音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity UMR エラー メッセージのトラブルシューティング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

プライマリ Microsoft Exchange サーバがオフ・ラインのとき Cisco Unity 3.x および それ以降に構築される Cisco Unity メッセージ リポジトリ(UMR)はユーザ向けの脱退 メッセージに発信者の外部で許します。 メッセージは、Cisco Unity サーバの \CommServer\unityMTA ディレクトリに一時的に保存され、特別な UMR のカンバセーションによってアクセスできます。 プライマリ Exchange サーバがオンラインに戻ると、Cisco Unity は、通常どおりにメッセージを正しいメッセージ ストアに渡します。

この資料はいくつかの UMR エラーメッセージを説明したり、また、それらのエラーを解決すること、また、克服するのに必要なステップを記述したものです。

前提条件

要件

Cisco はこの資料を読む前にどのように Cisco Unity 作業理解することを推奨します。 詳細については、『White Paper: Cisco Unity が(詳細についてはバージョン 3.x)外観をどのようにはたらかせるか Cisco Unity データ アーキテクチャおよび

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Microsoft Exchange の Cisco Unity 3.0 またはそれ以降に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題: 1つ以上のメッセージは 30 日間 UnityMTA ディレクトリで保持されました

未配達音声メール メッセージは COM ポート\ unitymta \壊れるディレクトリにあります。 このエラーメッセージはイベントビューアアプリケーションログに記録されます:

Event Type:	Warning
Event Source:	CiscoUnity_UMR
Event Category:	UMR Thread Error 
Event ID:	155
Date:		8/13/2007
Time:		6:50:53 AM
User:		N/A
Computer:	HTMUNIT01
Description:One or more messages have been held in the UnityMTA directory for
30 days. This directory is used by the Unity Messaging Repository service to 
temporarily store voice messages left by unidentified callers when the Partner
Mail Server (CN=AAA0001/OU=CIS/OU=CISCO_TS/OU=TS/O=CISCO) is not available. 
Normally, these messages are delivered shortly after Cisco Unity detects that
the partner mail server has come back on-line. Check that the partner mail 
server is on-line, including the mailstore, and that Cisco Unity can connect to
it. If the partner mail server is on-line and reachable, to diagnose the
problem, enable all the micro traces for the AvUMRSyncSvr service, restart the
service, and then examine the logs. 
Message information: Recipient: cISCO  0x000012D0

解決策

通常 Exchange がダウン状態になるとき、UMR 機能は Cisco Unity が外部発信者 の メッセージを奪取 するようにします。 Cisco Unity が UMR モードにあるとき、音声メール メッセージは\ COM ポート\ UnityMTA ディレクトリおよびない Exchange で Cisco Unity サーバで一時的に保存されます。 これはサブスクライバが\ COM ポート\ UnityMTA ディレクトリで保存される新しい音声メール メッセージにアクセスできるようにします。 Exchange が再びオンラインになれば、通知は状態 Exchange がオンラインである AVNotifier サービスによって送信 されます。 一時的に Cisco Unity Message Transfer Agent (MTA)フォルダ、\ COM ポート\ unityMTA で保存されるすべてのメッセージは Microsoft Exchange にまっすぐにフローします

克服するために 1つ以上のメッセージは 30 日エラーのための UnityMTA ディレクトリで保持されました:

  1. \ \ COM ポート\ UnityMTA の下にある壊れるサブ フォルダに\参照して下さい。 Cisco Unity がそれらの音声メール メッセージを提供するように試みるように、親 MTA フォルダに音声メール メッセージを、\ \ COM ポート\ UnityMTA \手動で移動して下さい。 再度現れるエラーメッセージが可能性はほとんどありません。

  2. これらの音声メール メッセージが古い(30 日)ので、それらをすべて選択できそれらを削除します。

    音声メール メッセージが MTA フォルダで保存されるとき、音声 メッセージ自体の、およびメッセージがによって当たるとき AvUMRSyncSvr が使用するルーティング ファイルの .txt 拡張との 1 あります .wav ファイル拡張子とのディレクトリ、1 の名前の 2 つのファイルが。 .wav ファイルがない場合、それはファイルが正常に送信 されたことを意味します。 この場合、ルーティング ファイルだけ残ります。 それらを削除できます。

    のファイル削除するように試みるとき < ファイル名 > を削除できません: 共有違反がずっとあります。 ソースか目的ファイルは使用中であるかもしれません。 メッセージが現れることができます。

    このメッセージはそれらのファイルを削除できるために AvUMRSynchSvr Cisco Unity サービスを最初に停止する必要があることを示します。 ファイルの削除に、再始動 AvUMRSynchSvr

    すべてのファイルを削除したら、警告/エラーメッセージは停止します。

問題: Unity Message Repository メッセージを提供する試みにパートナー メール サーバにおいての Unity Configuration か接続上の問題が壊れた原因があります

Cisco Unity ユーザは音声メールを受け取り、音声 メールボックスにアクセスできないしイベントログにこのエラーメッセージが現れます:

Event Type:	Error
Event Source:	CiscoUnity_UMR
Event Category:	UMR Thread Error 
Event ID:	137
Date:		2/25/2009
Time:		9:28:13 AM
User:		N/A
Computer:	IOTUTYP01PW
Description:
Attempts to deliver Unity Message Repository messages have failed due to
Unity configuration or connectivity issues with the Partner Mail Server.

AvUMRSyncSvr will suspend message delivery for 300 seconds, after which
message delivery will be attempted again.

 During this outage, messages may accumulate in the temporary store.
0x00002580

この問題は AvUMRSyncSvr サービス エラーという結果に終るパートナー交換が UMR モードのオフ・ラインおよび Unity 実行であると発生します。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Permissions ウィザードを Cisco Unity ツール ターミナルから実行し、 ユニティサーバがユーザが見つけられる正しい mailsore を指すことを確かめて下さい。

  2. サービス アカウントが Cisco Unity Permissions ウィザードが設定 する許可に説明があるすべての権利および許可に会うことを確かめて下さい

  3. Cisco Unity と Exchange サーバ間にネットワーク接続があることを確かめて下さい。 詳細についてはテスト ネットワーク 接続およびスループットに使用 PING を参照して下さい。

  4. NIC 設定が Unity が接続する Cisco Unity サーバで適切か Exchange サーバまたはスイッチであることを確かめて下さい。 Auto Detect 回線 速度 および デュプレックスに設定 される詳細については低いスループットという結果に終る NIC を参照して下さい。

問題: Unity Message Repository はパートナー メール サーバとメッセージを提供するために通信できません

Cisco Unity 7.x へのアップグレードが、これらの UMR 警告受け取られた後、未配達音声メール メッセージは UnityMTA フォルダにあり。

Event Type:	Warning
Event Source:	CiscoUnity_UMR
Event Category:	UMR Thread Error 
Event ID:	110
Date:		9/15/2009
Time:		10:43:54 PM
User:		N/A
Computer:	CIN110UM01
Description:
The Unity Message Repository cannot communicate with the Partner Mail Server to deliver
messages.  Messages will be held in the temporary store until the mail server is
available.

解決策

次の手順を実行します。

  1. 1.にこの登録値を設定 して下さい。

    HKLM > Software > Active Voice > AvWm > 1.00 > Disable Server Status Check (DWORD)

    これはサーバ PING チェックをディセーブルにし、AvWm にすべての Exchange サーバがいつも稼働していると仮定させます。

    この場合、未配達音声メール メッセージは送信 されます。

  2. 新しいパートナー Exchange サーバへの移行する。

  3. 0 にこの登録値を設定し直して下さい。

    HKLM > Software > Active Voice > AvWm > 1.00 > Disable Server Status Check (DWORD)
  4. 新しい Exchange サーバに Cisco Unity Mailbox を移動して下さい。 Cisco Unity を参照して下さい: 詳細については Exchange サーバの間のメールボックスを移動する方法

  5. Cisco Unity サーバで、Start > Settings > Control Panel の順に選択 し、追加/除去 プログラム オプションを選択し、次に MSCW を実行するためにメッセージ記憶装置 コンフィギュレーション ウィザード(MSCW)を選択して下さい。

  6. MAPI プロファイルを削除し、Cisco Unity サーバをリブートして下さい。

Unity 7.X からのメッセージ: メッセージ サーバはオフ・ラインです

メッセージ サーバがオフ・ライン メッセージであることを聞きます。 さらに、Exchange サーバの D:\ ドライブは完全です。

Event Type:	Warning
Event Source:	CiscoUnity_UMR
Event Category:	UMR Thread Error 
Event ID:	112
Date:		11/24/2010
Time:		11:44:10 AM
User:		N/A
Computer:	TXCMASMCD001
Description:
The Unity Message Repository still cannot communicate with the Partner Mail Server to
deliver messages.  Messages will continue to be held in the temporary store until the mail
server is available. 240

メッセージは MTA フォルダでスタックしています。 メールストアを降ろした後 Exchange ログファイルの大きい音量を削除して下さい。

解決策

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. Exchange マネジメントコンソール(EMC)を開いて下さい。

  2. コンソールツリーでは、サーバコンフィギュレーションを拡張し、メールボックスをクリックして下さい。

  3. 作業ペインでは、循環 ロギングを有効に したいと思う Properties を開くために右クリックすればストレージ グループを

    umr_error-01.gif

  4. イネーブル 循環 ロギング チェックボックスをチェックして下さい。

    umr_error-02.gif

    : Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービス(MSExchangeIS)を再開する必要があるこれ後。

  5. services.msc を『Start』 をクリック し、『Run』 をクリック し、次にサービス スナップインを開始するために入力して下さい。

  6. Microsoft Exchange インフォメーション ストア サービス(MSExchangeIS)を見つけ、サービスを再開して下さい。

  7. メールストアをマウントし、Unity ボックスUMRsync サービスを再開して下さい。


関連情報


Document ID: 99875