アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco Wide Area Application Services(WAAS)

WAAS シリーズ SystemReport の取得方法

2007 年 11 月 15 日 - 日本オリジナル版
その他のバージョン: PDFpdf | フィードバック

2007年11月15日初版

概要

このドキュメントでは Cisco WAAS ソフトウェアが稼働している Cisco Wide Area Application Engine でトラブルシューティング時に使用する SystemReport の取得方法を説明します。

前提条件

要件

この設定を開始する前に、次の要件が満たされていることを確認してください。

  • 該当 WAE の IP アドレスへのアクセスが可能であること

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco WAE-511
  • Cisco WAAS ソフトウェア リリース 4.0.13

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメント内で使用されているデバイスは、すべてクリアな(デフォルト)設定で作業が開始されています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、すべてのコマンドによる潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。


関連製品

この設定は、次のバージョンのハードウェアとソフトウェアにも使用できます。

  • Cisco WAAS ソフトウェアが稼動するすべてのCisco WAE

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

手順説明

GUI での取得方法

  1. Central Manager の GUI で Devices タブを選び、SystemReport が必要な WAE の Device Name をクリックする。
    SystemReport が必要な WAE の Device Name をクリックする。

    ※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。

  2. 左端の Contents メニューで Home を選び、Device GUI をクリックする。
    Device GUI をクリックする。

    ※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。

  3. Device Manager GUI が表示されたら、左端のメニューの Cisco WAE > Utilities をクリックする。Support タブの System Report 欄の Specify Date で情報が必要な期間を指定もしくは、Full を選び、Download をクリックする。
    Download をクリックする。

    ※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。

  4. 以下のポップアップで OK をクリックし、System Report の保存先を指定し取得する。
    System Report の保存先を指定し取得する。

    ※ 画像をクリックすると、大きく表示されます。


CLI での取得方法

  1. 該当 WAE の CLI で"copy sysreport disk <ファイル名>" コマンドで一旦 WAE のハードディスクに System Report を保存する。ファイル名には拡張子として tar.gz を指定する。

    情報の期間を限定する場合は start-date,end-date オプションで期間を指定する。
    copy sysreport disk コマンド使用例
    WAE511-B#copy sysreport disk ?
    WORD file name (xxxx.tar.gz) for system reports
    WAE511-B#copy sysreport disk WAE511-B_20070901.tar.gz
     
  2. "copy disk {ftp | tftp} {hostname | ip-address} <保存先のディレクトリ> <保存先のファイル名> <1.で指定したファイル名>" コマンドでハードディスクに保存した System Report を ftp/tftp サーバにコピーする。
    copy disk 使用例
    WAE511-B#copy disk ftp 192.168.1.1 / WAE511-B_20071201.tar.gz.tar.gz WAE511-B_20071201.tar.gz.tar.gz  
Updated:Nov 15, 2007 Document ID:1101112007