音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Unity: [New Exchange Subscriber] オプションを使用できない

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

新しい サブスクライバが Cisco Unity に追加されるとき、新しい Microsoft Exchange ユーザを追加するオプションは利用できません。 このドキュメントでは、この問題のトラブルシューティング方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

Cisco Unity サーバに新しい サブスクライバを追加する試みが行われるとき Exchange オプションは追加サブスクライバに現われません: サブスクライバの型: 新しい サブスクライバ ドロップダウン メニュー。 新しい サブスクライバのためのドロップダウン メニューは選択不可能になり、唯一のオプションは既存のユーザをインポートするか、またはこのダイアグラムに示すようにインターネットユーザを、作成することです:

/image/gif/paws/100220/add_subscriber_gray.gif

この問題はメッセージ記憶装置 コンフィギュレーション ウィザード(MSCW)のだけ既存のサブスクライバを『Import』 を選択 する場合発生する場合があります。 この設定を確認するために、次の手順を実行します。

  1. MSCW プロシージャを実行するのが常であった同じアカウントの Cisco Unity にログイン して下さい。

  2. Windowsエクスプローラを開き、item1\Local 設定\臨時雇用者からの C:\Documents and Settings\User にナビゲート して下さい。

  3. Tempu.log ファイルを開いて下さい。

  4. MSCW プロシージャを実行したこと日付にスクロールして下さい。 セット SystemParameters\1.0\DisableNewExchSub を捜して下さい。 値が 1 である場合、これは MSCW プロシージャを実行したときに、Exchange からユーザをインポートすることをただ選択したことを意味します。

解決策

新しい Cisco Unityサブスクライバが追加されるとき Exchange オプションが現われないとき、この問題を解決するためにメッセージ記憶装置 コンフィギュレーション ウィザードを再実行して下さい。

ウィザードが Cisco Unity サービスの再始動を必要とするのでオフピーク の 時間の間に MSCW を実行することを推奨します。

  1. MSCW は Cisco Unity サーバのコントロール パネルから実行することができます。 追加/除去 プログラム オプションを選択し、次にメッセージ記憶装置 コンフィギュレーション ウィザードを選択して下さい。

    アカウントを使用することを忘れないでいて下さいドメイン Admin 特権がある。

  2. サブスクライバがどのように作成されるか選定された画面が現われるとき、作成新しいアカウントをクリックし、既存のアカウント オプション ボタンをインポートすることを確かめて下さい。

    subscriber_options_missing-1.gif


関連情報


Document ID: 100220