音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

破損した Cisco CallManager クラスタ SQL サブスクリプションの再構築

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 5 月 23 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

SQL データベースの複製は、Cisco CallManager クラスタのコア機能です。 データベースのマスター コピーを持つサーバをパブリッシャと呼び、そのデータベースを複製するサーバをサブスクライバと呼びます。

サブスクライバがパブリッシャからデータの複製を停止すれば、パブリッシャ/サブスクライバ関係を再製する必要があります。 これをするために、SQL サーバ データベースに入り、手動でサブスクリプションを再製して下さい。

症状

サブスクライバがパブリッシャからの複製を停止した場合に、発生する可能性のある症状を一覧にします。

  • サブスクライバに登録されている電話機に、パブリッシャへの変更が反映されない。

  • サブスクライバに登録されている電話機からの発信コールが失敗する。 9 つにダイヤルするとすぐ、追加注文トーンを聞きます。

  • Call Forward All(CFwdALL; 全コール転送)ができない。

  • IP Phone に Error Database と表示される。

注: 詳細については Cisco CallManager クラスタでの切断された SQL サブスクリプションの DBLHelper を使用した再構築を参照して下さい。

前提条件

要件

この資料は SQL Administrator (SA) アカウントパスワードが両方に利用できるパブリッシャ および サブスクライバと仮定します。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManager 3.0、3.1 および 3.2

注: Cisco CallManager バージョン 3.3 がある場合、Cisco CallManager 3.3 を使用する、破損した Cisco CallManager クラスタ SQL サブスクリプションの再構築を参照して下さい。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、コマンドを使用する前にその潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

パブリッシャ および サブスクライバ間の関係を再確立して下さい

2 つのシステム間の関係を再確立するためにこれらのステップを完了して下さい。 最初に、サブスクライバのサブスクリプションはパブリッシャで再び行われる必要があります。 それから、サブスクリプションは加入者システムで削除され、再び行われる必要があります。

パブリッシャ上 の サブスクリプションを再び行って下さい

次の手順を実行します。

  1. パブリッシャで、> Microsoft SQL Server 7.0 > Enterprise Manager SQL Enterprise Manager を開始するために『Programs』 を選択 して下さい。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database1.gif

  2. パブリッシャからサブスクリプションが再作成されます。 Microsoft SQL Server 下で New SQL Server Registration... を選択します。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database2.gif

    レジスタ SQL Server ウィザードは現われます。

  3. 今後はチェックされないことをウィザードを使用しないでタスクを行いたいと思うことを確かめて下さい。 [Next] をクリックします。

    sql_wizard.jpg

    Cisco Unified CallManager に常駐する他の SQL サーバは追加サーバ ボックスに現われる必要があります。

    subscribe_database3.gif

  4. すべてのサーバを選択して、"Added servers"ボックスに Add します。 [Next] をクリックします。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database4.gif

  5. The SQL Server login information that was assigned to me by the system administrator を選択して Next をクリックします。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database5.gif

  6. Next ウィンドウの加入者システムのために「sa」アカウントおよびパスワードを使用して下さい。

    注: これがサブスクライバ システムから取得した sa アカウントとパスワードです。 パスワードは加入者システムがインストールされている場合選択されます。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database6.gif

  7. Select SQL Server Group ウィンドウの既存の SQL サーバ グループに SQL サーバを追加するオプションを選択して下さい。 ここで選択されるグループ名は SQL Server Group です。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database7.gif

  8. [Finish] をクリックします。

    追加されたサーバ ディスプレイの付加のステータス。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database8.gif

  9. 」登録に成功されるメッセージ状態「。 [Close] をクリックします。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database9.gif

    そのようなことはウィンドウ現われます。

    subscribe_database10.gif

    リストされている 2 つのサーバを見る場合パブリッシャによって認識されることを意味します。 データはこれらのサーバによって共有することができます。

パブリッシャ上 の サブスクリプションを削除して下さい

次の手順を実行します。

  1. Enterprise Manager の下で、SQL サーバ ツリーにナビゲート し、CCM0301 データベースのためのパブリケーションを見つけて下さい(Microsoft SQL Server > SQL サーバ グループ > Machine_name > データベース > CCM0301 > 書)。 失敗する選択し、エントリを削除して下さい Cisco Unified CallManager サブスクリプションを。

    注意 注意: このグラフィックで矢印によって示されているようにエリアを選択して下さい。 左側の book アイコンは削除しないでください。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database11.gif

  2. サブスクリプションはパブリッシャで取除かれる、ないサブスクライバ示すことを警告があります。 サブスクライバに接続し、サブスクリプションを削除したいと思ったら『Yes』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database12.gif

  3. 次のメッセージはサブスクリプションが削除されるが、データが削除されないことを示します。 [OK] をクリックします。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database13.gif

サブスクライバ上 の サブスクリプションを再び行って下さい

次の手順を実行します。

  1. サブスクリプションはサブスクライバ SQL サーバに再び追加する必要があります。 直前にパブリッシャから削除したサブスクライバの SQL サーバ名を選択します。 この設定では、パブリッシャは AVVID_LAB_PUB、サブスクライバは AVVID_LAB_SUB1 です。 AVVID_LAB_PUB 書からちょうど AVVID_LAB_SUB1 サブスクリプションを削除しました。 パブリケーションに再びサブスクライブするためには、まず AVVID_LAB_SUB1 SQL サーバを選択して、CCM0301 データベースを選択します。 右クリックでメニューを表示します。 メニューから New > Pull Subscription を選択します。

    注: 常に最新バージョンのデータベースを選択し、以前のバージョン(この例では CCM0301)は使用しないでください。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database14.gif

  2. プル サブスクリプション ウィザードが現われると『Next』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database15.gif

  3. 選択書ウィンドウで、(リストされている必要がある)パブリッシャ拡張し、CCM0301 データベースを選択して下さい。 [Next] をクリックします。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database16.gif

  4. 規定 同期 エージェント ログイン ウィンドウで『Using SQL Server Authentication of this account』 を選択 して下さい

    が原因です。 ログインネームは sa であり、パスワードはパブリッシャ sa」アカウント同じパスワードです。

    subscribe_database17.gif

  5. Specify Immediate-Updating Subscription(s) ウィンドウで『Yes, make this an immediate-updating subscription(s)』 を選択 して下さい。 次に [Next] をクリックします。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database18.gif

  6. 初期化サブスクリプション ウィンドウで『Yes, initialize the schema and data at the Subscriber』 を選択 し、『Next』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database19.gif

  7. 一定ディストリビューション エージェント Schedule ウィンドウで『Continuously』 を選択 し、『Next』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database20.gif

  8. 次 の ステップはことを SQL サーバ エージェントおよび Microsoft DTC サービス実行両方確認します。 [Next] をクリックします。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database21.gif

  9. プル サブスクリプション ウィザード ウィンドウの完了で『Finish』 をクリック して下さい。

    ウィザードは完了されたときサブスクリプションを設定し、成功を表示する。

    subscribe_database22.gif

    ウィザードはサブスクリプションを設定しました。

    subscribe_database23.gif

    成功を示すディスプレイはプロセスが完了すると現われます。

    subscribe_database24.gif

  10. サブスクリプションが作成されるので同期のためのサブスクライバにデータを入手するために、スナップショットエージェントは実行する必要があります。 パブリッシャ SQL サーバを選択して、Replication Monitor > Publishers > Machine_name >CCM0301 サブスクリプションに移動します。 Snapshot のエントリを選択し、Start を選択します。 スナップショット エージェントが実行この時点で。 タスクを完了する約 3 から 5 分かかります。 スナップショットエージェントが完了すれば、プル エージェントはサブスクライバにスナップショットを適用し始めます。 これはもう 3 から 5 分奪取 します。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database25.gif

  11. プル サブスクリプションがパブリッシャで、完了したら、サブスクライバ SQL サーバを選択し、CCM0301 データベースのためのプル サブスクリプションを開いて下さい。 サブスクリプションは ACTIVE 状態にある必要があり、更新を待つ必要があります。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database26.gif

    注: 最後の操作が利用可能に」をなるためにそれでも「待っているスナップショットエージェント読む場合画面をリフレッシュするために F5 を押して下さい。

    現時点で、サブスクライバはパブリッシャと今再同期化され、更新はローカル サブスクライバ SQL データベースに記録されます。

SQL サブスクリプションがはたらくことを確認して下さい

ステップを完了して下さい:

  1. データの伝搬をテストするためにすぐに認識できるパブリッシング サーバのデバイスを作成して下さい。 [Insert] をクリックします。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database27.gif

  2. デバイスを機能させる必要はありません。 Update and Close をクリックします。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database28.gif

  3. SQL Enterprise Manager に入って該当する SQL サブスクライバを拡大し、データベース表に新しいデバイスが存在するか確認します。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database29.gif

    デバイスがより認識可能なら、より容易見つけることです。

    /image/gif/paws/13977/subscribe_database30.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13977