音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Unity SAWeb を持つ Cisco Unity サブスクライバを削除できない

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

SAWeb の Cisco Unityサブスクライバを削除することを試みるとき削除はディスプレイ 0x80043307 (E_NOTIFIER_USER_NOT_MONITORED)エラーメッセージ失敗しました

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco Unity 4.x およびそれ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

エラー: 壊れる 0x80043307 (E_NOTIFIER_USER_NOT_MONITORED)を削除して下さいまたは壊れる 0x8004010F を削除して下さい

Cisco Unityサブスクライバを削除することを試みるときエラーメッセージ削除は 0x80043307 (E_NOTIFIER_USER_NOT_MONITORED)失敗しましたまたはエラーメッセージ削除はディスプレイ 0x8004010F 失敗しました。 これはメッセージ通知のためにメッセージ待機インディケーター (MWI)を使用するために設定 されない サブスクライバを削除すると発生します。

解決策 1

Cisco Unity ツール ターミナルにいるバルク サブスクライバ削除ツールまたはグローバル な サブスクライバ マネージャ ツールのサブスクライバを削除できます

SAWeb のサブスクライバを削除するために、これらのステップを実行して下さい:

  1. Cisco Unity 管理者へのログインは左メニューから、『Subscribers』 を選択 し。

  2. 検索を Subscriber アイコン クリックして下さい。 サブスクライバの名前を入力し、名前をクリックして下さい。

  3. 左メニューから『Messages』 を選択 して下さい。

  4. Messages ページで、メッセージ通知 ボックスのためのオプション 使用 MWI のチェックを外して下さい。

  5. エントリを保存するために SAVE ボタンを押して下さい。

  6. このサブスクライバを削除するために Subscriber ページの Delete アイコンをクリックして下さい。

  7. 削除したいと思うすべてのサブスクライバのためのプロシージャを繰り返して下さい。

  8. AvDSAD および AvDSGlobalCatalog サービスが実行されていない場合、SA は変更を奪取 しますが、処理しません。 これらのサービスが実行されていることを確認して下さい。

Cisco Unity からサブスクライバを削除した、それを再インポートする後エラーメッセージを受け取り続けたら、サブスクライバを Active Directory (AD)から削除し、それを作り直し、次にユニティサーバに戻って再インポートして下さい。 取除きます詳細についてはアクティブ ディレクトリからユニティ サブスクライバを参照して下さい。

解決策 2

SQL クエリ アナライザを開き、問題を解決するためにこのクエリを実行して下さい:

use unitydb update Configuration set LastModifiedTime=NULL

エラー: 削除は 0x80072030 そこのですサーバ\ XOD \ XOA のそのようなオブジェクト失敗しませんでした

削除することを試みるとき Cisco Unityサブスクライバは、Cisco Unified Messaging ユニティサーバから、削除 0x80072030 そこのですサーバ\ xOD のそのようなオブジェクト\ xOA エラーメッセージ ディスプレイ失敗しませんでした。 これは Cisco Unity 7.x に発生します。 また、サブスクライバの管理 ページは表示することができません。

解決策

対応した サブスクライバを SQL データベースから削除するために、レコードの適切な行を選択して下さい。 次の手順を実行します。

  1. Microsoft SQL Enterprise Manager > データベース > UnityDb への Naviagte。

  2. Subscriberの表を開き、取除く必要があるユーザを見つけて下さい。

  3. ユーザが占める行を強調表示し、手動で削除して下さい。

  4. 表を閉じ、次にユーザが取除かれることを確認するために System Administrator (SA)をチェックして下さい。

エラー: 代わりのオブジェクトはこのユニティサーバでまだ設定されていません

Unity adminstrator がアクティブなセカンダリサーバの Web System Administrator (SA)によってサブスクライバ オブジェクトを削除するとき、このメッセージが現れます:

代わりのオブジェクトはこのユニティサーバでまだ設定されていません。 このサブスクライバを削除します、コール ハンドラによって所有するか、または参照されるそれ、ディレクトリ ハンドラ、または制限テーブルにより、Database エラーを引き起こす可能性があります。 削除を取り消し、代わりのオブジェクトを設定するか、または Database エラーを識別する削除および実行 DBWalker を続行できます。 サブスクライバを削除して下さいか。

ユーザはサブスクライバがアクティブなプライマリ サーバで削除される場合このエラーを見ません。

解決策

これらの回避策の 1 つを実行して下さい:

  • セカンダリサーバが現在アクティブである場合これらのステップを実行して下さい:

    1. セカンダリサーバの SA を開き、システム > 設定 ページに行って下さい。

    2. 非常に一番下で、望ましい代わりのオブジェクト(プライマリで設定される EAdmin、)を規定 し、保存して下さい

  • セカンダリサーバが現在非アクティブである場合これらのステップを実行して下さい:

    1. セカンダリサーバの SQL クエリ アナライザを開いて下さい。

    2. オブジェクト ブラウザーでは、UnityDb > 保存された手順に、および dbo.csp_SetupDefaultCleanDeleteObjects の右クリック行って下さい

    3. >、別のクエリ ウィンドウ開く実行しなさいように New ウィンドウにオブジェクトを『Script』 を選択 して下さい。

    4. クエリを実行して下さい。

    5. 変更を確認するために、に SA > システム > SA の設定 ページ行って下さい。


関連情報


Document ID: 100259