音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco VG シリーズ ゲートウェイ

音声ハードウェア: C542 および C549 デジタル信号プロセッサ(DSP)

2013 年 8 月 21 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 6 月 1 日) | 英語版 (2006 年 2 月 7 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、シスコの音声(ボイス)プラットフォームに使用されている C542 および C549 デジタル信号プロセッサ(DSP)の概要について説明します。このプロセッサを使用しているプラットフォームには、Cisco 1750、2600、3600 および VG-200 音声ネットワーク モジュールや、Cisco AS5300 音声フィーチャ カードなどがあります。

12.0(5)T 以前の Cisco IOS ® ソフトウェア リリースでは Cisco Voice over IP (VoIP) ゲートウェイは G.729 および G.711 コーダ/デコーダ(コーデック)および DSP ごとの 1 音声/ファックスリレー コールだけサポートしました。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(5)T の概要によって、Cisco VOIPゲートウェイは DSP ごとの 4 つまでの音声/Fax リレー コールをサポートできる DSP モジュールおよび国際電気通信連合電気通信 標準化セクタ (ITU-T)コーデックの大きい番号をサポートします。

注: ITU-T コーデックでは、音声のコード化と圧縮技術について定義しています。 知識コーデックを参照して下さい: ITU-T コーデックに関する詳細については複雑な状況、ハードウェアサポート、MOS およびネゴシエーション

前提条件

要件

このドキュメントの読者には、次の項目に関する知識が必要です。

  • すべての Cisco IOS ソフトウェア リリース

  • すべての Cisco 音声 プラットフォーム、モジュールおよびカード

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

C542 DSP の機能とサポート

  • C542 のテクノロジーは、中複雑度であり、DSP 当たり音声またはファックス リレー コールを 1 つサポートしています。

  • C542 は 50 MHz のプロセッサをベースとし、50 Million of Instructions Per Second(MIPS)で動作します。

  • C542 DSP はこれらの音声 プラットフォームでサポートされます:

    • AS5300 単密度音声機能カード(VFC)

    • 2600/3600/VG-200 音声ネットワーク・ モジュール(NM-1v および NM-2v)はそのサポートこれらの Voice Interface Cards (VIC)ここにリストされています:

      • 受信と伝送(E&M) VIC

      • 外国為替事務所 (FXO) VIC

      • Foreign Exchange Station (FXS) VIC

      • Basic Rate Interface (BRI) VIC

    • MC3810 VCM (Voice Compression Module)

音声ネットワーク モジュールおよび VIC の詳細は、「音声ハードウェアの互換性一覧表」を参照してください。

AS5300 単密度 VFC の詳細は、「DSPM 542 による単密度音声のサポート」を参照してください。

C549 DSP の機能とサポート

  • C549 DSP では、コーデック複雑度という概念を導入しています。これは、DSP ごとに発呼される音声/ファックス リレー コールの数を決定します。

    • C549 テクノロジーでは、中複雑度または高複雑度のコーデックがサポートされます。

    • C549 音声カードでは、中複雑度のコーデックの場合、DSP ごとに 4 つの音声/ファックス リレー コールがサポートされます。

    • C549 音声カードは高密度コーデックの DSP ごとの 2 つの音声/ファックスリレー呼び出しをサポートします。

  • C549 は、100MHz のプロセッサをベースとして、100MIPS の速度で動作します。

  • C549 DSP はこれらの音声 プラットフォームでサポートされます:

    • Cisco AS5800

    • Cisco AS5300 倍密度 VFC

    • Cisco 2600/3600/VG-200 デジタル T1/E1 高密度音声ネットワーク モジュール

    • Cisco 7200/7500 デジタル T1/E1 高キャパシティ音声ポート アダプタ(PA)

    • Cisco 1750 ルータ

    • Cisco MC3810 HCM(高密度圧縮モジュール)

注: AS5300 音声機能カードには、コーデックが高複雑度および中複雑度の VCware イメージが、「mc」または「hc」という頭文字で表示されます(たとえば、vcw-vfc-mz.c549.mc.4.10.bin などです)。

注: Cisco VCware リリース 8.06 より、AS5300 音声機能カードでは「mc」(中複雑度)版はサポートしていません。

高密度音声ネットワーク モジュールおよび VIC に関する詳細については音声ハードウェア互換性マトリックス(Cisco 175x, 1760, 2600, 3600, 3700, VG200、Catalyst 4000、Catalyst 6000)資料を参照して下さい。 AS5300 単密度 VFC に関する詳細については Cisco AS5300/Gateway のための IP サポート上の高密度 音声を参照して下さい。

DSP の情報を表示するには、show voice dsp コマンドを使用します。 詳細は、「例 show voice dsp コマンドの出力」を参照してください。

注: AS5300 では、同一の音声機能カード上で、DSPM-549 モジュールと DSPM-542 モジュールを混在できません。

NM-HDV PVDM-12(Packet Voice DSP Module)での DSP ID

ds0-groupPRI グループを設定するとき、タイム・スロットは DSP チャネルを動的に割り当てられます。 DSP の ID はここにリストされています(ソケットの番号付けのために高密度音声ネットワークモジュール(NM-HDV)についてのダイアグラムを参照して下さい):

  • SIMM ソケット 4 の PVDM-12 にある DSP の ID は、1、2、3

  • SIMM ソケット 3 の PVDM-12 にある DSP の ID は、4、5、6

  • SIMM ソケット 2 の PVDM-12 にある DSP の ID は、7、8、9

  • SIMM ソケット 1 の PVDM-12 にある DSP の ID は、10、11、12

  • SIMM ソケット 0 の PVDM-12 にある DSP の ID は、13、14、15

DSP ID の情報を表示するには、show voice dsp コマンドを使用します。 詳細は、「例 show voice dsp コマンドの出力」を参照してください。

show voice dsp コマンドの出力例

この表は show voice dsp コマンドのためのコマンド・ ヒストリを記述したものです:

リリース 変更箇所
11.3 MA このコマンドを Cisco MC3810 シリーズで導入。
12.0(7)XK このコマンドを初めて Cisco 2600 および 3600 シリーズのルータでサポート。
12.1(2)T このコマンドは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(2)T で実行されました。

注: NM-HDV (高密度 音声 モジュール)を使用する時、show voice dsp コマンドで DSP 情報を見るために PRI グループds0-group で T1/E1 コントローラを設定して下さい。


!--- This router has the following voice equipment installed:
!---  a) One NM-HDV (High Density Voice Module) with two PVDM-12 (C549 DSPs) and
!---  one T1 VWIC MFT (Voice Wan Interface Card).
!---  b) One NM-2V (C542 DSPs) with one FXS and one FXO VIC (Voice Interface Card).

cisco-router# show voice dsp
                                BOOT                      PAK
TYPE DSP CH CODEC    VERS STATE STATE   RST AI PORT    TS ABORT   TX/RX-PAK-CNT
==== === == ======== ==== ===== ======= === == ======= == ===== ===============

!--- Medium codec complexity is configured on the NM-HDV.
 
C549 010 00 {medium}  3.4 IDLE  idle      0  0 3/0:23   1     0           1/819
         01 {medium}  .35 IDLE  idle      0  0 3/0:23   7     0             0/0
         02 {medium}      IDLE  idle      0  0 3/0:23  13     0             0/0
         03 {medium}      IDLE  idle      0  0 3/0:23  19     0             0/0
C549 011 00 {medium}  3.4 IDLE  idle      0  0 3/0:23   2     0           0/820
         01 {medium}  .35 IDLE  idle      0  0 3/0:23   8     0             0/0
         02 {medium}      IDLE  idle      0  0 3/0:23  14     0             0/0
         03 {medium}      IDLE  idle      0  0 3/0:23  20     0             0/0
C549 012 00 {medium}  3.4 IDLE  idle      0  0 3/0:23   3     0           0/819
         01 {medium}  .35 IDLE  idle      0  0 3/0:23   9     0             0/0
         02 {medium}      IDLE  idle      0  0 3/0:23  15     0             0/0
         03 {medium}      IDLE  idle      0  0 3/0:23  21     0             0/0
C549 013 00 {medium}  3.4 IDLE  idle      0  0 3/0:23   4     0           5/840
         01 {medium}  .35 IDLE  idle      0  0 3/0:23  10     0             0/0
         02 {medium}      IDLE  idle      0  0 3/0:23  16     0             0/0
         03 {medium}      IDLE  idle      0  0 3/0:23  22     0             0/0
C549 014 00 {medium}  3.4 IDLE  idle      0  0 3/0:23   5     0           0/840
         01 {medium}  .35 IDLE  idle      0  0 3/0:23  11     0             0/0
         02 {medium}      IDLE  idle      0  0 3/0:23  17     0             0/0
         03 {medium}      IDLE  idle      0  0 3/0:23  23     0             0/0
C549 015 00 {medium}  3.4 IDLE  idle      0  0 3/0:23   6     0             0/0
         01 {medium}  .35 IDLE  idle      0  0 3/0:23  12     0             0/0
         02 {medium}      IDLE  idle      0  0 3/0:23  18     0             0/0
         03 {medium}      IDLE  idle      0  0 3/0:23  24     0             0/0


!--- These are the DSPs for the FXO and FXS VICs.
 
C542 001 01 g711ulaw  3.4 IDLE  idle      0  0 1/0/0          0         536/541
                      .35
C542 002 01 g711ulaw  3.4 IDLE  idle      0  0 1/0/1          0         529/526
                      .35
C542 003 01 g711ulaw  3.4 IDLE  idle      0  0 1/1/0          0         533/542
                      .35
C542 004 01 g711ulaw  3.4 IDLE  idle      0  0 1/1/1          0         529/526
                      .35

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13999