Cisco IOS と NX-OS ソフトウェア : Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0 メインライン

ROMmon でのブート イメージを使用したアップグレード方法

2004 年 9 月 14 日 - ライター翻訳版
その他のバージョン: PDFpdf | 機械翻訳版 (2014 年 9 月 6 日) | 英語版 (2014 年 9 月 8 日) | フィードバック

目次

概要
前提条件
      要件
      使用するコンポーネント
      表記法
ブート イメージ(Rx-boot)とは何か
ブート イメージのロード
関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション
関連情報

概要

このページでは、ブート イメージの TFTP 機能を使って、ROM モニタ(ROMmon)プロンプトからルータをアップグレードする方法について説明します。

前提条件

要件

この文書に関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書は、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

文書表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ブート イメージ(Rx-boot)とは何か

ブート イメージとは、回復状況において、TFTP を使って主要な Cisco IOS(R) ソフトウェア イメージをルータにダウンロードするために使用される、Cisco IOS ソフトウェアのサブセットです。 ユーザは、Router(boot)# プロンプトで示されるコマンドライン インターフェイスを介して、このイメージを扱えます。 このイメージが ROM 内に格納されているプラットフォーム(Cisco 1600、2500)もあれば、ブートフラッシュに格納されているプラットフォーム(ハイエンド ルータ)もあります。 ご使用のプラットフォームによって、このイメージは xboot イメージ、rxboot イメージ、ブートストラップ イメージ、ブート ローダ、あるいはヘルパ イメージと呼ばれることがあります。

ブート イメージの機能は制限されています(たとえば、ブート イメージにはルーティング情報が含まれません)。

warning 警告:ブート モード中は、使用している設定を保存しないでください。ブート モードで設定を保存すると、設定の一部(ルーティング部など)が失われます。 

ブート イメージのロード

ルータに有効なブート イメージが含まれる場合は、このブート イメージを使用して、有効な Cisco IOS ソフトウェア イメージを TFTP によってフラッシュにダウンロードできます。 これには、次の手順を実行します。

  1. コンフィギュレーション レジスタを次のように設定することにより、ブート イメージをブートするようにコンフィギュレーション レジスタを変更します(設定方法はプロンプトによって異なります)。

    rommon 1 > confreg 0x2101
      or 
      > o/r 0x2101
      You must reset or power cycle for the new configuration to take effect. 
      
      !--- コンフィギュレーション レジスタ コマンドを入力した場合のルータ出力です。
      
      

    これで、ブート イメージをブートするようにコンフィギュレーション レジスタが変更されました。

  2. ルータをリセットすることにより、ブート イメージをブートします。

    rommon 2 > reset
      or
      > i
      

    System Bootstrap メッセージが表示され、ルータがブート イメージをブートします。 画面には次のように表示されます。

    System Bootstrap, Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
      Copyright (c) 1997 by cisco Systems, Inc.
      C1600 processor with 18432 Kbytes of main memory
      program load complete, entry point: 0x4018060, size: 0x1e1568
      Restricted Rights Legend  
      .
      . 
      
      !-- 出力を省略
      
      .
      .
      Router(boot)>
      

    これで、Router(boot)> のようなプロンプトが表示されます。

  3. ROMmon モードのままである場合は、ブート イメージが失われているか、または破損していることを意味します。 ルータのフラッシュまたはブートフラッシュに有効なイメージがなく、ROMmon からのアップグレード手順が他にない場合は、互換性のあるフラッシュ カードを搭載した同種のルータを用意し、このルータでイメージをダウンロードした後、フラッシュ カードを問題のルータに移す以外に復旧の方法はありません。

  4. フラッシュ カードの互換性情報については、『PCMCIA フラッシュカードのファイルシステム互換性対照表』をチェックしてください。

  5. ご使用のルータのイーサネット インターフェイス 0 をネットワークに接続します。そのネットワークを介して、TFTP サーバにアクセスできます。 ルータのイーサネット インターフェイスの IP アドレスを設定します。

    Router(boot)>enable 
      Router(boot)#configure terminal  
      Router(boot)(config)#interface ethernet 0  
      Router(boot)(config-if)#ip address 10.77.241.160 255.255.255.0     
      Router(boot)(config-if)#no shutdown
      
  6. ブート イメージを実行中のルータには、ルーティング機能はありません。 したがって、そのルータのデフォルト ゲートウェイを設定する必要があります。 ip default-gateway グローバル設定コマンドを実行し、このルータの適切なデフォルト ゲートウェイを設定します。 このゲートウェイは、現在のイーサネット 0 インターフェイスと同じサブネットに接続されているルータの IP アドレスをポイントしている必要があります。

    Router(boot)(config)#ip default-gateway 10.77.241.129
      
  7. TFTP サーバから Cisco IOS イメージをコピーする前に、ルータが TFTP サーバに接続されていることを確認します。

    Router(boot)#ping 10.77.233.94
      Type escape sequence to abort.
      Sending 5, 100-byte ICMP Echoes to 10.77.233.94, timeout is 2 seconds:
      .!!!!
      Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 4/4/4 ms
      Router(boot)# 
      
  8. TFTP サーバからルータのフラッシュ メモリに、Cisco IOS イメージをコピーします。

    Router(boot)#copy tftp flash 
      PCMCIA flash directory:
      No files in PCMCIA flash
      [0 bytes used, 16777216 available, 16777216 total]
      Address or name of remote host [255.255.255.255]? 10.77.233.94  
      !--- TFTP サーバの IP アドレスを入力します。
      
       
      Source file name? c1600-y-l.122-10d.bin
      
      !--- TFTP サーバからコピーする Cisco IOS イメージの
       
      
      !--- ファイル名です。
      
      Destination file name [c1600-y-l.122-10d.bin]?
      !-- [Enter] キーを押します。 
        
      Accessing file 'c1600-y-l.122-10d.bin' on 10.77.233.94...
      Loading c1600-y-l.122-10d.bin from 10.77.233.94 (via Ethernet0): 
      ! [OK]  Device needs erasure before copying new file
      Erase flash device before writing? [confirm]y 
      !--- [y] キーまたは [Enter] キーを押します。
      !---  クラス B フラッシュ ファイル システムでは、フラッシュ メモリに書き込む前に、フラッシュ メモリの
      !--- 既存の内容を消去するオプションがルータから提示されます。 フラッシュ メモリに空き領域がない場合、
      !--- またはフラッシュ メモリにファイルを書き込んだことがない場合には、
      !--- 新しいファイルをコピーする前に、消去作業が必要です。 フラッシュ メモリの空き領域が十分な場合にも、
      !--- フラッシュ メモリに書き込む前に、既存のフラッシュ メモリを消去するオプションが
      !--- ルータから提示されます。 ユーザには、このような状況が通知され、
      !--- 応答を求められます。
      !--- 「Erase flash before writing?」というプロンプトに「n」を入力すると、
      !--- コピー プロセスが継続します。  「y」を入力すると、消去が確認され、
      !--- 消去処理が開始されます。  消去プロンプトで「n」を押す前に、十分なフラッシュ メモリ領域があるか
      !--- 確認してください。
      
      Copy 'c1600-y-l.122-10d.bin' from server as 'c1600-y-l.122-10d.bin' into Flash 
      WITH erase? [yes/no]yes   
      
      !--- 「yes」を入力すると、フラッシュ内の全ファイルが消去されます。
      
      Erasing device... eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
      eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee  ...erased
      Loading c1600-y-l.122-10d.bin from 10.77.233.94 (via Ethernet0): !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
      !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
      !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
      !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
      !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
      !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
      !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
      !!!!!!!!!!!!!!!!!!
      [OK - 7220632/16777216 bytes]Verifying checksum...  OK (0x6526)
      Flash device copy took 00:05:57 [hh:mm:ss]
      Router(boot)# 
  9. 次のリロード時に新しくダウンロードした Cisco IOS イメージを使ってブートするように、ルータのコンフィギュレーション レジスタの値を 2102 に戻します。

    Router(boot)#configure terminal
      Router(boot)(config)#config-register 0x2102
      Router(boot)(config)#exit 
      Router(boot)# 
  10. reload コマンドを使って、ルータのリロードを実行します。

    Router(boot)#reload
      System configuration has been modified. Save? [yes/no]: no
        Building configuration...
        [OK]
        Proceed with reload? [confirm]
      !-- [Enter] キーを押します。
            
        %SYS-5-RELOAD: Reload requested 
        System Bootstrap, Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
        Copyright (c) 1997 by cisco Systems, Inc.
        C1600 processor with 18432 Kbytes of main memory 
        program load complete, entry point: 0x4018060, size: 0x1e1568
        .
        .
      
      !-- 出力を省略
      
        .
        .
        Router>
  11. ルータに正しいイメージがロードされたことを確認するため、show version コマンドを使用して、ルータの Cisco IOS イメージのバージョンをチェックします。

    Router>show version
      Cisco Internetwork Operating System Software
      IOS (tm) 1600 Software (C1600-Y-L), Version 12.2(10d), RELEASE SOFTWARE (fc1)
      Copyright (c) 1986-2003 by cisco Systems, Inc.
      Compiled Wed 14-May-03 01:04 by pwade
      Image text-base: 0x0803A510, data-base: 0x02005000
      ROM: System Bootstrap, Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
      ROM: 1600 Software (C1600-BOOT-R), Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE 
      SOFTWARE (fc1)
      1603 uptime is 19 hours, 26 minutes
      System returned to ROM by reload
      System image file is "flash:c1600-y-l.122-10d.bin"
      cisco 1603 (68360) processor (revision C) with 13824K/4608K bytes of memory.
      Processor board ID 10240382, with hardware revision 00000000
      Bridging software.
      X.25 software, Version 3.0.0.
      Basic Rate ISDN software, Version 1.1.
      1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
      1 ISDN Basic Rate interface(s)
      System/IO memory with parity disabled
      2048K bytes of DRAM onboard 16384K bytes of DRAM on SIMM
      System running from FLASH
      7K bytes of non-volatile configuration memory.
      16384K bytes of processor board PCMCIA flash (Read ONLY)
      Configuration register is 0x2102
      Router>

TFTP サーバからロードした新しい Cisco IOS イメージが実行されています。


関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 6301