スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

トラブルシューティング:スイッチ ポートおよびインターフェイスの問題

2010 年 8 月 10 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2009 年 4 月 3 日) | フィードバック

トラブルシューティング:スイッチ ポートおよびインターフェイスの問題:シスコシステムズ

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
物理層のトラブルシューティング
      LED を使用したトラブルシューティング
      ケーブルの確認および接続の両側の確認
      イーサネットで使用する銅ケーブルと光ファイバケーブル
      ギガビット イーサネットのトラブルシューティング
      Connected と Notconnected
CatOS および Cisco IOS で一般的に使用するポートおよびインターフェイスのトラブルシューティング コマンド
CatOS および Cisco IOS の特定ポートおよびインターフェイス カウンタの出力について
      CatOS の show port コマンドおよび Cisco IOS の show interfaces コマンド
      CatOS の show mac コマンドおよび Cisco IOS の show interfaces counters コマンド
      CatOS の show counters コマンドおよび Cisco IOS の show counters interface コマンド
      Cisco IOS の show controller ethernet-controller コマンド
      CatOS 用の show top コマンド
一般的なシステム エラー メッセージ
      WS-X6348 モジュールで表示されるエラー メッセージ
      %PAGP-5-PORTTO / FROMSTP and %ETHC-5-PORTTO / FROMSTP
      %SPANTREE-3-PORTDEL_FAILNOTFOUND
      %SYS-4-PORT_GBICBADEEPROM: / %SYS-4-PORT_GBICNOTSUPP
      %AMDP2_FE-3-UNDERFLO
      %INTR_MGR-DFC1-3-INTR: Queueing Engine (Blackwater) [1]: FIC Fabric-A Received Unexpected Control Code
      Command Rejected: [Interface] not a Switching Port
ポートおよびインターフェイスの一般的な問題
      ポートまたはインターフェイスのステータスが disable または shutdown
      ポートまたはインターフェイスのステータスが errdisable
      ポートまたはインターフェイスのステータスが inactive
      アップリンク ポートまたはインターフェイスのステータスが inactive
      Catalyst スイッチ インターフェイスの deferred カウンタが増加し始める
      vlan [vlan 番号] からのタイマー [値] の設定で散発的に発生する障害
      トランキング モードのミスマッチ
      ジャンボ、ジャイアント、およびベビー ジャイアント
      エンド デバイスに ping を実行できない
      set port host コマンドまたは switchport host コマンドによる始動の遅延の修正
      速度/デュプレックス、自動ネゴシエーション、または NIC の問題
      スパニングツリー ループ
      UDLD:単方向リンク
      遅延フレーム(Out-Lost または Out-Discard)
      ソフトウェアの問題
      ハードウェアの問題
      レイヤ 2 スイッチポートに接続されたレイヤ 3 インターフェイスでの入力エラー
      Rx-No-Pkt-Buff カウンタと入力エラーの急速な増加
      スイッチとルータ間でのトランキング
      オーバーサブスクリプション(加入過多)による接続性の問題
      SPA モジュールのサブインターフェイス
      rxTotalDrops のトラブルシューティング
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

このドキュメントは、ポートやインターフェイスで発生する問題の原因を特定する上での参考資料となることを目的としています。このドキュメントは、スーパーバイザ上で CatOS ソフトウェアまたは Cisco IOS® システム ソフトウェアが稼働している Catalyst スイッチに適用されます。



前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。



使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアに限定されるものではありません。



表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。



物理層のトラブルシューティング

LED を使用したトラブルシューティング

スイッチに物理的にアクセスできる場合は、ポート LED を確認することで時間を節約できる場合があります。ポート LED からは、リンク ステータスや、エラー状態になっているかどうかを(LED が赤色かオレンジ色かによって)判断できます。次の表で、イーサネット モジュールまたは固定構成スイッチの LED ステータスについて説明します。

プラットフォーム

URL

Catalyst 6000 シリーズ スイッチ

イーサネット モジュールの LED

Catalyst 5000 シリーズ スイッチ

イーサネット モジュールの LED

Catalyst 4000 シリーズ スイッチ

イーサネット モジュールの LED

Catalyst 3750 シリーズ スイッチ

前面パネルの LED

Catalyst 3550 シリーズ スイッチ

前面パネルの LED

Catalyst 2950/2955 シリーズ スイッチ

前面パネルの LED

Catalyst 2900/3500XL シリーズ スイッチ

前面パネルの LED

Catalyst 1900/2820 シリーズ スイッチ

前面パネルの LED

Catalyst G-L3 シリーズ スイッチ

前面パネルの LED

両側でリンクが確立していることを確認します。ワイヤが 1 つ切断されている、またはポートが 1 つシャットダウンされている場合、一方の側ではリンク ライトが点灯しますが、もう一方では点灯しません。

リンク ライトはケーブルが完全に機能していることを保証するものではありません。ケーブルは、物理的な負荷により限界点付近で機能している場合があります。通常、このような状態になると、ポートではパケット エラーが頻繁に発生したり、フラッピング(リンクを一度失ってから再び取り戻す状態)が継続的に発生したりします。



ケーブルの確認および接続の両側の確認

ポートのリンク ライトが点灯しない場合は、次の可能性を検討します。

考えられる原因

解決方法

ケーブルが接続されていない

ケーブルをスイッチから動作確認済みのデバイスに接続します。

ポートが正しくない

ケーブルの両端が正しいポートに接続されていることを確認します。

デバイスの電源が入っていない

両方のデバイスの電源を入れます。

ケーブルのタイプが正しくない

正しいケーブルを選択しているかどうかを確認します。『Catalyst スイッチ、ケーブル、コネクタ、および AC 電源コード ガイド』を参照してください。

ケーブル不良

疑わしいケーブルを確認済みの良品ケーブルと交換します。コネクタ上に破損したピンや足りないピンがないかを確認してください。

接続が緩んでいる

接続が緩んでいないかチェックします。ケーブルがジャックに差し込まれているように見えても、きちんと差し込まれていない場合があります。ケーブルを抜き、再度挿入してください。

パッチパネルの障害

障害のあるパッチパネル接続を排除します。可能であれば、バイパスを設けてそのパッチパネルを回避します。

メディア コンバータの障害

障害のあるメディア コンバータ(たとえばファイバから銅への変換)を排除します。可能であれば、バイパスを設けてそのメディア コンバータを回避します。

不良または不適切なギガビット インターフェイス コンバータ(GBIC)

疑わしい GBIC を確認済みの良品 GBIC と交換します。

ハードウェアおよびソフトウェアでこのタイプの GBIC がサポートされていることを確認します。このドキュメントの「ギガビット イーサネットのトラブルシューティング」セクションを参照してください。

不良なポートまたはモジュール

イネーブルになっていないポート、インターフェイス、またはモジュール

疑わしいポートまたはモジュールの問題をトラブルシューティングするには、確認済みの正常なポートにケーブルを移します。

CatOS の場合は show port コマンドを、Cisco IOS の場合は show interface コマンドを使用して、errdisable、disable、または shutdown のステータスを確認します。

show module コマンドでは faulty と表示される場合があり、これはハードウェアの問題を示している可能性があります。詳細は、このドキュメントの「ポートおよびインターフェイスの一般的な問題」セクションを参照してください。



イーサネットで使用する銅ケーブルと光ファイバケーブル

接続のタイプに応じた正しいケーブルであることを確認してください。カテゴリ 3 の銅ケーブルは、10 Mbps シールドなしツイストペア(UTP)接続には使用できますが、10/100 または 10/100/1000 Mbps UTP 接続には使用できません。10/100 または 10/100/1000 Mbps UTP 接続には、カテゴリ 5、カテゴリ 5e、またはカテゴリ 6 UTP ケーブルが必要です。

警告 警告:カテゴリ 5e およびカテゴリ 6 ケーブルでは、構造上使用される素材に絶縁性があるため、大量の静電気が蓄積される可能性があります。ケーブルは(特に新たにケーブルを敷設する場合)、必ず適切で安全なアース設備に接地させてからモジュールに接続してください。

光ファイバに関しては、適用される距離と使用されているファイバ ポートのタイプに適したケーブルがあることを確認します。シングルモード光ファイバ(SMF)とマルチモード光ファイバ(MMF)の 2 つのオプションがあります。また、一緒に接続されるデバイスのポートが両方ともシングルモードであるか、または両方ともマルチモードであることを確認してください。

注:ファイバ接続では、一方のポートの送信リード線が、他方のポートの受信リード線に接続されていることを確認してください。送信リード線同士または受信リード線同士が接続されている場合は、動作しません。

イーサネットおよびファスト イーサネットの最大伝送距離

トランシーバの速度

ケーブル タイプ

デュプレックス モード

ステーション間の最大距離

10 Mbps

カテゴリ 3 UTP

全二重/半二重

328 フィート(100 m)

10 Mbps

MMF

全二重/半二重

1.2 マイル(2 km)

100 Mbps

カテゴリ 5 UTP カテゴリ 5e UTP

全二重/半二重

328 フィート(100 m)

100 Mbps

カテゴリ 6 UTP

全二重/半二重

328 フィート(100 m)

100 Mbps

MMF

半二重

1312 フィート(400 m)

   

全二重

1.2 マイル(2 km)

100 Mbps

SMF

半二重

1312 フィート(400 m)

   

全二重

6.2 マイル(10 km)

ケーブルやコネクタの種類、ケーブル接続要件、光学的要件(距離、タイプ、パッチ ケーブルなど)、各種ケーブルの接続方法、およびほとんどの Cisco スイッチとモジュールで使用されているケーブルについての詳細は、『Catalyst スイッチ、ケーブル、コネクタ、および AC 電源コード ガイド』参照してください。



ギガビット イーサネットのトラブルシューティング

ギガビット リンク上でデバイス A がデバイス B に接続されているのに、リンクが確立されない場合は、次の手順に従ってください。

手順

  1. デバイス A とデバイス B で、短波長(SX)、長波長(LX)、ロングホール(LH)、超長距離(ZX)、または銅 UTP(TX)のうちの同じ GBIC が使用されていることを確認します。リンクを確立するには、両方のデバイスが同じタイプの GBIC を使用する必要があります。SX GBIC は SX GBIC と接続する必要があります。SX GBIC は LX GBIC とはリンクされません。詳細は、『モード調整パッチ コード インストレーション ノート』を参照してください。

  2. 下の表に従い、GBIC ごとに距離と使用ケーブルを確認します。

    1000BASE-T ポートと 1000BASE-X ポートのケーブル接続の仕様

    GBIC

    波長(nm)

    銅/ファイバ タイプ

    コアサイズa(ミクロン)

    モード帯域幅(MHz/km)

    ケーブル距離b

    WS-G5483 1000Base - T(銅)

     

    カテゴリ 5 UTP カテゴリ

    5e UTP カテゴリ

    6 UTP

       

    328 フィート(100 m)

    WS-G54841000BASE-SXc

    850

    MMF

    62.5

    62.5

    50.0

    50.0

    160

    200

    400

    500

    722 フィート(220 m)

    902 フィート(275 m)

    1640 フィート(500 m)

    1804 フィート(550 m)

    WS-G5486 1000BASE-LX/LH

    1310

    MMFd

    SMF

    62.5

    50.0

    50.0

    8.3/9/10

    500

    400

    500

    -

    1804 フィート(550 m)

    1804 フィート(550 m)

    1804 フィート(550 m)

    6.2 マイル(10 km)

    WS-G54871000BASE-ZXe

    1550

    MMF

    SMFf

    8.3/9/10

    8.3/9/10

     

    43.5 mile(70 km)g

    62.1 マイル(100 km)

    1. マルチモード光ファイバ ケーブルに付けられている番号は、そのケーブルのコア径を示します。シングルモード光ファイバ ケーブルの場合は、8.3 ミクロンがケーブルのコア径を示します。9 ミクロンおよび 10 ミクロンは、ファイバ内の光搬送部の直径である、モードフィールド径(MFD)を示します。MFD は、ファイバのコアとその周囲の被覆で構成されている部分です。MFD は、コア径、レーザー波長、およびコアと被覆の屈折率差から求められます。

    2. ケーブル距離は、ファイバの損失に基づいて算出されたものです。複数のファイバを接合したり、規格外の光ファイバケーブルを使用すると、ケーブル距離は短くなります。

    3. MMF 以外は使用できません。

    4. LX/LH GBIC で 62.5 ミクロン径の MMF を使用する場合、リンクの送信側と受信側の両端で、GBIC と MMF ケーブルの間にモード調整パッチコード(CAB-GELX-625 または同等のもの)をインストールする必要があります。モード調整パッチコードは、リンク距離が 328 フィート(100 m)未満または 984 フィート(300 m)を超える場合に必要とされます。モード調整パッチコードを使用すると、距離の短い MMF では受信側の過剰ドライブが抑えられ、距離の長い MMF ではディファレンシャル モード遅延が軽減されます。詳細は、『モード調整パッチ コード インストレーション ノート』を参照してください。

    5. SMF 以外は使用できません。

    6. 分散シフト型シングルモード光ファイバ ケーブル

    7. ZX GBIC の最小リンク長は、リンクの両端に 8-dB 減衰器を設置した場合で 6.2 マイル(10 km)です。減衰器を設置しない場合は、最小リンク長は 24.9 マイル(40 km)となります。

  3. いずれかのデバイスに複数のギガビット ポートがある場合は、それぞれのポートを接続してみます。こうすると、各デバイスをテストして、ギガビット インターフェイスが正常に機能していることが確認できます。たとえば、2 つのギガビット ポートを持つスイッチがあるとします。ギガビット ポート 1 をギガビット ポート 2 に接続してみてください。リンクは確立したでしょうか。確立した場合、ポートは正常に機能しています。STP(スパニング ツリー プロトコル)を使用することでポート上のループがブロックされ、ループの発生が回避されます(ポート 1 の受信(RX)からポート 2 の送信(TX)へ、ポート 1 の TX からポート 2 の RX へ)。

  4. SC コネクタでのシングル接続またはステップ 3 が失敗した場合は、同じポートにループバックさせます(ポート 1 RX はポート 1 TX へ)。ポートは活動化するでしょうか。活動化しない場合は、ポートに障害がある可能性があります。TAC にお問い合せください。

  5. ステップ 3 とステップ 4 が成功したにもかかわらずデバイス A とデバイス B の接続が確立できない場合は、ポートをケーブルでループさせて、これらの 2 つのデバイスを隣接させます。ケーブル不良がないことを確認します。

  6. 各デバイスがギガビット オートネゴシエーションに関する 802.3z 仕様をサポートすることを確認します。ギガビット イーサネットには、10/100 イーサネットで使用されているものよりも機能拡張されたオートネゴシエーション手順が搭載されています(ギガビット オートネゴシエーションの仕様:IEEE Std 802.3z-1998)。リンク ネゴシエーションをイネーブルにすると、フロー制御、デュプレックス モード、リモート障害情報のネゴシエーションがシステムによって自動的に行われます。リンクの両端でリンク ネゴシエーションをイネーブルかディセーブルにする必要があります。リンクの両端で同じ値に設定する必要があります。このようにしないと、リンクが接続しません。IEEE 802.3z 規格が承認されるよりも前に製造されたデバイスに接続する場合には、問題が発生しています。一方のデバイスがギガビット オートネゴシエーションをサポートしていない場合、ギガビット オートネゴシエーションをディセーブルにすると強制的にリンクがアップします。カード ファームウェアは、10/100/1000BASE-TX リンク/ポートのダウンをソフトウェアに通知するのに、300 ミリ秒かかります。300 ミリ秒というデフォルトのデバウンス タイマーの値は、300 ミリ秒ごとに行われる、ファームウェアによるラインカードのポーリングの間隔に由来します。このリンクが 1G(1000BASE-TX)モードで実行されている場合は、10 ミリ秒間隔で発生するギガビット同期により、リンクのダウンはより早く検出されます。ギガビット イーサネットを実行するときは、銅線とファイバでは、リンク障害の検出回数が異なります。この検出回数の相違は、IEEE 標準に基づいています。

    警告 警告:オートネゴシエーションをディセーブルにすると、リンクのドロップや物理層の問題が見えなくなります。IEEE 802.3z をサポートしていない古いギガビット NIC などのエンドデバイスを使用している場合にだけ、オートネゴシエーションをディセーブルにします。物理層の問題が検出されず STP ループが発生する可能性があるため、絶対に必要な場合以外はスイッチ間のオートネゴシエーションをディセーブルにしないでください。代替手段として、ベンダーに連絡して IEEE 802.3z ギガビット オートネゴシエーションをサポートするソフトウェアまたはハードウェアのアップグレードを入手することもできます。

エラー メッセージ「%SYS-4-PORT_GBICBADEEPROM: / %SYS-4-PORT_GBICNOTSUPP」をトラブルシューティングするには、『Catalyst 6000/6500 シリーズ スイッチでの一般的な CatOS エラー メッセージ』を参照してください。

ギガビット イーサネットのシステム要件は、ギガビット インターフェイス コンバータ(GBIC)のシステム要件、Coarse Wavelength Division Multiplexing(CWDM; 低密度波長分割多重)、および Small Form-Factor Pluggable(SFP; 着脱可能小型フォーム ファクタ)のシステム要件同様、下記を参照してください。

一般的な設定とトラブルシューティングの情報は、『イーサネット 10/100/1000 Mb 半二重/全二重オートネゴシエーションの設定とトラブルシューティング』を参照してください。



Connected と Notconnected

ほとんどの Cisco スイッチでは、ポートはデフォルトで notconnect 状態になっています。これは、現在はどこにも接続されていませんが、他の動作中のデバイスに接続できる場合は接続が確立することを意味しています。良品ケーブルを notconnect 状態の 2 つのスイッチ ポートに接続すると、両方のポートのリンク表示が緑色になり、ポートのステータスが connected になります。これは、レイヤ 1(L1)で接続されている限り、ポートがアップ状態であることを意味します。

CatOS では、show port コマンドを使用して、ポートのステータスが connected なのか notconnect なのか、あるいは disablederrdisable のような、接続障害を引き起こす別の状態にあるのかを確認できます。

Switch> (enable) sh port status 3/1
  Port  Name                 Status     Vlan       Duplex Speed Type
  ----- -------------------- ---------- ---------- ------ ----- ------------
   3/1                       disabled   1            auto  auto 10/100BaseTX
!--- show port status {mod/port} コマンドによって、ポートがディセーブルになっていることが示されます。
!--- set port enable {mod/port} コマンドを使用して、ポートを再度イネーブルにします。

Cisco IOS では、show interfaces コマンドを使用してインターフェイスが「up, line protocol is up (connected)」の状態であるかどうかを検証できます。最初の「up」はインターフェイスの物理層のステータスを示します。「line protocol up」メッセージはインターフェイスのデータリンク層のステータスを示し、これによってインターフェイスがキープアライブを送受信できることがわかります。

Router#show interfaces fastEthernet 6/1
FastEthernet6/1 is down, line protocol is down (notconnect)
!--- インターフェイスは down で、ライン プロトコルも down です。
!--- この場合は、次のいずれかの原因が考えられます。
!--- 1)ケーブルの接続が不完全か、またはこのポートに接続されていない。
!--- 2)接続されたケーブルに障害がある。
!--- 3)ケーブルの反対側がアクティブなポートまたはデバイスに接続されていない。

!--- :ギガビット接続では、接続の両端で
!--- GBIC が一致している必要があります。
!--- GBIC にはさまざまなタイプがあり、これは、ケーブルそのものや、
!--- short wavelength (SX)、long-wavelength/long-haul (LX/LH)、
!--- extended distance(ZX)などの距離に依存します。
!--- SX GBIC は SX GBIC と接続する必要があり、
!--- SX GBIC は LX GBIC とはリンクしません。さらに、
!--- 一部のギガビット接続では、適用する距離に応じて、
!--- コンディショニング ケーブルが必要になります。


Router#show interfaces fastEthernet 6/1
FastEthernet6/1 is up, line protocol is down (notconnect)
!--- インターフェイスは up(または shutdown 以外の状態)、回線プロトコルは down です。
!--- この場合、ワイヤのもう一方の側のデバイスである CatOS スイッチの
!--- ポートがディセーブルになっていることが原因です。


Router#sh interfaces fas 6/1 status
Port   Name    Status         Vlan    Duplex   Speed  Type
Fa6/1          notconnect    1       auto     auto   10/100BaseTX
!--- show interfaces card-type [slot/port] status コマンドは
!--- CatOS の show port status コマンドに相当します。

show port で connected が示されるか show interfaces で up/line protocol up (connected) が示され、いずれのコマンドの出力でもエラーが増加している場合は、トラブルシューティングのヒントとして、このドキュメントの「CatOS および Cisco IOS の特定ポートおよびインターフェイス カウンタの出力について」セクションか「ポートおよびインターフェイスの一般的な問題」セクションを参照してください。



CatOS および Cisco IOS で一般的に使用するポートおよびインターフェイスのトラブルシューティング コマンド

次の表では、スーパーバイザで CatOS ソフトウェアまたは Cisco IOS システム ソフトウェアが稼働するスイッチのポートやインターフェイスの問題のトラブルシューティングを行う際に使用する、最も一般的なコマンドを示します。

注:左側の列でコマンドを選択すると、そのコマンドのドキュメントのページへ移動します。右側の列には、コマンドの機能の簡単な説明、およびプラットフォーム別の使用上の例外が記載されています。

CatOS では、show version、show module、show port、show counters、または show mac コマンドがアウトプットインタープリタでサポートされているため、スイッチ ポートやさまざまな問題のトラブルシューティングに役立ちます。

ご使用の Cisco デバイスのサポート対象コマンドの出力データがあれば、アウトプットインタープリタを使用して潜在的な問題や修正を表示できます。アウトプットインタープリタを使用するためには、登録ユーザであり、ログインしていて、さらに JavaScript を有効にしている必要があります。

CatOS コマンド

Cisco IOS コマンド

説明

show version

show version

CatOS が稼働するスイッチの場合、このコマンドを使用すると、ソフトウェアおよびハードウェアのモジュールごとのバージョン情報とシステムのメモリ サイズが表示されます。

Cisco IOS が稼働するスイッチの場合、このコマンドを使用すると、ソフトウェアのイメージ名、バージョン情報、およびシステムのメモリ サイズなど、Cisco ルータの出力に類似する出力が表示されます。

リリース ノートまたは Software Advisor を使用してソフトウェアやハードウェアの非互換性を調べる場合や、Software Bug Toolkit を使用して不具合を検索する際に便利です。

show version コマンドの使用に関する詳細は、このドキュメントの「ソフトウェアの問題」セクションを参照してください。

show module

show module

CatOS または Cisco IOS が稼働する Catalyst 6000、5000、4000、およびその他のモジュラ スイッチの場合、このコマンドを使用すると、スイッチに存在するカード、稼働中のソフトウェアのバージョン、「OK」や「不良」といったモジュールの状態が表示されます。

モジュールまたはポートのハードウェア障害を診断する際に役立ちます。

show module コマンドを使用したハードウェア障害のトラブルシューティングについては、このドキュメントの「ポートまたはインターフェイスのステータスが Disable または Shutdown」または「ハードウェアの問題」セクションを参照してください。

show config

show running-config

CatOS の場合、このコマンドを使用すると、スイッチのデフォルトではない設定(デフォルト設定から変更された内容すべて)を表示します。CatOS の設定の変更内容はすべて自動的に保存されます。

Cisco IOS の場合、このコマンドを使用すると、スイッチの現在のコンフィギュレーション ファイルが表示されます。write memory コマンドを使用すると、変更内容が Cisco IOS のコンフィギュレーション ファイルに保存されます。

mod/port またはインターフェイスの設定ミスが問題発生の原因かどうかを判断する場合に役立ちます。

show port

show interfaces

CatOS の場合、show port コマンドを使用すると、ポートが接続済みかどうか、どの VLAN に属しているか、実行の速度やデュプレックスの種類、チャンネル情報、エラーなどが表示されます。

Cisco IOS の場合、show interfaces コマンドを使用すると、スイッチ ポートの管理ステータスおよび動作ステータス、入出力パケット、バッファ障害、エラーなどが表示されます。

この 2 つのコマンドの出力についての詳細は、このドキュメントの「CatOS および Cisco IOS の特定ポートおよびインターフェイス カウンタの出力について」セクションを参照してください。

clear counters

clear counters

CatOS および Cisco IOS では、clear counters コマンドを使用して、トラフィック カウンタとエラー カウンタの値をゼロに戻し、問題が一時的なのか、またはカウンタの値が増加し続けるかを確認できます。

注:Catalyst 6500/6000 シリーズ スイッチの場合、clear counters コマンドではインターフェイスのビット カウンタはクリアされません。これらのスイッチでビット カウンタをクリアする方法は、リロードを実行する以外にありません。

show port counters

show interfaces counters

CatOS の場合、show port <mod/port> コマンドを使用すると、FCS、アライメント、コリジョンなどのポートのエラー カウンタが表示されます。

Catalyst 6000、4000、3550、2950、および 3750 シリーズ上の Cisco IOS の場合、これに相当するコマンドは show interfaces card-type x/y counters errors です。

この 2 つのコマンドの出力についての詳細は、このドキュメントの「CatOS および Cisco IOS の特定ポートおよびインターフェイス カウンタの出力について」セクションを参照してください。

show counters

show counters interface

show controllers ethernet-controller

CatOS の場合、show counters コマンドを使用すると、任意の mod/port またはインターフェイスの 64 ビットおよび 32 ビット ハードウェア カウンタが表示されます。モジュールのタイプおよびプラットフォームによって、カウンタは異なります。

Cisco IOS では、show counters interface コマンドは、Catalyst 6000 シリーズだけでバージョン 12.1(13)E に導入されています。このコマンドは、32 ビットまたは 64 ビットのエラー カウンタを表示する CatOS の show counters コマンドに相当します。

2900/3500XL、2950/2955、3550、2970 および 3750 シリーズのスイッチ上の Cisco IOS では、show controllers Ethernet-controller コマンドが CatOS プラットフォーム上の show counters コマンドに類似するものです。廃棄されたフレーム、遅延したフレーム、アライメント エラー、コリジョンなどが表示されます。

show mac

show interfaces counters

CatOS では、show mac コマンドを使用すると、受信されたフレーム、送信されたフレーム、out-lost、in-lost など、各ポートを通過するトラフィックの MAC カウンタが表示されます(このコマンドは、ブリッジ ソフトウェアによってポートで学習された MAC アドレスを示すものではありません。その情報を表示するには、show cam dynamic コマンドを使用します)。

Cisco IOS では、show interfaces card-type x/y counters コマンドが CatOS プラットフォームの show mac コマンドに類似するものです。

この 2 つのコマンドの出力についての詳細は、このドキュメントの「CatOS および Cisco IOS の特定ポートおよびインターフェイス カウンタの出力について」セクションを参照してください。

show test

show diagnostic(s)

show port

CatOS では、show test コマンドを使用すると、スタートアップ時に発生したハードウェア エラーが表示されます。

Cisco IOS の場合、これに相当するコマンドは Catalyst 6000 シリーズのバージョン 12.1(11b)E に導入された show diagnostic コマンド、および Catalyst 4000 シリーズに導入された show diagnostics(末尾の s は必須)コマンドです。いずれのコマンドも、Power-On Self Test(POST; 電源投入時セルフテスト)の結果を表示します。

2900/3500XL、2950/2955、3550、2970 および 3750 シリーズのスイッチ上の Cisco IOS の場合、これに相当するコマンドは、スイッチの POST 結果を表示する show post コマンドです。

Catalyst スイッチでのハードウェアに関連するエラーのトラブルシューティングの詳細は、このドキュメントの「ハードウェアの問題」セクションを参照してください。



CatOS および Cisco IOS の特定ポートおよびインターフェイス カウンタの出力について

ほとんどのスイッチには、パケット、およびポートやインターフェイス上で発生するエラーを追跡する手段があります。この種の情報を検索するために一般的に使用されるコマンドについては、このドキュメントの「CatOS および Cisco IOS で一般的に使用するポートおよびインターフェイスのトラブルシューティング コマンド」セクションを参照してください。

注:さまざまなプラットフォームおよびリリース全体では、カウンタの実装には差異があります。カウンタの値はおおむね正確ですが、設計上、きわめて正確というわけではありません。トラフィックの厳密な統計情報を引き出すには、必要な入力インターフェイスと出力インターフェイスの監視にスニファを使用することが推奨されます。

通常、特定のカウンタでの過度のエラーは、なんらかの問題があることを示しています。半二重設定で動作している場合、Frame Check Sequence(FCS; フレーム チェック シーケンス)、アライメント、ラント、およびコリジョンのカウンタでデータ リンク エラーが増加することは問題ありません。一般的に、半二重接続の場合、総トラフィックに対してエラーの比率が 1 % であれば許容されます。入力パケットに対するエラーの比率が 2 % や 3 % よりも大きいと、パフォーマンスの低下に気づく場合があります。

半二重環境では、スイッチおよび接続されたデバイスの両方がワイヤを検出して同時に送信を行うと、コリジョンが発生する可能性があります。フレームがワイヤに完全にコピーされず、フラグメント化されたフレームが生じると、コリジョンにより、ラント、FCS、およびアライメントのエラーが発生する可能性があります。

全二重で動作している場合は、FCS、Cyclic Redundancy Check(CRC; サイクリック冗長性検査)、アライメント、およびラントのカウンタのエラー数は最小限になります。リンクが全二重で稼働している場合、コリジョン カウンタはアクティブではありません。FCS、CRC、アライメント、またはラントのカウンタが増加しているときは、デュプレックス ミスマッチを確認してください。デュプレックス ミスマッチとは、スイッチが全二重で動作しているのに、接続デバイスは半二重で動作している状況、あるいはその逆の状況です。デュプレックス ミスマッチの結果、極端なパフォーマンス低下、断続的な接続、および接続の喪失が発生します。全二重におけるデータリンク エラーのその他の原因としては、ケーブル不良、スイッチ ポートの故障、または NIC ソフトウェア/ハードウェアの問題が考えられます。詳細は、このドキュメントの「ポートおよびインターフェイスの一般的な問題」セクションを参照してください。



CatOS の show port コマンドおよび Cisco IOS の show interfaces コマンド

show port {mod/port} コマンドは、スーパーバイザで CatOS が稼働している場合に使用します。このコマンドを代替するコマンドには、ポートのエラー カウンタだけを表示する show port counters {mod/port} コマンドがあります。エラー カウンタの出力の説明は、表 1 を参照してください。

Switch> (enable) sh port counters 3/1
  
  Port  Align-Err  FCS-Err    Xmit-Err   Rcv-Err    UnderSize
 ----- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------
  3/1           0          0          0          0         0
 
  Port  Single-Col Multi-Coll Late-Coll  Excess-Col Carri-Sen Runts     Giants
 ----- ---------- ---------- ---------- ---------- --------- --------- ---------
  3/1           0          0          0          0         0         0         0

show interfaces card-type {slot/port} コマンドは、スーパバイザ上の Cisco IOS での、相当するコマンドです。このコマンドを代替するコマンド(Catalyst 6000、4000、3550、2970 2950/2955、および 3750 シリーズのスイッチの場合)には、インターフェイスのエラーカウンタだけを表示する show interfaces card-type {slot/port} counters errors コマンドがあります。

注:2900/3500XL シリーズのスイッチでは、show interfaces card-type {slot/port} コマンドとともに show controllers Ethernet-controller コマンドが使用されます。

Router#sh interfaces fastEthernet 6/1
FastEthernet6/1 is up, line protocol is up (connected)
   Hardware is C6k 100Mb 802.3, address is 0009.11f3.8848 (bia 0009.11f3.8848)
   MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 100 usec,
      reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
   Encapsulation ARPA, loopback not set
   Full-duplex, 100Mb/s
   input flow-control is off, output flow-control is off
   ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
   Last input 00:00:14, output 00:00:36, output hang never
   Last clearing of "show interface" counters never
   Input queue: 0/2000/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
   Queueing strategy: fifo
   Output queue :0/40 (size/max)
   5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
   5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec

次に、ここまでの show interfaces コマンドの出力について、順番に説明します。

  • up, line protocol is up (connected):最初の「up」はインターフェイスの物理レイヤのステータスを示します。「line protocol up」メッセージはインターフェイスのデータリンク層のステータスを示し、これによってインターフェイスがキープアライブを送受信できることがわかります。

  • MTU:Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)は、イーサネットではデフォルトで 1500 バイトです(フレームの最大データ部の場合)。

  • Full-duplex, 100Mb/s:Full-duplex(全二重)および 100 Mbps は、インターフェイスの現在の速度およびデュプレックス設定です。これを実現するためにオートネゴシエーションが使用されたかどうかは示されません。その情報を表示するには、次のように show interfaces fas 6/1 status コマンドを使用します。

    Router#sh interfaces fas 6/1 status
    	
    	Port    Name               Status       Vlan       Duplex   Speed Type
    	Fa6/1                      connected    1          a-full  a-100 10/100BaseTX
    	!--- 全二重および 100Mbps を実現するためにオートネゴシエーションを使用しました。
    
  • Last input, output:インターフェイスによって最後にパケットが正常に受信または送信された時から現在までの時間数、分数、秒数です。インターフェイスの障害がいつ発生したかを知る場合に役立ちます。

  • Last clearing of "show interface" counters:スイッチをリブートしてから最後に clear counters コマンドを実行した時刻です。clear counters コマンドはインターフェイスの統計をリセットする場合に使用します。

    注:カウンタがクリアされても、ルーティングに影響する可能性がある変数(load および reliability など)はクリアされません。

  • Input queue:入力キュー内のパケットの数です。Size/max/drops はそれぞれ、キュー内の現在のフレーム数/フレームの廃棄が発生するまでにキューが保持できる最大フレーム数/キューのサイズ超過が原因で廃棄されたフレームの数を示します。Flushes は、Cisco IOS が稼働する Catalyst 6000 シリーズ上で、Selective Packet Discard(SPD)廃棄をカウントする場合に使用します(flushes カウンタを使用できますが、Cisco IOS が稼働する Catalyst 4000 シリーズ上ではカウンタ値は増加しません)。SPD は、CPU がオーバーロードになった場合に、優先度の高いパケットの処理領域を確保するために、優先度の低いパケットを即座に廃棄するメカニズムです。show interface コマンド出力では、Selective Packet Discard(SPD)の一環で flushes カウンタが増加しており、その場合、ルータの IP プロセス キューで選択的パケット廃棄ポリシーが実行されています。そのため、これが適用されるのはプロセス スイッチのトラフィックだけです。

    SPD の目的は、IP 入力キューのオーバーフローで、ルーティング アップデートやキープアライブなどの重要な制御パケットが廃棄されないことを保証することです。IP 入力キューのサイズが最小しきい値と最大しきい値の間に収まっている場合、通常の IP パケットは特定の廃棄確率に基づいて廃棄されます。このランダムな廃棄は SPD フラッシュと呼ばれます。

  • Total output drops:出力キューのオーバーフローによって廃棄されたパケットの数です。オーバーフローの一般的な要因は、広帯域リンクからのトラフィックが低帯域リンクにスイッチングされたか、または複数の着信リンクからのトラフィックが単一の送信リンクにスイッチングされたからだと考えられます。たとえば、バースト トラフィックが大量にギガビット インターフェイスに流れ込み、それが 100 Mbps インターフェイスにスイッチングされると、100 Mbps インターフェイスの出力廃棄が増加する場合があります。これは、着信側の帯域幅と送信側の帯域幅との間で速度のミスマッチがあるため、インターフェイスの出力キューが過度のトラフィックでオーバーフローするためです。

  • Output queue:出力キュー内のパケットの数です。Size/max はそれぞれ、キュー内の現在のフレーム数/フレームの廃棄が発生するまでにキューが保持できる最大フレーム数を示します。

  • 5 minute input/output rate:最近の 5 分間でインターフェイスによって確認された入力レートおよび出力レートの平均です。細かい時間を指定してより正確な値を得る場合(たとえば、より正確なトラフィックのバーストを検出するなど)は、load-interval <seconds> インターフェイス コマンドを発行します。

その他の show interfaces コマンドは、CatOS のエラー カウンタの出力に類似または相当するエラー カウンタの出力を表示します。エラー カウンタの出力の説明は、表 1 を参照してください。

!--- ...show interfaces コマンドの出力の続きです。
     1117058 packets input, 78283238 bytes, 0 no buffer
      Received 1117035 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
      0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
      0 watchdog, 0 multicast, 0 pause input
      0 input packets with dribble condition detected
      285811 packets output, 27449284 bytes, 0 underruns
      0 output errors, 0 collisions, 2 interface resets
      0 babbles, 0 late collision, 0 deferred
      0 lost carrier, 0 no carrier
      0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

注: 物理インターフェイスと VLAN インターフェイスとでは、show interface コマンドのカウンタの出力が異なります。入力パケットのカウンタは、そのパケットが CPU によってレイヤ 3(L3)処理されるときには、show interface の出力では増加します。レイヤ 2(L2)スイッチで処理されるトラフィックは CPU では処理されないため、VLAN インターフェイスでの show interface のカウンタにはカウントされません。適切な物理インターフェイスでの show interface の出力にはカウントされます。

show interfaces card-type {slot/port} counters errors コマンドは、CatOS の show port counters コマンドに相当する Cisco IOS のコマンドです。エラー カウンタの出力の説明は、表 1 を参照してください。

Router#sh interfaces fastEthernet 6/1 counters errors
  
 Port        Align-Err    FCS-Err   Xmit-Err    Rcv-Err UnderSize OutDiscards
 Fa6/1               0          0          0          0         0           0
 
 Port      Single-Col Multi-Col  Late-Col Excess-Col Carri-Sen     Runts    Giants
 Fa6/1              0         0         0          0         0         0         0

表 1:

Catalyst 6000、5000 および 4000 シリーズでの、show port コマンドまたは show port counters コマンドに対する CatOS エラーカウンタの出力です。Catalyst 6000 および 4000 シリーズでの、show interfaces コマンドまたは show interfaces card-type x/y counters errors コマンドに対する Cisco IOS エラーカウンタの出力です。

カウンタ(アルファベット順)

説明、およびエラー カウンタ値が増加する一般的な要因

Align-Err

説明:CatOS の sh port および Cisco IOS の sh interfaces counters errors。アライメント エラーは、偶数のオクテットで終わらず不正な Cyclic Redundancy Check(CRC; 巡回冗長検査)を持つ受信フレーム数のカウントです。

一般的な要因: これらは通常、デュプレックスのミスマッチ、または物理的な問題(配線、ポート不良、NIC 不良など)が原因です。初めてケーブルをポートに接続した際に、このようなエラーが生じる場合があります。また、ハブがポートに接続されている場合は、ハブ上の別のデバイスとの間でコリジョンが起きてエラーが生じる場合があります。

プラットフォーム別の例外:Catalyst 4000 シリーズの Supervisor I(WS-X4012)や Supervisor II(WS-X4013)では、アライメント エラーはカウントされません。

babbles

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。送信ジャバー タイマーが時間切れになったことを示す CatOS カウンタです。ジャバーは、1518 オクテットよりも長い(フレーミング ビットを除き、FCS オクテットを含む)フレームです。このフレームは偶数のオクテットで終わらず(アライメント エラー)、不正 FCS のエラーが含まれています。

Carri-Sen

説明:CatOS の sh port および Cisco IOS の sh interfaces counters errors。イーサネット コントローラによってデータが半二重接続で送信されるたびに、Carri-Sen(キャリア検知)カウンタは増加します。コントローラによってワイヤが検知され、送信前にワイヤがビジー状態でないかを確認します。

一般的な要因:半二重のイーサネット セグメントでは、これは正常な状態です。

collisions

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。インターフェイスによってフレームがメディアに正常に送信されるまでにコリジョンが発生した回数です。

一般的な要因:半二重に設定されたインターフェイス上でのコリジョンは正常ですが、全二重のインターフェイス上でコリジョンが発生する状態は異常です。コリジョンが劇的に増加した場合は、リンクの使用率が高いか、または接続されたデバイスとのデュプレックスが一致していない可能性があります。

CRC

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。このカウンタは、発信元の LAN ステーションまたは遠端のデバイスによって生成された CRC が、受信データから計算したチェックサムと一致しない場合に増加します。

一般的な要因:このカウンタ値の増加は、LAN のインターフェイスまたは LAN そのものに、ノイズや送信上の問題があることを示しています。通常は、CRC の数の増加はコリジョンが原因です。ただし、物理的な問題(配線、インターフェイス不良、または NIC 不良など)や、デュプレックスのミスマッチが原因である可能性もあります。

deferred

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。メディアがビジー状態であったために、待機した後で正常に送信されたフレームの数です。

一般的な要因:半二重環境でフレームを送信しようとした際に、すでにキャリアが使用中であった場合に発生する状況です。

pause input

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。pause input カウンタの増加は、接続されたデバイスが、受信バッファでオーバーフローが発生しそうになった際に、トラフィックの一時停止を要求していることを示しています。

一般的な要因:フレームはスイッチに受け入れられるため、このフレームのエラー カウンタは情報提供の目的で増加します。接続されたデバイスでトラフィックの受信が可能になると、パケットの一時停止は終了します。

input packetswith dribble condition

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。フレームがやや長すぎることを示すドリブル ビット エラーです。

一般的な要因:フレームはスイッチに受け入れられるため、このフレームのエラー カウンタは情報提供の目的で増加します。

Excess-Col

説明:CatOS の sh port および Cisco IOS の sh interfaces counters errors。過度のコリジョンが生じたことによって、特定のインターフェイス上で送信が失敗したフレームのカウントです。16 回連続してパケットのコリジョンが発生すると、過度のコリジョンと見なされます。この後のパケットは廃棄されます。

一般的な要因:過度のコリジョンは、通常、セグメントの負荷を複数のセグメントに分散する必要があることを示す兆候です。ただし、接続する他のデバイスとのデュプレックスのミスマッチを示している可能性もあります。全二重に設定されたインターフェイスでコリジョンが発生する状態は異常です。

FCS-Err

説明:CatOS の sh port および Cisco IOS の sh interfaces counters errors。Frame Check Sequence(FCS)エラーはあるがフレーミング エラーのない、有効なサイズのフレームの数。

一般的な要因:これは通常、物理的な問題(配線、ポート不良、または Network Interface Card(NIC)不良など)が原因です。ただし、デュプレックスのミスマッチが原因である可能性もあります。

frame

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。CRC エラーおよび総ビット数が 8 の整数倍でないため、正常に受信されなかったパケット数です。

一般的な要因:これは通常、コリジョン、または物理的な問題(配線、ポート不良、または NIC 不良など)が原因です。ただし、デュプレックスのミスマッチが原因である可能性もあります。

Giants

説明:CatOS の sh port および Cisco IOS の sh interfaces と sh interfaces counters errors。IEEE 802.3 フレームの最大サイズ(非ジャンボ イーサネットの場合は 1518 バイト)を超えるフレームおよび不良 Frame Check Sequence(FCS)を持つフレームです。

一般的な要因:多くの場合、これは NIC 不良が原因です。問題のデバイスを検索し、ネットワークから取り除いてください。

プラットフォーム別の例外: ソフトウェア バージョン 12.1(19)EW 以前の Cisco IOS を実行する Catalyst Cat4000 シリーズでは、フレームが 1518 バイトより大きい場合に、ジャイアント カウンタが増加していました。12.1(19)EW 以降では、1518 バイトより大きく、しかも不正な FCS を受信した場合にだけ、 show interfaces はカウンタを増加します。

ignored

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。インターフェイスのハードウェアの内部バッファでの動作が低速なため、インターフェイスで無視された受信パケットの数です。

一般的な要因:ブロードキャスト ストームおよびノイズのバーストによって、ignored のカウントが増加する場合があります。

Input errors

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。

一般的な要因:これには、runts、giants、no buffer、CRC、frame、overrun、ignored counts が含まれています。入力に関連するその他のエラーで入力エラーの数が増加する場合があります。また、エラーが複数あるデータグラムの可能性もあります。そのため、この合計値が上記の入力エラー カウントの合計とつりあわない場合があります。

レイヤ 2 スイッチポートに接続されたレイヤ 3 インターフェイスでの入力エラー」セクションも参照してください。

Late-Col

説明:CatOS の sh port および Cisco IOS の sh interfaces と sh interfaces counters errors。送信処理の終盤に、特定のインターフェイス上でコリジョンが検知された回数です。10 Mbit/s ポートの場合、これはパケットの送信から 512 ビット時間後を意味します。512 ビット時間は、10 Mbit/s システム上の 51.2 マイクロ秒に相当します。

一般的な要因:このエラーは、他の箇所とのデュプレックスのミスマッチを示している可能性があります。デュプレックスのミスマッチである場合は、半二重側でレイト コリジョンが発生しています。半二重側の送信中に、全二重側が順番を待たずに同時に送信を行うと、レイト コリジョンが発生します。レイト コリジョンは、イーサネット ケーブルかセグメントが長すぎることを示している場合もあります。全二重に設定されたインターフェイスでコリジョンが発生する状態は異常です。

lost carrier

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。送信中にキャリアが失われた回数です。

一般的な要因:不良ケーブルがないかを確認します。両側で物理的な接続を確認します。

Multi-Col

説明:CatOS の sh port および Cisco IOS の sh interfaces counters errors

インターフェイスによってフレームがメディアに正常に送信されるまでに、複数回のコリジョンが発生した回数です。

一般的な要因:半二重に設定されたインターフェイス上でのコリジョンは正常ですが、全二重のインターフェイス上でコリジョンが発生する状態は異常です。コリジョンが劇的に増加した場合は、リンクの使用率が高いか、または接続されたデバイスとのデュプレックスが一致していない可能性があります。

no buffer

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。受信されたにもかかわらず、バッファ スペースがないために廃棄されたパケットの数です。

一般的な要因:ignored カウントと比較します。ブロードキャスト ストームがこれらのイベントの原因になっている場合がよくあります。

no carrier

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。送信中にキャリアが検出されなかった回数です。

一般的な要因:不良ケーブルがないかを確認します。両側で物理的な接続を確認します。

Out-Discard

説明:エラーが検出されていないにもかかわらず、廃棄されることが選択された送信パケットの数。

一般的な要因:このようなパケットを廃棄する理由の 1 つとして、バッファ スペースを解放するためということが考えられます。

output buffer failuresoutput buffers swapped out

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。障害が発生したバッファの数と交換されたバッファの数です。

一般的な要因:ポートにスイッチされるトラフィック レートが高く、トラフィックすべてを処理できない場合、ポートでは Tx バッファにパケットをバッファリングします。ポートでは Tx バッファがオーバーフローするとパケットの廃棄を開始して、underruns と output buffer failure カウンタを増加します。output buffer failure カウンタの増加は、ポートが稼働している速度とデュプレックス(またはそのどちらか)が不良であるか、または、そのポートを通過するトラフィックが多すぎることを示しています。

例として、1 ギガのマルチキャスト ストリームが 24 の 100 Mbps ポートに転送されるシナリオを考えてみます。出力インターフェイスへの送信が過剰になった場合、Out-Discard とともに output buffer failure が増加するのは正常です。

トラブルシューティングの情報は、このドキュメントの「遅延フレーム(Out-Lost または Out-Discard)」セクションを参照してください。

output errors

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。最終的にインターフェイスからのデータグラムの送信ができなかった原因となるエラーの合計数です。

一般的な要因:出力キューのサイズが小さいことが、この問題の原因です。

overrun

説明:受信側のハードウェアが、受信したデータのハードウェア バッファへの引き渡しに失敗した回数。

一般的な要因:トラフィックの入力レートが、受信側のデータ処理能力を上回ったことが原因です。

packets input/output

説明:Cisco IOS の sh interfaces カウンタ。そのインターフェイス上で送受信された、エラーのないパケットの合計数です。これらのカウンタが増加している場合、そのインターフェイスを介してトラフィックが正常に流れていると判断できます。バイト カウンタには、システムで送受信されたエラーのないパケットに含まれるデータと MAC カプセル化の両方が反映されます。

Rcv-Err

説明:CatOS の show port または show port counters、および Cisco IOS(Catalyst 6000 シリーズ用だけ)の sh interfaces counters error。

一般的な要因:次に示す「プラットフォーム別の例外」を参照してください。

プラットフォーム別の例外: Catalyst 5000 シリーズ:受信バッファの障害を示します。たとえば、runt、giant、または FCS-Err の値による rcv-err カウンタの増加はありません。5000 シリーズでは、rcv-err カウンタが増加するのは、トラフィックが過剰になった場合だけです。

Catalyst 4000 シリーズ:すべての受信エラーの合計を示します。つまり、Catalyst 5000 とは異なり、runt、giant、または FCS-Err などのエラーを受け取ると、rcv-err カウンタが増加します。

Runts

説明:CatOS の sh port および Cisco IOS の sh interfaces と sh interfaces counters errors。サイズが IEEE 802.3 の最小フレーム サイズ(イーサネットの場合、64 バイト)未満で、不正な CRC を持つ、受信されたフレームです。

一般的な要因:デュプレックスのミスマッチや、ケーブル、ポート、または接続されているデバイス上の NIC の障害といった物理的な問題が原因である可能性があります。

プラットフォーム別の例外:

Cisco IOS が稼働する Catalyst 4000 シリーズ:ソフトウェア バージョン 12.1(19)EW よりも前では、undersize を意味します。undersize とは、サイズが 64 バイト未満のフレームです。runt カウンタが増加するのは、64 バイト未満のフレームを受信した場合だけです。12.1(19)EW 以降では、フラグメントを意味します。フラグメントとは、サイズが 64 バイト未満で、不正な CRC を持つフレームです。その結果、現在のバージョンでは、サイズが 64 バイト未満で不正な CRC を持つフレームが受信されると、show interfaces counters errors の fragments カウンタとともに、show interfaces の runt カウンタが増加します。

Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチ:Cisco IOS 12.1(19)EA1 より前のリリースでは、Catalyst 3750 のトランク インターフェイスで dot1q が使用されたときに、show interfaces の出力にラントが表示されます。これは、q-tag を含む、サイズが 61 〜 64 バイトのパケットがカプセル化された有効な dot1q の場合には、それらが正しく転送されていたとしても、Catalyst 3750 によって undersize としてカウントされるためです。さらに、これらのパケットは、受信統計情報でも適切なカテゴリ(unicast、multicast、または broadcast など)で報告されません。この問題は、Cisco IOS リリース 12.1(19)EA1 または 12.2(18)SE 以降では解決されています。

Single-Col

説明:CatOS の sh port および Cisco IOS の sh interfaces counters errors

インターフェイスによってフレームがメディアに正常に送信されるまでにコリジョンが発生した回数です。

一般的な要因:半二重に設定されたインターフェイス上でのコリジョンは正常ですが、全二重のインターフェイス上でコリジョンが発生する状態は異常です。コリジョンが劇的に増加した場合は、リンクの使用率が高いか、または接続されたデバイスとのデュプレックスが一致していない可能性があります。

throttles

説明:Cisco IOS の sh interfaces。おそらくバッファまたはプロセッサの過負荷により、ポート上で受信側がディセーブルにされた回数。

throttles カウンタの値にアスタリスク(*)が付いている場合、そのコマンドが実行された際にインターフェイスがディセーブルにされたことを示しています。

一般的な要因:プロセッサの過負荷状態を増加させる可能性のあるパケットには、期限切れ TTL、non-ARPA 暗号化、フラグメンテーション、トンネリングなどのオプションが付いた IP パケット、ICMP パケット、さらに MTU チェックサム障害、RPF 障害、IP チェックサムと長さのエラーのあるパケットがあります。

underruns

説明:スイッチの処理能力を超えた速度でトランスミッタが動作した回数。

一般的な要因:他の複数のインターフェイスから大量のバースト トラフィックが 1 つのインターフェイスに一度に集中している、スループットの高い状態の場合に発生する可能性があります。アンダーランが発生して、インターフェイスがリセットされる場合があります。

Undersize

説明:CatOS の sh port および Cisco IOS の sh interfaces counters errors。

サイズが IEEE 802.3 の最小フレーム サイズである 64 バイト未満(フレーミング ビットを除き、FCS オクテットを含む)で、他には問題のない受信されたフレームです。

一般的な要因:これらのフレームを送信しているデバイスをチェックします。

Xmit-Err

説明:CatOS の sh port および Cisco IOS の sh interfaces counters errors

これは、内部の送信(Tx)バッファがいっぱいであることを示します。

一般的な要因:通常、この原因としては、高帯域幅リンクからのトラフィックが低帯域幅リンクにスイッチングされているか、あるいは複数の着信リンクからのトラフィックが単一の送信リンクにスイッチングされていることが考えられます。たとえば、バースト トラフィックが大量にギガビット インターフェイスに流れ込み、それが 100 Mbps インターフェイスにスイッチングされると、100 Mbps インターフェイスで Xmit-Err が増加する場合があります。これは、着信側の帯域幅と送信側の帯域幅との間の速度のミスマッチにより、インターフェイスの出力バッファが過度のトラフィックでオーバーフローするためです。



CatOS の show mac コマンドおよび Cisco IOS の show interfaces counters コマンド

show mac {mod/port} コマンドを使用すると、CatOS がスーパーバイザ上で動作している場合に、ポートの着信トラフィックと送信トラフィックを監視できます。ユニキャスト、マルチキャスト、およびブロードキャストのトラフィックが、それぞれ receive(Rcv)カウンタと transmit(Xmit)カウンタに表示されます。CatOS が稼働している Catalyst 6000 からの出力例を次に示します。

Console> (enable) sh mac 3/1
  
  Port     Rcv-Unicast          Rcv-Multicast        Rcv-Broadcast
  -------- -------------------- -------------------- --------------------
   3/1                      177               256272                 3694
  
  Port     Xmit-Unicast         Xmit-Multicast       Xmit-Broadcast
  -------- -------------------- -------------------- --------------------
   3/1                       30               680377                  153
  
  Port     Rcv-Octet            Xmit-Octet
  -------- -------------------- --------------------
   3/1                 22303565             48381168
  
  MAC      Dely-Exced MTU-Exced  In-Discard Out-Discard
  -------- ----------  ----------   ----------   -----------
   3/1              0          0     233043          17
  
  Port  Last-Time-Cleared
  ----- --------------------------
   3/1  Sun Jun 1 2003, 12:22:47

このコマンドでは、Dely-Exced、MTU-Exced、In-Discard および Out-Discard というエラー カウンタも使用されています。

  • Dely-Exced:スイッチで転送する際に著しい遅延が生じたために、ポートで廃棄されたフレームの数。このカウンタが増加するのは、ポートの使用率が非常に高い場合だけです。

  • MTU Exced:これは、ポートまたはセグメント上のデバイスの 1 つが、許可されているフレーム サイズ(非ジャンボ イーサネットの場合は 1518 バイト)よりも大きなフレームを送信していることを示します。

  • In-Discard:スイッチングの必要がなかったために廃棄された着信有効フレームの数。ポートに接続された 1 台のハブを介して 2 台のデバイスがデータを交換している場合の正常な状態です。データは、スイッチのポートによって認識されますが、(CAM テーブル内の MAC アドレスから、両方のデバイスが同じポートに関連付けられていることがわかるので)スイッチングを行う必要がないため廃棄されます。トランクとして設定されていて VLAN をブロックしているポートや、そのポートが属している VLAN 内に他のメンバが存在しないポートでも、このカウンタは増加します。

  • Out-Discard:パケット エラーが検出されていないにもかかわらず、廃棄されることが選択された送信パケットの数。このようなパケットを廃棄する理由の 1 つとして、バッファ スペースを解放するためということが考えられます。

CatOS が稼働する Catalyst 4000 および 5000 シリーズのスイッチには、さらに、show mac コマンドで使用される 2 つのエラー カウンタがあります。In-Lost カウンタおよび Out-Lost カウンタです。

MAC      Dely-Exced MTU-Exced  In-Discard Lrn-Discrd In-Lost   Out-Lost
-------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- 
5/1              0          0          0          0          0          0
  • In-Lost:Catalyst 4000 の場合は、ポートで受信されたエラー パケットの合計が示されます。Catalyst 5000 の場合は、受信バッファの障害の合計がトラッキングされます。

  • Out-Lost:Catalyst 4000 と 5000 の両方で、(バッファ スペースの不足が原因で)転送される前に失われた送信フレームの数が示されます。この状態は、通常、ポートでオーバーサブスクライブが発生した場合に起こります。

show interfaces card-type {slot/port} counters コマンドは、スーパーバイザ上で Cisco IOS が稼働している場合に使用します。

注:CatOS の show mac エラー カウンタである Dely-Exced、MTU-Exced、および In-Discard に相当するカウンタは、このコマンドにはありませんが、表 1 に説明されている Cisco IOS の show interfaces counters errors コマンドがあります。

Router#sh interfaces fas 6/1 counters
  
  Port            InOctets   InUcastPkts   InMcastPkts   InBcastPkts
  Fa6/1           47856076            23        673028           149
  
  Port           OutOctets  OutUcastPkts  OutMcastPkts  OutBcastPkts
  Fa6/1           22103793            17        255877          3280
  Router#
  !--- インターフェイスで着信および送信されたユニキャスト、マルチキャスト、
  !--- およびブロードキャスト パケットの監視に使用する Cisco IOS カウンタ。


CatOS の show counters コマンドおよび Cisco IOS の show counters interface コマンド

show counters [mod/port] コマンドを実行すると、ポートおよびインターフェイスに関するさらに詳細な統計情報が表示されます。このコマンドは CatOS のコマンドです。Cisco IOS では、これに相当する show counters interface card-type {slot/port} コマンドが、Catalyst 6000 シリーズ専用の Cisco IOS ソフトウェア バージョン 12.1(13)E で導入されています。これらのコマンドを実行すると、ポートごと、またはインターフェイスごとに 32 ビットおよび 64 ビットのエラー カウンタが表示されます。詳細は、CatOS コマンドのドキュメントで、「show counters」の項を参照してください。

注:Cisco IOS が稼働する Catalyst 6000 シリーズのスイッチでは、カウンタは 16 進数で表示されます。

Console> (enable) sh counters 3/1
  64 bit counters
  0  rxHCTotalPkts                      =               260555
  1  txHCTotalPkts                      =               687411
  2  rxHCUnicastPkts                    =                  177
  3  txHCUnicastPkts                    =                   30
  4  rxHCMulticastPkts                  =               256684
  5  txHCMulticastPkts                  =               687228
  6  rxHCBroadcastPkts                  =                 3694
  7  txHCBroadcastPkts                  =                  153
  8  rxHCOctets                         =             22386167
  9  txHCOctets                         =             48850817
  10 rxTxHCPkts64Octets                 =               228929
  11 rxTxHCPkts65to127Octets            =               701493
  12 rxTxHCPkts128to255Octets           =                  285
  13 rxTxHCPkts256to511Octets           =                17090
  14 rxTxHCpkts512to1023Octets          =                  168
  15 rxTxHCpkts1024to1518Octets         =                    1
  16 txHCTrunkFrames                    =               395217
  17 rxHCTrunkFrames                    =               236459
  18 rxHCDropEvents                     =                    0
  32 bit counters
  0  rxCRCAlignErrors                   =          0
  1  rxUndersizedPkts                   =          0
  2  rxOversizedPkts                    =          0
  3  rxFragmentPkts                     =          0
  4  rxJabbers                          =          0
  5  txCollisions                       =          0
  6  ifInErrors                         =          0
  7  ifOutErrors                        =          0
  8  ifInDiscards                       =     233043
  9  ifInUnknownProtos                  =          2
  10 ifOutDiscards                      =         17
  !--- 出力を省略。


Cisco IOS の show controller ethernet-controller コマンド

Catalyst 3750、3550、2970、2950/2955、2940 および 2900/3500XL スイッチでは、show controller ethernet-controller コマンドを使用して、トラフィック カウンタおよびエラー カウンタの出力を表示させます。このコマンドは、Catalyst 6000、5000 および 4000 シリーズ スイッチでの sh port、sh interface、sh mac および show counters に類似しています。

3550-1#sh controller ethernet-controller fastEthernet 0/1
  !--- Catalyst 3550 からの出力。
  
    Transmit FastEthernet0/1           Receive
          0 Bytes                        0 Bytes
          0 Unicast frames               0 Unicast frames
          0 Multicast frames             0 Multicast frames
          0 Broadcast frames             0 Broadcast frames
          0 Discarded frames             0 No dest, unicast
          0 Too old frames               0 No dest, multicast
          0 Deferred frames              0 No dest, broadcast
          0  1 collision frames
          0  2 collision frames          0 FCS errors
          0  3 collision frames          0 Oversize frames
          0  4 collision frames          0 Undersize frames
          0  5 collision frames          0 Collision fragments
          0  6 collision frames
          0  7 collision frames          0 Minimum size frames
          0  8 collision frames          0 65 to 127 byte frames
          0  9 collision frames          0 128 to 255 byte frames
          0 10 collision frames          0 256 to 511 byte frames
          0 11 collision frames          0 512 to 1023 byte frames
          0 12 collision frames          0 1024 to 1518 byte frames
          0 13 collision frames
          0 14 collision frames          0 Flooded frames
          0 15 collision frames          0 Overrun frames
          0 Excessive collisions         0 VLAN filtered frames
          0 Late collisions              0 Source routed frames
          0 Good (1 coll) frames         0 Valid oversize frames
          0 Good(>1 coll) frames         0 Pause frames
          0 Pause frames                 0 Symbol error frames
          0 VLAN discard frames          0 Invalid frames, too large
          0 Excess defer frames          0 Valid frames, too large
          0 Too large frames             0 Invalid frames, too small
          0 64 byte frames               0 Valid frames, too small
          0 127 byte frames
          0 255 byte frames
          0 511 byte frames
          0 1023 byte frames
          0 1518 byte frames
 
 3550-1#

 !--- 2900/3500XL シリーズ スイッチのその他のカウンタ出力については、次の表を参照してください。


カウンタ

説明

考えられる原因

送信されたフレーム

Discarded frames

リソース不足のために送信の試行が中止されたフレームの合計数。この合計には、すべての宛先タイプのフレームが含まれます。

インターフェイスにかかる過剰なトラフィック負荷が原因でフレームが廃棄されます。このフィールドのパケット数が増加する場合は、そのインターフェイスへのトラフィック負荷を軽減します。

Too old frames

スイッチを通過するのに 2 秒を超えたフレームの数。このことが原因で、フレームはスイッチで廃棄されました。この状態が発生するのは、過度の高ストレス状態でだけです。

このスイッチにかかる過剰なトラフィック負荷が原因でフレームが廃棄されます。このフィールドのパケットの数が増加する場合は、スイッチの負荷を軽減します。スイッチへのトラフィック負荷を軽減するために、ネットワーク トポロジの修正が必要になる場合があります。

Deferred frames

ネットワーク メディア上のトラフィックのために最初の送信の試行が遅延したフレームの数。この合計には、その後エラーなしで、コリジョンが発生せずに送信されたフレームだけが含まれます。

このスイッチにかかる過剰なトラフィック負荷が原因でフレームが廃棄されます。このフィールドのパケットの数が増加する場合は、スイッチの負荷を軽減します。スイッチへのトラフィック負荷を軽減するために、ネットワーク トポロジの修正が必要になる場合があります。

Collision frames

パケット送信の試行が一度失敗してから二度めに成功した回数。つまり、collision frames カウンタが 2 増加している場合、そのスイッチはパケット送信の試行に二度失敗して、三度目で成功したということです。

インターフェイスにかかる過剰なトラフィック負荷が原因でフレームが廃棄されます。これらのフィールドのパケット数が増加する場合は、そのインターフェイスへのトラフィック負荷を軽減します。

Excessive collisions

16 回連続してレイト コリジョンが発生した回数。パケットの送信が 16 回試行されると、そのパケットは廃棄されて、カウンタが増加します。

このカウンタが増加している場合、配線の問題、ネットワークへの過剰な負荷、またはデュプレックスのミスマッチが原因である可能性があります。ネットワークに過剰な負荷がかかる原因としては、共有イーサネット上のデバイス数が多すぎることが考えられます。

Late collisions

レイト コリジョンは、2 台のデバイスが送信を同時に行い、どちらの側もコリジョンを検出しない時に発生します。これが発生する理由は、信号をネットワークの一方の端から別の端へ伝播する時間が、パケット全体がネットワーク上にある時間よりも長いためです。レイト コリジョンを引き起こす 2 台のデバイスでは、相手が送信していることはパケット全体がネットワークに入るまで認識されません。レイト コリジョンは、64 バイトが流れる最初のスロット タイムの後、トランスミッタにより検出されます。これは、レイト コリジョンが検出されるのが、64 バイトよりも長いパケットの送信中だけに限られるためです。

レイト コリジョンの原因は、不適切なケーブル接続や、ネットワーク内にあるハブの数が規格を超えていることです。NIC の不良によってレイト コリジョンが起きる場合もあります。

Good (1 coll) frames

1 回だけコリジョンが発生してから正常に送信されたフレームの合計。

半二重環境では、コリジョンが発生するのは正常です。

Good (>1 coll) frames

2 〜 15 回コリジョンが発生してから正常に送信されたフレームの合計。

半二重環境では、コリジョンが発生するのは正常です。このカウンタの上端で増加しているフレームには、コリジョンの回数が 15 回を超えて Excessive collisions としてカウントされる危険性があります。

VLAN discardframes

CFI ビットが設定されているためにインターフェイス上で廃棄されたフレームの数。

イーサネットの正規のフレーム形式に対しては、802.1q フレームの TCI で CFI(Canonical Format Indicator)のビットが 0 に設定されます。CFI ビットが 1 に設定されている場合、RIF(ルーティング情報フィールド)またはトークン リングの正規外のフレームが存在していて削除されたことを意味します。

受信されたフレーム

No bandwidth frames

2900/3500XL のみ。ポートでネットワークからパケットを受信したが、このパケットを受信するためのリソースがスイッチになかった回数。この状態は、ストレス状態でだけ発生しますが、複数のポートでのトラフィックのバーストによって発生する場合があります。したがって、No bandwidth frames が少なくても問題ありません(受信するフレームの 1 % よりもかなり小さい値である必要があります)。

インターフェイスにかかる過剰なトラフィック負荷が原因でフレームが廃棄されます。このフィールドのパケット数が増加する場合は、そのインターフェイスへのトラフィック負荷を軽減します。

No buffers frames

2900/3500XL のみ。ポートでネットワークからパケットを受信したが、このパケットを受信するためのリソースがスイッチになかった回数。この状態は、ストレス状態でだけ発生しますが、複数のポートでのトラフィックのバーストによって発生する場合があります。したがって、No buffers frames が少なくても問題ありません(受信するフレームの 1 % よりもかなり小さい値である必要があります)。

インターフェイスにかかる過剰なトラフィック負荷が原因でフレームが廃棄されます。このフィールドのパケット数が増加する場合は、そのインターフェイスへのトラフィック負荷を軽減します。

No dest, unicast

そのポートから他のポートへ転送されなかったユニキャスト パケットの数。

どのような場合に No dest(unicast、multicast、broadcast)カウンタが増加するかについて、簡単に説明します。

  • ポートがアクセス ポートであり、スイッチ間リンク プロトコル(ISL)トランク ポートに接続されている場合、いずれの着信 ISL パケットも転送されないため、No dest カウンタの値は非常に大きくなります。これは無効な設定です。

  • ポートがスパンニング ツリー プロトコル(STP)でブロックされていると、ほとんどのパケットが転送されず、No dest パケットとなります。ポートでリンクが取得された直後は、着信パケットが転送されない非常に短い(1 秒未満)時間帯があります。

  • ポート自体が VLAN に属しており、スイッチ上の他のポートがこの VLAN に属していない場合、着信パケットは廃棄され、このカウンタが増加します。

  • またカウンタは、パケットが受信されたポート上でパケットの宛先アドレスが学習された場合にも増加します。ポート 0/1 でパケットが宛先 MAC アドレス X で受信され、MAC アドレス X がポート 0/1 に存在することがスイッチで認識されると、カウンタが増加し、そのパケットは廃棄されます。この状態は次のような場合に発生します。

    • ハブがポート 0/1 に接続されており、ハブに接続されているあるワークステーションからハブに接続されている別のワークステーションにパケットを送信する場合、このパケットは、ポート 0/1 からは他のどのポートに対しても送信されません。宛先 MAC アドレスが同じポートに存在するためです。

    • また、あるスイッチがポート 0/1 に接続されており、MAC アドレスを学習するために、パケットをすべてのポートにフラッディングする場合にも発生します。

  • 同じ VLAN 内の別のポートにスタティック アドレスが設定されており、受信ポートにスタティック アドレスが設定されていない場合は、パケットは廃棄されます。たとえば、ポート 0/2 で受信トラフィックをポート 0/3 に転送するように、MAC アドレス X に対するスタティック マップを設定した場合、ポート 0/2 以外のポートで受信されたパケットは廃棄されます。ポート 0/2 と同じ VLAN 内の別のポートからパケットが送信された場合、そのパケットは廃棄されます。

  • ポートがセキュア ポートである場合は、否認された送信元 MAC アドレスを持つパケットは転送されず、カウンタが増加します。

No dest, multicast

そのポートから他のポートへ転送されなかったマルチキャスト パケットの数。

No dest,broadcast

そのポートから他のポートへ転送されなかったブロードキャスト パケットの数。

Alignment errors

偶数のオクテットで終わらず不正な CRC を持つ、受信されたフレームの数。

アライメント エラーは、フレームがワイヤに完全にコピーされず、フラグメント化されたフレームが生じたために発生します。アライメント エラーは、半二重でのコリジョン、デュプレックス ミスマッチ、障害のあるハードウェア(NIC、ケーブル、またはポート)、または、接続されたデバイスがオクテットで終わらず不正な FCS を持つフレームを生成した結果です。

FCS errors

イーサネット フレーム内の不正なチェックサム(CRC 値)とともに受信されたフレームの数。これらのフレームは廃棄され、他のポートに伝播されません。

FCS エラーは、半二重でのコリジョン、デュプレックス ミスマッチ、障害のあるハードウェア(NIC、ケーブル、またはポート)、または、接続されたデバイスが不正な FCS を持つフレームを生成した結果です。

Undersize frames

64 オクテット未満(フレーミング ビットを除き、FCS を含む)で、正常な FCS 値を持つ、受信されたパケットの合計数。

エラー フレームが接続デバイスによって生成されたことを示しています。接続されたデバイスが正常に動作していることを確認します。

Oversize frames

ポートでネットワークから受信した 1514 バイトを超えるパケットの数。

これは、障害のあるハードウェア、dot1q、または ISL トランキングの設定の問題を示している可能性があります。

Collision fragments

64 オクテット未満(フレーミング ビットを除き、FCS を含む)で、不正な FCS 値を持つ、受信されたフレームの合計数。

このカウンタが増加する場合、そのポートは半二重に設定されています。デュプレックス設定を全二重に変更してください。

Overrun frames

受信側のハードウェアが、受信したデータのハードウェア バッファへの引き渡しに失敗した回数。

トラフィックの入力レートが、受信側のデータ処理能力を上回ったことが原因です。

VLAN filtered frames

フレーム内の VLAN 情報のタイプのために、フィルタされたフレームの合計数。

802.1Q タグ付きフレームをフィルタするように、ポートを設定できます。802.1Q タグを含むフレームが受信されると、そのフレームがフィルタされ、このカウンタが増加します。

Source routed frames

送信元ルートのビットがネイティブ フレームの送信元アドレスの中に設定されていたために廃棄された、受信されたフレームの合計数。

この種の送信元ルーティングは、トークン リングおよび FDDI に対してだけ定義されます。IEEE のイーサネットの仕様では、このビットをイーサネット フレームで設定することはできません。そのため、このようなフレームはスイッチによって廃棄されます。

Valid oversize frames

System MTU のサイズよりも大きく、正常な FCS 値を持つ、受信されたフレームの合計数。

この統計情報では、設定されている System MTU よりも大きいフレームがカウントされます。ただし、これらのフレームは、Q-in-Q または MPLS のカプセル化を行うために 1518 バイトから増加されている場合もあります。

Symbol error frames

ギガビット イーサネット(1000 Base-X)では、MAC サブレイヤ(レイヤ 2)の 8 ビット データは、8B/10B 符号化によって 10 ビットの記号に変換されて、ネットワーク上で送信されます。ポートで記号が受信されると、受信された 10 ビットの記号から 8 ビットのデータが抽出されます。

シンボル エラーは、インターフェイスで未定義の(無効な)記号が受信されたことを示します。シンボル エラーの件数が少ない場合には、無視してかまいません。シンボル エラーが大量に発生している場合は、デバイス、ケーブル、またはハードウェアに障害がある可能性があります。

Invalid frames, too large

ジャイアント フレーム、または IEEE 802.3 フレームの最大サイズ(非ジャンボ イーサネットの場合は 1518 バイト)を超えていて、不良 Frame Check Sequence(FCS)を持つ受信フレーム。

多くの場合、これは NIC 不良が原因です。問題のデバイスを検索し、ネットワークから取り除いてください。

Invalid frames, too small

ラント フレーム、または 64 バイト未満(FCS ビットを含み、フレーム ヘッダーを除く)で、FCS エラーまたはアライメント エラーを持つフレーム。

デュプレックスのミスマッチや、ケーブル、ポート、または接続されているデバイス上の NIC の障害といった物理的な問題が原因である可能性があります。



CatOS 用の show top コマンド

show top コマンドでは、スイッチ上の各物理ポートに関するデータの収集と分析ができます。このコマンドでは、各物理ポートに関する次のデータが表示されます。

  • ポートの使用率(Uti %)

  • 入出力バイト数(Bytes)

  • 入出力パケット数(Pkts)

  • 入出力ブロードキャスト パケット数(Bcst)

  • 入出力マルチキャスト パケット数(Mcst)

  • 入力エラー数(Error)

  • バッファオーバーフロー エラー数(Overflow)

 Console> (enable) sh top
Start Time:     Mar 28 2007 06:58:41
End Time:       Mar 28 2007 06:59:11
PortType:       all
Metric:         util
Port  Band- Uti Bytes                Pkts       Bcst       Mcst       Error Over
      width  %  (Tx + Rx)            (Tx + Rx)  (Tx + Rx)  (Tx + Rx)  (Rx)  flow
----- ----- --- -------------------- ---------- ---------- ---------- ----- ----
 3/11  a-10   0               334187       1561         22       1536     0    0
 3/12 a-100   0               333608       1557         22       1532     0    0
 3/25 a-100   0               333622       1555         22       1533     0    0
 6/2   1000   0                    0          0          0          0     0    0
 6/1   1000   0                    0          0          0          0     0    0
 4/8   1000   0                    0          0          0          0     0    0
 4/7   1000   0                    0          0          0          0     0    0
 4/6   1000   0                    0          0          0          0     0    0
 4/5   1000   0                    0          0          0          0     0    0
 4/4   1000   0                    0          0          0          0     0    0
 4/3   1000   0                    0          0          0          0     0    0
 4/2   1000   0                    0          0          0          0     0    0
 4/1   1000   0                    0          0          0          0     0    0
 3/48  auto   0                    0          0          0          0     0    0
 3/47  auto   0                    0          0          0          0     0    0
 3/46  auto   0                    0          0          0          0     0    0

注:ポートの使用率を計算する際、このコマンドでは Tx 回線と Rx 回線が同じカウンタにバンドルされ、さらに、使用率のパーセンテージの算出には全二重の帯域幅が参照されます。たとえば、ギガビット イーサネット ポートは 2000 Mbps で全二重です。

入力エラー数は、そのポートで受信されたすべてのエラー パケットの合計値です。

バッファオーバーフローは、そのポートでバッファに保存できる以上にトラフィックが受信されていることを示しています。バースト トラフィックがこの原因である可能性もありますが、バッファ オーバーランが原因であると考えることもできます。送信元デバイスでの転送を削減することが、推奨される対応です。

show mac コマンドによる「In-Lost」カウンタと「Out-Lost」カウンタも参照してください。



一般的なシステム エラー メッセージ

Cisco IOS では、システム メッセージのフォーマットが異なる場合があります。比較のため、CatOS のシステム メーッセージと Cisco IOS のシステム メッセージを検証できます。使用しているソフトウェア リリースのメッセージと回復手順に関するガイドを参照してください。たとえば、CatOS ソフトウェア バージョン 7.6 向けの『メッセージと回復手順』を参照して、Cisco IOS 12.1 E リリース向けの『メッセージと回復手順』と比較します。



WS-X6348 モジュールで表示されるエラー メッセージ

次のエラー メッセージを確認してください。

  • Coil Pinnacle Header Checksum

  • Coil Mdtif State Machine Error

  • Coil Mdtif Packet CRC Error

  • Coil Pb Rx Underflow Error

  • Coil Pb Rx Parity Error

上記のエラーと一緒に、syslog メッセージを参照できます。

%SYS-5-SYS_LCPERR5:Module 9: Coil Pinnacle Header Checksum Error - Port #37

この種のメッセージが表示された場合、または WS-X6348 モジュール上で 10/100 ポートのグループに障害が発生したことに気づいた場合は、詳細なトラブルシューティングのヒントとして、使用しているオペレーティング システムに基づき次のドキュメントを参照してください。



%PAGP-5-PORTTO / FROMSTP and %ETHC-5-PORTTO / FROMSTP

CatOS では、保存されたログメッセージを表示するには show logging buffer コマンドを使用します。Cisco IOS では、show logging コマンドを使用します。

Console> (enable) sh logging buffer
  2003 Jun 02 20:12:43 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/2 joined bridge port 3/2
  2003 Jun 02 20:59:56 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/1 left bridge port 3/1
  !--- これは、CatOS が稼働するスイッチ上のロギング バッファを表示するためのコマンドです。

このメッセージはユーザの懸念を呼ぶ場合がありますが、ほとんどの場合、情報提供として表示されるだけです。

%PAGP-5-PORTTO / FROMSTP and %ETHC-5-PORTTO / FROMSTP 

ポート集約プロトコル(PAgP)によって、スイッチ間の Etherchannel リンクがネゴシエートされます。それぞれのデバイスがブリッジ ポートに参加または脱退するたびに、情報提供のメッセージがコンソールに表示されます。ほとんどの場合、このメッセージはまったく問題ありませんが、フラッピングが発生するはずのないポートについてこれらのメッセージが表示された場合には、詳細な調査が必要です。

CatOS ソフトウェア バージョン 7.x 以降では、「PAGP-5」が「ETHC-5」に変更され、メッセージが理解しやすくなりました。

このメッセージは、CatOS が稼働する Catalyst 4000、5000、および 6000 シリーズのスイッチに特有のものです。Cisco IOS が稼働するスイッチには、このメッセージに相当するエラー メッセージはありません。CatOS が稼働するスイッチで表示されるエラー メッセージの詳細については、使用しているプラットフィームごとに次のドキュメントを参照してください。



%SPANTREE-3-PORTDEL_FAILNOTFOUND

このメッセージが示すのは、スイッチに関する問題ではありません。通常、このメッセージは %PAGP-5-PORTFROMSTP メッセージと一緒に表示されます。

ポート集約プロトコル(PAgP)によって、スイッチ間の Etherchannel リンクがネゴシエートされます。それぞれのデバイスがブリッジ ポートに参加または脱退するたびに、情報提供のメッセージがコンソールに表示されます。ほとんどの場合、このメッセージはまったく問題ありませんが、フラッピングが発生するはずのないポートについてこれらのメッセージが表示された場合には、詳細な調査が必要です。

このメッセージは、CatOS が稼働する Catalyst 4000、5000、および 6000 シリーズのスイッチに特有のものです。Cisco IOS が稼働するスイッチには、このメッセージに相当するエラー メッセージはありません。CatOS が稼働するスイッチで表示されるエラー メッセージの詳細については、使用しているプラットフィームごとに次のドキュメントを参照してください。



%SYS-4-PORT_GBICBADEEPROM: / %SYS-4-PORT_GBICNOTSUPP

このメッセージは一般的に、認証されていない Cisco 製品以外の GBIC が、ギガビット イーサネット モジュールに挿入された場合に表示されます。このような GBIC には Cisco SEEPROM がないため、エラー メッセージが表示されます。

GBIC モジュールである WS-G5484、WS-G5486、および WS-G5487 を WS-X6408-GBIC と一緒に使用した場合にも、これらのエラー メッセージが表示される場合があります。この場合は、カードや GBIC に実際に問題があるわけではなく、ソフトウェアのアップグレードを行うことで解決されます。

詳細は、『Catalyst 6000 および 6500 シリーズ スイッチでの一般的な CatOS エラー メッセージ』を参照してください。



%AMDP2_FE-3-UNDERFLO

このエラー メッセージは、フレームが送信されて、コントローラ チップのローカル バッファが不十分なデータを受信したときに発生します。データが、出力レートに対応できるだけの速度でチップに転送されていません。通常は、システム内部の一過性のピーク負荷の状態にもよりますが、こうした状況は一時的なものです。ファスト イーサネット インターフェイスによって過度のトラフィックが処理されたときに、この問題が発生します。トラフィック レベルがおよそ 2.5 Mb に達したときに、エラー メッセージが表示されます。このトラフィック レベルの上限は、ハードウェアの制限によります。そのため、Catalyst スイッチに接続されたデバイスでは、パケットがドロップされる可能性があります。

通常は、システムによって自動的に回復されます。特に対処の必要はありません。スイッチがイーサネット インターフェイスに負荷を与えている場合は、スピードとデュプレックスの設定をチェックします。また、sniffer プログラムを使用して、ルータのファスト イーサネット インターフェイスで送受信されているパケットを解析します。Catalyst スイッチに接続されたデバイスでのパケット ドロップを避けるために、スイッチに接続されたファスト イーサネット インターフェイスで ip cef コマンドを実行します。



%INTR_MGR-DFC1-3-INTR: Queueing Engine (Blackwater) [1]: FIC Fabric-A Received Unexpected Control Code

このエラー メッセージが表示される原因は、パケットのファブリック ヘッダーの CRC 値が、Blackwater ASIC の Fabric Interface Controller(FIC; ファブリック インターフェイス コントローラ)サブブロックに基づいて算出された CRC 値と一致しなかったためです。これは、転送中にパケットの破損が発生し、Blackwater が破損したパケットを受信したことを意味します。



Command Rejected: [Interface] not a Switching Port

L3 インターフェイスと L2 スイッチポートの両方をサポートするスイッチでは、レイヤ 3 インターフェイスとして設定されたポートでレイヤ 2 に関連するコマンドを入力しようとすると、「Command rejected: [interface] not a switching port」というメッセージが表示されます。

インターフェイスをレイヤ 3 モードからレイヤ 2 モードに変更するには、インターフェイス設定コマンドの switchport を発行します。このコマンドを発行してから、ポートを任意のレイヤ 2 プロパティに設定してください。



ポートおよびインターフェイスの一般的な問題

ポートまたはインターフェイスのステータスが disable または shutdown

スイッチ上の設定が誤っているためにポートで接続障害が発生している場合、障害の原因は明白であるにもかかわらず、見過ごされることがあります。ポートでオレンジの信号が点灯している場合は、ユーザ インターフェイスまたは内部プロセスを介して、スイッチ内のソフトウェアによってポートがシャットダウンされたことを示します。

注:プラットフォームによっては、STP に関して、ポートの LED が異なる動作をする場合があります。たとえば、Catalyst 1900/2820 では、STP ブロッキング モードに遷移すると、ポートでオレンジの信号が点灯します。この場合、オレンジの信号は STP が正常に動作していることを示します。Catalyst 6000/5000/4000 の場合には、STP ブロッキング モードに遷移しても、ポートでオレンジの信号は点灯しません。

何かの理由でポートやモジュールがディセーブルになっていないこと、または電源が切れていないことを確認します。リンクの一方の側でポートやモジュールを手動でシャットダウンした場合、そのポートを再度イネーブルにするまで、リンクは活動化しません。両側でポート ステータスを確認します。

CatOS の場合は、show port を確認して、ポートが disabled になっていたら、再度イネーブルにします。

Port  Name                 Status     Vlan       Duplex Speed Type
----- -------------------- ---------- ---------- ------ ----- ------------
 3/1                       disabled   1            auto  auto 10/100BaseTX
  !--- set port enable mod/port コマンドを使用して、このポートを再度イネーブルにします。

show module コマンドを使って、モジュールがディセーブルであるかどうかを判定します。モジュールがディセーブルであった場合は、再度イネーブルにします。

Mod Slot Ports Module-Type               Model               Sub Status
--- ---- ----- ------------------------- ------------------- --- --------
2   2    2     1000BaseX Supervisor      WS-X6K-SUP1A-2GE    yes ok
16  2    1     Multilayer Switch Feature WS-F6K-MSFC         no  ok
3   3    48    10/100BaseTX Ethernet     WS-X6348-RJ-45      no  disable
!--- set module enable mod/port コマンドを使用して、このポートを再度イネーブルにします。

Cisco IOS の場合は、show run interface コマンドを実行して、インターフェイスが shutdown 状態になっていないかどうかを確認します。

Switch#sh run interface fastEthernet 4/2
!
interface FastEthernet4/2
 switchport trunk encapsulation dot1q
 switchport mode trunk
 shutdown
 duplex full
 speed 100
end
!--- no shut コマンドを config-if モードで使用して、このインターフェイスを再度イネーブルにします。

スイッチのリブート直後にポートが shutdown モードになる場合、原因はおそらくポートのセキュリティ設定です。ポートでユニキャスト フラッディングがイネーブルにされていると、リブート後にポートがシャットダウンされます。シスコでは、ユニキャストのフラッディングをディセーブルすることを推奨していますが、これにより、ポートで MAC アドレスの制限に達した際にフラッディングが発生しないことも保証されます。



ポートまたはインターフェイスのステータスが errdisable

デフォルトでは、スイッチ内のソフトウェア プロセスによって特定のエラーが検出されると、ポートまたはインターフェイスがシャットダウンされる場合があります。

次のように、CatOS の show port コマンドで、ステータスが errdisable と表示される場合があります。

switch>(enable) sh port 4/3
  Port  Name                 Status     Vlan       Duplex Speed Type
  ----- -------------------- ---------- ---------- ------ ----- ------------
  4/3                        errdisable 150          auto  auto 10/100BaseTX
  !--- show port コマンドで errdisable のステータスが表示されます。

Cisco IOS の場合は、次のように、show interface card-type {slot/port} status コマンドを使用します。

Router#show int fasteth 2/4 status
  
  Port    Name               Status       Vlan       Duplex  Speed Type
  Gi2/4                      err-disabled 1            full   1000 1000BaseSX
  !--- Cisco IOS では show interfaces card-type [slot/port] status コマンドにより
  !--- errdisabled のステータスが表示されます。
  !--- show interfaces status errdisabled コマンドにより、このステータスになっている
  !--- すべてのインターフェイスが表示されます。

CatOS の show logging buffer コマンドおよび Cisco IOS の show logging コマンドでも、errdisable 状態に関連するエラー メッセージが表示されます(実際のメッセージ フォーマットはそれぞれ異なります)。

errdisable になった結果シャットダウンされたポートやインターフェイスは、CatOS の場合は reasons、Cisco IOS の場合は causes と呼ばれます。この状態になる reasons や causes には、EtherChannel の設定ミスに起因する PAgP フラッピング、デュプレックスのミスマッチ、BPDU ポートガードと PortFast の同時設定、UDLD による単方向リンクの検出などがあります。

これらのポートやインターフェイスを errdisable 状態から回復させるには、手動で再度イネーブルにするか、あらかじめ errdisable 回復オプションを設定しておく必要があります。CatOS 5.4(1) 以降には、errdisable ステータスのまま一定時間(設定可能)が経過すると、ポートを自動的に再度イネーブルにする機能があります。この機能はまた、ほとんどのスイッチで動作する Cisco IOS でも提供されています。ここで重要なのは、インターフェイスを errdisable から回復するように設定したとしても、根本的な原因が解明されない限り、同じ問題が再発するということです。

CatOS が稼働するスイッチの場合の errdisable ステータスの原因および回復方法についての詳細は、『CatOS プラットフォームでの errDisable ポート状態からの回復』を参照してください。

注:errdisable ステータスの根本的な原因は使用しているオペレーティング システムには依存しないため、Cisco IOS が稼働するスイッチの場合もこのリンクを参照できます。

次の表では、CatOS および Cisco IOS が稼働するスイッチ上での errdisable ステータスに対する設定、検証、およびトラブルシュートを行うコマンドを比較しています。コマンドを選択すると、そのコマンドのドキュメントのペ−ジに移動します。

CatOS errdisable コマンド

アクション

Cisco IOS errdisable コマンド

set errdisable-timeout {enable | disable} {reason}

設定

errdisable detect cause

errdisable recovery cause

set errdisable-timeout interval {interval

設定

errdisable recovery {interval

show errdisable-timeout

検証とトラブルシューティング

show errdisable detect

show interfaces status err-disabled



ポートまたはインターフェイスのステータスが inactive

CatOS が稼働するスイッチ上のポートが非アクティブになる原因の 1 つに、そのポートが属する VLAN の消滅があります。switchport コマンドを使用してインターフェイスをレイヤ 2 スイッチポートに設定した場合、Cisco IOS が稼働するスイッチ上でも同じ問題が発生する可能性があります。

レイヤ 2 スイッチ内の各ポートは、1 つの VLAN に属しています。レイヤ 3 スイッチ上の、L2 スイッチポートとして設定されている各ポートは、1 つの VLAN に属していることも必要です。その VLAN が削除されると、ポートまたはインターフェイスは非アクティブになります。

注:この状態になると、一部のスイッチでは、各ポート上でオレンジの信号が点灯します。

CatOS の場合、次のように show port コマンドまたは show port status コマンドを show vlan コマンドと一緒に使用して検証します。

Switch> (enable) sh port status 2/2
Port Name Status Vlan Duplex Speed Type
----- -------------------- ---------- ---------- ------ ----- ------------
2/2 inactive 2 full 1000 1000BaseSX
!--- ポート 2/2 は VLAN 2 に対して非アクティブです。
     
Switch> (enable) sh vlan
VLAN Name Status IfIndex Mod/Ports, Vlans
---- -------------------------------- --------- ------- ------------------------
1 default active 5 2/1
!--- VLAN が順番に表示されますが、VLAN 2 は見つかりません。

Cisco IOS の場合、次のように show interfaces card-type {slot/port} switchport コマンドを show vlan と一緒に使用して検証します。

Router#sh interfaces fastEthernet 4/47 switchport
  Name: Fa4/47Switchport: Enabled
  Administrative Mode: static access
  Operational Mode: static access
  Administrative Trunking Encapsulation: negotiate
  Operational Trunking Encapsulation: native
  Negotiation of Trunking: Off
  Access Mode VLAN: 11 ((Inactive))
  !--- FastEth 4/47 が非アクティブです。
 
 Router#sh vlan
 
 VLAN Name                             Status    Ports
 ---- -------------------------------- --------- -------------------------------
 1    default                          active    Gi1/1, Gi2/1, Fa6/6
 10   UplinkToGSR's                    active    Gi1/2, Gi2/2
 !--- VLAN が順番に表示されますが、VLAN 11 は見つかりません。
 30   SDTsw-1ToSDTsw-2Link             active	Fa6/45

VLAN を削除したスイッチがその VTP ドメインの VTP サーバの場合、この VLAN は、ドメイン内のすべてのサーバおよびクライアント スイッチの VLAN テーブルから削除されます。この VLAN を VTP サーバ スイッチから VLAN テーブルに戻すと、この復旧した VLAN に所属するドメイン内のスイッチのポートは、再びアクティブになります。VLAN それ自体が削除されても、ポートにはそれ自身が割り当てられた VLAN が記憶されています。

VTP についての詳細は、『VLAN Trunk Protocol(VTP)について』を参照してください。

注:show interface <interface number> switchport コマンドの出力にポートがトランク ポートとして表示される場合、switchport access vlan <vlan no:> コマンドでそのポートをアクセス ポートとして設定した後でも、switchport mode access コマンドを発行してポートをアクセス ポートにしてください。



アップリンク ポートまたはインターフェイスのステータスが inactive

Catalyst 4510R シリーズ スイッチでは、10 ギガビット イーサネットとギガビット イーサネットの両方の SFP アップリンクのポートをイネーブルにするための、オプションの設定があります。10 ギガビット イーサネットとギガビット イーサネットの SFP インターフェイスを並列にイネーブルにするには、hw-module uplink select all コマンドを発行します。このコマンドを発行してからスイッチなどをリブートすると、show interface status module module number コマンドの出力には、アップリンク ポートが非アクティブと表示されます。

Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(25)SG では、Catalyst 4500 スイッチでの 10 ギガビット イーサネットとギガビット イーサネットの SFP インターフェイスの同時使用がサポートされています。

注:Catalyst 4503、4506、および 4507R シリーズ スイッチでは、この機能は自動的にはイネーブルになりません。



Catalyst スイッチ インターフェイスの deferred カウンタが増加し始める

このスイッチにかかる過剰なトラフィック負荷が原因でフレームが廃棄されるのが、この問題の原因です。通常、deferred frames(遅延フレーム)は、メディアがビジー状態であったため、メディアを待機した後で正常に送信されたフレームの数です。半二重環境でフレームを送信しようとした際に、すでにキャリアが使用中であった場合に発生する状況です。一方、全二重環境でこの問題が発生するのは、スイッチに送られる負荷が過剰な場合です。

回避策は次のとおりです。

  • ネゴシエーションの不一致を回避するように、リンクの両端を全二重にハードコーディングする。

  • ケーブルとパッチ パネル コードを交換して、確実にケーブルとパッチ コードに欠陥がないようにする。

注:Supervisor 720 のギガビット イーサネットで deferred カウンタ エラーが増加する場合は、回避策として、そのインターフェイスで速度のネゴシエーションを有効にします。



vlan [vlan 番号] からのタイマー [値] の設定で散発的に発生する障害

Encoded Address Recognition Logic(EARL)で VLAN 用の CAM エージング時間を必要な秒数に設定できない場合に、この問題が発生します。この場合、VLAN のエージング時間は fast aging に設定済みです。

VLAN が fast aging になっていると、EARL では VLAN を fast aging に設定できず、エージング タイマーの設定プロセスはブロックされます。デフォルトの CAM エージング時間は 5 秒で、スイッチでは学習された MAC アドレスのテーブルが 5 秒ごとに消去されることになります。これにより、MAC アドレス テーブル(CAM テーブル)には常に最新のエントリが入っていることが保証されます。

fast aging では、CAM エージング時間はユーザが指定した秒数に設定され、Topology Change Notification(TCN)プロセスとともに使用されます。トポロジが変更された場合、CAM テーブルを迅速に消去して、トポロジの変更を補償するにはこの値が必要になるというのが、これの考え方です。

スイッチの CAM エージング時間を調べるには、show cam aging コマンドを発行します。TCN と fast aging は、それほど頻繁に発生するものではありません。結果的に、このメッセージの重要度は 3 になっています。もし VLAN で頻繁に fast aging が行われる場合は、その原因を調べてください。

TCN の最もよくある原因は、スイッチに直接接続されたクライアント PC です。PC の電源オン/オフを行う際に、スイッチ ポートの状態が変わり、スイッチで TCN プロセスが開始されます。原因は、接続されたデバイスがスイッチで PC として認識されていないためです。スイッチでは、ポートが状態を変化させたことだけが認識されます。

この問題を解決するため、シスコではホスト ポート用の PortFast 機能を開発いたしました。PortFast 機能により、ホスト ポートの TCN が抑制されることがメリットです。

注:PortFast ではポートでのスパニング ツリー計算の省略も行われるため、PortFast はホスト ポートでの使用に限り適切です。

ポートで PortFast をイネーブルにするには、次のコマンドのいずれかを設定します。

set spantree portfast mod/port enable | disabledisable

または

set port host mod/port(スイッチで CatOS 5.4 以降のバージョンが稼働している場合はこのコマンドを推奨)



トランキング モードのミスマッチ

リンクの両側のトランキング モードをチェックします。両側が同じモード(両方が ISL または 802.1q の同じトランキング モードであるか、または両方が非トランキング モード)であることを確認してください。一方のポートでトランキング モードを on(auto または desirable ではなく)にした場合に、他方のポートでトランキング モードが off に設定されていると、これらのポートは通信できません。トランキングによって、パケットのフォーマットが変更されます。ポートでは、リンク上で使用するフォーマットが一致する必要があります。一致しないと、相互に認識されません。

CatOS の場合、show trunk {mod/port} コマンドを使用してトランク ステータスを検証し、両側で使用されるネイティブ VLAN(dot1q の場合)が一致することを確認します。

Switch> (enable) sh trunk 3/1
  * - indicates vtp domain mismatch
  Port      Mode         Encapsulation  Status        Native vlan
  --------  -----------  -------------  ------------  -----------
   3/1      desirable    dot1q          trunking    1
  
  Port      Vlans allowed on trunk
  --------  ---------------------------------------------------------------------
   3/1      1-1005,1025-4094
!--- 出力を省略。

Cisco IOS の場合、show interfaces card-type {mod/port} trunk コマンドを使用して、トランキングの設定とネイティブ VLAN を確認します。

Router#sh interfaces fastEthernet 6/1 trunk
  
  Port      Mode         Encapsulation  Status        Native vlan
  Fa6/1     desirable    802.1q         trunking    1
  
  Port      Vlans allowed on trunk
  Fa6/1     1-4094
!--- 出力を省略。

さまざまなトランキングのモード、ガイドライン、制限事項についての詳細は、次のドキュメントを参照してください。



ジャンボ、ジャイアント、およびベビー ジャイアント

データ部の Maximum Transmission Unit(MTU; 最大伝送ユニット)は、イーサネット フレームではデフォルトで 1500 バイトです。送信されるトラフィックの MTU がサポートされている MTU を越えた場合、そのパケットはスイッチから転送されなくなります。また、その結果、ハードウェアやソフトウェアによっては、スイッチのプラットフォームによってポートおよびインターフェイスのエラー カウンタが増加する場合があります。

  • ジャンボ フレームは、IEEE イーサネット標準の中で定義されておらず、ベンダーに依存しています。イーサネットの標準フレームサイズである 1518 バイト(L2 ヘッダーと Cyclic Redundancy Check(CRC)を含む)よりも大きなフレームのことを、このように呼びます。ジャンボには、さらに大きなサイズのフレーム(通常、9000 バイト以上)が含まれます。

  • ジャイアント フレームとは、イーサネットの最大フレーム サイズを上回る(1518 バイト以上)、不正な FCS を持つフレームのことです。

  • ベビー ジャイアント フレームとは、イーサネットの最大フレーム サイズを少しだけ上回る大きさのフレームのことです。通常、1600 バイト以下のフレームをこのように呼びます。

Catalyst スイッチにおけるジャンボ、およびベビー ジャイアントに対するサポートは、スイッチのプラットフォームや、場合によってはスイッチ内のモジュールごとに異なります。また、ソフトウェア バージョンによって異なることもあります。

ジャンボおよびベビー ジャイアントに関するシステム要件、設定、およびトラブルシューティングについての詳細は、『Catalyst スイッチでのジャンボ/ジャイアント フレーム サポートの設定例』を参照してください。



エンド デバイスに ping を実行できない

まず最初に、直接接続されているスイッチから ping を実行して、エンド デバイスをチェックします。それから、ポートからポート、インターフェイスからインターフェイス、トランクからトランクへとさかのぼり、接続の問題が発見できるまで探します。エンド デバイスの MAC アドレスが、各スイッチの Content-Addressable Memory(CAM)テーブルで確認できることを確認します。

CatOS の場合は、show cam dynamic {mod/port} コマンドを使用します。

Switch> (enable) sh cam dynamic 3/1
* = Static Entry. + = Permanent Entry. # = System Entry. R = Router Entry.
X = Port Security Entry $ = Dot1x Security Entry
  
VLAN  Dest MAC/Route Des    [CoS]  Destination Ports or VCs / [Protocol Type]
----  ------------------    -----  -------------------------------------------
2     00-40-ca-14-0a-b1             3/1 [ALL]
!--- VLAN 2 上の 00-40-ca-14-0a-b1 という MAC アドレスを持つワークステーションが
!--- CatOS の稼働するスイッチのトランク ポート上の CAM テーブルにあります。
Total Matching CAM Entries Displayed  =1
Console> (enable)

Cisco IOS の場合、show mac address-table dynamic コマンドを使用するか、interface キーワードを置き換えます。

Router# sh mac-address-table int fas 6/3
Codes: * - primary entry
  
  vlan   mac address     type    learn qos            ports
------+----------------+--------+-----+---+--------------------------
*    2  0040.ca14.0ab1   dynamic  No    --  Fa6/3
!--- VLAN 2 上の 0040.ca14.0ab1 という MAC アドレスを持つワークステーションが
!--- Cisco IOS の稼働するスイッチのインターフェイス FastEthernet 6/3 に直接接続されています。

スイッチの CAM テーブルでデバイスの MAC アドレスを確認することで、そのデバイスが、ping を実行しようとしているデバイスと同じ VLAN 上にあるのか、異なる VLAN 上にあるのかが判断できます。

エンド デバイスが ping を実行しようとしているデバイスと異なる VLAN 上にある場合は、そのデバイスと通信できるように L3 スイッチまたはルータを設定する必要があります。エンド デバイス上や、ルータまたは L3 スイッチ上で、L3 アドレスが正しく設定されていることを確認します。IP アドレス、サブネット マスク、デフォルト ゲートウェイ、ダイナミック ルーティング プロトコルの設定、スタティック ルートなどを確認してください。



set port host コマンドまたは switchport host コマンドによる始動の遅延の修正

スイッチを介して接続されている端末がプライマリ サーバと通信できない場合、物理層のリンクがアップしてからスイッチ ポートがアクティブになるまでの間に遅延が発生している可能性があります。場合によっては、50 秒もの遅延が発生することもあります。

ワークステーションの中には、これだけの長さにわたってサーバを発見できない場合、試行を終了するものがあります。これらの遅延は、STP、トランキング ネゴシエーション(DTP)、および EtherChannel ネゴシエーション(PAgP)に起因します。これらのプロトコルはすべて、必要のないアクセス ポートに対してはディセーブルにしておくことができるため、スイッチ ポートやインターフェイスがパケットの転送を開始するのは、隣接デバイスとのリンクが確立してから数秒後になります。

CatOS バージョン 5.4 では、set port host コマンドが導入されました。このコマンドを使用すると、トランキング モードおよびチャネル モードをオフに設定し、ポートを STP 転送状態にしておくことができます。

Switch> (enable) set port host 3/5-10
Port(s) 3/5-10 channel mode set to off.
!--- set port host コマンドを使用すると、ポート上の EtherChannel も自動的にオフになります。
Warning: Spantree port fast start should only be enabled on ports connected
to a single host.  Connecting hubs, concentrators, switches, bridges, etc. to
a fast start port can cause temporary spanning tree loops.  Use with caution.
!--- アクセス ポート上のポート ホストだけをイネーブルにするように、スイッチによって警告が表示されます。
Spantree ports 3/5-10 fast start enabled.Dot1q tunnel feature disabled on port(s) 3/5-10.
Port(s) 3/5-10 trunk mode set to off.
!--- set port host コマンドを使用すると、ポート上のトランキングも自動的にオフになります。

注:バージョン 5.4 よりも前の CatOS では、set spantree portfast {mod/port} enable コマンドが使用されていました。現在のバージョンの CatOS では、このコマンドだけを使用するオプションが残されていますが、これには、ワークステーションの始動遅延を固定化するためにトランキングと Etherchannel を別々にオフにする必要があります。これを行うための追加のコマンドを次に示します。set port channel {mod/port} off and set trunk {mod/port} off

Cisco IOS の場合、switchport host コマンドを使用して、チャネリングをディセーブルにし、スパニングツリー PortFast をイネーブルにします。それから switchport nonegotiate コマンドを使用して DTP ネゴシエーション パケットをオフにします。複数のインターフェイスで同時にこの処理を実行するには、interface-range コマンドを使用します。

Router6k-1(config)#int range fastEthernet 6/13 - 18
Router6k-1(config-if-range)#switchport
Router6k-1(config-if-range)#switchport host
switchport mode will be set to access
spanning-tree portfast will be enabled
channel group will be disabled
!--- インターフェイス 6/13 - 6/18 で、etherchannel がディセーブルになっていて portfast がイネーブルになっています。
Router6k-1(config-if-range)#switchport nonegotiate
!--- インターフェイス 6/13 - 6/18 で、トランキング ネゴシエーションがディセーブルになっています。
Router6k-1(config-if-range)#end
Router6k-1#

Cisco IOS には、グローバル コマンドである global spanning-tree portfast default を使用して、PortFast を自動的に、レイヤ 2 アクセス スイッチポートとして設定されている任意のインターフェイスに適用するというオプションがあります。使用しているソフトウェア リリースのコマンド リファレンスを参照して、このコマンドが使用可能かどうかを確認してください。インターフェイスごとに spanning-tree portfast コマンドを使用することもできますが、これには、ワークステーションの始動遅延を固定化するためにトランキングと Etherchannel を別々にオフにする必要があります。

スタートアップ遅延を固定化する方法についての詳細は、『PortFast と他のコマンドを使用したワークステーションの接続始動遅延の修復』を参照してください。



速度/デュプレックス、自動ネゴシエーション、または NIC の問題

アライメント エラー、FCS エラー、またはレイト コリジョンが大量に発生する場合は、次の問題がある可能性があります。

  • デュプレックスのミスマッチ

  • 不良または破損したケーブル

  • NIC カードの問題

デュプレックスのミスマッチ

通常、速度とデュプレックスに関する問題は、スイッチ間、スイッチとルータ間、またはスイッチとワークステーションまたはサーバ間で、デュプレックスの設定が一致していない場合に発生します。これは、速度およびデュプレックスを手動でハードコードしている場合に発生するか、または 2 台のデバイス間のオートネゴシエーションの問題から発生します。

Cisco Discovery Protocol(CDP)がイネーブルになっている 2 台の Cisco デバイス間でミスマッチが発生した場合、両方のデバイスのコンソールまたはロギング バッファに CDP エラー メッセージが表示されます。CDP は、隣接する Cisco デバイス上のポートやシステムの統計情報、およびエラーの検出に便利です。CDP はシスコ独自のプロトコルであり、周知の Mac アドレスである 01-00-0C-CC-CC-CC に対してパケットを送信します。

次の例では、2 台の Catalyst 6000 シリーズ スイッチ(CatOS を実行しているスイッチと Cisco IOS を実行しているスイッチ)間デュプレックス ミスマッチが発生した場合に表示されるログ メッセージを示します。通常、ミスマッチの内容とミスマッチの発生している場所が、これらのメッセージからわかります。

2003 Jun 02 11:16:02 %CDP-4-DUPLEXMISMATCH:Full/half duplex mismatch detected on port 3/2
!--- CatOS スイッチがデュプレックス ミスマッチを認識しました。
Jun  2 11:16:45 %CDP-4-DUPLEX_MISMATCH: duplex mismatch discovered on FastEthernet6/2
(not half duplex), with TBA04251336 3/2 (half duplex).
!--- Cisco IOS スイッチがデュプレックス ミスマッチを認識しました。

CatOS の場合は、show cdp neighbor [mod/port] detail コマンドを使用して、隣接する Cisco デバイスの CDP 情報を表示します。

Switch> (enable) sh cdp neighbor 3/1 detail
Port (Our Port): 3/1
Device-ID: Router
Device Addresses:
  IP Address: 10.1.1.2
Holdtime: 133 sec
Capabilities: ROUTER SWITCH IGMP
Version:
  Cisco Internetwork Operating System Software
  IOS (tm) c6sup2_rp Software (c6sup2_rp-PK2S-M), Version 12.1(13)E6, EARLY DEPL
OYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
  TAC Support: http://www.cisco.com/tac
  Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
  Compiled Fri 18-Apr-03 15:35 by hqluong
Platform: cisco Catalyst 6000
Port-ID (Port on Neighbors's Device): FastEthernet6/1
!--- ポート 3/1 の隣接デバイスは、Cisco IOS が稼働する FastEth 6/1 上の
!--- Cisco Catalyst 6000 スイッチです。
VTP Management Domain: test1Native VLAN: 1
Duplex: full
!--- デュプレックスは全二重です。
System Name: unknown
System Object ID: unknown
Management Addresses: unknown
Physical Location: unknown
Switch> (enable)

Cisco IOS の場合は、show cdp neighbors card-type {slot/port} detail コマンドを使用して、隣接する Cisco デバイスの CDP 情報を表示します。

Router#sh cdp neighbors fastEthernet 6/1 detail
-------------------------
Device ID: TBA04251336
Entry address(es):
  IP address: 10.1.1.1
Platform: WS-C6006,  Capabilities: Trans-Bridge Switch IGMP
Interface: FastEthernet6/1,  Port ID (outgoing port): 3/1
Holdtime : 152 sec 
Version :
WS-C6006 Software, Version McpSW: 6.3(3) NmpSW: 6.3(3)
Copyright (c) 1995-2001 by Cisco Systems
!--- FastEth 6/1 の隣接デバイスは、CatOS が動作するポート 3/1 上の
!--- Cisco Catalyst 6000 スイッチです。
advertisement version: 2
VTP Management Domain: 'test1'
Native VLAN: 1
Duplex: full
!--- デュプレックスは全二重です。
Router#

速度およびデュプレックスを、一方の側で auto に、他方の側で 100/全二重に設定した場合も、設定ミスであり、デュプレックス ミスマッチが発生する可能性があります。スイッチ ポートでレイト コリジョンが数多く受信される場合は、通常、デュプレックスのミスマッチが原因となっており、ポートが errdisable ステータスになる可能性があります。半二重側では、「常時」ではなく特定時にだけパケットが期待されるため、特定時以外に受信されたパケットがコリジョンとしてカウントされます。デュプレックス ミスマッチ以外にもレイト コリジョンの原因はありますが、デュプレックス ミスマッチは、レイト コリジョンの最も一般的な原因の 1 つです。接続の両側で速度とデュプレックスをオートネゴシエートに設定する、または接続の両側で速度とデュプレックスを手動で設定する、というル−ルに必ず従ってください。

CatOS の場合は、show port status [mod/port] コマンドを使用して、速度およびデュプレックスのステータスを、その他の情報とともに表示します。set port speed コマンドと set port duplex コマンドを使用して、必要に応じて、ハードコードで両側を 10 または 100、および半二重または全二重に設定します。

Switch> (enable) sh port status 3/1
Port  Name                 Status     Vlan       Duplex Speed Type
----- -------------------- ---------- ---------- ------ ----- ------------
 3/1                       connected  1          a-full a-100 10/100BaseTX
Switch> (enable)

Cisco IOS の場合は、show interfaces card-type {slot/port} status コマンドを使用して、速度およびデュプレックスのステータスを、その他の情報とともに表示します。インターフェイス コンフィギュレーション モードで speed コマンドと duplex コマンドを使用して、必要に応じて、ハードコードで両側を 10 または 100、および半二重または全二重に設定します。

Router#sh interfaces fas 6/1 status
Port    Name               Status       Vlan       Duplex  Speed Type
Fa6/1                      connected    1          a-full  a-100 10/100BaseTX

show interfaces コマンドを status オプションなしで使用する場合、速度とデュプレックスの設定は表示されますが、この速度やデュプレックスがオートネゴシエーションで設定されたものかどうかはわかりません。

Router#sh int fas 6/1
FastEthernet6/1 is up, line protocol is up (connected)
  Hardware is C6k 100Mb 802.3, address is 0009.11f3.8848 (bia 0009.11f3.8848)
  MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit, DLY 100 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set
  Full-duplex, 100Mb/s
!--- 全二重および 100Mbps がオートネゴシエートで実現されているかどうかは表示されません。
!--- これを表示するには、sh interfaces fas 6/1 status コマンドを使用します。

不良または破損したケーブル

限界に近い状態の故障や障害がないかどうかを、常に確認します。ケーブルは、物理層を接続するだけのものと考えられますが、配線やコネクタがわずかな障害を受けたためにパケットが壊れてしまうこともあります。銅ケーブルまたは光ファイバケーブルを、確認または交換します。ファイバ接続では、GBIC を交換します(着脱可能である場合)。送信元と宛先の間にある、不良なパッチ パネルおよびメディア コンバータを排除します。使用できる場合は別のポートやインターフェイスで使用しているケーブルを試してみて、同じ問題が発生するかどうかを確認します。

自動ネゴシエーションと NIC カードの問題

Cisco スイッチを特定のサードパーティ製 NIC カードと一緒に使用すると、問題が発生する場合があります。デフォルトでは、Catalyst スイッチのポートおよびインターフェイスは、自動ネゴシエーションに設定されています。ラップトップのようなデバイスや、自動ネゴシエーション設定を行うその他のデバイスで、自動ネゴシエーションに関する問題が発生する場合があります。

自動ネゴシエーションの問題のトラブルシューティングには、接続の両側でハードコードすることが推奨されます。自動ネゴシエーションとハードコードのどちらもうまく動作しない場合は、使用している NIC カード上のファームウェアまたはソフトウェアに問題がある可能性があります。NIC カードのドライバをベンダーの Web サイトで公開されている最新バージョンにアップグレードして、これを解決してください。

速度とデュプレックスおよび自動ネゴシエーションの問題の解決方法についての詳細は、『イーサネット 10/100/1000 Mb 半二重/全二重オートネゴシエーションの設定とトラブルシューティング』を参照してください。

サードパーティ製 NIC の問題を解決する方法についての詳細は、『Cisco Catalyst スイッチと NIC との互換性に関する問題のトラブルシューティング』を参照してください。



スパニングツリー ループ

スパンニング ツリー プロトコル(STP)のループによって、一見ポートやインターフェイスの問題のように見える、パフォーマンスの重大な問題が引き起こされる可能性があります。この場合は、同じフレームによって帯域幅が繰り返し使用されることにより、正当なトラフィックが使用する余地がほとんどなくなります。

STP ループ ガード機能では、レイヤ 2 の転送ループ(STP ループ)に対する防御が追加で提供されます。冗長トポロジで STP ブロッキング ポートが誤って forwarding 状態に移行すると、STP ループが発生します。通常これが発生するのは、物理的な冗長トポロジのポートの 1 つ(STP ブロッキング ポートとは限りません)で STP BPDU が受信されなくなったのが原因です。その動作で、STP は、ポートの役割に基づく BPDU が継続的に送受信されることが前提となっています。指定ポートが BPDU を送信し、非指定ポートが BPDU を受信します。

物理的な冗長トポロジ内のポートの 1 つで BPDU が受信されなくなると、STP ではトポロジにループはないと見なされます。結果的には、代替ポートあるいはバックアップ ポートからのブロッキング ポートが指定ポートになり、forwarding 状態に移行します。ループはこの状況で発生します。

ループ ガード機能では、追加チェックが行われます。非指定ポートで BPDU が受信されない場合、ループ ガードがイネーブルになり、そのポートは、listening/learning/forwarding 状態ではなく、STP loop-inconsistent blocking 状態に移行します。ループ ガード機能がない場合、ポートでは指定ポートの役割が想定されます。ポートが STP forwarding 状態に移行して、ループが発生します。ループ ガード機能についての詳細は、『ループ ガードと BPDU スキュー検出機能によるスパニングツリー プロトコルの拡張機能』を参照してください。

このドキュメントでは、STP が失敗する原因、問題の原因を特定するために必要な情報、および STP のリスクを最小化するための設計の種類について説明しています。

ループは、単方向のリンクが原因で発生する場合もあります。詳細は、このドキュメントの「UDLD:単方向リンク」セクションを参照してください。



UDLD:単方向リンク

単方向のリンクとは、トラフィックが単一の方向に流れていて、戻ってくるトラフィックが存在しないリンクのことです。スイッチでは、戻る方向のリンクに不良があることを認識できません(ポートはリンクがアップして動作していると判断します)。

こうした単方向だけのコミュニケーションは、光ファイバ ケーブルの破損や、ケーブルやポートに関するその他の問題によっても発生する可能性があります。このようにリンクが部分的にしか機能しない場合、リンクが部分的に切断されていることが関係するスイッチに認識されないことが原因で、STP ループが発生することがあります。UDLD によって単方向リンクが検出されると、ポートが errdisable ステータスになるように UDLD を設定できます。CatOS または Cisco IOS が動作するスイッチ上で、リンク障害が許容されないスイッチ間のポイントツーポイントの接続に対して、udld aggressive-mode コマンドを設定できます(このコマンドが使用できるかどうかは、CatOS または Cisco IOS のリリースノートを確認する必要があります)。この機能を使用すると、見つけるのが困難な単方向リンクの問題を識別しやすくなります。

UDLD の設定情報は、『単方向リンク検出プロトコル機能の説明と設定』を参照してください。



遅延フレーム(Out-Lost または Out-Discard)

遅延フレームまたは Out-Discard(プラットフォームによっては Out-Lost と呼ばれることもあります)が大量に発生する場合は、スイッチの出力バッファが満杯になっているために、スイッチがそれらのパケットを廃棄する必要があったことを示します。これは、セグメントが実行されている速度とデュプレックス(またはそのどちらか)が不良であるか、または、そのポートを通過するトラフィックが多すぎることを示している可能性があります。

CatOS の場合は、該当するモジュールおよびポート、またはモジュール全体に対して show mac コマンドを実行して、Out-Discard を確認します。

MAC      Dely-Exced MTU-Exced  In-Discard Out-Discard
-------- ---------- ---------- ---------- -----------
2/1              0          -          0    10175888
2/2              0          -          0     9471889
2/3              0          -          0     9095371
2/4              0          -          0     8918785
!--- mod 2 で show mac コマンドを異なる間隔で実行すると
!--- out-discard カウンタが増加していることがわかります。

Cisco IOS の場合は、show interfaces counters error コマンドを使用します。

Router#sho interfaces counters error
Port        Align-Err    FCS-Err   Xmit-Err    Rcv-Err UnderSize OutDiscards
Fa7/47              0          0          0          0         0           0
Fa7/48              0          0          0          0         0     2871800
Fa8/1               0          0          0          0         0     2874203
Fa8/2             103          0          0        103         0     2878032
Fa8/3             147          0          0        185         0           0
Fa8/4             100          0          0        141         0     2876405
Fa8/5               0          0          0          0         0     2873671
Fa8/6               0          0          0          0         0           2
Fa8/7               0          0          0          0         0           0
!--- show interfaces counters errors コマンドにより、OutDiscard が特定のインターフェイスで大量に増加し、
!--- それ以外のインターフェイスではクリアされていることが示されます。

出力バッファの障害の一般的な原因は次のとおりです。

速度/二重モードがトラフィック量に見合ない場合

現在の速度/二重モードのポート設定では処理できないほど多くのパケットが、ネットワークから送信されている可能性があります。これは、複数の高速ポートから 1 つの(通常はより低速の)ポートにパケットが流れている場合に起こります。このポートでハングしているデバイスを、別のもっと早いメディアに移動することを検討してください。たとえば、このポートが 10 Mbps である場合、デバイスを 100 Mbps ポートまたはギガビット ポートに移動します。トポロジを変更して、フレームを別のやり方でルーティングするという方法もあります。

輻輳問題:セグメントが非常に混雑している場合

セグメントが共有されている場合、このセグメントの他のデバイスによって、スイッチが送信できないほど大量のトラフィックが送信される場合があります。デイジーチェーンのハブは、できる限り避ける必要があります。輻輳によってパケットが失われる場合があります。パケット損失が原因でトランスポート層における再送信が発生すると、アプリケーション レベルでの遅延が起こります。可能であれば、10Mbps リンクを 100Mbps リンク、またはギガビット イーサネット リンクにアップグレードすることを検討してください。いくつかのデバイスを、混雑したセグメントから空きのあるセグメントに移動させるという方法もあります。輻輳回避をネットワーク上での優先事項としてください。

アプリケーション

使用しているアプリケーションのトラフィックの伝送特性が原因で、出力バッファの問題が発生する場合があります。この種の問題に繋がるアプリケーション設定の例としては、ユーザ データグラム プロトコル(UDP)を使用するギガビット サーバから 32K ウィンドウ サイズで NFS ファイルを転送するような場合があります。すでに、このドキュメント内の他の個所での推奨事項(速度とデュプレックスのチェック、リンク上に物理的なエラーが存在しないかどうか、すべてのトラフィックが正常で有効であることの確認など)を確認または実行している場合は、アプリケーションによって送信されるユニットのサイズを縮小することで、この問題を改善できる場合があります。



ソフトウェアの問題

「異常」としか思われない動作がある場合は、その動作を特定のボックスに切り離して、ここまでに記載されている推奨事項をすべて試してみます。そうすることで、その動作の原因がソフトウェアの問題なのか、ハードウェアの問題なのかを判断できます。通常、ハードウェアをアップグレードするよりも、ソフトウェアをアップグレードする方が簡単です。まず最初にソフトウェアを変えてみてください。

CatOS の場合は、ソフトウェアの現在のバージョンとアップグレードに使用できるフラッシュ メモリの空き容量を確認するには、show version コマンドを使用します。

Switch> (enable) sh ver
WS-C6006 Software, Version NmpSW: 6.3(3)
Copyright (c) 1995-2001 by Cisco Systems
NMP S/W compiled on Oct 29 2001, 16:50:33
System Bootstrap Version: 5.3(1)
Hardware Version: 2.0  Model: WS-C6006  Serial #: TBA04251336
PS1  Module: WS-CAC-1300W    Serial #: SON04201377
PS2  Module: WS-CAC-1300W    Serial #: SON04201383
Mod Port Model               Serial #    Versions
--- ---- ------------------- ----------- --------------------------------------
1   2    WS-X6K-SUP1A-2GE    SAD041901PP Hw : 3.6
                                         Fw : 5.3(1)
                                         Fw1: 5.4(2)
                                         Sw : 6.3(3)
                                         Sw1: 6.3(3)
         WS-F6K-PFC          SAD041803S3 Hw : 2.0
!--- 出力を省略。
       DRAM                    FLASH                   NVRAM
Module Total   Used    Free    Total   Used    Free    Total Used  Free
------ ------- ------- ------- ------- ------- ------- ----- ----- -----
1       65408K  47274K  18134K  16384K  14009K   2375K  512K  308K  204K
!--- 典型的な CatOS の show version コマンド出力です。
!--- アップグレードする前にメモリの空き容量を確認します。
Uptime is 32 days, 4 hours, 44 minutes
Console> (enable)

Cisco IOS の場合は、ソフトウェアの現在のバージョンを確認するには、show version コマンドを使用します。このとき、アップグレードに必要なフラッシュメモリの空き容量を確認するための dir flash: または dir bootflash: コマンド(プラットフォームによって異なる)も一緒に使用します。

Router#sh ver
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) Catalyst 4000 L3 Switch Software (cat4000-IS-M), Version 12.1(13)EW, EA
RLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
TAC Support: http://www.cisco.com/tac
Copyright (c) 1986-2002 by cisco Systems, Inc.
Compiled Fri 20-Dec-02 13:52 by eaarmas
Image text-base: 0x00000000, data-base: 0x00E638AC
ROM: 12.1(12r)EW
Dagobah Revision 71, Swamp Revision 24
trunk-4500 uptime is 2 weeks, 2 days, 6 hours, 27 minutes
System returned to ROM by redundancy reset
System image file is "bootflash:cat4000-is-mz.121-13.EW.bin"
!--- 典型的な Cisco IOS の show version コマンド出力です。

Router#dir bootflash:
Directory of bootflash:/
1  -rw-     8620144   Mar 22 2002 08:26:21  cat4000-is-mz.121-13.EW.bin
61341696 bytes total (52721424 bytes free)
!--- Cisco IOS が稼動するスイッチ上の利用可能なフラッシュ メモリを確認します。
Router

ソフトウェアのアップグレード方法

Catalyst スイッチのアップグレードに関する情報については、使用しているプラットフォームを「LAN & ATM Switches」の下から選択して、「Software Configuration」の中の「Software Upgrade and Working With Configuration Files」のセクションを参照してください。

ハードウェアとソフトウェアの非互換性

ソフトウェアとハードウェアに互換性がない場合があります。この問題は、新しいハードウェアが登場したときに、そのハードウェアに対して、ソフトウェアによる特殊なサポートが必要な場合に起こります。ソフトウェアの互換性の詳細について参照するには、Software Advisor ツールを使用してください。

ソフトウェアの不具合

オペレーティング システムに不具合がある場合もあります。この場合、より新しいソフトウェアのバージョンをロードすると、不具合を修正できる場合が多々あります。Software Bug Toolkit を使用して、既知のソフトウェアの不具合を検索することができます。

イメージの破損

イメージが破損または欠損している場合があります。破損したイメージの回復方法の詳細については、使用しているプラットフォームを「LAN & ATM Switches」の下から選択して、「Troubleshooting」の中の「Recovery from Corrupted or Missing Software」のセクションを参照してください。



ハードウェアの問題

CatOS または Cisco IOS が稼働する Catalyst 6000 および 4000 シリーズ スイッチに対する、show module コマンドの出力を確認します。

Switch> (enable) sh mod
Mod Slot Ports Module-Type               Model               Sub
Status
--- ---- ----- ------------------------- ------------------- -----------
1   1    2     1000BaseX Supervisor      WS-X6K-S2U-MSFC2    yes ok
15  1    1     Multilayer Switch Feature WS-F6K-MSFC2        no  ok
3   3    8     1000BaseX Ethernet        WS-X6408A-GBIC      no  faulty
5   5    48    10/100BaseTX Ethernet     WS-X6348-RJ-45      no  faulty
!--- 「faulty」ステータスは、ハードウェアに問題がある可能性を示しています。
!--- これはラインカードの問題ですが、2 つのモジュールが影響を受けているため、
!--- スーパーバイザに問題があると考えられます。
!--- reset コマンド(CatOS)または hw-module{mod}reset コマンド(Cisco IOS)を使用するか、
!--- モジュールおよびスーパーバイザを物理的に再装着します。
!--- また、スーパーバイザをスロット 2 に移動してみます。

スイッチの POST の結果で、スイッチのいずれかの部分に関して障害が示されていないか確認します。モジュールまたはポートのテストが失敗すると、テスト結果として「F」が表示されます。

CatOS の場合は、すべてのテスト結果を見るには、show test コマンドを使用します。モジュールごとのテスト結果を見るには、show test {mod} コマンドを使用します。

Switch> (enable) sh test 3
Diagnostic mode: complete   (mode at next reset: minimal)
!--- diaglevel が、時間を長くかける全般的なテストを示す complete に設定されています。
!--- CatOS でこの設定を行うには、set test diaglevel complete コマンドを使用します。
Module 3 : 16-port 1000BaseX EthernetLine Card Status for Module 3 : PASS
Port Status :
 Ports 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 11 12 13 14 15 16
 -----------------------------------------------------
       .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .
GBIC Status :
 Ports 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 11 12 13 14 15 16
 -----------------------------------------------------
       .  .  .  .  .  N  .  .  .  .  .  .  .  .  N  N
Line Card Diag Status for Module 3  (. = Pass, F = Fail, N = N/A)
Loopback Status [Reported by Module 1] :
 Ports 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 11 12 13 14 15 16
 -----------------------------------------------------
       F  F  F  F  F  F  F  F  F  F  F  F  F  F  F  F
!--- ループバック テストの失敗は、ポートが現在使用できないことを意味します。
!--- reset {mod} コマンドを使用するか、必要に応じてモジュールを物理的に
!--- 再装着して、この問題の修正を試みます。
!--- これらの手順が失敗した場合は、シスコのテクニカルサポートでサービス リクエストをオープンします。

Cat6000 や 4000 のようなモジュラ スイッチで稼働する Cisco IOS の場合は、show diagnostics コマンドを使用します。モジュールごとの POST 結果を見るには、show diagnostics module {mod} コマンドを使用します。

ecsj-6506-d2#sh diagnostic module 3
  Current Online Diagnostic Level = Minimal
  !--- 診断レベルが、短い分徹底さに欠けるテストである minimal に
  !--- 設定されています。
  !--- より詳細なテスト結果を入手するには、diagnostic level complete を設定します。
  Online Diagnostic Result for Module 3 : MINOR ERROR
  Online Diagnostic Level when Line Card came up = Minimal
  Test Results: (. = Pass, F = Fail, U = Unknown)
  1 . TestLoopback :
  Port  1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
  ----------------------------------------------------------------------------
        .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  F  F  F  F F  F
  !--- MINOR ERROR テストの結果とループバック テストの失敗に注意してください。
  !--- この結果は、これらのポートが現在使用できないことを示しています。
  !--- hw-module{mod}reset コマンドを使用するか、必要に応じてモジュールを物理的に
  !--- 再装着して、この問題の修正を試みます。
 
  !--- これらの手順が失敗した場合は、シスコのテクニカルサポートでサービス リクエストをオープンします。

注:Catalyst 3750、3550、2970、2950/2955 および 2900/3500XL シリーズ スイッチの場合は、show post コマンドを使用して、ハードウェア ステータスを「pass」または「fail」で簡単に示すことができます。これらのスイッチの LED を使用すると、POST の結果を理解するのに役立ちます。「POST 結果について」を参照してください。

CatOS および Cisco IOS が稼働する Catalyst スイッチのハードウェアに関する問題のトラブルシューティングについての詳細は、使用しているプラットフォームを「LAN and ATM Switches」サポート ページで選択して、「Troubleshooting」の中の「Hardware」のセクションを参照してください。

Field Notice に関連する問題については、LAN と ATM スイッチを対象にした Field Notice を参照してください。



レイヤ 2 スイッチポートに接続されたレイヤ 3 インターフェイスでの入力エラー

デフォルトでは、すべてのレイヤ 2 ポートは dynamic desirable モードになっており、レイヤ 2 ポートではトランクの形成を試行して、リモート デバイスに DTP パケットを送出します。レイヤ 3 インターフェイスはレイヤ 2 スイッチポートに接続されると、フレームの解釈ができず、その結果、入力エラー、WrongEncap エラー、入力キューの廃棄が発生します。

これを解決するには、要件に応じて、スイッチのモードを static accesstrunk に切り替えます。

Switch2(config)#int fa1/0/12
Switch2(config-if)#switchport mode access

または

Switch2(config)#int fa1/0/12
Switch2(config-if)#switchport trunk encapsulation dot1q

Switch2(config-if)#switchport mode trunk


Rx-No-Pkt-Buff カウンタと入力エラーの急速な増加

WS-X4448-GB-RJ45、WS-X4548-GB-RJ45、WS-X4548-GB-RJ45V のようなブレードがあると、ポートで Rx-No-Pkt-Buff カウンタが増加する場合があります。さらに、一部のパケット廃棄の増加は通常の状態であり、バースト トラフィックによるものです。

特に、リンクを通過するトラフィックが多かったり、インターフェイスにサーバのようなデバイスが接続されていると、このタイプのエラーは急激に増加します。このトラフィックの高負荷によりポートがオーバーサブスクラブの状態になり、入力バッファが使い果たされて、Rx-No-Pkt-Buff カウンタと入力エラーが急激に増加します。

スイッチがアウトオブパケット バッファになったためにパケットを完全には受信できなくなると、このカウンタは各廃棄パケットに対して 1 回増加されます。このカウンタは、スーパーバイザ上のスイッチング ASIC の内部状態を示すもので、必ずしもエラー状態を示しているわけではありません。

ポーズ(Pause)フレーム

ポートの受信側(Rx)で Rx FIFO キューがいっぱいになり、高水準点に達すると、そのポートの送信側(Tx)ではインターバル値が指定されたポーズ フレームが生成され始めます。リモート デバイスでは、ポーズ フレームに指定されたインターバルに従って、パケットの転送を停止したり、削減することになります。

Rx で Rx キューのクリアか、インターバル内での低水準点への到達が可能な場合は、Tx から、インターバルをゼロ(0x0)に指定する特殊なポーズ フレームが送出されます。これにより、リモート デバイスではパケットの転送を開始できるようになります。

Rx でキューの操作が続いている場合は、インターバルの時間が経過すると、Tx からは、再度、新しいインターバル値を指定する新しいポーズ フレームが送出されます。

Rx-No-Pkt-Buff がゼロであるか、増加しておらず、さらに TxPauseFrames カウンタが増加している場合、スイッチでポーズ フレームが生成され、リモート エンドがこれに従っていることを示しています。これにより、Rx FIFO キューは空きができます。

Rx-No-Pkt-Buff が増加して、TxPauseFrames も増加している場合、リモート エンドでポーズ フレームが無視されていて(フロー制御がサポートされておらず)、ポーズ フレームにもかかわらずトラフィックが送信され続けていることを示しています。この状況を克服するには、フロー制御をディセーブルにするだけでなく、手動でスピードとデュプレックスを設定します。

インターフェイスでのこのタイプのエラーは、ポートがオーバーサブスクライブされたことによるトラフィックの問題に関連するものです。WS-X4448-GB-RJ45、WS-X4548-GB-RJ45、WS-X4548-GB-RJ45V スイッチング モジュールには 48 のオーバーサブスクライブされたポートがあり、次のように各 8 ポートの 6 グループに分けられています。

  • Ports 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8

  • Ports 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16

  • Ports 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24

  • Ports 25, 26, 27, 28, 29, 30, 31, 32

  • Ports 33, 34, 35, 36, 37, 38, 39, 40

  • Ports 41, 42, 43, 44, 45, 46, 47, 48

各グループ内の 8 つのポートでは共通回路が使用され、グループは内部スイッチ ファブリックへの単一のノンブロッキング全二重方式ギガビット イーサネット接続として効率的に多重化されます。8 ポートのグループごとに、受信フレームがバッファに保管され、共通のギガビット イーサネット リンクを通じて内部ファブリックに送信されます。ポートの受信データ量がバッファ容量を超え始めると、フロー制御によってリモート ポートにポーズ フレームが送信され、一時的にトラフィックを中断して、フレーム損失が生じないようにされます。

グループの受信フレームが 1 Gbps の帯域幅を超えると、フレームが廃棄され始めます。このような廃棄は実際のインターフェイスではなく内部 ASIC で発生するので、わかりにくくなっています。これにより、デバイスでのパケットのスループットの低下が発生する可能性があります。

Rx-No-Pkt-Buff は、全体的なトラフィック レートにより左右されるものではありません。このカウンタは、モジュール上の ASIC の Rx FIFO バッファに保存されるパケットの総量に依存しています。このバッファのサイズは、16 KB に過ぎません。これは、パケットがバッファに入った際に、短時間のバースト トラフィック フローでカウントされます。このため、WS-X4548-GB-RJ45 が 8:1 オーバーサブスクライブド モジュールになってからは、各ポートでの Rx-No-Pkt-Buff は、この ASIC ポート グループのトラフィック総量が 1 Gbps を超過した際にカウントされる可能性があります。

インターフェイスを介して大量のトラフィックを搬送する必要のあるデバイスを使用している場合は、各グループでポートを 1 つ使用することを検討してください。このようにすると、単一のグループを共有する共通回路が、このトラフィック量の影響を受けることはありません。ギガビット イーサネット スイッチング モジュールがフルに使用されていない場合、ポート グルーピングに対してバランシング ポート接続を行うことにより、使用可能な帯域幅を最大にすることができます。たとえば、WS-X4448-GB-RJ45 10/100/1000 スイッチング モジュールでは、ポート 1、2、3、4、5、6、7、8 などの同じグループからポートを接続する前に、ポート 4、12、20、30(順不同)などの別のグループからポートを接続できます。

これで問題を解決できない場合は、モジュールにはポートのオーバーサブスクリプション(加入過多)はないものと見なす必要があります。



スイッチとルータ間でのトランキング

スイッチとルータ間のトランク リンクにより、スイッチポートがダウンになる場合があります。スイッチポートをいったんディセーブルにしてからイネーブルにすると、アップにできますが、結果的には、スイッチポートは再度ダウンになる可能性があります。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. スイッチとルータ間で Cisco Discovery Protocol(CDP)が実行されていて、スイッチとルータがどちらもお互いを認識できることを確認します。

  2. ルータのインターフェイスでキープアライブをディセーブルにします。

  3. 両方のデバイスで、トランク カプセル化を再設定します。

キープアライブがディセーブルにされると、CDP により、リンクが正常に動作できるようになります。



オーバーサブスクリプション(加入過多)による接続性の問題

WS-X6548-GE-TX モジュールか WS-X6148-GE-TX モジュールを使用している場合、個々のポートの使用率により、周囲のインターフェイスで接続性の問題やパケットの喪失が発生する可能性があります。オーバーサブスクリプション(加入過多)についての詳細は、インターフェイスやモジュールの接続性の問題について記述された項目を参照してください。



SPA モジュールのサブインターフェイス

SPA モジュールでは、802.1Q にサブインターフェイスを作成した後では、スイッチ上で同じ VLAN を使用できません。6500 または 7600 では、VLAN を内部的に割り当てており、そのサブインターフェイスをただ 1 つのメンバにしているため、カプセル化 dot1q を作成した後では、 システムで VLAN を使用できなくなります。

この問題を解決するには、サブインターフェイスではなくトランク ポートを作成します。その方法では、すべてのインターフェイスで VLAN が認識されます。



rxTotalDrops のトラブルシューティング

他のすべてのカウンタがゼロで、エラーを報告しているただ 1 つのエラー カウンタが rxTotalDrops というときには、原因として最も可能性が高いのは、アップリンク ポートでスパニング ツリーが 1 つまたは複数の VLAN をブロックしており、Color Blocking Logic(CBL)がドロップしている場合です。

6509> (enable) show counters 1/2
64 bit counters
0  rxHCTotalPkts                      =          32513986812
1  txHCTotalPkts                      =          29657802587
2  rxHCUnicastPkts                    =          18033363526
3  txHCUnicastPkts                    =          29498347453
4  rxHCMulticastPkts                  =          13469995420
5  txHCMulticastPkts                  =             21719352
6  rxHCBroadcastPkts                  =            757199011
7  txHCBroadcastPkts                  =            137735782
8  rxHCOctets                         =       25149393527621
9  txHCOctets                         =       23336028193116
10 rxTxHCPkts64Octets                 =               387871
11 rxTxHCPkts65to127Octets            =          13704213656
12 rxTxHCPkts128to255Octets           =          16915931224
13 rxTxHCPkts256to511Octets           =           1068961475
14 rxTxHCpkts512to1023Octets          =           1945427146
15 rxTxHCpkts1024to1518Octets         =          11340361825
16 txHCTrunkFrames                    =          29657506751
17 rxHCTrunkFrames                    =          32513986812
18 rxHCDropEvents                     =                    0

32 bit counters
0  rxCRCAlignErrors                   =          0
1  rxUndersizedPkts                   =          0
2  rxOversizedPkts                    =          0
3  rxFragmentPkts                     =          0
4  rxJabbers                          =          0
5  txCollisions                       =          0
6  ifInErrors                         =          0
7  ifOutErrors                        =          0
8  ifInDiscards                       =          0
9  ifInUnknownProtos                  =          0
10 ifOutDiscards                      =         98
11 txDelayExceededDiscards            =          0
12 txCRC                              =          0
13 linkChange                         =          1
14 wrongEncapFrames                   =          0
0  dot3StatsAlignmentErrors           =          0
1  dot3StatsFCSErrors                 =          0
2  dot3StatsSingleColFrames           =          0
3  dot3StatsMultiColFrames            =          0
4  dot3StatsSQETestErrors             =          0
5  dot3StatsDeferredTransmisions      =          0
6  dot3StatsLateCollisions            =          0
7  dot3StatsExcessiveCollisions       =          0
8  dot3StatsInternalMacTransmitErrors =          0
9  dot3StatsCarrierSenseErrors        =          0
10 dot3StatsFrameTooLongs             =          0
11 dot3StatsInternalMacReceiveErrors  =          0
12 dot3StatsSymbolErrors              =          0
0  txPause                            =          0
1  rxPause                            =          0
0  rxTotalDrops                       =  253428855
1  rxFIFOFull                         =          0
2  rxBadCode                          =          0
Last-Time-Cleared
--------------------------
Sat Oct 27 2007, 08:24:35
6509> (enable)

一方の側でポートが VLAN をブロックしたとき、リモート側がそれらの VLAN を転送し、インターフェイスの rxTotalDrops カウンタが増加します。

リンク両端のトランクで許可されている VLAN と比較します。また、これらの両端で許可されている VLAN のスパニング ツリーの状態を確認します。アクティブに設定された VLAN 上では依然として BPDU が送信されるため、スイッチ A では、設定済みのすべての転送ポートに BPDU が送信されます。しかし、スイッチ Bでは、そのような VLAN 設定は行われていないため BPDU はドロップされます。つまりスイッチ B は、設定されていない VLAN のパケットを受信することになるので、当然それらをドロップします。これは実際にはエラーではなく、単なる設定ミスです。




関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報




Document ID: 12027