音声 : アナログ シグナリング(E & M、DID、FXS、FXO)

アナログ E&M ダイヤル開始監視シグナリングの説明とトラブルシューティング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2006 年 2 月 2 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、アナログ recEive and transMit(E&M)ダイヤル開始監視シグナリングについて説明します。 ダイヤル開始監視とは、装置で E&M トランクを捕捉する方法や、アドレス信号情報を渡す(デュアル トーン多重周波数(DTMF)ディジットを送信する)方法を定義する回線プロトコルです。 E&M 回線で使用されている 3 種類の主要なダイヤル開始監視プロトコルは、即時スタート、ウィンク スタート、ディレイ ダイヤルです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco 1750、2600、2800、3600、3800、および VG200 ルータ

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

このドキュメントは、Cisco ルータ/ゲートウェイと Private Branch Exchange(PBX; 構内交換機)または電話会社の機器の間のダイヤル開始監視に関する問題のトラブルシューティングを行うときに参考として使用できます。

アナログ E&M の概要については、『音声:アナログ E&M 信号の概要』を参照してください。

アナログ E&M インターフェイス タイプ(I ~ V)と配線の問題については、『アナログ E&M インターフェイスのタイプおよび配線の説明とトラブルシューティング』を参照してください。

ウィンク スタート シグナリング

ウィンクは、最も一般的に使用されるプロトコルです。 ウィンク スタートの動作プロセスを次に示します(下記のを参照してください)。

  1. 発信側は、オフフックになることによってトランクを捕捉します。

  2. 終端側は、ディジットを収集する機器が接続されるまでアイドル(オンフック)状態にあります。

  3. 終端側は、準備が整うとウィンクを送信します。 ウィンクとは、オンフック > オフフック > オンフックの遷移です。 この遷移にかかる時間は 100 〜 350 ミリ秒の範囲です(下記のを参照してください)。

  4. 発信側はウィンクを受け取ると(ウィンクは続行の合図と解釈されます)、アドレス(ディジット)情報を送信します。

  5. 次にコールが宛先へルーティングされます。

  6. 遠端が応答すると、終端側はオフフックになることによって応答監視信号を発信側へ送ります。

  7. 通話の間、両端はオフフックの状態にあります。

  8. 一方がオンフックになることによって通話を切断できます。

(イミディエート スタートよりも)ウィンク スタートが使用される主な理由は、DTMF ディジットを受け取る側の受信準備ができたことを確認できることです。 PBX および Central Office(CO; セントラル オフィス)製品の場合、DTMF レシーバは共有リソースであり、その数は回線やトランクの総数よりも少ない場合があります。 もう 1 つの理由はグレアが減少することです。 グレアは、トランクの両端が同時にトランクを捕捉しようとしたときに起こります。

em-wink.gif

Cisco 1750、2600、2800、3600、3800、および VG200 ルータ(E&M 音声インターフェイス カード(VIC)を使用)では、(E&M アナログ パーソナリティ モジュール(APM)を使用した場合)、デフォルトのウィンク遅延は 200 ミリ秒です。 ウィンク遅延パラメータの確認方法と変更方法については、『ウィンク スタート シグナリングの遅延の確認』を参照してください。

ウィンク スタート シグナリングの遅延の確認

3660-2#show voice port 1/0/0

recEive And transMit 1/0/0 Slot is 1, Sub-unit is 0, Port is 0
 Type of VoicePort is E&M
 Operation State is DORMANT
 Administrative State is UP
 No Interface Down Failure
 Description is not set
 Noise Regeneration is enabled
 Non Linear Processing is enabled
 Non Linear Mute is disabled
 Non Linear Threshold is -21 dB
 Music On Hold Threshold is Set to -38 dBm
 In Gain is Set to 0 dB
 Out Attenuation is Set to 0 dB
 Echo Cancellation is enabled
 Echo Cancellation NLP mute is disabled
 Echo Cancellation NLP threshold is -21 dB
 Echo Cancel Coverage is set to 8 ms
 Playout-delay Mode is set to adaptive
 Playout-delay Nominal is set to 60 ms
 Playout-delay Maximum is set to 200 ms
 Playout-delay Minimum mode is set to default, value 40 ms
 Playout-delay Fax is set to 300 ms
 Connection Mode is normal
 Connection Number is not set
 Initial Time Out is set to 10 s
 Interdigit Time Out is set to 10 s
 Call Disconnect Time Out is set to 3 s
 Ringing Time Out is set to 180 s
 Wait Release Time Out is set to 30 s
 Companding Type is u-law
 Region Tone is set for US

 Analog Info Follows:
 Currently processing none
 Maintenance Mode Set to None (not in mtc mode)
 Number of signaling protocol errors are 0
 Impedance is set to 600r Ohm
 Station name None, Station number None
 Translation profile (Incoming):
 Translation profile (Outgoing):

 Voice card specific Info Follows:
 Operation Type is 2-wire
 E&M Type is 1
 Signal Type is wink-start
 Dial Out Type is dtmf
 In Seizure is inactive
 Out Seizure is inactive
 Digit Duration Timing is set to 100 ms
 InterDigit Duration Timing is set to 100 ms
 Pulse Rate Timing is set to 10 pulses/second
 InterDigit Pulse Duration Timing is set to 750 ms
 Clear Wait Duration Timing is set to 400 ms
 Wink Wait Duration Timing is set to 200 ms
 Wait Wink Duration Timing is set to 550 ms
 Wink Duration Timing is set to 200 ms
 Delay Start Timing is set to 300 ms
 Delay Duration Timing is set to 2000 ms
 Dial Pulse Min. Delay is set to 140 ms
 Percent Break of Pulse is 60 percent
 Auto Cut-through is disabled
 Dialout Delay is 70 ms

ウィンクのタイミング パラメータの変更

捕捉信号の送信後にウィンク信号を待機する最大時間を調整するには、音声ポート コマンドの timing wait-wink <msec> を使用します。 デフォルトは 550 ミリ秒です。

ウィンクの期間を調整するには、音声ポート コマンドの timing wink-duration <msec> を使用します。 デフォルトは 200 ミリ秒です。

音声ポートが接続先のシステムのウィンクを待機する時間を調整するには、音声ポート コマンドの timing wink-wait <msec> を使用します。 デフォルトは 200 ミリ秒です。

3660-2#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
3660-2(config)#voice-port 1/0/0
3660-2(config-voiceport)#timing ?
  clear-wait         time of inactive seizure signal to declare call cleared in
                     milliseconds
  delay-duration     Max delay signal duration for delay dial signaling in
                     milliseconds
  delay-start        Timing of generation of delay start sig from detect
                     incoming seizure in milliseconds
  dial-pulse         dial pulse
  dialout-delay      delay before sending out digit or cut-thru
  digit              DTMF digit duration in milliseconds
  hookflash-in       Hookflash input duration in milliseconds
  inter-digit        DTMF inter-digit duration in milliseconds
  percentbreak       the break period of a dialing pulse
  pulse              pulse dialing rate in pulses per second
  pulse-inter-digit  pulse dialing inter-digit timing in milliseconds
  wait-wink          Max time to wait for wink signal after sending outgoing
                     seizure in milliseconds
  wink-duration      Max wink duration for wink start signaling in
                     milliseconds
  wink-wait          Time to wait before sending wink signal after detecting
                     incoming seizure in milliseconds

3660-2(config-voiceport)#timing wait-wink ?
  <100-5000>  milliseconds
3660-2(config-voiceport)#timing wait-wink 300
3660-2(config-voiceport)#timing wink-duration ?
  <50-3000>  milliseconds
3660-2(config-voiceport)#timing wink-duration 250
3660-2(config-voiceport)#timing wink-wait ?
  <100-5000>  milliseconds
3660-2(config-voiceport)#timing wink-wait 350

タイミングに関するコマンドについては、『マルチサービス アプリケーションのコマンド』を参照してください。

イミディエート スタート シグナリング

イミディエート スタート シグナリングは最も基本的なプロトコルです。 発信側はオフフックになり、制限時間(たとえば 200 ミリ秒)待機した後、遠端を考慮することなくダイヤル ディジットを送信します(を参照してください)。

イミディエート スタート シグナリング方式は、ウィンク スタートに比べ信頼性が低くなります。 イミディエート スタートでは、コールの受信側はディジットを受け入れる準備ができたことを知らせるウィンクを送信しません。 場合によっては、PBX の負荷が高く DTMF レシーバをすばやくスイッチングできないため、シスコ製品からのディジットが受信されない可能性があります。 その場合、PBX の受信準備ができないうちにシスコ製品が DTMF ディジットを送信するためコールが成立しません。 したがって、信頼性を最大限にするにはイミディエート スタートよりもウィンク スタートが使用されます。

em-immed.gif

遅延ダイヤル シグナリング

ディレイ ダイヤルの動作プロセスを次に示します(を参照してください)。

  1. 発信側は、オフフックになることによってトランクを捕捉します。

  2. 終端側は、オフフックになることによってその捕捉信号に応答します。

  3. 終端側は、アドレス情報を受け取る準備ができるまでオフフックの状態にあります。

  4. 終端側の準備が整うと、終端側はオンフックになります。 オフフックのインターバルがディレイ ダイヤル信号です。

  5. 発信側は、アドレス情報の送信を開始します。

  6. コールが宛先へルーティングされます。

  7. 遠端が応答すると、終端側はオフフックになることによって応答監視信号を発信側へ送ります。

  8. 通話の間、両端はオフフックの状態にあります。

  9. 一方がオンフックになることによって通話を切断できます。

ディレイ ダイヤルが作成されるのは、現場でのウィンク スタートに問題が残っているためです。 現場にはウィンクを送信する機器がありますが、その機器はウィンクを送信した直後にはディジットを受け取る準備ができていませんでした。

/image/gif/paws/14005/em-delay.gif

Cisco 1750、2600、2800、3600、3800、および VG200(E&M VIC を使用)では、デフォルトのウィンク遅延は 200 ミリ秒です。 遅延ダイヤル シグナリング パラメータの確認方法と変更方法については、『遅延ダイヤル シグナリングの遅延の確認』を参照してください。

遅延ダイヤル シグナリングの遅延の確認

3660-2#show voice port 1/0/1

recEive And transMit 1/0/1 Slot is 1, Sub-unit is 0, Port is 1
 Type of VoicePort is E&M
 Operation State is DORMANT
 Administrative State is UP
 No Interface Down Failure
 Description is not set
 Noise Regeneration is enabled
 Non Linear Processing is enabled
 Non Linear Mute is disabled
 Non Linear Threshold is -21 dB
 Music On Hold Threshold is Set to -38 dBm
 In Gain is Set to 0 dB
 Out Attenuation is Set to 0 dB
 Echo Cancellation is enabled
 Echo Cancellation NLP mute is disabled
 Echo Cancellation NLP threshold is -21 dB
 Echo Cancel Coverage is set to 8 ms
 Playout-delay Mode is set to adaptive
 Playout-delay Nominal is set to 60 ms
 Playout-delay Maximum is set to 200 ms
 Playout-delay Minimum mode is set to default, value 40 ms
 Playout-delay Fax is set to 300 ms
 Connection Mode is normal
 Connection Number is not set
 Initial Time Out is set to 10 s
 Interdigit Time Out is set to 10 s
 Call Disconnect Time Out is set to 3 s
 Ringing Time Out is set to 180 s
 Wait Release Time Out is set to 30 s
 Companding Type is u-law
 Region Tone is set for US

 Analog Info Follows:
 Currently processing none
 Maintenance Mode Set to None (not in mtc mode)
 Number of signaling protocol errors are 0
 Impedance is set to 600r Ohm
 Station name None, Station number None
 Translation profile (Incoming):
 Translation profile (Outgoing):

 Voice card specific Info Follows:
 Operation Type is 2-wire
 E&M Type is 1
 Signal Type is delay-dial
 Dial Out Type is dtmf
 In Seizure is inactive
 Out Seizure is inactive
 Digit Duration Timing is set to 100 ms
 InterDigit Duration Timing is set to 100 ms
 Pulse Rate Timing is set to 10 pulses/second
 InterDigit Pulse Duration Timing is set to 750 ms
 Clear Wait Duration Timing is set to 400 ms
 Wink Wait Duration Timing is set to 200 ms
 Wait Wink Duration Timing is set to 550 ms
 Wink Duration Timing is set to 200 ms
 Delay Start Timing is set to 300 ms
 Delay Duration Timing is set to 2000 ms
 Dial Pulse Min. Delay is set to 140 ms
 Percent Break of Pulse is 60 percent
 Auto Cut-through is disabled
 Dialout Delay is 300 ms

遅延ダイヤル パラメータの変更

遅延信号期間を調整するには、音声ポート コマンドの timing delay-duration <msec> を使用します。 デフォルトは 2000 ミリ秒です。

発信コールの回線捕捉前の最小遅延を調整するには、音声ポート コマンドの timing delay-start <msec> を使用します。 デフォルトは 300 ミリ秒です。

3660-2(config)#voice-port 1/0/1
3660-2(config-voiceport)#timing ?
  clear-wait         time of inactive seizure signal to declare call cleared in
                     milliseconds
  delay-duration     Max delay signal duration for delay dial signaling in
                     milliseconds
  delay-start        Timing of generation of delay start sig from detect
                     incoming seizure in milliseconds
  dial-pulse         dial pulse
  dialout-delay      delay before sending out digit or cut-thru
  digit              DTMF digit duration in milliseconds
  hookflash-in       Hookflash input duration in milliseconds
  inter-digit        DTMF inter-digit duration in milliseconds
  percentbreak       the break period of a dialing pulse
  pulse              pulse dialing rate in pulses per second
  pulse-inter-digit  pulse dialing inter-digit timing in milliseconds
  wait-wink          Max time to wait for wink signal after sending outgoing
                     seizure in milliseconds
  wink-duration      Max wink duration for wink start signaling in
                     milliseconds
  wink-wait          Time to wait before sending wink signal after detecting
                     incoming seizure in milliseconds

3660-2(config-voiceport)#timing delay-duration ?
  <100-5000>  milliseconds
3660-2(config-voiceport)#timing delay-duration 1000

3660-2(config-voiceport)#timing delay-start ?
  <20-2000>  milliseconds
3660-2(config-voiceport)#timing delay-start 100

タイミングに関するコマンドについては、『マルチサービス アプリケーションのコマンド』を参照してください。

スタート ダイヤル監視のミスマッチ

ときどき PBX が、発信呼と着信呼に異なったダイヤル開始監視プロトコルを使用する場合があります。 遠端がこの状況を適切に処理するよう設定されていないと、不安定な動作が起こる場合があります。 次の一般的なルールが適用されます。

  • イミディエート スタート インターフェイスは、通常ウィンク スタート インターフェイスへコールを発信できます。

  • イミディエート スタート インターフェイスは、ディレイ パルスがイミディエート スタートの遅延よりも短い場合は、通常ディレイ ダイヤル インターフェイスへコールを発信できます。 そうでない場合、動作は不安定になります。

  • ウィンク スタート インターフェイスは、遅延パルスがある場合は、通常ディレイ ダイヤル インターフェイスへコールを発信できます。 遅延パルスがないと、50 % の確率でコールがハングします。

  • ディレイ ダイヤル インターフェイスは、イミディエート スタートまたはウィンク スタート インターフェイスへコールを発信できます。


関連情報


Document ID: 14005