スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

スーパーバイザ エンジンの PC カードから Catalyst 6500/6000 MSFC をブートする設定例

2005 年 9 月 1 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2005 年 9 月 1 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
背景説明
設定
      タスク
      手順説明
トラブルシューティング
      誤設定されたブート文 - 問題とソリューション
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

このドキュメントでは、スーパーバイザ エンジンで Catalyst OS(CatOS)ソフトウェアが稼動していて、Multilayer Switch Feature Card (MSFC; マルチレイヤ スイッチ フィーチャ カード)で Cisco IOS(R) ソフトウェアが稼動している Cisco Catalyst 6500/6000 について説明します。MSFC は、スーパーバイザ エンジンの PC カード(PC Memory Card International Association [PCMCIA] カード)slot0 から起動できます。このドキュメントでは、この起動プロセスについて、一般的な問題、トラブルシューティング手順、およびソリューションとともに説明します。 

前提条件

要件

この設定を開始する前に、次の要件が満たされていることを確認してください。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアおよびハードウェアのバージョンには限定されるものではありません。

表記法

このドキュメント内で使用されている用語「MSFC」は、MSFC、MSFC2、および MSFC3 を指しており、これらすべてに適用されます。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

MSFC フラッシュの制約により、スーパーバイザ エンジンの PC カードから MSFC を起動する必要がある場合があります。新しい MSFC Cisco IOS ソフトウェア イメージには、一部の MSFC のブート フラッシュで使用可能なフラッシュ容量を超えるものがあります。第一世代の MSFC には、16 MB のブートフラッシュが搭載されていますが、これはアップグレードできません。この制限は、第一世代の MSFC だけに該当するもので、MSFC2 や MSFC3 には該当しません。16 MB のブートフラッシュが搭載された一部の MSFC2 では、32 MB にアップグレードできます。

スーパーバイザ エンジンの PC カードからの MSFC ブート機能により、複数の Catalyst 6500/6000 スイッチ間で PC カードを移動して、必要に応じてブートする融通性が提供されます。

スーパーバイザ エンジンの slot0 からブートするように MSFC を設定すると、MSFC ではブート時に次の手順が実行されます。

  1. ブート変数を読み込みます。

  2. スーパーバイザ エンジンへの TFTP セッションを開始します。

  3. フラッシュ メモリではなく、イメージのローディング元になる MSFC DRAM にイメージをダウンロードします。

設定

タスク

このセクションでは、このドキュメントで説明する機能を設定するための情報を提供します。

手順説明

slot0 から MSFC をブートするためには、次の手順をすべて実行します。

  1. Telnet またはコンソールを介して、MSFC スーパーバイザ エンジンにアクセスします。

  2. スーパーバイザ エンジンのプロンプトで、MSFC のシステム イメージを slot0: にコピーします。

    次に例を示します。

    Console> (enable) copy tftp slot0:
     IP address or name of remote host []? 10.10.10.10
     Name of file to copy from []? c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1.bin
     16383872 bytes available on device slot0, proceed (y/n) [n]? y
     CC
     
     !--- 出力を省略
     
     CCCCCCCCCC
     File has been copied successfully.

    注:このコマンドおよびこのフラッシュ デバイスを参照するコマンドでは、slot0 の直後に必ずコロンを挿入してください。コロンは、参照されたストリングがフラッシュ デバイスであり、ファイル名やコマンドではないことを示します。

  3. ファイルの場所とステータスを確認します。

    Console> (enable) dir slot0:
     -#- -length- -----date/time------ name
     1 14164760 Jun 01 2005 18:00:38 c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1.bin
     2219112 bytes available (14164888 bytes used)
  4. MSFC にアクセスするために switch console コマンドを発行します。

    session 15 | 16 コマンドを発行して MSFC にアクセスすることも可能です。switch console コマンドが推奨されますが、この場合、スーパーバイザ エンジンの物理的なコンソール接続が必要になります。session コマンドと switch console コマンドの違いについての詳細は、このドキュメント内の「トラブルシューティング」のセクションを参照してください。

    Console> (enable) switch console
     Trying Router-15...
     Connected to Router-15.
     Type ^C^C^C to switch back...
     MSFC(boot)>
  5. MSFC の MSFC ブートフラッシュ内に有効なブート イメージがあることを確認します。

    注:slot0 でのブートでは、有効なブート イメージが要件となります。さらに、このブート イメージが、スーパーバイザ エンジンのブートフラッシュではなく、MSFC のブートフラッシュ内にあることが必要です。

    MSFC(boot)# dir bootflash: 
     Directory of bootflash:/
     2 -rw- 1860944 Jun 01 2005 18:25:47 c6msfc2-boot-mz.121-26.E1
     31981568 bytes total (28300176 bytes free)
     
     !--- MSFC のブートフラッシュ内に有効なイメージがない場合は、
     !--- copy tftp bootflash:コマンドを 発行して
     !--- 適切なイメージをダウンロードします。
     
     
  6. ブート システム変数とブート ローダ変数を設定して、その設定を保存します。

    MSFC(boot)# configure terminal
     Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
     MSFC(boot)(config)# boot bootldr bootflash:c6msfc2-boot-mz.121-26.E1
     MSFC(boot)(config)# boot system flash sup-slot0:c6msfc2-jsv-mz.121-19.E1.bin
     MSFC(boot)(config)# end
     MSFC(boot)# copy running-config startup-config
     Destination filename [startup-config]? 
     Building configuration...
     [OK]
     MSFC(boot)#

    注:sup-slot0: はスーパーバイザ エンジン slot0 を示しています。これが、MSFC の視点での適切なフラッシュの場所の参照になります。

    注:Cisco IOS ソフトウェアが稼動している Catalyst 6500/6000 スイッチでは、このフラッシュ デバイスは slot0: と参照されます。

  7. MSFC のコンフィギュレーション レジスタの割り当てが正しいことを確認します。

    通常、コンフィギュレーション レジスタの値は、0x2102 に設定されます。

    MSFC(boot)# show boot
     BOOT variable = sup-slot0:c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1.bin,1
     CONFIG_FILE variable does not exist
     BOOTLDR variable = bootflash:c6msfc2-boot-mz.121-26.E1
     Configuration register is 0x0

    この例では、コンフィギュレーション レジスタに誤りがあります。次のように、値を訂正してください。

    MSFC(boot)# configure terminal
     Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
     MSFC(boot)(config)# config
     MSFC(boot)(config)# config-register 0x2102
     MSFC(boot)(config)# end
     MSFC(boot)# copy running-config startup-config
     Destination filename [startup-config]? 
     Building configuration...
     [OK]
     MSFC(boot)# show boot
     BOOT variable = sup-slot0:c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1.bin,1
     CONFIG_FILE variable does not exist
     BOOTLDR variable = bootflash:c6msfc2-boot-mz.121-26.E1
     Configuration register is 0x0 (will be 0x2102 at next reload)
  8. slot0 からイメージをブートするために MSFC をリロードします。

    • 最初に、session 15 | 16 コマンドで MSFC にアクセスしていた場合は、MSFC をリロードすると、スーパーバイザ エンジンにプロンプトが戻されます。

      MSFC(boot)# reload
       Proceed with reload? [confirm]
       Console> (enable) 
    • 最初に、switch console コマンドで MSFC にアクセスしていた場合は、MSFC のブート プロセスすべてが表示されます。

      MSFC(boot)# reload
       Proceed with reload? [confirm]
       00:05:06: %SYS-5-RELOAD: Reload requested
       System Bootstrap, Version 12.1(11r)E1, RELEASE SOFTWARE (fc1)
       TAC Support: http://www.cisco.com/tac
       Copyright (c) 2002 by cisco Systems, Inc.
       Cat6k-MSFC2 platform with 262144 Kbytes of main memory
       Self decompressing the image : ####
       
       !--- 出力を省略
       
       ####### [OK]
       RP: Currently running ROMMON from S (Gold) region
       Loading slot0:c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1.bin ....from 127.0.0.11 (via 
        EOBC0/0): !!!!!!!!
       
       !--- 出力を省略
       
       !!!!!
       [OK - 14164760 bytes]
       Self decompressing the image : ###############################
       
       !--- 出力を省略
       
       ################# [OK]
       Restricted Rights Legend
       Use, duplication, or disclosure by the Government is
       subject to restrictions as set forth in subparagraph
       (c) of the Commercial Computer Software - Restricted
       Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
       (c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
       Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.
       cisco Systems, Inc.
       170 West Tasman Drive
       San Jose, California 95134-1706
       Cisco Internetwork Operating System Software 
       IOS (tm) MSFC2 Software (C6MSFC2-DSV-M), Version 12.1(26)E1, RELEASE 
        SOFTWARE (fc2)
       Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
       Copyright (c) 1986-2005 by cisco Systems, Inc.
       Compiled Wed 23-Mar-05 04:56 by ccai
       Image text-base: 0x40008F90, data-base: 0x41AB8000
       cisco MSFC2 (R7000) processor with 229376K/32768K bytes of memory.
       Processor board ID SAL06365VEW
       R7000 CPU at 300Mhz, Implementation 39, Rev 3.3, 256KB L2, 1024KB L3 Cache
       Last reset from power-on
       Bridging software.
       X.25 software, Version 3.0.0.
       509K bytes of non-volatile configuration memory.
       32768K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 512K).
       Press RETURN to get started!

トラブルシューティング

状況によっては、スーパーバイザ エンジンの slot0 からの MSFC のブートが失敗する可能性があります。通常、スーパーバイザ エンジンの slot0 からのブート障害の原因は、ブート変数の誤設定か、Cisco IOS ソフトウェアの不具合です。

スーパーバイザ エンジンの slot0 からの MSFC のブートが失敗する場合は、Telnet や Secure Shell Protocol(SSH; セキュア シェル)ではなく、コンソールから MSFC のスーパーバイザ エンジンにアクセスする必要があります。switch console コマンドを発行して MSFC にアクセスできるのは、コンソールを使用したときだけです。MSFC が使用できない状態では、session 15 | 16 コマンドが動作しない可能性が高くなります。MSFC が使用できないのは、MSFC がブートに失敗するか、MSFC でブート ループが発生している場合です。

session コマンドにより、スーパーバイザ エンジンから MSFC のループバック アドレスへの Telnet セッションが開始されます。MSFC が完全にブートされている状態ではない場合、MSFC ではこの Telnet セッションが受け付けられない可能性があります。

switch console コマンドにより、スーパーバイザ エンジンから MSFC へのコンソール接続が再ルーティングされます。そのためには、物理的なコンソール アクセスが必要となります。switch console コマンドを使用すると、稼動状態にかかわらず MSFC にアクセスできます。

switch console コマンドを使用して MSFC にアクセスした後、Enter キーを数回押して、数秒間出力を確認します。多くの場合、次のいずれかの出力が表示されます。

  • MSFC により存在しないイメージのロードが繰り返される場合、ブート文が誤設定されていることを示しています。

  • MSFC は rommon> プロンプト状態になっています。

MSFC でブート ループが発生している場合は、rommon> プロンプトが表示されるまで、コンソールにブレーク シーケンスを送ります。たとえば、Microsoft HyperTerminal では、Ctrl-Break を押してください。

設定されたブート変数を調べるには、rommon> プロンプトで set コマンドを発行します。

rommon 1 > set
 PS1=rommon ! > 
 CRASHINFO=bootflash:crashinfo_20050429-052218
 ?=0
 BOOTLDR=bootflash:c6msfc2-boot-mz.121-26.E1
 SLOTCACHE=
 RET_2_RUTC=1117650971
 BOOT=sup-slot0:c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1.bin,1
 BSI=0
 RET_2_RTS=19:07:17 UTC Wed Jun 1 2005
 RET_2_RCALTS=1117652837

ファイル名の BOOT= 値と BOOTLDR= 値が、参照されたフラッシュの場所に表示されているのとまったく同一に表示されることを確認します。 これらの値では大文字と小文字が区別されます。これらの値の設定に誤りがある場合は、MSFC を手動でブートして、グローバル設定によってブート変数を訂正します。この時点で誤ったステートメントを必ず削除してください。

手動ブート コマンドの例を次に示します。

rommon> boot sup-slot0:c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1.bin
 

誤設定されたブート文 - 問題とソリューション

問題

次は正しいブート文です。

 boot system flash sup-slot0:c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1.bin
 

このセクションの例では、誤った文を作成するために、ブート文の最後の.bin を削除します。

 boot system flash sup-slot0:c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1
 

次に例を示します。

Console> (enable) dir slot0:
 -#- -length- -----date/time------ name
 1 14164760 Jun 01 2005 18:00:38 c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1.bin
 2219112 bytes available (14164888 bytes used)
 Console> (enable) switch console
 Trying Router-15...
 Connected to Router-15.
 Type ^C^C^C to switch back...
 MSFC(boot)# configure terminal
 Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z.
 MSFC(boot)(config)# boot system flash sup-slot0:c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1
 MSFC(boot)(config)# end
 MSFC(boot)# copy running-config startup-config
 Building configuration...
 [OK]
 MSFC(boot)# show boot
 BOOT variable = sup-slot0:c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1,1
 CONFIG_FILE variable does not exist
 BOOTLDR variable = bootflash:c6msfc2-boot-mz.121-26.E1
 Configuration register is 0x2102
 MSFC(boot)# reload
 Proceed with reload? [confirm]
 00:04:56: %SYS-5-RELOAD: Reload requested
 System Bootstrap, Version 12.1(11r)E1, RELEASE SOFTWARE (fc1)
 TAC Support: http://www.cisco.com/tac
 Copyright (c) 2002 by cisco Systems, Inc.
 Cat6k-MSFC2 platform with 262144 Kbytes of main memory
 Self decompressing the image : ##################
 #### [OK]
 RP: Currently running ROMMON from S (Gold) region
 %Error opening sup-slot0:c6msfc2-dsv-mz.121-26.E1 (No such file or directory)Self 
 decompressing the image : #######################
 ####################################### [OK]
 
 !--- 出力を省略
 
 cisco MSFC2 (R7000) processor with 229376K/32768K bytes of memory.
 Processor board ID SAL06365VEW
 R7000 CPU at 300Mhz, Implementation 39, Rev 3.3, 256KB L2, 1024KB L3 Cache
 Last reset from power-on
 X.25 software, Version 3.0.0.
 509K bytes of non-volatile configuration memory.
 32768K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 512K).
 Press RETURN to get started!
 00:00:03: RP: Currently running ROMMON from S (Gold) region
 00:00:22: %SCP-5-ONLINE: Module online 
 MSFC(boot)>

この例では、MSFC が ROM モニタ(ROMmon)モードにならないか、またはブート ループが発生しています。MSFC はブート ヘルパー イメージのローディングに戻ります。これら 3 種類のいずれかの結果となります。この結果は、他の設定要素やコードのバージョンによって異なります。

コンフィギュレーション レジスタを含むブート設定すべてが正しい場合は、Cisco IOS ソフトウェアの不具合がブート失敗の原因である可能性が高くなります。スーパーバイザ エンジン slot0 からのイメージのロードが MSFC ブート ヘルパーに指示された場合、スーパーバイザ エンジンへの TFTP セッションを開始する役割はブート ヘルパー イメージが担います。MSFC ブート ヘルパーの例は、c6msfc2-boot-mz.121-26.E1 が MSFC ブート ヘルパーの例になります。一部の MSFC ブート ヘルパーでは、Cisco IOS ソフトウェアに不具合があり、このプロセスで誤動作が発生します。誤動作は、スーパーバイザ エンジン slot0 から大きなサイズのファイルをロードする際に最も多く発生します。

重要な不具合には、次のようなものがあります。

  • Cisco Bug ID CSCdt17684登録ユーザ専用) - Big image file copy from sup-slot0: to MSFC bootflash: fails.

  • Cisco Bug ID CSCdx86427登録ユーザ専用) - Cannot boot from sup-slot0: with images over approximately 13 MB.

ソリューション

ブート設定が正しいことを確認したら、既知の不具合が修正されている、現行バージョンの MSFC ブート Cisco IOS ソフトウェアにアップグレードします。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 65079