音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager でユーザ、電話およびアソシエーションを作成する方法

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、新しいユーザを作成し、IP フォンを追加し、新しい電話にユーザを関連付ける方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

  • Cisco Unified CallManager 3.3x か 4.0x 管理

  • IP テレフォニー ハードウェア

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン 4.0x またはそれ以降

  • Cisco 7960 IP フォン

注: このドキュメントの例では Cisco 7960 IP フォンを使用します。Cisco CallManager は多くの IP フォンと互換性があります。 このドキュメントは、互換性があるすべての IP フォンに適用されます。

注: この資料のスクリーン ショットが Cisco CallManagerバージョン 4.01 からあるが、同じプロシージャは Cisco CallManagerバージョン 3.3x およびそれ以降に適用されます。 この資料は適当なときこれらのバージョン間の違いを強調表示したものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

電話の登録と設定

関連するユーザおよび電話番号で電話を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco CallManager サーバの管理 ツールに接続して下さい。 ブラウザで CallManager または IP アドレス >/ccmadmin/URL の http:// <name を入力して下さい。

  2. Cisco CallManager メイン メニューから Device > Phone の順に選択 して下さい。

    /image/gif/paws/13937/create-user-a.gif

  3. Add a New Phone リンクをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/13937/create-user-b.gif

  4. 電話のタイプを選択して下さい。 この例では、Cisco 7960 は追加されます。 [Next] をクリックします。

    作成ユーザc.gif

  5. 電話の MAC アドレスを入力し、パラメータの他を要求に応じて記入して下さい。

    注:  電話の MAC アドレスはワード MAC の隣でラベルのユニットの背部で見つけることができます。 それはまた電話(79xx)の Settings ボタン、およびネットワークコンフィギュレーションの選択の助けによって見つけることができます。 MAC アドレスは第 3 フィールドです。

    この場合、選択はデフォルトのデバイスプールおよびデフォルト 7960 ボタン テンプレートです。 この画面が示すと同時に、他のパラメータはデフォルト設定で残っています。

    注: Cisco Unified CallManager 3.3x によって多重レベル優位およびプリエンプション(MLPP)情報が、ブリッジ、プライバシー、またはオーナー ユーザ ID オプションで構築されるデバイスセキュリティ モードありません。

    /image/gif/paws/13937/create-user-d.gif

    注: Cisco Unified CallManager 4.0x に関しては、『Owner User ID』 を選択 することは最初にユーザを作成する必要があります。 作成ユーザー領域を作成することをユーザ参照し、電話番号 セクションにユーザを関連付けて下さい

  6. このページが提示されるとき『Insert』 をクリック し、ディレクトリ番号を追加するために終了後『OK』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/13937/create-user-e.gif

    これまたは同じようなページは現われます:

    作成ユーザf.gif

    注: MLPP 交替パーティ設定、複数のコール/コール ウェイティング設定および転送された コール情報表示装置は Cisco Unified CallManager 4.0x だけで利用可能 な オプションです。

  7. パラメータの他を要求に応じて記入して下さい。 ステップ 6 で示されているケースでは DN だけ(7002)入力されます。 他のパラメータはすべてデフォルト設定で残っています。

  8. または、Cisco Unified CallManager 3.3x で『Add』 をクリック するか、『Insert』 をクリック して下さい。

    作成ユーザg.gif

  9. 現われるメッセージで『OK』 をクリック して下さい。

  10. オプションの第 2 行を追加するためにステップ 5 および 6 を繰り返して下さい。

  11. このページが提示されると『Update』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/13937/create-user-h.gif

  12. これまたは同じようなページは現われます。 現われる『OK』 をクリック し、次に『Reset Phone』 をクリック して下さいメッセージで。

    /image/gif/paws/13937/create-user-i.gif

  13. Reset をクリックします。

    作成ユーザj.gif

    このプロシージャは現在完了しました。 ユーザは作成に進み、電話番号 プロシージャにユーザを関連付けます

ユーザを作成して電話番号に関連付ける方法

次の手順を実行します。

  1. Cisco CallManager メイン メニューから User > Add a New User の順に選択 して下さい。

    作成ユーザk.gif

  2. 終了後ユーザ情報を Add a New User ページで必要とされるように入力し、『Insert』 をクリック して下さい。

    /image/gif/paws/13937/create-user-l.gif

  3. [Device Association] をクリックします。

    /image/gif/paws/13937/create-user-m.gif

    このページは提示されます。

    注: 示されているディレクトリ番号 700 から開始するデバイスへの応答を制限するのに例ではフィルタが使用されています。 それから Select Devices オプションは使用されます。

    /image/gif/paws/13937/create-user-n.gif

  4. このユーザと関連付けたいと思うデバイスを選択して下さい。

    この場合、デバイス名は SEP003094C25D4E です。

    注: ユーザは単一 拡張(DN)があってもただのために機能 Primary Extension オプションをはたらく IP AutoAttendant 綴り名指しで選択して下さい。

    注: 電話に第 2 DN を追加する場合、この画面で現われます。 またこのユーザと第 2 DN を関連付ける必要があります。

    終了後、『Update Selected』 をクリック して下さい。

  5. この画面と同じような画面を見ます。 制御された Devices フィールドは作ったアソシエーションを反映します。

    注: 制御装置は電話自体、ない DN です。

    /image/gif/paws/13937/create-user-o.gif

    このプロシージャは現在完了しました。 新しい電話および新規 ユーザは現在機能です。

トラブルシューティング

CCMAdmin ページによってユーザを追加することが不可能

ユーザは Cisco CallManager Administration ページによってユーザを追加することができ、エラーメッセージはここに示されているようにアップデート ユーザ受け取られますできませんでした:

/image/gif/paws/13937/create-user-p.gif

この問題を解決するために、CallManager Server のこれらのステップを実行して下さい:

  1. C:\dcdsrvr\DirectoryConfiguration.ini ディレクトリを開き、UseSSL=false がファイル内容にあることを確認して下さい。

  2. C:\dcdsrvr\Config\UMDirectoryConfiguration.ini ディレクトリを開き、UseSSL=false がファイル内容にあることを確認して下さい。

  3. Windows サービスからの IIS、WWW 送達、Cisco Tomcat および Cisco CAR サービス再起動して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13937