ロング リーチ イーサネット(LRE)とデジタル加入者線(xDSL) : 非対称デジタル加入者線(ADSL)

Cisco 1700/2600/3600 ADSL WIC 上でのレイヤ 1 に関するトラブルシューティング

2005 年 6 月 10 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 6 月 10 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
ケーブルのピン配置のチェック
ADSL インターフェイスのモデム状態のトラブルシューティング
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

Cisco 1700、2600、および 3600 シリーズのルータでは、Asymmetric Digital Subscriber Line(ADSL; 非対称デジタル加入者線)対応の WAN Interface Card(WIC; WAN インターフェイス カード)がサポートされています。 3 種類のプラットフォームの設定はすべて同じ方法で行われます。 ただし、それぞれに必要なハードウェアおよび Cisco IOS(R) ソフトウェア リリースは異なります。 このドキュメントでは、Cisco 1700/2600/3600 を「Cisco ADSL WIC」と呼びます。

このドキュメントでは、Cisco ADSL WIC でのレイヤ 1(物理層)の問題のトラブルシューティングを行う手順について説明します。 ADSL ケーブルのピン配置とステータス LED についても説明します。

物理層では、通信ネットワーク システム間の物理リンクをアクティブ、維持、および非アクティブにするための電気的、機械的、手続き的、および機能的な仕様を定義しています。 物理層の仕様には、電圧レベル、電圧変動のタイミング、物理データ レート、最大伝送距離、および物理コネクタなどの特性が定義されています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアおよびハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細については、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ケーブルのピン配置のチェック

Cisco ADSL WIC レイヤ 1 の問題をトラブルシューティングするには、ケーブルのピン配置をチェックします。

  1. ケーブル接続が正しいこと、および Cisco ADSL WIC 前面パネルの LED が正常に機能していることを確認してください。

    Cisco ADSL WIC には、ADSL インターフェイス用の RJ-11 コネクタが装備されています。 このコネクタでは、データ転送にピン 3 と 4 が使用されます。

    注:ケーブル接続、インターフェイスのピン配列、ステータス LED の説明に関する詳細は、『DSL モデム/ルータ インターフェイスピン割り当ておよびステータス LED の記述』を参照してください。

    インターフェイスのステータスが down と表示された場合、ルータでは ADSL インターフェイス上での搬送波が検出されていません。 これは、ケーブルのピンに問題があるか、または ISP が DSL サービスを提供していないかのどちらかを意味します。 ルータのプロンプトから、show interface atm <interface number> コマンドを発行します。

     Router#show interface atm 0
     ATM0 is down, line protocol is down
      <... snipped ...>
     
  2. ADSL インターフェイス(ATM0)がシャットダウンされておらず、ルータの ADSL インターフェイスからの RJ-11 ケーブルが壁面ジャックにしっかりと差し込まれていることを確認します。

    インターフェイスのステータスが administratively down と示された場合は、インターフェイス ATM 0 のインターフェイス設定モードで、no shut コマンドを発行します。

     Router#show interface atm 0
     ATM0 is administratively down, line protocol is down
      <... snipped ...> 
    
     !--- これは、ATM インターフェイスが、管理目的でダウンしているため、
     !--- オンにする必要があることを示します。
     
     Router#configure terminal
     Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
     Router(config)#interface atm 0
     Router(config-if)#no shut
     Router(config-if)#exit
     Router(config)#exit
     Router#
     
     !---  no shut コマンドは ATM インターフェイスを有効にします。
    
     
  3. 回線テストのステータスや結果を表示し、ポートのステータス、アラーム、伝送速度の設定値と実際の値、および伝送エラーに関する情報を取得するには、EXEC モードで show dsl interface atm コマンドを使用します。

ADSL インターフェイスのモデム状態のトラブルシューティング

ケーブルのピン配置が正しいこと、および ISP が DSL サービスを提供していることを確認します。 回線が再確立される際の ADSL インターフェイスのモデムの状態を観察することで、DSL 接続のトラブルシューティングを行います。

モデムの状態をトラブルシューティングするには、次のステップに従います。

  1. ルータ上で、terminal monitor コマンドと debug atm event コマンドを発行します。

     Router#terminal monitor
     Router#debug atm event
     ATM events debugging is on
    
     !--- これらのコマンドを使用すると、画面上でモデムの状態を確認できます。
    
     
  2. Cisco ADSL WIC の ADSL インターフェイスから ADSL ケーブル(RJ-11)を物理的に引き抜きます。 数秒間待ちます。 ケーブルをもう一度差し込んで、ADSL 回線を再確立します。 Digital Subscriber Line Access Multiplexer(DSLAM; デジタル加入者線アクセス マルチプレクサ)にアクセスしている場合は、特定の ADSL 終端ユニット、つまり加入者が DSL 接続を終端するセントラル オフィス(ATU-C)のインターフェイスをシャットダウンして、回線を再確立します。

    注:ルータで shut コマンドと no shut コマンドを発行しても、ADSL 回線は再確立されません。 管理的に Asynchronous Transfer Mode(ATM; 非同期転送モード)のインターフェイスをシャットダウンしても、Carrier Detect(CD; キャリア検知)ライトおよび ATU-C ポート LED はまだオンのままです。 これは、まだ確立中であることを意味します。 ADSL 回線を抜いてから差し戻して、インターフェイスを再確立する必要があります。

  3. 画面上でデバッグ メッセージを確認します。

    モデムの状態が「0x8」のままで、「Could not establish connection」と表示された場合は、Cisco ADSL WIC は、セントラル オフィス(CO)からの応答を受け取っていません。 着信信号をまだ確認していません。

     Router# 
     1d01h: DSL: 1: Modem state = 0x8
     1d01h: DSL: 2: Modem state = 0x8
     1d01h: DSL: 3: Modem state = 0x8
     1d01h: DSL: 4: Modem state = 0x8
     1d01h: DSL: 5: Modem state = 0x8
     1d01h: DSL: Could not establish connection
     <... snipped ...> 
     

    モデムの状態が "0x8" から "SHOWTIME" に変わると、Cisco ADSL WIC が正常に DSLAM を確立したことを意味します。

     Router#
     00:24:18: DSL: 2: Modem state = 0x8
     00:24:21: DSL: 3: Modem state = 0x8
     00:24:23: DSL: 4: Modem state = 0x8
     00:24:26: DSL: 5: Modem state = 0x8
     00:24:28: DSL: 6: Modem state = 0x10
     00:24:31: DSL: 7: Modem state = 0x10
     00:24:33: DSL: 8: Modem state = 0x10
     00:24:36: DSL: 9: Modem state = 0x10
     00:24:37: DSL: Received response: 0x24
     00:24:37: DSL: Showtime!
     <... snipped ...>
     
  4. デバッグの表示後に、それ以上、モデムの状態を示すメッセージを表示させない場合は、ルータのプロンプトで undebug all コマンドを発行します。 すべてのデバッグがオフになります。

     Router#undebug all
     

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報