IP : IP ルーティング

BGP ピア グループ

2005 年 8 月 10 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2008 年 10 月 30 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
BGP ピア グループ
      ピア グループの要件
      ピア グループの制限
      ピア グループの使用方法
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

このドキュメントでは、Border Gateway Protocol(BGP; ボーダー ゲートウェイ プロトコル)でのピア グループの使用に関する要件、制限、および利点について説明します。

BGP ピア グループを指定する主な利点は、アップデート生成で使用されるシステム リソース(CPU およびメモリ)量が削減されることです。また、BGP の設定も簡単になります。 ルーティング テーブルのチェックが一度だけになるためシステム リソースの負荷が軽減され、アップデートはピア グループ内の各ピアに対してではなく、ピア グループの全メンバに対して複製されるようになります。 ピア グループ メンバの数、テーブル内のプレフィクスの数、アドバタイズされるプレフィクスの数によっては、負荷が大幅に軽減される可能性があります。 同一の発信アナウンスメント ポリシーのピアをグループ化することを推奨します。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • このドキュメントを読むには、BGP をよく理解している必要があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、Cisco IOS(R) ソフトウェアのリリース 11.0 以降でサポートされている BGP ピア グループに基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されています。このドキュメント内で使用されているデバイスはすべて、クリアな状態(デフォルト)から設定作業を始めています。対象のネットワークが実稼動中である場合には、すべてのコマンドによる潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

BGP ピア グループ

「BGP ピア グループ」にグループ化できるのは、同一の発信ポリシーを共有する BGP ネイバーです。 ピア グループを使用すると、各ネイバーに同一のポリシーを個別に設定する代わりに、個々のピアに適用できるポリシーをグループ化して、アップデート計算を効率的にすることができ、さらに設定も簡略化されます。

ピア グループの要件

ピア グループには次のような要件があります。

  • 1 つのピア グループのすべてのメンバがピア単位で扱われる default-originate を除いて、同一の発信アナウンスメント ポリシー(distribute-list、filter-list、route-map など)を共有する必要があります。

  • 着信アップデート ポリシーは、ピア グループのメンバごとにカスタマイズできます。

  • ピア グループは内部(内部 BGP(iBGP)メンバ)または、外部(外部 BGP(eBGP)メンバ)のいずれかである必要があります。 外部ピア グループのメンバには異なる Autonomous System(AS; 自律システム)番号が割り当てられています。

ピア グループの制限

Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.1(18)CC よりも前のリリースでは、この制限がありました。 次のルールに準拠していない場合、ルーティングが不安定になる可能性があります。

  • ルート リフレクタのクライアントにピア グループを使用している場合、すべてのクライアントがフル メッシュ構造になっている必要があります。

  • eBGP ピア グループを使用している場合、ピア グループ メンバ間でのトランジットは提供されません。

  • 非接続のネクストホップ アナウンスメントを避けるためには、すべての eBGP ピア グループ メンバが同一のサブネットに属している必要があります。

IOS リリース 11.1(18)CC、11.3(4)、および 12.0 以降では、上記の制限は解消されています。 ピア グループが定義されているルータだけを、この新規コードにアップグレードする必要があります。

ピア グループの使用方法

通常、1 台のルータ上の複数の BGP ピアを、発信アップデート ポリシーに基づいたピア グループにグループ化できます。 ISP で一般的に使用されるピア グループには次のものがあります。

  • 通常の iBGP ピアのための通常の iBGP ピア グループ。

  • ルート リフレクタでのリフレクション ピアのための iBGP クライアント ピア グループ。

  • フル インターネット ルートを受信するピアのための eBGP フルルート。

  • ISP の直接のカスタマーからのルートだけを受信するピアのための eBGP カスタマールート。 (一部のメンバを default-originate で設定すると、カスタマー ルートの他にデフォルト ルートも受信できます。)

  • デフォルト ルートを受信するピアのための eBGP デフォルトルート、および他の少数のルート。

BGP ピア グループの設定例の詳細は『BGP の設定』を参照してください。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13755