音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Windows 2000 および CallManager IP Phone での DHCP、および TFTP の問題の解決

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)サーバに関連する一般的な問題とその症状および解決策について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco IP Phone は IP アドレスを識別できません

問題

Cisco IP Phone は TFTPサーバの IP アドレスを識別できません。

症状 / エラー

  • Cisco IP Phone はこの情報を表示する:

    Copyright 1999 L2.02
    
    Cisco Systems, Inc.
  • Cisco IP Phone は Cisco Unified CallManager によって登録しません。

  • IP Phone設定が表示するとき、TFTP Address フィールドは 0.0.0.0、か誤ったIPアドレスを示します。 これは# # # # # # # # 『*』 を押すときすることができます。

解決策

この問題はこのプロシージャと当たることができます。

  1. これらのオプションが DHCPサーバにあることを確かめて下さい:

    • オプション 003: デフォルト ゲートウェイ

    • オプション 006: ドメイン ネーム システム。 (DNS)サーバ

    • オプション 015: ドメイン名

    • オプション 066: ブート サーバ ホスト名(必須 TFTPサーバ) ()

  2. TFTPサーバに DNSサーバのエントリがない場合オプション 150 を定義して下さい。

  3. カスタム TFTPサーバを追加して下さい。 このためには、次の手順を実行します。

    1. DHCPサーバを右クリックし、『Set Predefined Options』 を選択 して下さい。

    2. [Add] をクリックします。

    3. Name フィールドの TFTP サーバ の IP アドレスを入力して下さい。

    4. データタイプ リストで『IP address』 を選択 して下さい。

    5. 識別子 ボックスの型 150 は『OK』 をクリック し。

    6. オプション名から値セクションの下で『Option 150』 を選択 し、DHCP オプション デフォルト値 ウィンドウの TFTPサーバの IP アドレスを入力し、『OK』 をクリック して下さい。

  4. Cisco Network Registrar のオプション 150 を追加して下さい。

    1. DHCP クラスタを選択して下さい。

    2. Advanced タブに行き、オプションを『Custom』 をクリック して下さい。

    3. [Add] をクリックします。

    4. オプション 番号 150 および IP アドレスのオプション データタイプを入力して下さい。 [OK] をクリックします。

    5. Policies タブに行き、ポリシーを選択して下さい。

    6. Custom オプション 150 を追加して下さい。

    7. IP アドレス アレイの下で TFTP IP アドレスを入力して下さい。

    8. DHCP クライアントに送信を常にクリックして下さい。

    9. データベースへの変更を保存するためにはい入力して下さい。

Cisco IP Phone と DHCPサーバ間の失敗に連絡して下さい

問題

Cisco IP Phone は DHCPサーバに接触しません。

症状 / エラー

  • Cisco IP Phone はこの情報を表示する:

    Copyright 1999 L2.02
    
    Cisco Systems, Inc.
  • Cisco IP Phone は Cisco Unified CallManager によって登録しません。

  • 電話のステータス スコードは(押して下さい**) DHCPの問題を戻します。

RTMT の TFTPRequestNotFound エラー

TFTPサーバはすべてのコンフィギュレーション ファイルのための要求を、電話負荷、音声ファイル、等送信 します。 電話は新しい TFTPサーバとはじめて起動する時でさえ、ファイルをはじめて作成することの過程においてあるので TFTPRequestNotFound エラーメッセージを送信 します。

TFTPRequestNotFound エラーメッセージはずっとはじめて登録している、または削除されるが常に示しましたり、TFTPサーバで CNF ファイルがあります IP 電話のためのいくつかの壊れる要求を IP Phone のための。 始動およびコンフィギュレーション ファイルのキャッシングをディセーブルにし、次にそれらを作り直すときこれを解決できます。

  1. CallManager管理ページから、Service > Service Parameters の順に選択 して下さい。

  2. TFTPサーバをドロップダウン リストから選択し、サービスを『Cisco TFTP』 を選択 し、Advanced タブをクリックし、次にこれらのパラメータを設定 して下さい:

    • [Build CNF Files] を [Build All] に設定します。

    • [Enable Caching of Constant and Bin Files at Startup] を [False] に設定します。

    • [Enable Caching of Configuration Files] を [False] に設定します。

    dhcp_tftp_problems-1.gif

  3. TFTPサービスを『Update』 をクリック し、再起動して下さい。

    これは多数のデバイスがネットワークにある場合コンフィギュレーション ファイルを再び作成し、長い 時間をかけるかもしれません。


関連情報


Document ID: 13943