音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco UnityとCallManagerの統合

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントには、Cisco Unity と Cisco CallManager の最初の統合に役立つ情報が含まれています。 Cisco Unity サーバでインストールされている Cisco Unity および Cisco Unified CallManager は TAPI Service Provider (TSP)によって互いに通信します。 それは Cisco Unityソフトウェア登録ユーザのみ)で利用可能のためにダウンロードしますです。 インストールする前に、readme ファイルに含まれている「Qualified Product Combinations」表を参照してください。

注: この資料で使用されたスクリーン ショットは Windows 2000 で動作する Cisco Unity サーバからキャプチャ されました。 いくつかの画面および名前は Windows NT の下でわずかに異なるようであるかもしれません。 さらに、この資料は既に Cisco Unity および Cisco Unified CallManager をインストールしてしまったと仮定します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

  • Cisco Unity

  • Cisco CallManager

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco Unity 設定

次の手順を実行します。

  1. ダウンロードされた TSP ファイルをダブルクリックして下さい。 解凍しますクリックして下さい。 それを変更する必要を持っていなかったらデフォルト設定を解凍しますフォルダ同じをそのままにして下さい。

    unity_cm_1.gif

  2. 『Start』 をクリック し、そして TSP がに解凍されたパスを実行し、打ち込んで下さい。 デフォルトは c:\AVCiscoTSP インストールです。 [OK] をクリックします。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_2.gif

  3. Setup アイコンをダブルクリックして下さい。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_3.gif

    注: ステータスウィンドウは現われます。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_4.gif

  4. このプロンプトで『OK』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_5.gif

  5. [Next] をクリックします。

    unity_cm_6.gif

  6. 異なるパスにインストールしたい場合の隣で選択するかデフォルト インストール パスを、または『Change』 をクリック しますクリックして下さい。 デフォルトは推奨されます。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_7.gif

  7. [Install] をクリックします。

    unity_cm_8.gif

  8. [Finish] をクリックします。

    unity_cm_9.gif

  9. サーバをリブートするために『Yes』 をクリック して下さい。

    注: すべてのデータを保存し、『Yes』 をクリック する前に開くかもしれないすべてのウィンドウを閉じることを確かめて下さい。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_10.gif

  10. マシン リブートおよびコンソールにログオンした後、この Av-Ciscoサービスプロバイダー ウィンドウによってプロンプト表示されます。 [Add] をクリックします。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_11.gif

  11. プライマリ Cisco CallManager の IP アドレスを入力し、次に『OK』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_12.gif

  12. フィールドのそれぞれで適切な情報を入力して下さい。

    • 音声ポート フィールドの番号で購入したポートの数を入力して下さい。 音声ポートの数はウィンドウの右側にある CallManager デバイス リストで自動的に伝搬します。

    • デバイス名 プレフィクス フィールドで希望するデバイス名 プレフィックスを入力して下さい。 音声ポートの名前はウィンドウの右側にある CallManager デバイス リストで自動的に伝搬します。

      注: uOne ポートを設定するときプレフィクス名前を使用します。 入る値のメモを作って下さい。

    • MessageWaitingOnDN および MessageWaitingOffDN の下で不規則な Dialed Number (DN)を待っているメッセージをそれぞれ入力して下さい。

      注: CallManager のメッセージ待機インディケーター (MWI)を設定するとき不規則な DN 値を待っているメッセージを使用します。

      /image/gif/paws/13986/unity_cm_13.gif

  13. 冗長 な Cisco Unified CallManager の IP アドレスを追加するために IP アドレスを該当する場合『Add』 をクリック して下さい。 [OK] をクリックします。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_14.gif

  14. 自動的にフェールオーバーのプライマリ Cisco CallManager に再接続することを望んだ場合フェールオーバー ボックスのプライマリ CCM への再接続を自動的にクリックして下さい。 これは推奨されます。 [OK] をクリックします。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_15.gif

    注: MWI をどこで知り正しいクラスタの方のどの送信するか異なる Cisco CallManager クラスタとの Unity 単一 クラスタがある場合、どの Cisco CallManager クラスタ ユーザがに属するか Unity 自動的に、ポートで。

  15. コンピュータをリブートするために『OK』 をクリック して下さい。

    注: すべてのデータを保存し、『OK』 をクリック する前に開くかもしれないすべてのウィンドウを閉じることを確かめて下さい。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_16.gif

Cisco CallManager の設定

次の手順を実行します。

  1. 『Device』 をクリック し、そして uOne ポートを『Cisco』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_17.gif

  2. フィールドのそれぞれで適切な情報を入力して下さい。

    • プレフィクス名前を + 最初のポートのための 1 入力して下さい。 プレフィクス名前はステップ 12 で設定されました。

    • Description フィールドのポートのために望む管理上の名前を入力して下さい。

      注: 説明はポートの機能に影響を与えません。

    • ポートを置きたいデバイス プールを入力して下さい。

    • ポートを置きたい Calling Search Space を入力して下さい。

      注: ポートは選択される Calling Search Space で定義されるパーティションにある電話しか呼出さないことができます。

    • ポートを置きたい Location を選択して下さい。

    • ポートにディレクトリ番号を割り当てて下さい。 ディレクトリ番号はボイスメール システムにアクセスするためにユーザがダイヤルする DN です。

    • パーティションを割り当てて下さい。

    • DN を置きたい Calling Search Space を入力して下さい。

      注: ポートは選択される Calling Search Space で定義されるパーティションにある電話しか呼出さないことができます。

    • 使用するために望む表示名を入力して下さい。 これはこのポートにアクセスすると名前ユーザ見ますです。

    • ボイスメールポートですべてを転送することを推奨しません従ってこのフィールドは空白を残して下さい。

    • 設定される次のポートの DN を入力して下さい。 適切な Calling Search Space を選択して下さい。

      注: ポートは選択される Calling Search Space で定義されるパーティションにある電話しか呼出さないことができます。

      /image/gif/paws/13986/unity_cm_18.gif

  3. 設定されたポートを最近追加するために『Insert』 をクリック して下さい。

  4. 各ポートのためのポート番号を増分するステップ 12 で定義されるポートすべてのためのステップ 1 〜 3 を繰り返して下さい。

    完了されて、設定はこれに類似したになります:

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_19.gif

  5. サービスをクリックし、そして『Service Parameters』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_20.gif

  6. 左に Server アイコンをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_21.gif

  7. [Cisco CallManager] をクリックします。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_22.gif

  8. 音声メールをクリックして下さい。 音声メール パイロット ポイントとして使用したい値を入力して下さい。 [Update] をクリックします。

    これが Cisco CallManager クラスタである場合、これはクラスタのすべてのサーバで実行された必要があります。

    注: これは通常設定される最初の uOne ポートです。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_23.gif

  9. MessageWaitingOnDN の下で待っているメッセージのために使用するために望む DN を入力して下さい。 [Update] をクリックします。

    これが Cisco CallManager クラスタである場合、これはクラスタのすべてのサーバで実行された必要があります。

  10. MessageWaitingOffDN の下で待っているメッセージのために使用するために望む DN を入力して下さい。 [Update] をクリックします。

    これが Cisco CallManager クラスタである場合、これはクラスタのすべてのサーバで実行された必要があります。

    注: これは Cisco Unity コンフィギュレーションセクションのステップ 12 で入る値を一致する必要があります。 またこの数がルートパターンと競合しないことを、確かめて下さい。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_24.gif

  11. VoiceMailMaximumHopCount フィールドで購入したポートの数を入力して下さい。 [Update] をクリックします。

    これが Cisco CallManager クラスタである場合、これはクラスタのすべてのサーバで実行された必要があります。

    注: これは音声メール転送ループを除去して重要です。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_25.gif

  12. すべての Cisco Unified CallManager および Cisco Unity サーバを停止し、開始して下さい。

  13. 電話およびモデムオプション アイコンを Start > Settings > Control Panel の順に選択 し、ダブルクリックして下さい。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_26.gif

  14. Av-Ciscoサービスプロバイダーを選択し、『Configure』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_27.gif

  15. 『Test』 をクリック して下さい。

    注: テストが正常に完了しない場合 MWI Troublehooting ガイドを参照して下さい。

    /image/gif/paws/13986/unity_cm_28.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13986