音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Security Agent が Unity サーバの sqlmaint.exe をブロックする

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco セキュリティ エージェント(CSA)が Cisco Unity 4.2 の sqlmaint.exe をブロックするときこの資料に問題を解決する方法を記述されています。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unity 4.2

  • Cisco セキュリティ エージェント バージョン 5.0

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity 4.2

  • Cisco セキュリティ エージェント バージョン 5.0

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco Unity 4.2 で CSA バージョン 5.0 をインストールした後、CSA はログファイルを作成するために sqlmaint.exe によって試みられるすべての試みをブロックし、このエラーメッセージを生成します:

プロセス D:\Program Files\Microsoft SQL サーバ\ MSSQL \ Binn \ sqlmaint.exe は(ユーザ NT 機関\システムとして) D:\Program Files\Microsoft SQL サーバ\ MSSQL \ LOG \ Unity Maint Plan6_200708130900.txt にアクセスするように試みました 試みられたアクセスは書(オペレーション = OPEN/CREATE)でした。 オペレーションは否定されました。

解決策

Sqlmaint.exe は SQL サーバ データベース メンテナンス プラン ウィザード エグゼキュータです。 sqlmaint.exe は必要なアプリケーションがきちんとはたらくことができるようにそれが必要となるので無効ではないはずです。 たとえば、sqlmaint.exe は SQL データベースをバックアップし、データベース トランザクション ログをダンプします。

Sqlmaint.exe を有効に する方法

CSA がおよび SQL メンテナンスプロセス実行インストールされていた後、尋ねるプロセス sqlmaint.exe はべきである許可されるかどうか CSA ダイアログボックスは現われます。 1 つがその時に記録 されてから、CSA は自動的に NOTO ない割り当てを sqlmaint.exe プロセス選択しました。

残念ながら、CSA のスタンドアロン バージョンで、unistall プロセスを有効に することができないし、CSA を再インストールします。 sqlmaint.exe を有効に するため、ダイアログボックスが現われる選定された YESWHEN および CSA を再インストールするため。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 100305