音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

CallManager および音声ゲートウェイを使用したVoIPファクスリレー設定

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、ローカル ヘアピニングではなく、Voice over IP(VoIP)のファクス リレーを使用するようにファクス コールを強制する方法を説明します。 この機能は、音声およびファクス コールを受け入れる一次群速度 ISDN(PRI)ポートを含むシナリオに役立ちます。 音声コールは IP フォンに送られ、ファクス コールは同じルータの Foreign Exchange Station(FXS)ポートに送られます。

従って Time Division Multiplexing (TDM) バスのないルータのアナログコールのローカル ヘアピニングはルータ バックプレーンおよびデジタル信号プロセッサ(DSP)バッファで遅延に応じてそれらの呼び出しを、および信頼できない作ります。 一般に VoIP、およびとりわけ Fax Relay はルータ DSP でそれらを直接終えることによって、ファックス コールのためのこの問題を解決します。

この強制 Fax Relay は Cisco CallManager サーバに設定される着信 ファックス コールをルーティングするで、次に同じゲートウェイにすぐにそれをリダイレクトしますとき堪能。

要約すると、ゲートウェイは 1 つのレグの Fax Relay を使用して今ファックス コールを終了し、Cisco Unified CallManager を通してルーティングされる音声カード間の VoIP Fax Relay コールを確立し次に FXS コールレグのファックス コールを再確立します。

呼び出しセットアップメッセージ パススルーだけ Cisco Unified CallManager。 VOIPコールが確立された後、データはゲートウェイ 音声カードの入力と出力 DSP の間で直接移動します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン 3.x および 4.x

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ファックスコールをルーティングするためのCisco CallManager Serverの設定

Cisco CallManager サーバをファックス コールをルーティングするために設定するのにこのプロシージャを使用して下さい。

この資料のセットアップは Cisco CallManager 3.0 を利用します。 ただし、概念は 3.x および 4.x を含む Cisco Unified CallManager のすべてのバージョンのために関連しています。

手順説明

Cisco CallManager サーバをファックス コールをルーティングするために設定するようにこれらのステップを完了して下さい。

  1. ダミー 拡張子を作成するために Device > Phone > Add New Phone の順に選択 して下さい。

    この場合、電話のタイプ Cisco 30 vip は使用されます。

    /image/gif/paws/13949/hairpin_1.gif

  2. MAC Address フィールドでダミーMACアドレスを挿入して下さい。 たとえば、00AABBCCDDEE。

  3. Button Template フィールドでは、30 VIP 受話器(沢山のライン アピアランスがあります)を選択し、データベースに挿入すること確実でであって下さい。

    /image/gif/paws/13949/hairpin_2.gif

    ダミー 拡張子のためにこれらを仮定して下さい(システムで利用可能である)数を使用して下さい:

    • Line 1 5555 へ常に拡張 4444、自動転送です

    • Line 2 5556 へ常に拡張 4445、自動転送です

    • Line 3 5557 へ常に拡張 4446、自動転送です

    • 4 ラインは 5558 へ常に拡張 4447、自動転送です

    指す自動転送設定ルートパターンは FXS ポートに H.323 ゲートウェイに、とりわけ常にキャンセルします。 これはルータに VOIPコールを確立させます。 従って、それは 1 つのレグのファックス コールを終了し、FXS コールレグに繋ぐのに Fax Relay を使用する必要があります。

    hairpin_3.gif

  4. 最初のライン アピアランスをクリックし、Directory Number フィールドでダミー 番号を入力して下さい。 この例で 4444 は使用されます。 それから、FXS デスティネーションパターンに戻って前方をすべての数そのポイント入力して下さい。 この例は 5555 を使用します。

    /image/gif/paws/13949/hairpin_3a.gif

  5. VoIP 世界では、ルートパターンはスタティック・ルートの等量です。 唯一の違いはルートパターンが IP アドレスの代りに E.164 数を指すことです。 作成し、前方とダミー 拡張子からのすべての数一致する挿入し、FXS ポートが付いている H.323 ゲートウェイにこれを指示して下さいルートパターンを(H.323 ゲートウェイは以前に追加されたにちがいありません)。 これをするために、Route Plan メニューに行き、Route Plan > Route Pattern > Add a New Pattern の順に選択 して下さい。

    hairpin_3b.gif

    hairpin_4.gif

  6. ダミー 拡張子 設定 ページに戻り、新しい行番号を追加して下さい、(たとえば、4445)および call forward all は番号が付いています(5556)。 H.323 ゲートウェイに Call forward all 数およびポイントを一致させる新しいルートパターンを作成して下さい。 持っている各ファクシミリ行のためにこれを繰り返して下さい。

ゲートウェイの設定

ゲートウェイで、これらの VoIP および平野古い電話サーバ(POTS)ダイヤル ピアを作成して下さい:

!
Dial-peer voice 1 voip 
 Destination-pattern 444.                     

!--- Wildcard match for 444X numbers.

 Session target ipv4:172.16.1.252
 Codec g711ulaw 
 Ip precedence 5 
 Dtmf-relay h245-alpha 
!
dial-peer voice 5555 pots 
 destination-pattern 5555
 port 1/0/0
!
dial-peer voice 5556 pots 
 destination-pattern 5556
 port 1/0/1
 !
dial-peer voice 5557 pots 
 destination-pattern 5557
 port 1/1/0
!
dial-peer voice 5558 pots 
 destination-pattern 5558
 port 1/1/1

システムのファックス コールを受信今できるはずです。

確認

ファックス コールが DSP によって処理されるときコーデックの変更を確認する show voice call summary コマンドを使用して下さい。

特定の show コマンドは、Output Interpreter Tool登録ユーザ専用)によってサポートされています。このツールを使用すると、show コマンド出力の分析を表示できます。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連情報


Document ID: 13949