、クラスタを構成できます。

先頭に戻る

Q. リンク集約(LAG)機能は Cisco WiSM でサポートされていますか。

A. LAG は、コントローラのすべてのディストリビューション ポートを 1 つの EtherChannel にバンドルします。 これにより、AP の機能が完全に動作するために必要な AP マネージャ インターフェイスの数が削減されます。 LAG をイネーブルにすると、システムがポートの冗長性をダイナミックに管理し、ユーザに対して透過的にアクセス ポイントのロード バランシングを行います。

LAG は、Cisco WiSM コントローラで自動的にイネーブルにされます。 LAG を使用しない場合、コントローラ上の各ディストリビューション システム ポートでは、アクセス ポイントが最大 48 台までサポートされます。 LAG をイネーブルにすると、各 Cisco WiSM コントローラ上の論理ポートで最大 150 台のアクセス ポイントをサポートできます。 LAG を使用すると、各インターフェイスのプライマリ ポートやセカンダリ ポートを設定する必要がなくなるため、コントローラの設定が簡単になります。 コントローラ ポートのいずれかで不具合が発生すると、トラフィックが自動的に他のいずれかのポートに移行されます。 コントローラ ポートが 1 つでも機能していれば、システムは動作を継続し、アクセス ポイントはネットワークに接続されたままになるため、無線クライアントはデータの送受信を継続できます。

先頭に戻る

Q. Cisco WiSM と Cisco Catalyst 6500 スーパーバイザはどのようにして相互に通信するのですか。

A. Cisco WiSM では、Wireless Control Protocol(WCP; 無線制御プロトコル)を使用して、Cisco Catalyst 6500 スーパーバイザと通信します。 WCP とは、スーパーバイザと Cisco WiSM コントローラとの間で通信を行うための、UDP ベースの新しい内部プロトコルです。 WCP はコントローラのサービス インターフェイスで、WiSM とスーパーバイザ間の通信のみを行います。このインターフェイスは、WiSM モジュールのポート 9 と 10 に対応します。 WCP は、UDP/IP を使用して、サービス インターフェイスのポート 10000 で動作します。

先頭に戻る

Q. WiSM カードのステータスを確認するにはどうしたらいいですか。 設定内容をトラブルシューティングするにはどのようなコマンドが使用できますか。

A. WiSM モジュールのステータスを確認するには、次の show コマンドを使用できます。

  • show wism status
  • show wism mod <slot no> controller <no> status

これら 2 つのコマンドの出力例を次に示します。

  Router#show wism status 
  
  Service Vlan : 192, Service IP Subnet : 192.168.10.1/255.255.255.0
  
        WLAN
  Slot  Controller  Service IP       Management IP    SW Version  Status
  ----+-----------+----------------+----------------+-----------+---------------
  3     1           192.168.10.3     40.1.3.10        3.2.78.0    Oper-Up
  3     2           192.168.10.4     40.1.3.15        3.2.78.0    Oper-Up
  
  
  Router#show wism mod 3 controller 1 status 
  
  WISM Controller 1 in Slot 3
  Operational Status of the Controller : Oper-Up
  Service VLAN                         : 192
  Service Port                         : 9
  Service Port Mac Address             : 0011.92ff.8722
  Service IP Address                   : 192.168.10.3
  Management IP Address                : 40.1.3.10
  Software Version                     : 3.2.78.0
  WCP Keep Alive Missed                : 0
  
先頭に戻る

Q. 設定をトラブルシューティングするにはどのような debug コマンドが有効ですか。

A. WiSM の設定のトラブルシューティングには、次の debug コマンドが便利です。

これらの debug コマンドは、ルータ(Sup720)の CLI から発行します。

  • Router#debug wism wcp {data/errors/headers}
  • Router#debug wism events

次の debug コマンドは、WiSM の CLI から直接発行できます。

  • WiSM-A#debug wcp {packet/events}
  • WiSM-A#debug wps
先頭に戻る

Q. WiSM カードの LED のパターンは何を意味していますか。

A. WiSM の前面パネルにある LED は、モジュールのステータスを表します。

wism-ts-faq-1.gif

LED パターンの意味
※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。

先頭に戻る

Q. Cisco WiSM をサポートするために最小限必要なソフトウェア要件には何がありますか。

A. 次の表に、Cisco WiSM をサポートするのに必要な最小限のソフトウェアを示します。

wism-ts-faq-b.gif

Cisco WiSM に必要な最小限のソフトウェア

先頭に戻る

Q. Cisco WiSM モジュールが Catalyst 6500 に正しくインストールされているかどうかを調べるには、どのようにしたらよいですか。

A. show module コマンドを使用すると、WiSM モジュールが Cisco Catalyst 6500 にインストールされているかどうかを確認できます。

次に例を示します。

  cat6506#show module
  Mod Ports Card Type                            Model              Serial No.
  --- ----- ---------------------------------  ------------------  -----------
   3  10  Wireless Service Module        WS-SVC-WISM-1-K9  SAD092504J8
   4   48  48-port 10/100 mb RJ45               WS-X6148-45AF      SAL08154UT3
   5    2  Supervisor Engine 720 (Active)       WS-SUP720-3BXL     SAL0913827E
  
  <snip>
  Mod  Online Diag Status 
  ---- -------------------
   3  Pass <<Check that this entry has a state of PASS>>
   4  Pass
   5  Pass 
  
先頭に戻る

Q. Lightweight アクセス ポイント プロトコル(LWAPP)を実行しているアクセス ポイントの管理に 6500 WiSM カードを使用している場合、WiSM に不具合が発生したときにはどのようなことが起こりますか。 管理機能だけでなく、全体が機能しなくなりますか。

A. WiSM のブレードには 2 つのコントローラが搭載されています。 これによって、管理のポイントが 2 か所で提供されています。 不具合が発生した場合でも、フェールオーバーできる別のコントローラがあります。

先頭に戻る

Q. WiSM ブレードでリンク集約(LAG)をディセーブルにする方法はありますか。 ドロップダウン メニューからは(ディセーブルがなく)イネーブルにすることしかできません。

A. WiSM は LAG モードでのみ動作します。 これをディセーブルにすることはできません。 コントローラは、物理的な接続を検出して、それに応じて LAG を適用できます。

先頭に戻る

Q. WiSM カードは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(18)SXF2 が稼働している Catalyst 6500 でサポートされていることは理解しています。 Catalyst 6500 スイッチのアップグレード手順の説明はどこで入手できますか。

A. Catalyst 6000/6500 シリーズ スイッチでのソフトウェア イメージのアップグレード』では、Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチのソフトウェア イメージをアップグレードする手順について、詳細に説明しています。

先頭に戻る

Q. Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチのトラブルシューティングに関する情報はどこで入手できますか。

A. Cisco IOS システム ソフトウェアが稼動している Catalyst 6500/6000 シリーズ スイッチのハードウェアおよび共通問題のトラブルシューティング』では、Cisco IOS システム ソフトウェアが稼働している Catalyst 6500/6000 スイッチのハードウェアや関連する一般的な問題のトラブルシューティングについて説明しています。

先頭に戻る

Q. WiSM モジュールを Catalyst 6500 スイッチにインストールした後にオンラインにならない理由は何ですか。

先頭に戻る

Q. 2 台の 6500 シャーシ間でゲートウェイ ロード バランシング プロトコル(GLBP)を冗長プロトコルとして使用しているときに、両方のシャーシにフェールオーバーの目的で WiSM をインストールしたとします。いずれかの WiSM で接続またはシャーシに不具合が発生したとき、クライアントがもう一方の WiSM にアクセスできないコンバージェンス時間はどのくらいですか。

A. Lightweight Access Point Protocol(LWAPP; Lightweight アクセス ポイント プロトコル)のアクセス ポイントの平均的なフェールオーバー処理は 1 分程度でですが、ネットワークの設計によって変わります。 1 分間の遅延が生じる理由は、Lightweight アクセス ポイントでは、セカンダリ コントローラに加入するために、LWAPP の加入処理を実行する必要があるためです。

先頭に戻る

Q. Cisco WiSM のパスワードを忘れてしまいました。 WiSM のパスワードをリセットするために使用できるパスワードの回復手順はありますか。

A. WiSM のパスワードをリセットするためには、WiSM をデフォルトの設定にリセットする必要があります。 スタンドアロンのコントローラと同じ手順を実行します。 コンソール ポートからアクセスして、コントローラをリブートし、システムの起動時にブートローダに切り替えます。

システムから 5 つのオプションが表示されます。 最初に 5. Clear Configuration を選択します。 これはパスワードをリセットできる唯一のオプションで、またその他のボックスを再設定する必要があることを意味します。 次に、1. Run primary image (version 3.2.116.21) (active) を選択して、システムを再度起動します。次に例を示します。

  Booting Primary Image...
  Press <ESC> now for additional boot options...
  
  ***** External Console Active ***** 
  
      Boot Options
  
  Please choose an option from below:
  
   1. Run primary image (version 3.2.116.21) (active)
   2. Run backup image (version 3.1.87.0)
   3. Manually update images
   4. Change active boot image
   5. Clear Configuration
  
  Please enter your choice: 5
  
  Please choose an option from below:
  
   1. Run primary image (version 3.2.116.21) (active)
   2. Run backup image (version 3.1.87.0)
   3. Manually update images
   4. Change active boot image
   5. Clear Configuration
  
  Please enter your choice: 1
  
先頭に戻る

Q. Lightweight アクセス ポイント プロトコル(LWAPP)モードに変換した Autonomous アクセス ポイントがいくつかあります。 これらのアクセス ポイントと WiSM カードとの間で通信は行えますか。

A. できます。LWAPP に変換されたアクセス ポイントは、すべて WiSM カードに接続できます。

先頭に戻る

Q. ネットワーク上でファイアウォール サービス モジュール(FWSM)と WiSM モジュールを一緒に使用できますか。

A. できます。 この構成はサポートされています。 Cisco WiSM と FWSM を統合する方法については、『Cisco WiSM と Firewall Service Module の統合』を参照してください。

先頭に戻る

Q. VPN サービス モジュール(VPNSM)と Cisco WiSM の設定はどのようにして統合できますか。

A. VPNSM は、既存のシスコ製品の VPN ポートフォリオをさらに拡張する、高パフォーマンスの VPN オプションとして導入されました。 VPNSM は、Catalyst 6500 サービス モジュール ファミリの一部であり、Firewall Services Module(FWSM; ファイアウォール サービス モジュール)、Content Switching Module(CSM; コンテント スイッチング モジュール)、Intrusion Detection System Module(IDSM; 侵入検知システム モジュール)、Network Analysis Module(NAM; ネットワーク解析モジュール)、および Secure Socket Layer Module(SSL)で構成されています。

VPNSM と Cisco WiSM の設定を統合する方法については、『Cisco WiSM と VPN Service Module の統合』を参照してください。

先頭に戻る

Q. WiSM コントローラ間で設定したモビリティ グループが思ったように機能しません。 プライマリ コントローラに障害が発生したとき、1 番目のコントローラに登録したアクセス ポイント(AP)が 2 番目のコントローラにフェールオーバーしません。 原因としてどのようなものが考えられ、問題をどのように修正すればよいですか。

A. この問題の原因として最も考えられるのは、モビリティ グループの設定が正しくないか不完全であることです。 この問題を解決するには、次のように、WiSM モビリティ グループを正しく設定する必要があります。

  1. 設定されているモビリティ グループの名前が、特定のモビリティ グループに属するすべてのコントローラ上で同一である必要があります。 モビリティ グループの名前は、大文字小文字が区別されます。
  2. 各コントローラで設定されているモビリティ グループのメンバ リストには、特定のモビリティ グループのすべてのコントローラが記載されている必要があります。

これらの設定を行えば、フェールオーバーがシームレスに行われます。また、プライマリ コントローラの状態が元に戻ったときには、事前に登録された AP がそのコントローラにフォール バックされます。

モビリティ グループの詳細については、『モビリティ グループ』の設定ドキュメントを参照してください。

先頭に戻る


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 70608