音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco Unified Communications Manager(CallManager)バックアップ エラー - Failed to Retrieve Destination Details

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料はこの Cisco Unified Communications Manager(CallManager) エラーメッセージおよびそれを解決するために必要な ステップを記述したものです:

宛先 詳細を取得されない

前提条件

要件

シスコでは、Cisco Unified Communications Manager(CallManager)に関する知識があることを推奨しています。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco Unified Communications Manager 5.x に基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

セキュア ファイル転送プロトコル(SFTP)の Cisco Unified Communications Manager 5.x をバックアップすることを試みるときエラーメッセージは宛先 詳細 ディスプレイを取得しませんでした

Cisco Unified CallManager (CCM)設定では、パス名は「C:\ として規定 されます」。 SFTP 設定では、ルートパスは「C:\ として規定 されます」。

解決策

これらが含まれていることをこのエラーを克服するために、確認して下さい:

  1. サーバ名: ネットワークサーバの名前か IP アドレス。

  2. パス名: バックアップ ファイルを保存したいと思うディレクトリのパス名。

    CCM 設定でただ「\」としてパス名を規定 する必要があります(ない「C:\」)。

  3. ユーザネーム: リモート システムのアカウントのための有効なユーザ名。

  4. パスワード: リモート システムのアカウントのための有効なパスワード。

問題

Cisco Unified Communications Manager 5.x をバックアップすることを試みるときこのエラーメッセージは受け取られます:

Master agent may be processing an operation or its down.Please refresh 
the page little later for latest status

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/unified-communications/unified-communications-manager-callmanager/99884-ccmbackuperror-01.gif

解決策

CallManager 5.x およびそれ以降では、CAR サービスを停止することは平らな CDR ファイルを集めることを止めません。 CDR ファイルをクリーンアップするために、これらのステップを完了して下さい:

  1. 新しい CDR ファイルがパブリッシャに押されないようにクラスタのすべてのサーバの CDR エージェント サービスを停止して下さい。

  2. すべてのファイルを請求サーバに押されるために確かめるためにこのコマンドを発行して下さい:

    ls -R
    		/var/log/active/cm/cdr_repository/destination*
  3. CDR リポジトリ マネージャCAR スケジューラーおよびパブリッシャの CAR Web サービス停止して下さい。

  4. 集まった /var/log/active/cm/cdr_repository/preserve/ <date> の下ですべてのファイルを取除いて下さい。 それから、これらのコマンドで /var/log/active/cm/cdr_repository/car/ <date> の下ですべてのシンボリック リンクを取除いて下さい:

    • RM - RF /var/log/active/cm/cdr_repository/preserve/ *

    • RM - RF /var/log/active/cm/cdr_repository/car/ *

  5. 再始動 CDR リポジトリ マネージャ、CAR スケジューラー、パブリッシャの CAR Web サービス

CDR ファイルのそれ以上の積算を停止するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. CCMAdmin ページのユーザグループ 管理の ccmadmin アカウントをまだ作成して下さい。

  2. CAR にログインし、そしてシステム > スケジューラー > CDR ロードに行って下さい。

  3. 連続的なロード 24/7 をチェックし、CDR ボックスだけロードして下さい

  4. [Update] をクリックします。

  5. システム > データベース> 設定します自動データベース パージを行って下さい。

  6. 1.にコール詳細レコードの最小値両方経過時間およびコール詳細レコードの最大 存続期間を設定 して下さい。

  7. [Update] をクリックします。

  8. > 自動生成/アラートはレポート構成に行きます。

  9. 各レポートに関しては、無効ステータスを選択し、『Update』 をクリック して下さい。

最終的には、すべてのサーバの再始動 CDR エージェント サービス。

この問題は、Cisco Bug ID CSCsl16967登録ユーザ専用)に記述されています。 詳細は、このバグを参照してください。

問題

障害回復の Cisco Unified コミュニケーション サーバ バックアップ ステータスは読みま、メディアをアーカイブするためにバックアップ Tarファイルをコピーします。 スケジュールされた DR バックアップは未知問題がスタックした原因になります。 コンポーネント バックアップ 操作は正常です。 ただし、マスタ エージェントが SFTP サーバであるバックアップの宛先に Tarファイルをコピーし始めるとき、drf_sftp.sh および drf_sftpLs.sh スクリプトは永久にハングします。

解決策

これは Cisco Unified Communications Manager バージョン 6.1 で見られる問題です。 回避策は DR マスタ エージェントおよびローカル エージェントを再起動すること Cisco Unified Communications Manager バージョンをアップグレードします。

この問題は Cisco バグ ID CSCsq50512登録ユーザのみ)で文書化されています。 詳細は、このバグを参照してください。


関連情報


Document ID: 99884