音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity のアップグレード後のサービス エラー CiscoUnity_BMsgConnector

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に CiscoUnity_BMsgConnector サービス エラーを解決する方法を説明されています。 これは通常 4.2 に後 Cisco Unity サーバのアップグレード、および Microsoft Windows 2003 Server にオペレーティング システム アップグレード発生しました。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Microsoft Windows 2003 オペレーティング システム

  • Cisco Unity サーバ

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity サーバ 4.2

  • Microsoft Windows 2003 Server

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco Unity サーバ バージョン 4.2 をアップグレードした後で、エラーはこのようになるイベント ビューアで発生します:

Source: CiscoUnity_BMsgConnector
Type: Error Event ID: 10005

CsBMsgConnector サービスは問題にこのサーバのためのブロードキャスト メッセージング メールボックスにアクセスすることを直面しました。 着信 ブロードキャストメッセージはこれが訂正されるまでローカルで提供されません。 存在 するそれを確認するためにこのメールボックスのためのディレクトリおよびメールストアを検査し、機能しています。 [スレッド 0x0000150C]

Frequency: Every 5 minutes

解決策

CsBMsgConnector はネットワーク Cisco Unity サーバから受信メッセージがあるかどうか見るためにブロードキャストメッセージ メールボックスを監察します。 それは多重サーバに当たられた場合)他の Cisco Unity か Cisco Unity Express サーバから送信 される システム ブロードキャストメッセージを受け取るようにサーバが意図されていない場合無効である場合もあります(または地元のCisco ユニティサーバから。

システム ブロードキャストメッセージは皆または組織内の特定の場所に組織で送られる記録された発表です。 各サーバがデジタルネットワーキングのために設定されるとき、システム ブロードキャストメッセージは同じディレクトリを共有するすべての Cisco Unity サーバのすべてのサブスクライバに送ることができます。 また、システム ブロードキャストメッセージは同じサブスクライバ ディレクトリにアクセスする 1つ以上の特定の Cisco Unity サーバのすべてのサブスクライバに送ることができます。 これをするために、所定 の サーバの発信ロケーションダイヤルID 宛にメッセージをアドレス指定して下さい。

受信 システム ブロードキャストメッセージを処理するために CsBMsgConnector がメールボックスをチェックする間隔は 5 分に現在ハードコードされます。

解決策 1

サービスが必要となる場合、エラーメッセージを除去するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity ツール ターミナルで、Dohproptester を開いて下さい。

  2. メール・ユーザ間の USbms_ ユーザ ユーザを選択して下さい。

  3. 右側で、0 に設定 されることを AVP_Subscriber_TYPE を、確かめますクリックして下さい。 そうでなかったら、0 にそれを変更して下さい。

  4. 『Set』 をクリック して下さい。 それから、CsBMsgConnector サービスを再開して下さい。

解決策 2

CsBMsgConnector サービスが必要とならない場合、これらのステップを完了して下さい:

  1. USBms_ アカウントを Active Directory (AD)から削除し、メールボックスを削除して下さい。

    Cisco Unity SQL データベースによって呼出される sp_MakeBroadcastMbox に保存された手順があります。

  2. Cisco Unity データ・リンク エクスプローラ(CUDLE)をそれを実行するのに使って下さい。

    これは SQL 表をアップデートします。 CUDLE はまた Cisco Unity ツール ターミナルにあります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 100263