音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

ハードウェア コンファレンス ブリッジの設定と CallManager および Catalyst 6000/6500 WS-X6608 ポートでの使用

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 9 月 19 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、音声会議用の Cisco CallManager サーバおよび Catalyst 6000/6500 WS-X6608 Blade を設定する例を説明します。 コンファレンス ブリッジを作成し、Cisco CallManager に関連パラメータを設定し、さらに、Cisco CallManager サーバが持つデフォルト ソフトウェア コンファレンス ブリッジ、および、他のハードウェア ベースのコンファレンスブリッジに関連パラメータを適用するために、多くの手順が使用されます。

Catalyst 6000/6500 ファミリー 8 ポート T1/E1 PSTN インターフェイス モジュールは高密度、8 ポート、Public Switched Telephone Network (PSTN)へのデジタル T1 または E1 接続をサポートできる T1 または E1 Voice over IP (VoIP) モジュールです。 このモジュールはまたトランスコードおよび会議をサポートします。 モジュールは IP アドレスを要求し、ドメインの Cisco Unified CallManager に登録され、Cisco Unified CallManager によって管理されます。 TFTPサーバからモジュールソフトウェアをダウンロードできます。

WS-X6608 が Cisco Unified CallManager のデバイスで設定される方法はポートが WANインターフェイス(ハードウェア固有の T1/E1)として機能したりまたはトランスコードおよび会議をサポートするかどうか判別します。 ブレードの 8 つのポートのそれぞれにトランスコーダか会議機能性のために定義できる別途の MAC アドレスがあります。 選択がなされれば、ポートはその機能に排他的で、他の機能の利用可能ではないです。 ポートの MAC アドレスを二重割り当てるために試みられるどの試みでも MAC アドレス既に使用中のエラーと拒否されます。

コンフィギュレーションパラメータのほとんどは Cisco CallManager サーバで入力されます。 Catalyst 6000/6500 スイッチの WS-X6608 Blade は Cisco CallManager サーバから TFTP を通して設定を受け取ります。

注: WS-X6608 Blade のポートすべてを設定しないし、無効にしない場合、(それらを設定してもらえば) %SYS-4-MODHPRESET:Host プロセス(860) システムメッセージを非同期的にリセットするために得られる mod_num/port_num はコンソール 画面でおよびシステムログに常に表示されます。

注: これは、このブレードでは想定されている動作です。 それは影響を与えません システムパフォーマンス。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はこれらのソフトウェアに基づいています ハードウェアバージョン:

  • CatOS を実行する Catalyst 6000 スイッチ 6.1(3)

  • WS-X6608 Blade

  • MCS7835 Cisco CallManager 3.0(7)

この文書に記載されている情報は a のデバイスから作成されました 特定のラボ 環境。 この資料で使用されたデバイスすべてはから開始しました 初期 (デフォルト) 設定。 ネットワークがライブである場合、ことを確かめて下さい あらゆるコマンドの潜在的影響を理解して下さい。

表記法

文書 の 表記法に関する詳細については、参照して下さい (『Cisco テクニカル ティップ 規定

コンファレンシング用語および機能

Cisco Unified CallManager は Meet-Me 会議をアド ホックにサポートし、 会議。

Meet-Me 会議はユーザが会議にダイアルインすることを可能にします。

アド ホックな会議は会議 コントローラが管理することを可能にします 会議および参加要素の制御。 会議 コントローラ それぞれ会議に各参加要素を呼出し、追加します。 参加要素 参加要素の最大数までの会議に追加することができます アド ホックな会議のために規定 されて、十分なストリーム達します コンファレンス デバイスで利用可能 でであって下さい。

アドホック会議 コールを開始して下さい

アドホック会議を始めるためにこれらのステップを完了して下さい コール:

  1. 会議 コントローラは第 1 の電話番号にダイヤルします 参加要素。

  2. 被呼加入者が電話に答えるとき、コントローラは押します 電話の conference ボタンはダイヤルトーンを受け取り。

  3. 第 2 パーティが電話に答えるとき、コントローラは押します 再度 conference ボタン会議を作成するため。 付け加えることができます コンファレンスブリッジまでの追加参加要素はこのように使い果たします リソース。

Meet-Me電話会議 コールを開始して下さい

Meet-Me 会議はディレクトリ番号(DN)の範囲があることを必要とします 排他的な使用のために割り当てられる。 Meet-Me電話会議が設定される時、 会議 コントローラはディレクトリ番号を選択し、数をにアドバタイズします グループのメンバー。 ユーザは加入するためにディレクトリ番号を呼出します 会議。 会議がある間、ディレクトリ番号を呼出すだれでも アクティブは会議に、限り参加要素の最大数加入します その会議型のために規定 されて 十分なストリーム超過されないし、 コンファレンス デバイスで利用可能 でであって下さい。

Meet-Me電話会議を始めるためにこのプロシージャを完了して下さい コール:

  1. コントローラは電話を取るか、またはスピーカーをにアクティブにします ダイヤルトーンを得て下さい。

  2. コントローラはの Meet-Me ボタンを押します 電話。

  3. 電話発信音およびコントローラは利用可能 な Meet-Me にダイヤルします DN.

  4. Meet Me DN 直接ダイヤルに残る参加要素。 関係者は加入するために Meet-Me ボタンを使用しません 会議。

注: 各 Meet-Me およびアドホック会議は 6 に制限する必要があります 参加要素。

注意 注意: コンファレンス デバイスが Cisco と同じ PC で使用することができるが CallManager はより大きなインストレーションのために、この推奨事項推奨されません。 鍵管理 ソフトウェア コンファレンスブリッジをホストすることがのパフォーマンスに影響を及ぼすことが分って下さい Cisco CallManager サーバは、ハードウェア コンファレンス ブリッジが実装されているか、または分けます 追加 Cisco CallManager サーバの中のユーザ 人口。 この資料では、a WS-X6608 ポートはハードウェア コンファレンス ブリッジとして使用されます。

注: ソフトウェア コンファレンス デバイス サポート G.711 コーデックだけ。 Cisco CallManager 4.0 および それ以降はまた G.729 コーデックをサポートします。 それにもかかわらず、デフォルトコデック G.711 はあります。 ただし、Meet-Me電話会議が a がある電話によって始められる場合 G.711 コーデックは、G.729 デバイス a がなければ会議に加われません 含まれるトランスコーダ。 トランスコーダは必要 1 つからの変換を処理するためにです 他のものへのコーデック。 同じような問題はアド ホックな会議と起こります。 プロポーザル 会議を別の電話を含むことを試みる始めること電話をかけて下さい コーデック、それは失敗します。 エラーメッセージはトレースで表示する。 ハードウェア コンファレンス デバイスは G.711、G.729 および G.723 にトランスコードを提供できます コーデック。

WS-X6608 ポートの IP 設定を設定して下さい(オプションの)

このセクションはポートの IP パラメータを設定する方法を説明します WS-X6608 Blade。 設定が a を使用する場合このプロシージャが必要となりません この情報を提供する DHCPサーバ。

DHCP を使用するために計画するが、ポートが現在あることを確かめないで下さい 正しく設定されて、このプロシージャのステップ 2 は有効に なるために構文を提供します DHCP を完了せずに ARP メッセージを転送した場合。

IP パラメータを手動で 設定 することを計画する場合これのステップ 3 プロシージャはそうする方法の例を提供します。

  1. ビュー ポート 音声 インターフェイス ヘルプを発行して下さい a の IP パラメータを設定 するのに使用される構文を表示するために命じて下さい ポート。

    Catalyst 6000/6500 スイッチからのこの出力はとして提供されます 例:

    Console> (enable) view port voice interface help
    
    Usage: view port voice interface <mod/port> dhcp enable [vlan <vlan>]
           view port voice interface <mod/port> dhcp disable <ipaddrspec>
                           tftp <ipaddr> [vlan <vlan>]
                           [gateway <ipaddr>] [dns [ipaddr] [domain_name]]
     (ipaddr_spec: <ipaddr> <mask>, or <ipaddr>/<mask>
           <mask>: dotted format (255.255.255.0) or number of bits (0..31)
             vlan: 0..1000
          System DNS may be used if disabling DHCP without DNS parameters)
  2. set port voice interface を 5/1 dhcp 発行して下さい enable コマンド a の DHCP を有効に するため ポート。

    Catalyst 6000/6500 スイッチからのこの出力はとして提供されます 例:

    Console> (enable) set port voice interface 5/1 dhcp enable
    
    Port 5/1 DHCP enabled.

    設定が必要とする各ポートのためのこのステップを繰り返して下さい。 もし DHCP を使用し、次 の ステップをスキップし、作成することを続行します Cisco Unified CallManager のハードウェアベースのコンファレンスブリッジ

    DHCP の設定および使用のさらに詳しい詳細については、 次を参照してください。 「 Cisco Unified CallManager のための Windows 2000 DHCPサーバ

  3. set port voice interface 5/4 dhcp disable を発行して下さい IP アドレス/マスク tftp tftp-server-ip-address ゲートウェイ gateway-ip-address コマンドを発行して、 ポートの DHCP をディセーブルにし、IP パラメータを手動で割り当てて下さい。

    この例では、IP アドレスおよびマスクはあります 172.16.14.72 および 27。 TFTPサーバ(Cisco CallManager Server は、この場合) IP アドレス 172.16.14.66 です。 ゲートウェイ IPアドレスは 172.16.14.65 です。

    Catalyst 6000/6500 スイッチからのこの出力はとして提供されます 例:

    AV-6509-1 (enable) set port voice interface 5/4 dhcp disable
                     172.16.14.72/27 tftp 172.16.14.66
                     gateway 172.16.14.65
    
    !--- Enter this command on one line.
    
    Port 5/1 DHCP disabled.
    System DNS configurations used.

    設定各ポートのためのこのステップを繰り返して下さい 必要となります。

    注: WS-X6608 の複数のポートを一度に規定できません ユニークなIPアドレスが各ポートのために設定 する必要があるのでブレード。

  4. リセットを発行して下さい モジュール番号 コマンド リセットするため 新しい IP パラメータを設定した後モジュール。

    AV-6509-1 (enable) reset 5
    
    This command will reset module 5 and may disconnect your telnet session.
    Do you want to continue (y/n) [n]? y
    
    2001 May 29 05:33:23 %SYS-5-MOD_RESET:
                         Module 5 reset from telnet/10.21.8.172/
    
    !--- This timestamped line appears on one line.
    
    Resetting module 5...

    WS-X6608 ポートはまでの Cisco Unified CallManager によって登録できません ポートは CallManager Server で設定され、サーバから再設定されます。 これらのモジュールでの 次のプロシージャは新しいコンファレンスブリッジを追加する方法を説明します。

Cisco Unified CallManager のハードウェアベースのコンファレンスブリッジを作成して下さい

このセクションはにハードウェア コンファレンス ブリッジを追加する方法を説明します WS-X6608 Blade のポートが付いている Cisco CallManager サーバ。

注: このプロシージャはハードウェアの他の型に使用するそれに類似したです コンファレンスブリッジ。 ハードウェア コンファレンス ブリッジ無効の設定 Cisco でデフォルトで設定されるソフトウェア コンファレンスブリッジ CallManager Server。

  1. WS-X6608 Blade のポートの 1 つを設定するためように コンファレンスブリッジ リソースは、サービス > 会議を選択します Cisco CallManager Administration からのブリッジ をクリックします。

    /image/gif/paws/13993/ws-6608-conf-brdge-8.gif

    次のような画面が表示されます。

    ws-6608-conf-brdge-7.gif

    1. モデルタイプ フィールドをに設定 して下さい ハードウェア。

    2. ほしい WS-X6608 ポートの MAC アドレスを入力して下さい コンファレンスブリッジで設定して下さい。

      この例の MAC アドレスはのポート 5/4 からあります Catalyst 6000/6500 スイッチの WS-6608-T1 ブレード。 提示を発行して下さい この情報を得る port コマンド

      AV-6509-1 (enable) show port 5
      
      !--- Output is suppressed.
      
      Port     DHCP    MAC-Address       IP-Address      Subnet-Mask
      -------- ------- ----------------- --------------- ---------------
       5/1     enable  00-10-7b-00-10-10 172.16.14.97    255.255.255.224
       5/2     disable 00-10-7b-00-10-11 172.16.14.71    255.255.255.224
       5/3     disable 00-10-7b-00-10-12 172.16.14.73    255.255.255.224
       5/4     enable  00-10-7b-00-10-13 172.16.14.72    255.255.255.224
       5/5     disable 00-10-7b-00-10-14 172.16.14.25    255.255.255.224
       5/6     disable 00-10-7b-00-10-15 172.16.14.26    255.255.255.224
       5/7     disable 00-10-7b-00-10-16 172.16.14.81    255.255.255.224
       5/8     disable 00-10-7b-00-10-17 172.16.14.80    255.255.255.224
    3. これを完了すると『Insert』 をクリック して下さい 画面。

  2. デバイスがそれの前にリセットされる必要があること知らせることができます アクティブになります。

    これと同じような画面はそれから現われます:

    ws-6608-conf-brdge-6.gif

    1. [Reset Device] をクリックします。

      次のような画面が表示されます。

      /image/gif/paws/13993/ws-6608-conf-brdge-5.gif

    2. Reset をクリックします。

  3. Cisco CallManager サーバがデバイスをリセットすれば、デバイスはあります スイッチで登録される。

    1. ポートが会議のために設定されることを確認できます show port voice のアクティブな会議セッションを表示する アクティブなモジュール番号/port-number 会議コマンド。

      AV-6509-1 (enable) show port voice active 5/4 conference
      
      Total: 0 conferencing session
    2. またポートがで正しく設定されることを確認できます show port モジュール番号/port-number コマンドを使用します。

      この場合、ポートタイプは CONF としてリストされています ブリッジ

      AV-6509-1 (enable) show port 5/4
      
      Port  Name        Status     Vlan       Duplex Speed Type
      ----- ----------- ---------- ---------- ------ ----- -----------
       5/4              enabled    64           full     - Conf Bridge
      

Cisco Unified CallManager の Meet Me DN および他の関連パラメータを設定して下さい

このセクションは 1 Meet-Me のための単一 DN を設定する方法を説明します 会議。 必要と多くを作成するためにこのプロシージャを頻繁に繰り返して下さい DN.

注意 注意: システムよりより多くの Meet-Me DN を設定することは可能性のあるです リソース サポート。

  1. 大会を私数/パターン 設定クリックして下さい 会議ブリッジの設定 ウィンドウのオプション。

    次のような画面が表示されます。

    ws-6608-conf-brdge-4.gif

    1. Meet Me DN を入力して下さい。

    2. ルート パーティションを使用する場合、適切なルートを選択して下さい パーティション。 さもなければデフォルト設定をのそのままにして下さい ありません。

    3. [Insert] をクリックします。

      次のような画面が表示されます。

    /image/gif/paws/13993/ws-6608-conf-brdge-3.gif

  2. コンファレンスブリッジ パラメータを選択して下さい オプション。

    次のような画面が表示されます。

    ws-6608-conf-brdge-2.gif

    1. ほしいサーバを選択して下さい 設定して下さい。

    2. 設定変更を行なって下さい 必要となります。

    3. [Update] をクリックします。

Catalyst および CallManager 設定を確認して下さい

パフォーマンスモニタを分析するために使用するようにこのプロシージャを完了して下さい 電話会議およびステータス 変更:

  1. > Start > Programs > Administrative Tools の順に選択 して下さい パフォーマンス パフォーマンスモニタを開始するため。

    注: また Start > Run の順に選択 し、入ることができます perfmon パフォーマンスモニタを開始するため。

    次のような画面が表示されます。

    /image/gif/paws/13993/ws-6608-conf-brdge-9.gif

  2. Add (+) アイコンをクリックして下さい。

    次のような画面が表示されます。

    ws-6608-conf-brdge-1.gif

    1. ほしい Cisco CallManager サーバを選択して下さい 設定して下さい。

    2. Cisco 会議にパフォーマンス オブジェクト フィールドを設定 して下さい ブリッジ

    3. 『Add』 をクリック し、次にクリックして下さい 閉じて下さい

    コンファレンスブリッジの例を見なければ Cisco に登録されていないことは作成されて、それから可能性のあるです CallManager Server。 この問題を訂正するプロシージャに関しては参照して下さい この資料の Troubleshoot セクション

  3. View レポート ボタンをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/13993/ws-6608-conf-brdge-11.gif

    次のような画面が表示されます。

    ws-6608-conf-brdge-10.gif

    1. アドホック会議および Meet-Me を作成することを試みて下さい 会議。

    2. これらのパラメータは会議を反映するために変更します 現在使用して下さい。

トラブルシューティング

コンファレンスブリッジの例を見なければ Catalyst および CallManager を Verify のステップ 2 で作成される に登録されていないことは設定、それから可能性のあるです Cisco CallManager サーバ。

最も 一般的 な 問題はポートの MAC アドレスが入力されたことです 不正確に Cisco CallManager サーバ 会議ブリッジの設定で。 に続行する前に正しい MAC アドレスを入力したことを確認して下さい 解決して下さい。

問題に直面し続ける場合リセットを発行して下さい モジュール番号 コマンドに試みるため Catalyst スイッチからのモジュールをリセットして下さい。 登録 手続まで待ちます 必要があります。 これをチェックするために、show port を発行して下さい モジュール番号 IP を命じ、探して下さい Cisco CallManager サーバのアドレス。

問題を解決できなければ場合に進んで下さい 解決して下さい。

ポートに設定される正しい IP アドレスがあることを確かめて下さい。 a 最小は、ポートの自身の IP アドレスおよびマスクおよび IP アドレスを必要とします TFTP (CallManager)サーバ。 ポートの IP アドレスが別にあれば (VLAN)サブネット化して下さい、そしてまたゲートウェイアドレスを必要とします。 ネットワークが頼れば DNS で、それからの DNSサーバ アドレスおよびドメイン名を設定して下さい ポート。 DHCP を使用する場合、参照して下さい 詳細については Cisco Call Manager のための Windows 2000 DHCPサーバ DHCP の設定および使用。 IP を手動で設定したいと思えば パラメータは、設定を WS-X6608 の IP 設定見ます この資料のポート(オプションの)セクション。

Cisco CallManager サーバにログオンし、使用される IP アドレスをチェックして下さい System > Server メニューの下正しいの見つけるため TFTP (CallManager)アドレス。

DHCP および非 DHCP 両方に関してはコンフィギュレーションは、VLAN があることを確認します 正しい。 DHCP のポートの VLAN を設定 することはできません。 これはある必要があります のスイッチの Command Line Interface (CLI)でされる set vlan VLAN ナンバー モジュール番号/port-number コマンドを使用します。 またポートステータスが無効ではないことを、確認して下さい。 構文のための ポートを有効に することは set port enable です モジュール番号/port-number が原因です。

注: WS-X6624 とは違って、それぞれのための IP パラメータを設定しなければなりません 独自に WS-X6608 のポート。 この出力は正しい IP パラメータを表示したものです この例のため:

AV-6509-1 (enable) show port 5/4

Port  Name               Status     Vlan       Duplex Speed Type
----- ------------------ ---------- ---------- ------ ----- -----------
 5/4                     enabled    64           full     - Conf Bridge

Port     DHCP    MAC-Address       IP-Address      Subnet-Mask
-------- ------- ----------------- --------------- ---------------
 5/4     disable 00-10-7b-00-10-13 172.16.14.72    255.255.255.224

Port     Call-Manager(s)   DHCP-Server     TFTP-Server     Gateway
-------- ----------------- --------------- --------------- ------------
 5/4     172.16.14.66      -               172.16.14.66    172.16.14.65

Port     DNS-Server(s)     Domain
-------- ----------------- --------------------------------------------
 5/4     172.16.13.130     -

Port     CallManagerState DSP-Type
-------- ---------------- --------
 5/4     registered       C549

Port  NoiseRegen NonLinearProcessing
----- ---------- -------------------
 5/4  disabled   disabled

Port   Trap      IfIndex
-----  --------  -------
 5/4   disabled  155

DHCP か DNS を使用し、問題に直面し続ければ試み 1 または両方のソリューション:

  • DHCP をから除去するために IP パラメータを手動で設定して下さい 同等化。

  • DNS ホストの代りに IP アドレスを使用して下さい 名前。

問題を解決することがそれでもできなければ サービスを開いて下さい Ciscoサポートのために使用するサポートセンターの要求

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13993