音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager を使用して Catalyst WS-X6608-T1 ポートを T1 VoIP ゲートウェイとして設定する方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 9 月 19 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、公衆電話交換網(PSTN)上の音声用に Cisco CallManager サーバおよび Catalyst 6000 WS-X6608-T1/E1 Blade を設定する例を示します。

Catalyst 6000 ファミリー 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールは高密度、8 ポート、両方の PSTN へのデジタル T1/E1 接続をかトランスコードすることおよび会議サポートできる T1/E1 Voice over IP (VoIP) モジュールです。 モジュールは IP アドレスを要求し、ドメインの Cisco Unified CallManager に登録され、Cisco Unified CallManager によって管理されます。 モジュールソフトウェアは TFTPサーバからダウンロードされます。

ポート 機能がソフトウェアに依存しているどのようにかダウンロードします; ポートは T1/E1 インターフェイスとして動作できますまたはポートはトランスコードおよび会議をサポートできます。 トランスコードすることおよび会議機能は相互独立的です。 使用中の各トランスコーディング ポートに関しては 1 つが利用可能 なより少ない会議 ポートあります。 同様に、使用中の各会議 ポートのために 1 つが利用可能 なより少ないトランスコーディング ポートあります。

コンフィギュレーションパラメータのほとんどは Cisco CallManager サーバで入力されます。 Catalyst 6000 スイッチの WS-X6608-T1/e1 Blade は TFTP を使用して Cisco CallManager サーバから設定を受け取ります。

WS-X6608-T1/e1 Blade が T1 または E1 ゲートウェイとして使用されるとき、スキニー プロトコルを Cisco CallManager サーバと通信し、呼び出しを設定し、中断 するのに使用します。 Skinny は H.323 プロトコルのサブセットです。

注: WS-X6608 Blade のポートすべてを設定しないし、無効にしない場合、このエラーメッセージは生成されます:

%SYS-4-MODHPRESET:Host process (860) mod_num/port_num got reset asynchronously

注: このシステムメッセージはコンソール 画面でおよび syslog にそれらを設定してもらう場合、常に表示されます。 これは、このブレードでは想定されている動作です。 システムのパフォーマンスには影響を及ぼしません。

症状

CallManager で Catalyst WS-X6608-T1 を設定するときこれらの現象に出会うことができます:

  • PRI チャネルはハングした状態に現われ、ゲートウェイがアイドル状態としてポートを示すのに呼び出しは通過しません。 CSCsb91325 および CSCsa91414 を参照して下さい。

  • PRI ポートは CallManager と登録しません。 PRI ポートが Telco回線に接続されること、そしてレイヤ 1 および 2 が稼働しているようにして下さい。

  • 1 D チャネルによって 1 つのトランクグループとして 2 つの PRI ポートを使用する時、23 のチャネルだけが現われます。 NFAS は、Non-facility Associated Signaling、MGCP でサポートされません。

  • 呼び出しが IP Phone から PSTN への G.729 を使用してまたその逆にもなされるとき、風吹く音は聞かれます。 設定 される CallManagerサービス パラメータでこれを、解決することは機能から本当に G.729 Annex B (無音抑止)を除去します

  • PRI プロトコル DMS-100 を使用するとき、コールは通過できません。 これを解決するために、クリックします Gateway Configuration ページの下でゼロに設定される MCDN チャネル番号 拡張分類されるチェックボックスをビット確認して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Catalyst 6000 スイッチ/CatOS 6.1(3)

  • WS-X6608 Blade

  • MCS7835 Cisco Unified CallManager 3.(0)7

  • MCS7835 Cisco Unified CallManager 4.0

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

WS-X6608-T1 ポートの IP 設定を設定して下さい

このタスクで WS-X6608-T1 ブレードの IP パラメータは設定されます。 この情報を提供すればのに設定がダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル サーバを使用する場合このタスクが必要となりません。

注: これは WS-X6608-T1 ブレードのすべてのポートのためのデフォルトの動作です。

注: ポートは現在正しく設定されることを DHCP を使用するために計画するが確かめない場合、ステップ 2 は DHCP を有効に するのに必要な構文を提供します。

IP パラメータを手動で 設定 することを計画する場合これをする下記のステップ 3 は方法の例を提供します。

手順説明

WS-X6608-T1 ブレードの IP パラメータを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 構文をポートの IP パラメータを設定 するために表示する set port voice interface help コマンドを発行して下さい。

    Catalyst 6000 スイッチからの出力例はここにあります:

    Console> (enable)  set port voice interface help
    Usage:  set port voice interface <mod/port> dhcp enable [vlan <vlan>]
            set port voice interface <mod/port> dhcp disable <ipaddrspec>
                               tftp <ipaddr> [vlan <vlan>]
                               [gateway <ipaddr>] [dns [ipaddr] [domain_name]]
         (ipaddr_spec: <ipaddr> <mask>, or <ipaddr>/<mask>
               <mask>: dotted format (255.255.255.0) or number of bits (0..31)
                 vlan:   1..1005,1025..4094
          System DNS may be used if disabling DHCP without DNS parameters)
    
    Console> (enable)
  2. set port voice interface をポート上で DHCP を有効に する 5/4 の dhcp enable コマンド発行して下さい。

    Catalyst 6000 スイッチからのこの出力例はこれを示します:

    Console> (enable) set port voice interface 5/4 dhcp enable 
    Port 5/4 DHCP enabled.
    
    Console> (enable)

    設定が必要とする各ポートのためのこのステップを繰り返して下さい。 DHCP を使用している場合、次 の ステップをスキップし、タスク 2 を続行して下さい: CallManager 3.x またはタスク 3 の Catalyst 6000 T1 VOIPゲートウェイを作成して下さい: CallManager 4.x の Catalyst 6000 T1 VOIPゲートウェイを作成して下さい

    詳細については、Cisco Unified CallManager のための Windows 2000 DHCPサーバの設定を参照して下さい。

  3. set port voice interface 5/1 dhcp ディセーブルを <ip_address/mask > tftp <tftp サーバ IP アドレス > ポートの DHCP をディセーブルにし、IP パラメータを手動で割り当てるゲートウェイ <gateway IP アドレス > コマンド発行して下さい。

    この例で IP アドレスかマスクは 172.16.14.73/27 です。 TFTPサーバ(Cisco CallManager サーバこの場合)アドレスは 172.16.14.66 です。 ゲートウェイアドレスは 172.16.14.65 です。

    Catalyst 6000 スイッチからの出力例はここにあります:

    AV-6509-1 (enable) set port voice interface 5/1 dhcp disable 172.16.14.70/27 tftp 172.16.14.66 gateway 172.16.14.65
    Port 5/1 DHCP disabled.
    System DNS configurations used.
    AV-6509-1 (enable)

    設定が必要とする各ポートのためのこのステップを繰り返して下さい。

    注: ユニークなIPアドレスが各ポートのために設定 する必要があるので WS-X6608-T1 ブレードの複数のポートを一度に規定できません。

    注: WS-X6608 ポートは Cisco Unified CallManager によって CallManager Server で設定されるまで登録できません。 次 の ステップは新しいゲートウェイを追加する方法を説明します。

Cisco CallManager 3.x の Catalyst 6000 T1 VOIPゲートウェイを作成して下さい

このタスクは Cisco CallManager サーバの T1 ゲートウェイ ポートを設定する方法を説明します。

手順説明

T1 ゲートウェイ ポートを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

注: E1 設定は非常に類似したです。

  1. Device メニューから『Gateway』 を選択 して下さい。 次のような画面が表示されます。

    ws-6608-t1-e1-gtway-1.gif

  2. [Add a New Gateway] をクリックします。 検索およびリスト Gateways 画面は現われます:

    ws-6608-t1-e1-gtway-2.gif

  3. Cisco Catalyst 6000 T1 VOIPゲートウェイとしてゲートウェイ タイプおよびデジタルアクセス PRI としてデバイス プロトコルを選択して下さい。

    ws-6608-t1-e1-gtway-3.gif

    [Next] をクリックします。

  4. WS-X6608-T1 ブレードのポートの MAC アドレスを記入して下さい。

    この例の MAC アドレスは Catalyst 6000 スイッチの WS-6608-T1 ブレードのポート 5/1 からあります。 show port コマンドを発行する場合この情報を見つけることができます。

    AV-6509-1 (enable) sh port 5
    
    
    (Text Deleted)
    
    Port     DHCP    MAC-Address       IP-Address      Subnet-Mask
    -------- ------- ----------------- --------------- ---------------
     5/1     disable 00-10-7b-00-10-10 172.16.14.70    255.255.255.224 
     5/2     disable 00-10-7b-00-10-11 172.16.14.71    255.255.255.224 
     5/3     disable 00-10-7b-00-10-12 172.16.14.73    255.255.255.224 
     5/4     enable  00-10-7b-00-10-13 0.0.0.0         0.0.0.0         
     5/5     disable 00-10-7b-00-10-14 172.16.14.25    255.255.255.224 
     5/6     disable 00-10-7b-00-10-15 172.16.14.26    255.255.255.224 
     5/7     disable 00-10-7b-00-10-16 172.16.14.81    255.255.255.224 
     5/8     disable 00-10-7b-00-10-17 172.16.14.80    255.255.255.224

    アクセス デジタル PRI ゲートウェイコンフィギュレーション設定

    フィールド 説明 使用方法に関する特記事項
    MAC アドレス ハードウェア ベース電話およびデバイス名を確認します。 値は 12 の 16進文字である必要があります。
    説明 デバイスの目的を明白にします。
    Device Pool CallManagerグループ、日付/時間グループおよび領域を含むこのデバイスのためのプロパティの収集を規定 します。
    Calling Search Space ルーティングされるがもし判別するために検索されるべきパーティションの収集をどのように集められた(発生)数規定 します。
    場所 このデバイスがと関連付けられる位置を規定 します コール アドミッション制御を使用するとき。
    ロード情報 ゲートウェイのためのカスタム ソフトウェアを規定 します。 ここに入る値はこのゲートウェイのデフォルト値を無効にします。
    Tx レベル CSU ゲートウェイと最も近いリピータ間の距離に基づいて送信する水平の規定 します。 デフォルトはフル パワーです(0dB)。 行を減少させるために代替設定の 1 つを選択して下さい。
    • -7.5dB
    • -15dB
    • -22.5dB
    チャネル選択の順序 ポートが最初にから持続するために(最も低い番号 ポート) (最も高い番号 ポート)有効に なる、または規定 します最後から最初にに順序を。 有効なエントリは TOP_DOWN (最初にに最後の)または BOTTOM_UP です(最初に持続するため)。 使用するポート順序が TOP_DOWN を選択する確実ではない場合。
    PCM 型 デジタル 符号化フォーマットを規定 します。 これらのオプションから選択して下さい:
    • A-law -ヨーロッパおよびその他の国々のために使用して下さい
    • ??-関連法規-北アメリカおよび日本のために使用して下さい
    クロック リファレンス マスタクロックがどこにから得られるか規定 します。 Cisco Catalyst 6000 ブレードはそれぞれが同じブレードの他のポートによってクロック リファレンスとして使用することができる同じハードウェア カードの 8 つのポートを備えています。 またはネットワーク 『Internal』 を選択 して下さい。
    • 内部-時間を記録することがカードから得られ、次にスパンで配られる時
    • ネットワーク- Ciscoアクセス デジタル トランク ゲートウェイがネットワークからクロッキングを受け取る時
    • 8 に及ぶスパン 1 - Ciscoアクセス デジタル トランク ゲートウェイが同じ Cisco Catalyst 6000 ブレードの別のポートからクロッキングを受け取る時。
    プロトコル側 この設定は Cisco アクセス デジタル ゲートウェイのためにゲートウェイが Central Office (CO) /Network デバイスまたはユーザ デバイスに接続されるかどうかによって使用されます。 PRI 接続の 2 つの端は設定の反対に使用する必要があります。 たとえば、PBX に接続され、PBX がプロトコル側としてユーザを使用すれば、ネットワークはこのデバイスのために選択する必要があります。 通常、このオプションは Central Office (CO)接続のためのユーザです。
    発信者ID Directory Number (DN) 発信者ID のために使用したいと思うパターン 0 から 24 ディジットから。 たとえば、北アメリカで:
    • X が拡張番号と等しいところ、= 可変発信者ID。 CO はそれを規定 しない場合エリアコードの数を追加 します。
    • 5555000 は = 発信者ID を固定しました。 団体数にコールが送信される正確な拡張の代りに送信 されてほしいと使用して下さい。 CO はそれを規定 しない場合エリアコードの数を追加 します。
    Calling Party Selection どの Dialed Number (DN)が送信 されるか判別します。 ゲートウェイのどのアウトバウンドコールでも DN 情報を送信できます。 これらのオプションはどの DN が送信 されるか規定 します:
    • 発信元-呼び出し側のデバイスの DN を送信 して下さい。
    • 最初リダイレクト数-リダイレクト デバイスの DN を送信 して下さい。
    • 最後のリダイレクト数-コールをリダイレクトするために最後のデバイスの DN を送信 して下さい。
    IE 型をチャネリングして下さい チャネル 選択がと同時にチャネル マップかスロット マップ示されるかどうか示します。 ドロップダウン リスト ボックスから次のいずれかを選択して下さい:
    • - B チャネル 使用方法はチャネル マップ 形式常にです。
    • Slotmap - B チャネル 使用方法は slotmap 形式常にです
    • 1 つ-時数を B チャネル 使用方法は 1 つの B チャネルのためのチャネル マップでが、slotmap 複数の B チャネルです
    インターフェイス 識別子提供 このパラメータの目的は DMS100 プロトコルを使用するために PBX が設定されるとき Nortel PBX と相互運用することです。 このボックスはチェックされるとき、インターフェイス 識別子があることを示します。 この設定のためのデフォルトは無効です。 この設定はセットアップ、コール設定受付、警告、および CONNECT メッセージの Channel Identification Information Element (IE)のデジタル アクセス ゲートウェイのための DMS100 プロトコルにだけ適用されます。
    インターフェイス 識別子の値 この値は PBX プロバイダから得る必要があります。 適用対象 DMS100 プロトコルだけ。 有効な値の範囲は 0 〜 255 です。
    IE 配信を表示する このボックスはチェックされるとき、発信および着信加入者名配信サービスのための SETUP および CONNECT メッセージのディスプレイ Information Element (IE)の配達を有効に します。 デフォルトで、ディスプレイ IE 配信は無効です。
    数 IE 配信のリダイレクト このボックスが(有効に される)チェックされる時コールの最初のリダイレクト番号およびリダイレクト理由を示すために、自動転送が起こるときリダイレクト番号 IE はセットアップメッセージに含まれています。 デフォルトで、この設定は無効です。 この設定はデジタル アクセス ゲートウェイのためのすべてのプロトコルのだけセットアップメッセージに適用されます。
    最初再始動(1/8 秒ティック)のための遅延 PRI 初期化で再起動をである無効禁じなさい時スパンが稼働中を持って来られる比率を制御します。 多くの PRI スパンがシステムで有効に なる使用し、PRI 初期化で再起動をです無効禁じて下さいときこのオプションを。 たとえば、最初の 5 枚のカードを 0 に設定 し、16 に次の 5 枚のカードを設定 して下さい。 それらに稼働中を持って来る 2 秒前に(待機。)
    遅れますの間で再起動(1/8 秒ティック) PRI 再始動が送信 されるとき再起動をなら無効禁じる場合再起動間の時間いっぱいを判別します。  
    数字ディジット 有効数字の数を 0 から 32 から集まるために規定 します。 有効数字は呼出される数の権限(最後 の 数字)から数えられます。 このフィールドは SIG ディジットを有効に する場合使用されます。 着信コールの処理のために使用され、PRI スパンに入って来る呼び出しをルーティングすることを使用される呼出 し 番号の最後 の 数字から始まってディジットの数を示します。 プレフィクス DN および SIG ディジットを参照して下さい。
    SIG ディジット PRI スパンがインバウンドコールで保つ必要がある最終的なディジットの数を表します。 有効に なる 有効数字とのトランクはすべてを切捨てますが、最終はアドレスの少数のディジット インバウンドコールを提供しました。 有効数字を収集したいと思うかどうかによってこのボックスを有効に するか、またはディセーブルにして下さい。 ディセーブルにされた場合、Cisco Unified CallManager は受信数を切捨てません。 有効に された場合、また集まるために有効数字の数を選択する必要があります。
    プレフィクス DN このトランクが着信コールで受信するディジットに追加 される プレフィクス ディジットを規定 します。 Cisco Unified CallManager は Num Digits 設定に従って数を切捨てた後プレフィクス ディジットを追加します。
    Presentation Bit セントラル オフィスが送信する判別しましたりまたは発信者ID をかどうかブロックします。 CO に発信者ID を送信 してほしくない場合 CO に選択したら制限された発信者識別情報を送信 してほしい場合割り当てられる選択して下さい。
    被呼加入者 IE 番号 タイプ未知数 被呼加入者 DN の数の種類のための形式。 Cisco Unified CallManager は呼出された DN 型を設定 します。 Cisco は North American Numbering Plan (NANP)またはヨーロッパのダイヤル プランのようなダイヤリングプランとの高度な経験を、持っていなければデフォルト値を変更しないことを推奨します。 Cisco Unified CallManager がヨーロッパ各国のダイヤル パターンを認識しないのでヨーロッパのデフォルトを変更する必要がある場合もあります。 非国別タイプ番号としてルーティングを使用して PBX に接続するときまたこの設定を変更できます。 変数のそれぞれのためにこれらの定義を使用して下さい:
    • CallManager - Cisco Unified CallManager は DN 型を設定 します。
    • 国のためのダイヤリングプランの外部でダイヤルする場合の海外使用
    • 国のためのダイヤリングプランの内でダイヤルする場合の全国での使用
    • 未知-ダイヤリングプランは不明です。
    コーリングパーティ IE 番号 タイプ未知数 コーリングパーティ DN の数の種類のための形式。 Cisco Unified CallManager は呼出す DN 型を設定 します。 Cisco は NANP またはヨーロッパのダイヤル プランのようなダイヤリングプランとの高度な経験を、持っていなければ変更しませんデフォルト値を推奨します。 Cisco Unified CallManager がヨーロッパ各国のダイヤル パターンを認識しないのでヨーロッパのデフォルトを変更する必要がある場合もあります。 非国別タイプ番号としてルーティングを使用して PBX に接続するときまたこの設定を変更できます。 変数のそれぞれのためにこれらの定義を使用して下さい:
    • CallManager - Cisco Unified CallManager は DN 型を設定 します。
    • 国のためのダイヤリングプランの外部でダイヤルする場合の海外使用
    • 国のためのダイヤリングプランの内でダイヤルする場合の全国での使用
    • 未知-ダイヤリングプランは不明です。
    呼出されたナンバリングプラン 被呼加入者 DN のナンバリングプランのための形式。 Cisco Unified CallManager は呼出された DN ナンバリングプランを設定 します。 Cisco は NANP またはヨーロッパのダイヤル プランのようなダイヤリングプランとの高度な経験を、持っていなければデフォルト値を変更しないことを推奨します。 Cisco Unified CallManager がヨーロッパ各国のダイヤル パターンを認識しないのでヨーロッパのデフォルトを変更する必要がある場合もあります。 非国別タイプ番号としてルーティングを使用して PBX に接続するときまたこの設定を変更できます。 変数のそれぞれのためにこれらの定義を使用して下さい:
    • CallManager - Cisco Unified CallManager は DN のナンバリングプランを設定 します。
    • ISDN - 国のためのダイヤリングプランの外部でダイヤルすると使用して下さい。
    • National 規格-国のためのダイヤリングプランの内でダイヤルすると使用して下さい。
    • Private - 「私用」ネットワークの内でダイヤルすると使用して下さい。
    • 未知-ダイヤリングプランは不明です。
    ナンバリングプランを呼出すこと コーリングパーティ DN のナンバリングプランのための形式。 Cisco Unified CallManager は呼出す DN ナンバリングプランを設定 します。 Cisco は NANP またはヨーロッパのダイヤル プランのようなダイヤリングプランとの高度な経験を、持っていなければデフォルト値を変更しないことを推奨します。 Cisco Unified CallManager がヨーロッパ各国のダイヤル パターンを認識しないのでヨーロッパのデフォルトを変更する必要がある場合もあります。 非国別タイプ番号としてルーティングを使用して PBX に接続するときまたこの設定を変更できます。 変数のそれぞれのためにこれらの定義を使用して下さい: CallManager - Cisco Unified CallManager は DN のナンバリングプランを設定 します。 ISDN -国のためのダイヤリングプランの外部でダイヤルすると使用して下さい。 National 規格-国のためのダイヤリングプランの内でダイヤルすると使用して下さい。 Private - 「プライベート ネットワークの内でダイヤルすると使用して下さい。 未知-ダイヤリングプランは不明です。
    PRI プロトコル タイプ スパンのための通信プロトコル:
    • 4E=AT&T 中継キャリア
    • 5E8 Custom=Nortel PBX
    • 5E9 および NI2=AT&T ファミリー ローカル 交換 スイッチまたはキャリア
    • Australian=European ISDN
    • DMS=MCI ファミリー ローカル 交換 スイッチかキャリア
    • T1 の ETSI SC=European 地域電話会社; また日本ローカル 交換
    • Euro=European ISDN
    接続して、優先プロトコル スイッチを、そのように確認して下さい:
    • Nortel Meridian=5E8 カスタム
    • ルーセント Definity=4ESS か 5E8
    • Madge (Teleos) box=5E8 Teleos
    • Intecom PBX=5E8 Intecom
    また、キャリアに基づいてプロトコルを選択して下さい:
    • MCI=DMS-250
    • Sprint=DMS-250 か DMS-100
    • AT&T=4ESS
    PRI 初期化で再起動を禁じて下さい 再始動は PRI スパンのポートのステータスを確認するメッセージです。 再起動が送信 されない場合、稼働中であると仮定されます。 イネーブルかディセーブル。 D チャネルは別の PRI の D チャネルによって上手く接続するときこのオプションが無効のとき再起動を送信 します。
    イネーブル ステータス ポーリング デバッグ ウィンドウの B チャネル ステータスを表示するイネーブル。  
    除去するべきディジットの数 アウトバウンドコールで除去するべきディジットの数 0 から 32 から。 たとえば、8889725551234 はダイヤルされ、除去するべきディジットの数は 3.です。 この例では、888 は送信数から除去されます。
    ゼロ抑止 T1 または E1 スパンがネットワーク(ライン コーディング選択)で電気でバイナリ 1's および 0's をどのようにコードするか判別します。 T1 に関しては、これは AMI (Alternate Mark Inversion)または B8zs (Bipolar 8-Zeros Substitution)である可能性があります。 E1 に関しては、これは AMI または HDB3 である可能性があります。
    フレーミング スパンのマルチフレーム形式を判別します。 選択はあります(T1 のために):
    • SF - 12 の帯で構成されているスーパーフレーム
    • ESF - 24 の帯で構成されている拡張スーパーフレーム。 E1 は拡張スーパーフレーム((16 の帯で構成されている) ESF)常にです
    FDL チャネル どんな種類を、もしあれば、Facility Data Link (FDL)がスパンによってサポートされるか判別します。 FDL は link-layer 問題の遠隔トラブルシューティングを可能にする、およびリンクのパフォーマンス統計情報のリモート モニタリングです保全 チャネル。 T1 スパンだけで関連した。 選択は次のとおりです:
    • ANSI T.401
    • AT&T PUB 54016
    • なし
    イエロー アラーム リモートアラーム点灯が T1 スパンでどのようにコードされるか判別します。 イエロー アラームはリンクのもう一方の端が一方の端によって送信される場合のフレーム 同期を失ったことを示します。 選択は F ビットが含まれています(帯域 シグナリングから; B チャネルごとの 64kbps クリアチャネル ベアラケーパビリティを)、か bit-2 許可します(帯域 シグナリングで; 各チャネルのビット 2 を奪います)。
    トランクは水平になります スパンを入力するか、または去るオーディオのゲインを調節します。  
    IPネットワークへのオーディオ信号調節 ポートアプリケーション型に関連してオーディオ信号に適用されるゲイン または ロスを規定 します。 オーディオ信号に応用がほしいと思うゲインを選択して下さい:
    • DbPadding 無し
    • Plus1db
    • Plus2db
    • Plus3db
    • Plus4db
    • Plus5db
    • Plus6db
    • Plus7db
    • Plus8db
    • Plus9db
    • Plus10db
    IPネットワークからのオーディオ信号調節 ポートアプリケーション型に関連して送信されたオーディオ信号に適用されるゲイン または ロスを規定 します。 オーディオ信号に応用がほしいと思うゲインを選択して下さい:
    • DbPadding 無し
    • Plus1db
    • Plus2db
    • Plus3db
    • Plus4db
    • Plus5db
    • Plus6db
    • Plus7db
    • Plus8db
    • Plus9db
    • Plus10db
    カードの位置 ドロップダウン リスト ボックスからスロット位置を選択して下さい。 スロット位置はデジタル信号プロセッサ(DSP)カードがプラグインされる周辺機器コンポーネント相互接続 (PCI) カードスロットを示します。 DT-24 ゲートウェイだけで現われます。 デジタルアクセスに新しいカードを追加するとき、ゲートウェイを表示した場合背部からカードを常に右から左へ追加して下さい。 最初の(最も古い)カードは右端のスロットにあり各々のそれに続くカードは右から左へ移動する次の利用可能なスロット位置にインストールする必要があります。 既存のカードがあったら右端の位置にインストールされなかった、新しいカードを追加する前に右端のスロットにオリジナル カードを移動して下さい。

    環境のための適切なパラメーターを規定 して下さい:

    ws-6608-t1-e1-gtway-4.gif

    この画面を完了したと『Insert』 をクリック して下さい。 Gateway Configuration 画面は現われます:

    ws-6608-t1-e1-gtway-5.gif

    注: 画面の上だけピクチャに現われます。

  5. 『Reset Gateway』 をクリック して下さい。

    ws-6608-t1-e1-gtway-6.gif

  6. Reset をクリックします。

  7. ポートの他に必要に応じてステップ 4 および 5 をこと設定使用繰り返して下さい。

  8. 今この T1 ゲートウェイを追加し、設定するために必要な基本的な手順を完了しました。 幾つかの分後に、WS-X6608 ポートは Cisco CallManager サーバとの登録 手続を終了します。 ずっと登録 手続が正常であることを確認するスイッチの提示 <module > コマンドを発行して下さい。

    この場合、登録は正常です。 型 = T1CallManager = 172.16.14.66 および CallManagerState は = 登録しました

    AV-6509-1 (enable) sh port 5/1
    
    
    Port  Name               Status     Vlan       Duplex Speed Type
    ----- ------------------ ---------- ---------- ------ ----- ------------
     5/1                     notconnect 64           full 1.544 T1
    
    Port     DHCP    MAC-Address       IP-Address      Subnet-Mask
    -------- ------- ----------------- --------------- ---------------
     5/1     disable 00-10-7b-00-10-10 172.16.14.72    255.255.255.224 
    
    Port     Call-Manager(s)   DHCP-Server     TFTP-Server     Gateway
    -------- ----------------- --------------- --------------- --------------
     5/1     172.16.14.66      -               172.16.14.66    172.16.14.65  
    
    Port     DNS-Server(s)     Domain
    -------- ----------------- ----------------------------------------------
     5/1     172.16.13.130     -
    
    Port     CallManagerState DSP-Type
    -------- ---------------- --------
     5/1     registered       C549

Cisco Unified CallManager 4.x の Catalyst 6000 T1 VOIPゲートウェイを作成して下さい

このタスクは Cisco CallManager サーバの T1 ゲートウェイ ポートを設定する方法を説明します。

注: E1 設定は非常に類似したです。

手順説明

T1 ゲートウェイ ポートを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Device メニューから『Gateway』 を選択 して下さい。 次のような画面が表示されます。

    ws-6608-t1-e1-gtway-1.gif

  2. [Add a New Gateway] をクリックします。 検索およびリスト Gateways 画面は現われます:

    ws-6608-t1-e1-gtway-2.gif

  3. Cisco Catalyst 6000 T1 VOIPゲートウェイとしてゲートウェイ タイプおよびデジタルアクセス PRI としてデバイス プロトコルを選択して下さい。

    ws-6608-t1-e1-gtway-3.gif

    [Next] をクリックします。

  4. WS-X6608-T1 ブレードのポートの MAC アドレスを記入して下さい。

    この例の MAC アドレスは Catalyst 6000 スイッチの WS-6608-T1 ブレードのポート 5/1 からあります。 show port コマンドを発行すればこの例に示すようにこの情報を、見つけることができます:

    AV-6509-1 (enable) show port 5
    
    
    (Text Deleted)
    
    Port     DHCP    MAC-Address       IP-Address      Subnet-Mask
    -------- ------- ----------------- --------------- ---------------
     5/1     disable 00-10-7b-00-10-10 172.16.14.70    255.255.255.224 
     5/2     disable 00-10-7b-00-10-11 172.16.14.71    255.255.255.224 
     5/3     disable 00-10-7b-00-10-12 172.16.14.73    255.255.255.224 
     5/4     enable  00-10-7b-00-10-13 0.0.0.0         0.0.0.0         
     5/5     disable 00-10-7b-00-10-14 172.16.14.25    255.255.255.224 
     5/6     disable 00-10-7b-00-10-15 172.16.14.26    255.255.255.224 
     5/7     disable 00-10-7b-00-10-16 172.16.14.81    255.255.255.224 
     5/8     disable 00-10-7b-00-10-17 172.16.14.80    255.255.255.224

    アクセス デジタル PRI ゲートウェイコンフィギュレーション設定

    注: Cisco Unified CallManager は Q シグナリング(QSIG) プロトコルのこれらの側面をサポートします: QSIG 基本コール、直接ダイヤル内部、ネーム識別および制約事項、コール 逸脱、メッセージ ウェイティング インジケータおよび転送サービス。 ゲートウェイ サポートが QSIG プロトコル、ゲートウェイ プロダクト ドキュメントを示すかどうか判別するため。

    この表は E1 および T1 PRI ゲートウェイコンフィギュレーション Settings ウィンドウのフィールドの記述を提供したものです:

    デバイス情報
    MAC アドレス シスコ以外の IOS Media Gateway Control Protocol (MGCP) ゲートウェイに関しては、このフィールドは 6608 ブレードの特定のポートの MAC アドレスが含まれています。
    説明 デバイスの目的を明白にする説明を入力して下さい。
    Device Pool ドロップダウン リスト ボックスから、適切なデバイス プールを選択して下さい。 デバイス プールはデバイスの自動登録のための CallManagerグループ、日付/時間グループ、領域および Calling Search Space を含むこのデバイスのためのプロパティの収集を規定 します。
    ネットワーク ロケール ドロップダウン リスト ボックスから、ゲートウェイによって関連付けられるロケールを選択して下さい。 ネットワーク ロケールは特定の位置のハードウェアをサポートするために一組の詳細な情報を識別します。 特定の地理上の区域でデバイスによって使用する調子およびネットワーク ロケールはトーンの定義が含まれています。

    注: 関連するデバイスによって既にインストールされ、サポートされているネットワーク ロケールだけ選択して下さい。 リストはこの設定のためのすべての利用可能 な ネットワーク ロケールが含まれていますが、すべてが必ずしもインストールされていません。 デバイスがファームウェアでサポートしないネットワーク ロケールと関連付けられれば、デバイスはアップに失敗します。

    Media Resource Group List このリストはメディア リソース グループの優先順位をつけられたグループ化を提供します。 アプリケーションはメディア リソース リストで定義される優先順位に従って必須メディア リソースを、利用可能 なメディア リソース間の Music on Hold (MOH)サーバのような、選択します。
    場所 このデバイスのための適切な場所を選択して下さい。 位置はこの位置に出入して呼び出しのために利用可能である全帯域幅を規定 します。 どれものロケーション設定は場所機能がこのデバイスによって消費される帯域幅を把握しないことを意味しません。
    アーレ川グループ このデバイスのための自動化された代替経路指定(アーレ川)グループを選択して下さい。 アーレ川グループは不十分な帯域幅が別の方法でブロックされた原因である呼び出しをルーティングするのに使用するプレフィクス ディジットを提供します。 どれものアーレ川グループ設定はブロックされた呼び出しの再ルーティングが試みられないこと規定 しません。
    ロード情報 ゲートウェイのための適切なファームウェア ロード情報を入力して下さい。 ここに入力する値はこのゲートウェイ タイプのためのデフォルト ファームウェア ロードを無効にします。
    多重レベル優位およびプリエンプション(MLPP)情報
    MLPP ドメイン(0000FF のような) このデバイスによって関連付けられる MLPP ドメインのための 0 と FFFFFF 間の 16進値を入力して下さい。 このフィールドは空白を残す場合、このデバイスは MLPP ドメインID エンタープライズ パラメータのための値が設定からの MLPP ドメインを受継ぎます。
    MLPP 示す値 もし可能であれば、この設定は MLPP 優位 コールを送信するとき優位トーンを再生することができるデバイスが機能を使用するかどうか規定 します。 ドロップダウン リスト ボックスから、これらのオプションからのこのデバイスに割り当てるために設定を選択して下さい:
    • デフォルト-このデバイスはデバイス プールからの MLPP 表示 設定を受継ぎます。
    • 以外このデバイスは MLPP 優位 コールの示す値を処理しませんでしたり処理しません。
    • オンこのデバイスは MLPP 優位 コールの示す値を処理し、処理します。

    注: 設定のこの組み合せでデバイスを設定しないで下さい: MLPP 示す値はに MLPP プリエンプションが説得力があるに設定 される間、(デフォルトが消えているとき)またはデフォルト 設定 されます。

    MLPP プリエンプション もし可能であれば、この設定は MLPP 優位 コールを送信するとき優先することができるデバイスが進行中と使用する機能を呼出すかどうか規定 します。 ドロップダウン リスト ボックスから、これらのオプションからのこのデバイスに割り当てるために設定を選択して下さい:
    • デフォルト-このデバイスはデバイス プールからの MLPP Preemption 設定を受継ぎます。
    • 無効-このデバイスは高い優先順位呼び出しの完了に必要なときより低い優先順位呼び出しのプリエンプションが起こらないようにしません。
    • 説得力がある-このデバイスは高い優先順位呼び出しの完了に必要なときより低い優先順位呼び出しのプリエンプションが起こるようにします。

    注: 設定のこの組み合せでデバイスを設定しないで下さい: MLPP 示す値はに MLPP プリエンプションが説得力があるに設定 される間、(デフォルトが消えているとき)またはデフォルト 設定 されます。

    インターフェイス 情報
    PRI プロトコル タイプ スパンのための通信プロトコルを選択して下さい。 ルート グループにこのゲートウェイを含める場合、ルート グループからゲートウェイを取除くまで QSIG および非 QSIG プロトコル タイプの間で切り替えることができません。 T1 PRI スパンにキャリアによって決まるか、または切り替える複数のオプションがあります、; 例:
    • PRI 4ESS - AT&T 中継キャリア
    • PRI 5E8 カスタム- Cisco IP Phone
    • PRI 5E9 - AT&T ファミリー ローカル 交換 スイッチかキャリア
    • PRI DMS - MCI ファミリー ローカル 交換 スイッチかキャリア; カナダ地域電話会社
    • PRI ETSI SC - T1 のヨーロッパ地域電話会社; また、日本人、台湾、韓国人および香港ローカル 交換
    • PRI NI2 - AT&T ファミリー ローカル 交換 スイッチかキャリア
    • PRI NTT -日本 NTT 交換スイッチ
    • 国際標準化機構 (ISO) QSIG を使用する PRI ISO QSIG T1-PBX T1 タイトランク
    • PRI ISO QSIG E1 - ISO QSIG を使用する PBX E1 タイトランク
    接続して、優先プロトコル スイッチを確認して下さい; 例:
    • Nortel Meridian - DMS、5E8 カスタム
    • Lucent Definity - 4ESS か 5E8
    • Madge (Teleos)ボックス- 5E8 Teleos
    • Intecom PBX - 5E8 Intecom
    プロトコル側 適切なプロトコル側を選択して下さい。 この設定はゲートウェイが CO かネットワークデバイスまたはユーザ デバイスに接続するかどうか規定 します。 PRI 接続の 2 つの端が設定の反対に使用することを確かめて下さい。 たとえば PBX に接続し、PBX がプロトコル側としてユーザを使用したら、このデバイスのためのネットワークを選択して下さい。 通常、CO 接続のこのオプションのための使用 ユーザ。
    チャネル選択の順序 チャネルかポートが最初にから持続するために(最も低い番号 ポート) (最も高い番号 ポート)有効に なる、または選択して下さい最後から最初にに順序を。 有効なエントリは TOP_DOWN (最初に持続するため)または BOTTOM_UP が含まれています(最初にに最後の)。 使用するポート順序が TOP_DOWN を選択する確実ではない場合。
    チャネル IE 型 チャネル マップかスロット マップようにチャネル 選択が示されるかどうか規定 するためにこれらの値の 1 つを選択して下さい:
    • タイム・スロット数----B チャネル 使用方法は実際のタイム・スロット マップ 形式を常に示します(1 のような〜 15 および 17 〜 E1 のための 31)。
    • Slotmap----B チャネル 使用方法はスロット マップ 形式を常に示します。
    • 1B -時数をチャネル 使用方法は 1 つの B チャネルのためのチャネル マップを示しますが、スロット マップを複数の B チャネル 存在示します。
    • 連続的な数-スロット 番号(1 30)非連続的な実際のタイム・スロット第(1 〜 15 および 17 31)の連続的な範囲をの代りの E1 論理チャネル番号として設定します。
    パルス符号変調 (PCM)型 デジタル 符号化フォーマットを規定 して下さい。 これらの形式の 1 つを選択して下さい:
    • A-law -ヨーロッパおよびその他の国々のために使用して下さい。
    • mu-law -北アメリカ、香港、台湾および日本のために使用して下さい。
    遅れますのために最初再始動(第 2 ティック 1/8 の) スパンが稼働中を持って来られる比率を入力して下さい。 遅延は多くの PRI スパンがシステムで有効に なり、Inhibit Restarts at PRI Initialization チェックボックスがチェックを外されるとき発生します。 たとえば、最初の 5 枚のカードを 0 に設定 し、16 に次の 5 枚のカードを設定 して下さい。 それらに稼働中を持って来る 2 秒前に(待機。)
    遅れますの間で再起動(第 2 ティック 1/8 の) 再起動間の時間に入って下さい。 遅延は Inhibit Restarts チェックボックスがチェックを外される場合 PRI 再始動 gets が送信 したときに発生します。
    PRI 初期化で再起動を禁じて下さい 再始動かサービス メッセージは PRI スパンのポートのステータスを確認します。 再始動かサービス メッセージが送信 されない場合、Cisco Unified CallManager はポートが稼働中であることを仮定します。 D チャネルは別の PRI D チャネルによって上手く接続するとき、このチェックボックスがチェックを外されるとき再始動かサービス メッセージを送信 します。
    イネーブル ステータス ポーリング デバッグ ウィンドウの B チャネル ステータスを表示するためにチェックボックスをチェックして下さい。
    呼ルーティング 情報
    インバウンドコール
    有効数字 集まるために有効数字の数を 0 から 32 からまたはすべて選択して下さい。 Cisco Unified CallManager は呼出される数の権限(最後 の 数字)からの有効数字を数えます。 『All』 を選択 する場合、Cisco Unified CallManager は受信数を切捨てません。 たとえば、受信されたディジットは 123456 です。 Ddigits 重要な設定は変換される 4.ディジットです 3456 です。 着信コールの処理し、PRI スパンに入って来る呼び出しをルーティングするのに使用する呼出 し 番号の最後 の 数字から始まってディジットの数を、示すのに使用して下さい。 また、Prefix DN フィールドを参照して下さい。
    Calling Search Space 適切な Calling Search Space を選択して下さい。 Calling Search Space はルーティングされるがもし判別するためにどのように集められた(発生)数検索されるルート パーティションの収集を指定します。
    アーレ川 Calling Search Space 自動化された代替経路指定(アーレ川)が実行されたとき使用するためにデバイスのための適切な Calling Search Space を選択して下さい。 アーレ川 Calling Search Space は判別するために不十分な帯域幅が別の方法でブロックされた原因である集められた(発生)数をルーティングする方法を検索されるルート パーティションの収集を規定 します。
    プレフィクス DN このトランクが着信コールで受信するディジットに追加 される プレフィクス ディジットを入力して下さい。 Cisco Unified CallManager は Num Digits 設定に従って最初に数を切捨てた後プレフィクス ディジットを追加します。
    Calling line ID プレゼンテーション Cisco Unified CallManager に発信者の電話番号を送信するか、またはブロックしてほしいかどうか選択して下さい。 Calling line ID プレゼンテーションを変更したいと思わなかったら『DEFAULT』 を選択 して下さい。 Cisco Unified CallManager にアウトバウンドコールで許可される Calling line ID を送信 してほしい場合割り当てられる選択して下さい。 Cisco Unified CallManager にアウトバウンドコールで制限 される Calling line ID を送信 してほしい場合制限された選択して下さい。 このフィールドに関する詳細については、知識ルートプランの「発番号変換設定」セクションの表 17-6 を参照して下さい。
    Calling Party Selection ゲートウェイのどのアウトバウンドコールでも DN 情報を送信できます。 どの DN が送信 されるか選択して下さい:
    • 発信元-呼び出し側のデバイスの DN を送信 して下さい。
    • 最初リダイレクト数-リダイレクト デバイスの DN を送信 して下さい。
    • 最後のリダイレクト数-コールをリダイレクトするために最後のデバイスの DN を送信 して下さい。
    • 最初にリダイレクトしますパーティ(外部を) -適用される外部電話マスクの最初のリダイレクト デバイスの DN を送信 して下さい。
    • 最後のリダイレクト パーティ(外部) -適用される外部電話マスクの最後のリダイレクト デバイスの DN を送信 して下さい。
    被呼加入者 IE 番号 タイプ未知数 被呼加入者 DN の番号 タイプのための形式を選択して下さい。 Cisco Unified CallManager は呼出された DN 型を設定 します。 NANP またはヨーロッパのダイヤル プランのようなダイヤリングプランとの高度な経験を持っていなければデフォルト値を変更しないことを推奨します。 Cisco Unified CallManager がヨーロッパ各国のダイヤル パターンを認識しないのでヨーロッパのデフォルトを変更する必要がある場合もあります。 呼出された DN が国外型ナンバリングプランに符号化されると期待する PBX に接続しているときまたこの設定を変更できます。 次のオプションのいずれかを選択します。
    • CallManager - Cisco Unified CallManager は DN 型を設定 します。
    • 国のためのダイヤリングプランの外部でダイヤルする場合の海外使用
    • 国のためのダイヤリングプランの内でダイヤルする場合の全国での使用
    • 未知-ダイヤリングプランは不明です。
    コーリングパーティ IE 番号 タイプ未知数 コーリングパーティ DN の番号 タイプのための形式を選択して下さい。 Cisco Unified CallManager は呼出す DN 型を設定 します。 Cisco は NANP またはヨーロッパのダイヤル プランのようなダイヤリングプランとの高度な経験を持っていなければデフォルト値を変更しないことを推奨します。 Cisco Unified CallManager がヨーロッパ各国のダイヤル パターンを認識しないのでヨーロッパのデフォルトを変更する必要がある場合もあります。 呼出す DN が国外型ナンバリングプランに符号化されると期待する PBX に接続しているときまたこの設定を変更できます。 次のオプションのいずれかを選択します。
    • CallManager - Cisco Unified CallManager は DN 型を設定 します。
    • 国のためのダイヤリングプランの外部でダイヤルする場合の海外使用
    • 国のためのダイヤリングプランの内でダイヤルする場合の全国での使用
    • 未知-ダイヤリングプランは不明です。
    呼出されたナンバリングプラン 被呼加入者 DN のナンバリングプランのための形式を選択して下さい。 Cisco Unified CallManager は呼出された DN ナンバリングプランを設定 します。 NANP またはヨーロッパのダイヤル プランのようなダイヤリングプランとの高度な経験を持っていなければデフォルト値を変更しないことを推奨します。 Cisco Unified CallManager がヨーロッパ各国のダイヤル パターンを認識しないのでヨーロッパのデフォルトを変更する必要がある場合もあります。 PBX に非国別タイプ番号としてルーティングの使用によって接続しているときまたこの設定を変更できます。 次のオプションのいずれかを選択します。
    • CallManager - Cisco Unified CallManager は DN のナンバリングプランを設定 します。
    • ISDN - 国のためのダイヤリングプランの外部でダイヤルすると使用して下さい。
    • National 規格-国のためのダイヤリングプランの内でダイヤルすると使用して下さい。
    • Private -プライベート ネットワークの内でダイヤルすると使用して下さい。
    • 未知-ダイヤリングプランは不明です。
    ナンバリングプランを呼出すこと コーリングパーティ DN のナンバリングプランのための形式を選択して下さい。 Cisco Unified CallManager は呼出す DN ナンバリングプランを設定 します。 NANP またはヨーロッパのダイヤル プランのようなダイヤリングプランとの高度な経験を持っていなければデフォルト値を変更しないことを推奨します。 Cisco Unified CallManager がヨーロッパ各国のダイヤル パターンを認識しないのでヨーロッパのデフォルトを変更する必要がある場合もあります。 PBX に非国別タイプ番号としてルーティングの使用によって接続しているときまたこの設定を変更できます。 次のオプションのいずれかを選択します。
    • CallManager - Cisco Unified CallManager は DN のナンバリングプランを設定 します。
    • ISDN - 国のためのダイヤリングプランの外部でダイヤルすると使用して下さい。
    • National 規格-国のためのダイヤリングプランの内でダイヤルすると使用して下さい。
    • Private -プライベート ネットワークの内でダイヤルすると使用して下さい。
    • 未知-ダイヤリングプランは不明です。
    除去するべきディジットの数 アウトバウンドコールで除去するためにディジットの数を 0 から 32 から選択して下さい。 ディジットのたとえば 8889725551234 がダイヤルされる、および数除去することは 3、送信数からの Cisco Unified CallManager ストリップ 888 ときです。
    発信者ID DN 発信者ID のために使用したいと思う 0 から 24 ディジットから入力して下さいパターンを。 たとえば、北アメリカで:
    • x が拡張番号に匹敵するところ、555xxxx = 可変発信者ID。 CO はそれを規定 しない場合エリアコードの数を追加 します。
    • 5555000 は = 団体数にコールが送信される正確な拡張の代りに送信 されてほしい発信者ID を固定しました。 CO はそれを規定 しない場合エリアコードの数を追加 します。
    SMDI ベース ポート T1 スパンの最初の簡易メッセージ デスク インターフェイス(SMDI) ポート番号を入力して下さい。
    特定の情報を入力して下さい
    IE 配信を表示する セットアップのディスプレイ Information Element (IE)の配信を有効に するためにチェックボックスをチェックし呼出すことおよび接続されたパーティ ネーム デリバリ サービスのためのメッセージを(DMS プロトコルのために)通知して下さい。

    注: デフォルトはチェックボックスをチェックを外されて去ります。

    数 IE 配信のリダイレクト---- 発信 コールが転送されるとき Cisco Unified CallManager からの発信 セットアップメッセージにリダイレクト番号 IE をコールの最初のリダイレクト番号およびリダイレクト理由を示すために含めるようにこのチェックボックスをチェックして下さい。 発信 セットアップメッセージから最初のリダイレクト番号およびリダイレクト理由を除くためにチェックボックスのチェックを外して下さい。 音声メール 統合だけのためにリダイレクト数 IE を使用します。 設定された音声メール システムが数 IE をリダイレクトすることをサポートする場合、チェックボックスをチェックする必要があります。

    注: デフォルトはチェックボックスをチェックを外されて去ります。

    数 IE 配信のリダイレクト---- 着信 Cisco Unified CallManager に着信セットアップメッセージのリダイレクト番号 IE を受け入れるためにこのチェックボックスをチェックして下さい。 Cisco Unified CallManager に着信セットアップメッセージのリダイレクト番号 IE を除くためにチェックボックスのチェックを外して下さい。 音声メール 統合だけのために数 IE をリダイレクトすることを使用します。 設定された音声メール システムが数 IE をリダイレクトすることをサポートする場合、チェックボックスをチェックする必要があります。

    注: デフォルトはチェックボックスをチェックを外されて去ります。

    DisplayIE の送信余分主要登場人物 DisplayIE フィールドに 1 バイトのリーディング キャラクタ(非 ASCII、nondisplayable)を含めるためにこのチェックボックスをチェックして下さい。 DisplayIE フィールドからこの文字 バイトを除くためにこのチェックボックスのチェックを外して下さい。 このチェックボックスは DMS-100 にだけプロトコルおよび DMS-250 プロトコルを適用します。 デフォルトはこの設定をディセーブルにされて残します(チェックを外される)。
    セットアップ ISDN 以外の Progress Indicator IE イネーブル デフォルトはこの設定をディセーブルにされて残します(チェックを外される)。 ユーザがアウトバウンドコールのリングバックトーンを受け取らないときだけこの設定を有効に して下さい。 この設定が有効に なるとき、Cisco Unified CallManager は ISDN 以外に設定 される Progress Indicator フィールドの Q.931 セットアップメッセージ デジタル(すなわち、非 H.323)ゲートウェイを送ります。 このメッセージは Cisco Unified CallManager ゲートウェイが ISDN 以外であること、そしてデスティネーションデバイスがインバンドリングバックをする必要があることデスティネーションデバイスを知らせます。 この問題は通常デジタルゲートウェイを通って PBX に接続する Cisco Unified CallManager によって関連付けます。
    ゼロへの MCDN チャネル番号 拡張ビットが設定 チャネル番号 拡張 ビットをゼロに設定するために、チェックボックスをチェックして下さい。 拡張 ビットを 1 に設定 するために、チェックボックスのチェックを外して下さい。 この設定は DMS-100 にだけプロトコルを適用します。
    ファシリティ IE の名前を呼出す送信 Facility IE フィールドの呼出す名前を送信するためにチェックボックスをチェックして下さい。 デフォルトで、チェックを外される Cisco CallManager leaves the チェックボックス。 ISDN 呼び出し名配送のために有効に なる PRI インターフェイスがあるプライベート ネットワークのためのこの機能を設定 して下さい。 このチェックボックスがチェックされるとき、コーリングパーティのネーム gets はセットアップまたはファシリティ メッセージのファシリティ IE で送信 しました、従って名前は被呼加入者のデバイスで表示することができます。 プライベート ネットワークだけの PRI トランクのためのこの機能を設定 して下さい。 PSTN に接続される PRI トランクのためのこの機能を設定 しない で下さい。

    注: このフィールドは NI2 プロトコルだけに適用します。

    インターフェイス 識別子提供 インターフェイス 識別子があることを示すためにチェックボックスをチェックして下さい。 デフォルトで、チェックを外される Cisco CallManager leaves the チェックボックス。 この設定は DMS-100 にだけセットアップ、コール設定受付、警告、および CONNECT メッセージの Channel Identification Information Element (IE)のデジタル アクセス ゲートウェイのためのプロトコルを適用します。
    インターフェイス 識別子の値 PBX プロバイダから得られた値を入力して下さい。 このフィールドは DMS-100 にプロトコルだけ適用します。 有効な値の範囲は 0 〜 255 です。
    接続された行 ID プレゼンテーション Cisco Unified CallManager に受信呼び出し者の電話で表示するからの接続されたパーティの電話番号を許可するか、またはブロックしてほしいかどうか選択して下さい。 このフィールドは QSIG プロトコルを使用しているゲートウェイにだけ適用します。 ゲートウェイは着信コールだけのこの設定を加えます。 接続された行 ID プレゼンテーションを変更したいと思わなかったら『DEFAULT』 を選択 して下さい。 接続されたパーティの数が可能にするようにコーリングパーティのために表示する Cisco Unified CallManager にメッセージを与えられる接続された行 ID を送信 してほしい場合割り当てられる選択して下さい。 コーリングパーティのために表示するからの接続されたパーティの数をブロックするために Cisco Unified CallManager に接続された行 ID 制限メッセージを送信 してほしい場合制限された選択して下さい。 このフィールドに関する詳細については、知識ルートプランの「接続されたパーティ プレゼンテーションおよび制約事項設定」セクションの表 17-9 を参照して下さい。
    接続された PBX モデル このゲートウェイが通信する VoIP スイッチまたは PBX の種類およびモデルを選択して下さい。 このフィールドは QSIG プロトコルを使用しているゲートウェイにだけ適用します。 オプションには、次のものがあります。
    • Siemens Hicom
    • エリクソン MD-110
    • Alcatel PBX
    • Meridian オプション 11C
    • Lucent Definity G3
    • IPC MX
    • Cisco CallManager
    製品特有の設定
    ゲートウェイ 製造業者によって定義されるモデル対応設定フィールド 製品特有の設定の下のモデル対応フィールドはゲートウェイ 製造業者を定義します。 それらが動的に設定されるので、予告なしに変更できます。 製品特有のコンフィギュレーションアイテムのための View フィールド記述およびヘルプに、ポップアップ ダイアログボックスのヘルプを表示するために先頭に立つ製品別の設定の右へ i 情報 アイコンをクリックして下さい。 詳細を必要とする場合、設定している参照して下さいまたは製造業者に連絡して下さい特定のゲートウェイのためのドキュメントを。

    環境のための適切なパラメーターを規定 して下さい:

    ws-6608-t1-e1-gtway-4.gif

    この画面を完了したと『Insert』 をクリック して下さい。 Gateway Configuration 画面は現われます:

    ws-6608-t1-e1-gtway-5.gif

    注: 画面の上だけ上記のピクチャで表示する。

  5. 『Reset Gateway』 をクリック して下さい。

    ws-6608-t1-e1-gtway-6.gif

  6. Reset をクリックします。

  7. ポートの他に必要に応じてステップ 4 および 5 をこと設定使用繰り返して下さい。

  8. 今この T1 ゲートウェイを追加し、設定するために必要な基本的な手順を完了しました。 幾つかの分後に WS-X6608 ポートは Cisco CallManager サーバとの登録 手続を終了します。 登録 手続が正常であるかどうか確かめるスイッチの提示 <module > コマンドを発行して下さい。

    この出力例では、登録は正常です。 型 = T1CallManager = 172.16.14.66 および CallManagerState は = 登録しました

    AV-6509-1 (enable) sh port 5/1
    
    
    Port  Name               Status     Vlan       Duplex Speed Type
    ----- ------------------ ---------- ---------- ------ ----- ------------
     5/1                     notconnect 64           full 1.544 T1
    
    Port     DHCP    MAC-Address       IP-Address      Subnet-Mask
    -------- ------- ----------------- --------------- ---------------
     5/1     disable 00-10-7b-00-10-10 172.16.14.72    255.255.255.224 
    
    Port     Call-Manager(s)   DHCP-Server     TFTP-Server     Gateway
    -------- ----------------- --------------- --------------- --------------
     5/1     172.16.14.66      -               172.16.14.66    172.16.14.65  
    
    Port     DNS-Server(s)     Domain
    -------- ----------------- ----------------------------------------------
     5/1     172.16.13.130     -
    
    Port     CallManagerState DSP-Type
    -------- ---------------- --------
     5/1     registered       C549

Catalyst/CallManager 設定を確認して下さい

このセクションでは、設定が正常に動作しているかどうかを確認する際に役立つ情報を提供しています。

Output Interpreter Tool(OIT)(登録ユーザ専用)では、特定の show コマンドがサポートされています。 OIT を使用して、show コマンド出力の解析を表示できます。

WS-X6608-T1 呼び出しおよびステータス 変更を分析するのにパフォーマンスモニタを使用して下さい

このタスクはパフォーマンスモニタを WS-X6608-T1 呼び出しおよびステータス 変更を分析するのに使用する方法を示します。

手順説明

パフォーマンスモニタが付いている WS-X6608-T1 呼び出しおよびステータス 変更を分析するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. パフォーマンスモニタ > Programs > 管理ツール > Performance オプションを初めから開始して下さい。 次のような画面が表示されます。

    ws-6608-t1-e1-gtway-7.gif

  2. 選定された theAdd (+)機能。 Add Counters 画面は現われます:

    ws-6608-t1-e1-gtway-8.gif

    パフォーマンス オブジェクトとして『Cisco Digital Access』 を選択 して下さい。 All Counters オプションを選択して下さい。 最後にゲートウェイを選択して下さい。 この場合 SDA00107B001010。 それから『Add』 をクリック し、次に『Close』 をクリック して下さい。

    ゲートウェイの例を見なければゲートウェイが Cisco CallManager サーバによって登録したかどうかチェックを作成しました。 時々、この登録は失敗します。

    最も 一般的 な 問題はポートの MAC アドレスが Cisco CallManager サーバ トランスコーダの設定で不正確に入力されたことです。 トラブルシューティングを続行する前に正しい MAC アドレスを入力したかどうか確かめて下さい。

    それでも問題がある場合、リセット <mod_num > コマンドで Catalyst スイッチからのモジュールをリセットすることを試みて下さい。 登録 手続が完了するまで待って下さい。 これをチェックするために、show port を <mod_num/port_num > コマンド発行し、Cisco CallManager サーバの IP アドレスを探して下さい。

    最初にステップの設定 される問題を解決しない場合、これらのステップと続けて下さい:

    ポートに設定される正しい IP アドレスがあることを確かめて下さい。 少くともポートは TFTP (CallManager)サーバの自身の IP アドレスおよびマスクおよび IP アドレス必要とします。 ポートの IP アドレスが別のサブネット(VLAN)にあればまたゲートウェイアドレスを必要とします。 最終的にはネットワークが DNS に頼れば、ポートは設定される DNSサーバ アドレスおよびドメイン名を必要とします。 DHCP を使用している場合、Cisco Call Manager のための Windows 2000 DHCPサーバの DHCP を設定し使用する方法のさらに詳しい詳細については設定を参照して下さい。 IP パラメータを手動で設定したいと思う場合設定を WS-X6608-T1 ポートセクションの IP 設定参照して下さい。

    TFTP 正しい(CallManager)アドレスを見つけるために、CallManager Server にログオンし、システムServer メニューの下で使用される IP アドレスをチェックして下さい。

    DHCP および非 DHCP 両方コンフィギュレーションに関しては、VLAN が正しいことを確認して下さい。 DHCP のポートの VLAN を設定できません。 スイッチの CLI でそうして下さい。 構文は set vlan <vlan_number ><mod_num/port_num> です。 またポートステータスが無効ではないことを確認して下さい。 ポートを有効に する構文は set port enable <mod_num/port_num > です。

    注:  WS-X6624 とは違って、WS-X6608 の各ポートのための IP パラメータを独自に設定しなければならないことを覚えていて下さい。

    この出力例はこの例のための正しい IP パラメータを表示します:

    AV-6509-1 (enable) sh port 5/1
    
    Port  Name               Status     Vlan       Duplex Speed Type
    ----- ------------------ ---------- ---------- ------ ----- ------------
    5/1                     notconnect  64           full 1.544  T1
    
    Port     DHCP    MAC-Address       IP-Address      Subnet-Mask
    -------- ------- ----------------- --------------- ---------------
    5/1     disable  00-10-7b-00-10-10  172.16.14.72    255.255.255.224 
    
    Port     Call-Manager(s)   DHCP-Server     TFTP-Server     Gateway
    -------- ----------------- --------------- --------------- --------------
    5/1     172.16.14.66      -                172.16.14.66    172.16.14.65 
    
    Port     DNS-Server(s)     Domain
    -------- ----------------- ----------------------------------------------
    5/1      172.16.13.130     -
    
    Port     CallManagerState DSP-Type
    -------- ---------------- --------
    5/1      registered       C549

    DHCP をおよび使用すればまたは DNS およびまだ問題をに試みてもらいます:

    • 同等化から DHCP を除去するために IP パラメータを手動で設定して下さい

    • DNS ホスト名の代りに IP アドレスを使用して下さい

    これらのステップのどれも問題を解決しない場合、Cisco テクニカル サポートとのケースをオープンして下さい。

  3. これと同じような画面を見て下さい:

    ws-6608-t1-e1-gtway-9.gif

  4. View レポート 機能を選択して下さい。 次のような画面が表示されます。

    ws-6608-t1-e1-gtway-10.gif

  5. ゲートウェイとの着信 発信 コールをすることを試みて下さい。 作る呼び出しを反映するこの画面の変更を見て下さい。

WS-X6608-T1 で busied B チャネルの確認のためにパフォーマンスモニタを使用して下さい

WS-X6608-T1 モジュールの busied B チャネルの確認の場合 WS-X6608-T1 呼び出しおよびステータス 変更 セクションを分析するために使用 パフォーマンスモニタに説明がある同じプロシージャを使用できます。

T1 PRI MGCP 設定の busied B チャネルを表示するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. パフォーマンスモニタ > Programs > 管理ツール > Performance オプションを初めから開始して下さい。

  2. 機能を『Add (+)』 を選択 して下さい

    が原因です。 プルからのパフォーマンス オブジェクトとして『Cisco MGCP PRI Devices』 を選択 して下さい。 All Counters オプションを選択して下さい。 それから『Add』 をクリック し、次に『Close』 をクリック して下さい。

  3. この場合 View レポートに進んで下さい個々 の チャネルについては B チャネルおよび D チャネル ステータスを見られます必要があります。 この MGCP PRI デバイスによって関連付けられるこれらの有効値と B チャネルのステータスは表されます: 0 は(未知数)チャネルのステータスが判別できなかったことを示します; 1 つは(Out Of Service)このチャネルが利用可能ではないことを示します; 2 つは(アイドル状態)このチャネルにアクティブ コールがないし、使用可能であることを示します; 3 つは(使用中)このチャネルのアクティブ コールを示します; 4 つは(予約される)このチャネルが E-1 のための同期化チャネルとして使用または使用のために D チャネルとして予約されたことを示します。

WS-X6608-T1 アクティビティを分析するのに Catalyst CLI を使用して下さい

このタスクは Catalyst 6000 は Cisco CallManager サーバと通信することを確認するのに Catalyst 6000 で使用できるいくつかのコマンドを示します。 資料のこのセクションはまた呼び出しおよびコール関係統計情報をトラッキングするのに使用できることをいくつかのコマンドに示します。

手順説明

Catalyst 6000 が Cisco CallManager サーバと通信することを確認するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. show port をあらゆるモジュールのステータスを表示する <mod/port > コマンド発行して下さい。

    この場合 show port 7 は WS-X6608 Blade のポートの現在のステートを表示する。 ここの出力例では、8 つのポートはすべて T1 ゲートウェイとして Cisco CallManager サーバによって登録しました。 他の型は不明、Media Termination Point (MTP)および会議ブリッジです。

    Console> show port 7
    
    Port  Name               Status     Vlan       Duplex Speed Type
    ----- ------------------ ---------- ---------- ------ ----- ------------
     7/1                     connected  1          full   1.544 T1
     7/2                     connected  1          full   1.544 T1
     7/3                     connected  1          full   1.544 T1
     7/4                     connected  1          full   1.544 T1
     7/5                     connected  1          full   1.544 T1
     7/6                     connected  1          full   1.544 T1
     7/7                     connected  1          full   1.544 T1
     7/8                     connected  1          full   1.544 T1
    
    Port     DHCP    MAC-Address       IP-Address      Subnet-Mask
    -------- ------- ----------------- --------------- ---------------
     7/1     enable  00-10-7b-00-0a-58 172.20.34.68    255.255.255.0
     7/2     enable  00-10-7b-00-0a-59 172.20.34.70    255.255.255.0
     7/3     enable  00-10-7b-00-0a-5a 172.20.34.64    255.255.255.0
     7/4     enable  00-10-7b-00-0a-5b 172.20.34.66    255.255.255.0
     7/5     enable  00-10-7b-00-0a-5c 172.20.34.59    255.255.255.0
     7/6     enable  00-10-7b-00-0a-5d 172.20.34.67    255.255.255.0
     7/7     enable  00-10-7b-00-0a-5e 172.20.34.78    255.255.255.0
     7/8     enable  00-10-7b-00-0a-5f 172.20.34.69    255.255.255.0
    
    Port     Call-Manager(s)   DHCP-Server     TFTP-Sever      Gateway
    -------- ----------------- --------------- --------------- ---------------
     7/1     172.20.34.207*    172.20.34.207   172.20.34.207   172.20.34.20
     7/2     172.20.34.207     172.20.34.207   172.20.34.207   172.20.34.20
     7/3     172.20.34.207     172.20.34.207   172.20.34.207   172.20.34.20
     7/4     172.20.34.207     172.20.34.207   172.20.34.207   172.20.34.20
     7/5     172.20.34.207     172.20.34.207   172.20.34.207   172.20.34.20
     7/6     172.20.34.207     172.20.34.207   172.20.34.207   172.20.34.20
     7/7     172.20.34.207     172.20.34.207   172.20.34.207   172.20.34.20
     7/8     172.20.34.207     172.20.34.207   172.20.34.207   172.20.34.20
    
    Port     DNS-Server(s)   Domain
    -------- --------------- -------------------------------------------------
     7/1     172.20.34.207   cisco.com
     7/2     172.20.34.207*  cisco.com
     7/3     172.20.34.207   cisco.com
     7/4     172.20.34.207   cisco.com
     7/5     172.20.34.207   cisco.com
     7/6     172.20.34.207   cisco.com
     7/7     172.20.34.207   cisco.com
     7/8     172.20.34.207   cisco.com
    
    Port     CallManagerState DSP-Type
    -------- ---------------- --------
     7/1     registered       C549
     7/2     registered       C549
     7/3     registered       C549
     7/4     registered       C549
     7/5     registered       C549
     7/6     registered       C549
     7/7     registered       C549
     7/8     registered       C549
    
    Port  NoiseRegen NonLinearProcessing
    ----- ---------- -------------------
     7/1  disabled   disabled
     7/2  disabled   disabled
     7/3  disabled   disabled
     7/4  disabled   disabled
     7/5  disabled   disabled
     7/6  disabled   disabled
     7/7  disabled   disabled
     7/8  disabled   disabled
    
    (*): Primary
    Console>
    構文の説明

    mod/ポート (モジュールのオプションの)数およびオプションで、モジュールのポートの数。

    コマンドの種類

    Switch コマンド

    Command ノード

    Normal

    使用上のガイドライン

    • mod を規定 しない場合、すべてのモジュールのポートは示されています。

    • ポートを規定 しない場合、モジュールのすべてのポートは示されています。

    • トランスコードすることおよび/または会議のために設定される MTP として 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールのための出力はトランスコーディング ポート タイプか会議ブリッジとして会議用ポートタイプを表示するものです。

    • 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールのための出力はトランスコードすることとしてトランスコーディング ポート タイプか会議として会議用ポートタイプを表示するものです。

  2. 特定のポートのための Facilities Data Link 統計情報を表示する show port voice fdl コマンドを発行して下さい: show port voice fdl <mod/port >。 FDL は問題を診断し、統計情報の収集を助けるのに使用されるリンク管理機能 プロトコルです。

    この場合、show port voice fdl 7/1-3 は WS-X6608-T1 ブレードのポートのための情報を表示する。

    Console> (enable) show port voice fdl 7/1-3
    
    Port  ErrorEvents       ErroredSecond     SeverlyErroredSecond
          Last 15' Last 24h Last 15' Last 24h Last 15' Last 24h
    ----- -------- -------- -------- -------- -------- -----------
     7/1  17       18       19       20       21       22
     7/2  17       18       19       20       21       22
     7/3  17       18       19       20       21       22
    
    Port  FailedSignalState FailedSignalSecond
          Last 15' Last 24h Last 15' Last 24h
    ----- -------- -------- -------- ---------
     7/1  37       38       39       40
     7/2  37       38       39       40
     7/3  37       38       39       40
    
    Port         LES               BES               LCV
          Last 15' Last 24h Last 15' Last 24h Last 15' Last 24h
    ----- -------- -------- -------- -------- -------- --------
     7/1  41       48       49       50       53       54
     7/2  41       48       49       50       53       54
     7/3  41       48       49       50       53       54
    Console> (enable)

    この表は show port voice fdl コマンド出力で可能性のあるフィールドを(問い合わせられるポートタイプによって)解説したものです。

    FDL フィールド記述

    フィールド 説明
    ErrorEvents エラー イベントの数。
    ErroredSecond エラー秒の数。
    SeverelyErroredSecond 重大エラー秒の数。
    FailedSignalState 壊れる信号ステートエラーの数。
    FailedSignalSecond エラー イベントの数。
    LES 検出する ラインエラー秒。
    BES 検出する Bursty Errored Seconds。
    LCV 検出する 回線コード違反秒。

    構文の説明

    mod [/port] モジュールおよび(オプションの)ポートのオプションの)数。

    デフォルト設定

    このコマンドにデフォルト設定がありません。

    コマンドの種類

    Switch コマンド

    コマンド モード

    特権

    使用上のガイドライン

    このコマンドは Network Applications Management (NAM)によってサポートされません。

  3. ポートのアクティブコール情報を表示する show port voice active コマンドを発行して下さい: show port voice active [mod/port] [すべて | コール | 会議 | トランスコードして下さい] [ip-addr]。 このシステムにアクティブ コールがありません。

    この出力はアクティブな 0 ポートにアクティブをおよび 0 呼び出し示したものです。

    Console> show port voice active
    
    Port  Type         Total Conference-ID/ Party-ID IP-Address
                             Transcoding-ID
    ----- ------------ ----- -------------- -------- ---------------
    
    Total: 0
    Console> (enable)
    Console> (enable) show port voice active call
    
    Port  Total IP-Address
    ----- ----- ---------------
    Total: 0 calls
    Console> (enable)
    構文の説明

    mod/ポート (モジュールのモジュールおよびポートのオプションの)数。
    all (システムのすべての呼び出し(規則的な呼び出し、電話会議、および呼び出しをトランスコードすること)を表示するオプションの)キーワード。
    コール (24 ポート FXS アナログインターフェイスおよび 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールのための呼び出し情報を表示するオプションの)キーワード。
    会議 (会議のために設定される 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールのための呼び出し情報を表示するオプションの)キーワード。
    トランスコードして下さい (トランスコードすることのために設定される 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールのための呼び出し情報を表示するオプションの)キーワード。
    ipaddr (オプションの)リモートIPアドレス。

    デフォルト設定

    デフォルトはすべてのアクティブ コール 表示するです。

    コマンドの種類

    Switch コマンド

    コマンド モード

    Normal

    使用上のガイドライン

    • 情報は現われる show port voice active コマンドを発行すると Supervisor Engine 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP) エージェントを通して利用できません。

    • 24 ポート FXS アナログインターフェイスおよび 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールは Call キーワードをサポートします。

    • 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールは会議をサポートし、キーワードをトランスコードします

    • オプションの mod か詳しい形式の指定されたモジュール または ポートに属する呼び出しを表示するのに mod/ポート 変数を使用できます。

    • 8 ポート T1/E1 ISDN PRI サービス設定 モジュールのためのポート毎に 8 つまでの呼び出し 24 ポート FXS Analog Station Interface サービス設定 モジュールのためのポート毎にたった 1 コールがありではない。

    • ip-addr オプションは指定IPアドレスのための 1 特定のコールを表示します。 また IP エイリアスを使用できます。

    • NAM はこのコマンドをサポートしません。

トラブルシューティング

Cisco Unified CallManager 5.x/6.x にレジスタにない Catalayst 6608

ファクトリ プレインストールされたロードの Catalyst 6608 か 6624 ゲートウェイは Cisco Unified CallManager 5.x/6.x に登録することができません。 この問題のための回避策はそれが新しいロードをダウンロードするように Cisco Unified CallManager 4.x が付いている Catalyst 6608 の各ポートを登録することです。 これの後で、それは CallManager 5.x/6.x に登録していることができます。 この問題は Cisco バグ ID CSCeg20715登録ユーザのみ)で文書化されています。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13994