IP : IP ルーティング

IP コマンドを使用したラスト リゾート ゲートウェイの設定

2005 年 8 月 10 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 8 月 10 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
ip default-gateway
ip default-network
      デフォルト ネットワークのフラグ付け
      さまざまなルーティング プロトコルの使用
ip route 0.0.0.0 0.0.0.0
要約
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

デフォルト ルートは、ルーティング テーブルに明示的にリストされていないネットワークが宛先になっているパケットの転送に使用されます。 たとえば、スタブ ネットワークの場合や、メモリや処理能力などのシステム リソースの制限により学習を十分に行えない場合など、さらに特定されたネットワークを学習することが望ましくないトポロジでは、デフォルト ルートの使用が欠かせません。

このドキュメントでは、デフォルト ルートつまりラスト リゾート ゲートウェイの設定方法について説明します。 次の IP コマンドを使用します。

  • ip default-gateway

  • ip default-network

  • ip route 0.0.0.0 0.0.0.0

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。 このドキュメントのコマンド出力は、Cisco IOS(R) ソフトウェア リリース 12.2(24a) が稼働する Cisco 2500 シリーズ ルータを使用して作成されたものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ip default-gateway

ip default-gateway コマンドは、他の 2 つのコマンドとは異なります。 このコマンドは、Cisco ルータで ip routing が無効になっているときにだけ使用します。

たとえば、ルータが IP 環境内でホストである場合、このコマンドを使用してデフォルト ゲートウェイをそのルータに定義できます。 また、使用しているローエンドの Cisco ルータがブートモードのときに、Cisco IOS(R) ソフトウェア イメージをルータに TFTP 転送する場合にも、このコマンドを使用する場合があります。 ブートモードでは、ルータの ip routing が有効になっていません。

次の例では、IP アドレス 172.16.15.4 のルータがデフォルト ルートとして定義されています。

 ip default-gateway 172.16.15.4
 

ip default-network

ip default-gateway コマンドとは異なり、ip default-networkip routing が Cisco ルータ上で有効な場合に使用できます。 ip default-network を設定すると、ルータでは、インストールされるそのネットワークへのルートが、ルータ上のラスト リゾート ゲートウェイとみなされます。

ip default-network で設定されたあらゆるネットワークに対して、そのネットワークへのルートがルータにある場合、そのルートにはデフォルト ルート候補のフラグが付けられます。 次のネットワーク ダイアグラムはルータ 2513 のルーティング テーブルの内容を表したものです。

fig1.gif

ネットワーク構成

 2513#show ip route
 
 Codes: C - connected, S - static, I - IGRP, R - RIP, M - mobile, B - BGP
        D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
        N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
        E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2, E - EGP
        i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
        ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
        o - ODR, P - periodic downloaded static route
 
 Gateway of last resort is not set
 
      161.44.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
 C       161.44.192.0 is directly connected, Ethernet0
      131.108.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
 C       131.108.99.0 is directly connected, Serial0
 S    198.10.1.0/24 [1/0] via 161.44.192.2
 

198.10.1.0 へのスタティック ルートが 161.44.192.2 経由であることと、ラスト リゾート ゲートウェイが設定されていないことに注意してください。 ip default-network 198.10.1.0 を設定すると、ルーティング テーブルは次のように変更されます。

 2513#show ip route
 
 Codes: C - connected, S - static, I - IGRP, R - RIP, M - mobile, B - BGP
        D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
        N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
        E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2, E - EGP
        i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
        ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
        o - ODR, P - periodic downloaded static route
 
 Gateway of last resort is 161.44.192.2 to network 198.10.1.0
 
      161.44.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
 C       161.44.192.0 is directly connected, Ethernet0
      131.108.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
 C       131.108.99.0 is directly connected, Serial0
 S*   198.10.1.0/24 [1/0] via 161.44.192.2
 R1#
 2513#show ip protocols
 2513#
 

この時点では、161.44.192.2 がラスト リゾート ゲートウェイに設定されます。 出力の一番下にある show ip protocols コマンドで示されているとおり、この結果はいずれのルーティング プロトコルにも依存していません。

次のように別のインスタンスの ip default-network を設定すれば、新たなデフォルト ルート候補を追加できます。

 2513#configure terminal
 Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
 2513(config)#ip route 171.70.24.0 255.255.255.0 131.108.99.2
 2513(config)#ip default-network 171.70.24.0
 2513(config)#^Z
 
 2513#show ip route
 
 Codes: C - connected, S - static, I - IGRP, R - RIP, M - mobile, B - BGP
        D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
        N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
        E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2, E - EGP
        i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
        ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
        o - ODR, P - periodic downloaded static route
 
 Gateway of last resort is 161.44.192.2 to network 198.10.1.0
 
      171.70.0.0/16 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
 S       171.70.0.0/16 [1/0] via 171.70.24.0
 S       171.70.24.0/24 [1/0] via 131.108.99.2
      161.44.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
 C       161.44.192.0 is directly connected, Ethernet0
      131.108.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
 C       131.108.99.0 is directly connected, Serial0
 S*   198.10.1.0/24 [1/0] via 161.44.192.2
 

上記の出力のように、ip default-network コマンドを入力しても、そのネットワークにはデフォルト ネットワークのフラグが付けられていません。 その理由は、「デフォルト ネットワークのフラグ付け」のセクションで説明します。

デフォルト ネットワークのフラグ付け

注:ip default-network コマンドはクラスフルなコマンドです。 つまり、このコマンドで指定されるサブネットへのルートがルータにある場合に、その主要ネットへのルートがインストールされます。 この時点では、いずれのネットワークもデフォルト ネットワークとしてフラグが付いていません。 デフォルト ルート候補にフラグ付けするためには、その主要ネットを使用して ip default-network コマンドを再度発行する必要があります。

 2513#configure terminal
 Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z. 
 2513(config)#ip default-network 171.70.0.0
 2513(config)#^Z
 
 2513#show ip route
 
 Codes: C - connected, S - static, I - IGRP, R - RIP, M - mobile, B - BGP
        D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
        N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
        E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2, E - EGP
        i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
        ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
        o - ODR, P - periodic downloaded static route
 
 Gateway of last resort is 171.70.24.0 to network 171.70.0.0
 
  *   171.70.0.0/16 is variably subnetted, 2 subnets, 2 masks
 S*      171.70.0.0/16 [1/0] via 171.70.24.0
 S       171.70.24.0/24 [1/0] via 131.108.99.2
      161.44.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
 C       161.44.192.0 is directly connected, Ethernet0
      131.108.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
 C       131.108.99.0 is directly connected, Serial0
 S*   198.10.1.0/24 [1/0] via 161.44.192.2
 

元のスタティック ルートの宛先がすでにその主要ネットワークになっていた場合には、デフォルト ネットワークを 2 回設定する余分な手順は必要ありません。

ここで稼働している IP プロトコルはまだありません。 ダイナミック プロトコルが実行されていなくても、ルーティング テーブルに 0.0.0.0/0 以外のネットワークへのルートがあるかどうかに基づいて、多数のデフォルト ルート候補の中からルータがルートを選択するよう設定できます。 ip default-network コマンドを使用すれば、ラスト リゾート ゲートウェイの選択へのロバストネスを設定できます。 特定のネクストホップへのスタティックルートを設定するのではなく、ルーティング テーブルに受け付けることによって、ルータが特定のネットワークへのデフォルト ルートを選択できます。

あるネットワークへのルートが不通になると、他のデフォルト候補をルータが選択します。 不通になったルートを削除するには、設定内のスタティックルートを次のように削除します。

 2513#configure terminal
 Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
 
 2513(config)#no ip route 171.70.24.0 255.255.255.0 131.108.99.2
 2513(config)#^Z
 2513#
 %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
 

デフォルト ネットワークへのスタティック ルートを削除すると、ルーティング テーブルは次のようになります。

 2513#show ip route
 
 Codes: C - connected, S - static, I - IGRP, R - RIP, M - mobile, B - BGP
        D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
        N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
        E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2, E - EGP
        i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
        ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
        o - ODR, P - periodic downloaded static route
 
 Gateway of last resort is 161.44.192.2 to network 198.10.1.0
 
      161.44.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
 C       161.44.192.0 is directly connected, Ethernet0
      131.108.0.0/24 is subnetted, 1 subnets
 C       131.108.99.0 is directly connected, Serial0
 S*   198.10.1.0/24 [1/0] via 161.44.192.2
 2513#
 

さまざまなルーティング プロトコルの使用

ip default-network コマンドを使用して選択されたラスト リゾート ゲートウェイはさまざまな形で伝搬されます。その伝搬方法は、デフォルト ルートを伝搬しているルーティング プロトコルによって異なります。 IGRP や EIGRP でルートが伝搬されるためには、ip default-network コマンドによって指定されたネットワークが IGRP や EIGRP に認識されている必要があります。 つまり、ネットワークがルーティング テーブル内で IGRP または EIGRP 派生のネットワークであるか、ネットワークへのルートの生成に使用するスタティック ルートを IGRP か EIGRP に再配布するか、network コマンドを使用してこれらのプロトコルにアドバタイズする必要があります。

ip default-network コマンドを使用してラスト リゾート ゲートウェイを選択した場合、RIP は 0.0.0.0 へのルートをアドバタイズします。 ip default-network コマンドで指定されたこのネットワークは、RIP で明示的にアドバタイズされる必要はありません。 たとえば、次のルータのラスト リゾート ゲートウェイは、ip route コマンドと ip default-network コマンドの組み合せで学習されていることに注意してください。 このルータで RIP を有効にすると、0.0.0.0 へのルートを RIP がアドバタイズします(スプリットホライズンのため、Ethernet0 のネットワークへはアドバタイズされません)。

 2513(config)#router rip
 2513(config-router)#network 161.44.0.0
 2513(config-router)#network 131.108.0.0
 2513(config-router)#^Z
 2513#
 %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
 2513#debug ip rip
 
 *Mar  2 07:39:35.504: RIP: sending v1 update to 255.255.255.255 via Ethernet0 (161.44.192.1)
 *Mar  2 07:39:35.508: RIP: build update entries
 *Mar  2 07:39:35.508:   network 131.108.0.0 metric 1
 *Mar  2 07:39:35.512: RIP: sending v1 update to 255.255.255.255 via Serial0 (131.108.99.1)
 *Mar  2 07:39:35.516: RIP: build update entries
 *Mar  2 07:39:35.520:   subnet 0.0.0.0 metric 1
 *Mar  2 07:39:35.524:   network 161.44.0.0 metric 1
 

ip default-network コマンドでアナウンスされたデフォルト ルートは、OSPF(Open Shortest Path First)によっては伝搬されません。 OSPF を使用したデフォルト ルートの動作の詳細にについては、『OSPF によるデフォルト ルートの生成方法』を参照してください。

ip default-network コマンドでアナウンスされたデフォルト ルートは、IS-IS によっては伝搬されません。

ip route 0.0.0.0 0.0.0.0

ネットワーク 0.0.0.0 0.0.0.0 へのスタティックルートの作成は、ルータ上でラスト リゾート ゲートウェイを設定するもう 1 つの方法です。 ip default-network コマンドの場合と同様、0.0.0.0 へのスタティック ルートを使用することは、いずれのルーティング プロトコルにも依存していません。 ただし、ip routing をルータ上で有効にしておく必要があります。

注:IGRP では、0.0.0.0 へのルートは認識されません。 そのため、ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 コマンドで作成されたデフォルト ルートは伝搬されません。 デフォルト ルートを IGRP で伝搬するには、ip default-network コマンドを使用します。

EIGRP ではネットワーク 0.0.0.0 へのルートが伝搬されますが、スタティック ルートをそのルーティング プロトコルに再配布する必要があります。

以前のバージョンの RIP では、ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 で作成されたデフォルト ルートは、RIP ルータによって自動的にアドバタイズされていました。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0T 以降では、RIP 経由でルートが学習されていない場合、RIP はデフォルト ルートをアドバタイズしません。 ルートを RIP へ再配布する必要がある場合があります。

ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 コマンドを使用して作成されたデフォルト ルートは、OSPF と IS-IS によっては伝搬されません。 さらに、このデフォルトを redistribute コマンドで OSPF や IS-IS に再配布することもできません。 IS-IS や OSPF のルーティング ドメインにデフォルト ルートを生成するには、default-information originate コマンドを使用します。 OSPF を使用したデフォルト ルートの動作の詳細については、『OSPF によるデフォルト ルートの生成方法』を参照してください。

ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 コマンドを使用してラスト リゾート ゲートウェイを設定する例を次に示します。

 router-3#configure terminal
    Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
    router-3(config)#ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 170.170.3.4
    router-3(config)#^Z
    router-3#
    
    router-3#show ip route
    Codes: C - connected, S - static, I - IGRP, R - RIP, M - mobile, B - BGP
    D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area 
    N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
    E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2, E - EGP
    i - IS-IS, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2, * - candidate default
    U - per-user static route, o - ODR
 
 Gateway of last resort is 170.170.3.4 to network 0.0.0.0
 
  170.170.0.0/24 is subnetted, 2 subnets
    C 170.170.2.0 is directly connected, Serial0
    C 170.170.3.0 is directly connected, Ethernet0
    S* 0.0.0.0/0 [1/0] via 170.170.3.4
    router-3#
    router-3#
 

注:ip default-network コマンドを使用して複数のネットワークをデフォルト ルート候補として設定すると、アドミニストレーティブ ディスタンスが最も短いネットワークがラスト リゾート ゲートウェイのネットワークとして選択されます。 すべてのネットワークのアドミニストレーティブ ディスタンスが同じ場合、ルーティング テーブルの中で最初にリストされているネットワークがラスト リゾート ゲートウェイのネットワークとして選択されます(ルーティング テーブルは show ip route でリストできます)。 ip default-network コマンドと ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 コマンドの両方を使用してデフォルト ネットワーク候補を設定し、ip default-network コマンドで使用されるネットワークが静的に認識されている場合、ip default-network コマンドで定義されたネットワークが優先されて、ラスト リゾート ゲートウェイとして選択されます。 また、ip default-network コマンドで使用されるネットワークがルーティング プロトコルから派生するものである場合、ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 コマンド(アドミニストレーティブ ディスタンスが低いもの)が優先されてラスト リゾート ゲートウェイとして選択されます。 ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 コマンドを複数使用してデフォルト ルートを設定すると、トラフィックは複数のルート上でロードバランスされます。

要約

ip routing が無効になっている Cisco ルータでは、ip default-gateway コマンドを使用します。 ip routing が有効になっている Cisco ルータにラスト リゾート ゲートウェイを設定するには、ip default-network コマンドと ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 コマンドを使用します。 ルーティング プロトコルがデフォルト ルート情報を伝搬する方法は、各プロトコルで異なります。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報