音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Exchange サーバを使用したユニファイド メッセージングの E メールの制限プロンプトを無効にする方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Exchange サーバと Cisco Unity を使用するときこの資料に Unified Messaging の電子メール制限プロンプトをディセーブルにしか、またはバイパスする方法を記述されています。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unity 音声メール サーバ

  • Microsoft Exchange サーバ

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

この警告メッセージはパスワードが入力された後または外部発信者がサブスクライバのためのメッセージを残すことを試みるときメールボックスへのユーザ ログインおよびサブスクライバのメールボックスが完全なときされたどちらかです: 「メールボックスがストレージ制限を超過すればインボックスですほとんど全、新しいメッセージを送信 するか、または受け取れません」。は

解決策

メール制限メッセージ プロンプトは毎メールストアかユーザー単位でディセーブルにすることができます。

基本的には、すべてのメッセージは Exchangeポストで保存されます; デフォルトで、Cisco Unity サーバはメールボックスがユーザ向けに制限するのを視聴します。

解決策 1

毎メールストア基礎の制限プロンプトをディセーブルにしたいと思う場合次の手順に従って下さい:

  1. Exchange システムマネージャを開き、メールボックスストアを、たとえば、サーバ > YourServer > 最初にストレージ グループ > メールボックスストア見るまでツリーを拡張して下さい。

  2. メールボックスストアを右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。 制限タブをクリックして下さい。 KB の問題警告の下で、オプションをディセーブルにしか、または高い 値を非現実的に設定 し、『Apply』 をクリック し、『OK』 をクリック して下さい。

    複数のメールストアがある場合ディセーブルにしたいと思う各メールストアのこのステップを繰り返して下さい。 これはメールストア デフォルトで行くが、カスタム 設定があるだれでも影響を与えませんユーザだけに影響を与えます。 カスタム 設定があるそれらのユーザを世話するために、次のソリューションを使用して下さい。

: KB で Cisco Unity ツール ターミナル > 管理 ツール > メッセージ記憶装置マネージャ > スクリプトからの前の手順を > 設定 された メールボックス制限 > 問題警告また完了できます。

解決策 2

ユーザー単位の制限プロンプトをディセーブルにしたいと思う場合次の手順に従って下さい:

  1. Active Directory Users and Computers に進みます。 それから View > Advanced Features の順に進んで下さい。

  2. ユーザを捜して下さい; ユーザを右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

  3. Exchange General タブを選択し、ストレージ限界をクリックして下さい。

  4. 問題警告のそれをディセーブルにする KB オプションチェックを外しかまたは高い 値を非現実的に設定 し、『Apply』 をクリック し、『OK』 をクリック して下さい。

Cisco Unity および Exchange が同期化からあるときです完全なエラーメッセージ メールボックスを受け取ることができます。 Cisco Unity および Exchange を、コマンド プロンプトから同期するために、これを入力し、実行して下さい:

<drive where Cisco Unity is installed>:\commserver\configurationsetup\setup.exe /sync

たとえば C にインストールされる Cisco Unity、C:\commserver\configurationsetup\setup.exe /sync: 駆動して下さい

この操作によって、すべての Cisco Unity オブジェクトとディレクトリが同期されされます。 これは時間をかけ、Cisco Unity サーバのパーフォーマンスヒットを引き起こす場合があります。


関連情報


Document ID: 100243