アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco LocalDirector 400 シリーズ

LocalDirector 4.1.1 でのコンテンツ ロード バランシングのトラブルシューティング

2005 年 1 月 17 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2013 年 8 月 21 日) | 英語版 (2006 年 1 月 31 日) | フィードバック

目次


概要

この文書では、Cisco LocalDirector 416(バージョン 4.1.1)で使用できるコンテンツ ロード バランシング機能のトラブルシューティングを行うための、設定例と追加コマンドについて説明します。

注:LocalDirector のコードの最新リリースでは、コンテンツ ロード バランシングに関するいくつかの問題が解決されています。 そのため、バージョン 4.2.4 以降を使用されることを強く推奨します。 詳細については、「ソフトウェア ダウンロード」(登録ユーザのみ)のページを参照してください。

一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことを、ご了承ください。

ハードウェアとソフトウェアのバージョン

この設定は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンを使用して作成およびテストされています。

Windows 2000 Server、Windows NT 4.0 Service Pack 4.0、および Windows 98 をクライアントとして用いた LocalDirector 416(バージョン 4.1.1)。

ネットワーク ダイアグラム

設定

クライアントの /index.htm ページに対する要求は、サーバ 172.18.124.205 または 172.18.124.207 に送信されます。 /rtp/local-director に関する Get 要求は、172.18.124.101 に送信されます。他のすべての要求は 172.18.124.206 に送信されます。

LocalDirector 416(バージョン 4.1.1)
 Current configuration:
syslog output 20.3 no syslog console enable password 000000000000000000000000000000 encrypted hostname 38-ld416 no shutdown ethernet 0 no shutdown ethernet 1 no shutdown ethernet 2 interface ethernet 0 auto interface ethernet 1 auto interface ethernet 2 auto mtu 0 1500 mtu 1 1500 mtu 2 1500 multiring all no secure 0 no secure 1 no secure 2 ping-allow 0 ping-allow 1 no ping-allow 2 ip address 172.18.124.209 255.255.255.0 route 0.0.0.0 0.0.0.0 172.18.124.1 1 arp timeout 30 no rip passive rip version 1 failover ip address 0.0.0.0 no failover failover hellotime 30 password cisco snmp-server enable traps snmp-server community public no snmp-server contact no snmp-server location no dns-boomerang enable content-rule nsteam depth 1024 "/index*.htm*" content-rule jahrule depth 1024 "/rtp/local-director/*" virtual 172.18.124.219:80:0:tcp:jahrule is virtual 172.18.124.219:80:0:tcp is virtual 172.18.124.219:80:0:tcp:nsteam is service 172.18.124.219:80:0:tcp clb-close real 172.18.124.205:80:0:tcp is real 172.18.124.101:80:0:tcp is real 172.18.124.206:80:0:tcp is real 172.18.124.207:80:0:tcp is bind 172.18.124.219:80:0:tcp:jahrule 172.18.124.101:80:0:tcp bind 172.18.124.219:80:0:tcp 172.18.124.206:80:0:tcp bind 172.18.124.219:80:0:tcp:nsteam 172.18.124.205:80:0:tcp bind 172.18.124.219:80:0:tcp:nsteam 172.18.124.207:80:0:tcp
end

show コマンドの出力例

show real

「実際の」サーバのステータスを確認します。
LocalDirector# show real 
 Real Machines:  
    
                                               No Answer  TCP Reset  DataIn

Machine        Connect  State Thresh Reassigns  Reassigns  Conns 172.18.124.205:80:0:tcp 0 IS 8 0 0 0 172.18.124.101:80:0:tcp 0 IS 8 0 0 0 172.18.124.206:80:0:tcp 0 IS 8 0 0 0 172.18.124.207:80:0:tcp 0 IS 8 0 0 0

show server

サービスの設定を確認します。

LocalDirector# show service 
  Virtual Machine(s)              Service
  172.18.124.219:80:0:tcp         clb-close
 

show rule

ルールを表示します。
  LocalDirector# show rule
Name Depth Content-String nsteam 1024 "/index*.htm*" jahrule 1024 "/rtp/local-director/*"
特定のルールを表示します。
 LocalDirector# show rule jahrule
   Name            Depth           Content-String
   jahrule         1024            "/rtp/local-director/*"
 

show bind

バインディングを確認します。
 LocalDirector# show bind
  Virtual Machine(s)                      Real Machines/Urls
  172.18.124.219:80:0:tcp:jahrule(IS)
  172.18.124.101:80:0:tcp (IS)
  172.18.124.219:80:0:tcp (IS)
  172.18.124.206:80:0:tcp (IS)
  172.18.124.219:80:0:tcp:nsteam(IS)
  172.18.124.205:80:0:tcp (IS)
  172.18.124.207:80:0:tcp (IS)
 

ルールの編集

  1. no bind コマンドを使用してアンバインドを行います。
  2. no-inservice コマンドを使用して、仮想サーバを無効にします。
  3. no virtual コマンドを使用して、仮想サーバを削除します。
  4. no rule コマンドを入力して、ルールを編集します。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 28847